こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
いまどき。

20200403_102735.jpg

いまどきを実感しました。

書留を受け取るときのことでした。
寸前にクッキーを口にした後のチャイム:ピンポ~ン。

印鑑を押しながら、軽く咳がコホン^^
すかさず”大丈夫ですか?”って、郵便屋さん。
素早い反応に、ドッキリしました。

幸い(?)花粉症のためのマスクをしていたので気まずさも少なめでした。


20200403_101725.jpg

近場の桜が満開でした。


20200403_102234.jpg

妙に淋しげヽ( ´_`)丿なのは、気のせいですよね。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:1
アベノマスク
今年もチューリップが咲きそろいました。
何年目かなぁ~?
ねえこからたくさんの球根を貰ったのは、4年前だったか…

DSC02606.jpg

以後、年々小さく分球する球根をダメモトで植えています。
それが、ちゃんと咲いてくれるって、素晴らしい。

DSC02612.jpg

原種帰りでしょうね、同じ色ばかりになりましたがそれでも嬉しい。


そんな日、
阿部首相が、今度はマスクバラマキ作戦だそうです。

すみません。私、遠慮します。(って無理ですね)
どなたかに差し上げたい。


きっと欲しい方がいらっしゃるでしょうから。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
勿忘草の咲く町で。と、三渓園
東京都が、移動自粛の要請を発表しました。
不要不急の外出を控えるようにと。
その日じゃないとダメな用事。日延べが出来ない用事がそれにあたると、
東京都の小池知事のわかりやすい説明です。

でも…日延べって、いつまで?と私は思います。

20200326_102214.jpg

迷って・迷って・迷って・直前まで迷って、出かけました。(昨日のこと)
新幹線での、日帰り旅。


20200326_133738.jpg

1月末にご主人を見送られた友人に会いたくて。

治らないのだからお正月だから、と治療を待たされた挙句の急逝。
辛い言葉はご本人の前でも、だったとか。
コロナ不安で鬱陶しい中、どこまでも沈む気持ちを僅かでも受け止められるかと。
不遜ですね、でも、会いたかった。

20200326_131130.jpg

三渓園の庭を散策しながら、
電話での会話とは違う、深刻にならない色々な話が出来ました。
私のことも、話せたし悔いは少ない。


━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━



勿忘草の咲く町で 夏川草介:著 角川書店:発行

最近読んだこの本、かなり考えさせられました。
乙女チックで軽い感じのイラストの表紙に騙されますが、
真面目で、骨太な、きれいごとでは済まされない高齢者医療の現実がテーマ。
著者は、信州で地域医療に携わる現役の若い医師です。

松本市郊外にある、高齢の患者が多い梓川病院が舞台。
「医療は今、ひとつの限界点に来ている。『生』ではなく『死』と向き合うという限界点だ。
乱暴な言い方をすれば、大量の高齢者たちを、
いかに生かすかではなく、いかに死なせるかという問題だという先輩医師。

地球より重いといわれる命、
回復の可能性のない老人を生かし続ける事の意味と、
医者に任せるだけで考えようとしない患者家族の無責任さ。

(認知症で)意思決定ができない、身動きが取れない、
食事も口から摂れない状態で長生きするのが果たして患者にとって良いのか。
家族と医師は、延命治療をなすべきか、粛々と看取るべきか?

迷い、考え、悩む若い医師の姿が、重い話をさわやかに運んでしまう筆運び。

心に沁みたのは、根が切れたカタクリが生育できなくなることに結びつける部分。
カタクリが見たくなりました。


高齢社会でますます重要になっていく問題と、
今回友人と亡くなったご主人の主治医たち(複数です)の態度は、
なるものと考えます。
あまりにも粗末に扱われた!命!!

でも、泣き寝入りです。
辛さの共感しかできないのが、悔しいです。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
待つこころ。
春を待つ。

DSC02599.jpg



花の便りを待つ。

DSC02601.jpg



雪解けの水の流れを待つ。

DSC02610.jpg

いま、そんな気持ち。

DSC02568.jpg

姿を見せてくれない≪新型コロナウィルス≫を畏れて、
どう暮らせばよいのかと、戸惑いながらの今。



DSC02598_20200324205439922.jpg

穏やかな日に出会えるのを待つ、憂鬱ないま。
苺味のソフトクリーム、下に安納芋のお菓子が入っています。
お・い・し・い 🍓 
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
ピクニック
穏やかな暖かい一日でした。
朝刊で、群生地(愛知県香嵐渓)に咲きこぼれるカタクリの花を見て、
東山植物園に行こう~!と。

DSC02522.jpg
(大根の葉っぱを干して、揉んで、お塩と混ぜてあります)

昨夜読み終えた、夏川草介さんの本:勿忘草の咲く街で、カタクリが出てきます。
無性に見たくなったところでした。
が、群生地の香嵐渓には、アシ(オアシもね)が必要です。
両方とも持ち合わせない我が家は、東山植物園で我慢ね。

あDSC02524

せっかくなら、お弁当を作っちゃいましょう。
冷蔵庫のお掃除にもなりますし・・・
在り合わせですが、木陰でのお弁当っていいものです。



DSC02530.jpg

カタクリは数株しかありませんでした。
しかも、もう枯れてる…

ならば、黄色のカタクリはもう咲いているかな?
あぁ~~、まだ葉っぱが出たところです。




DSC02579.jpg

桜の回廊、予想以上に花盛りでした。
DSC02583.jpg

期待していなかったのがよかったのでしょうが、お花見は今日の収穫でした。

DSC02577.jpg

それにしても、夫も私も衰えを実感しました。
次は、門までタクシーを使いましょうと。
歩くのは園内をゆっくり・少しだけってネ。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8