こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
澤田瞳子さんの講演会に。
新聞の小さな記事に気がついて、
澤田瞳子さんの講演会に出かけました。


以前、偶々読んだ「火定」・「若冲」・「落花」の3冊が直木賞候補作でした。
(若冲、ブログから抜けています。再読しましたが、好きな作品です)
私にとって「落花」は難しく、とりわけ能のことが正直邪魔でした。
それでも、魅力はたっぷり。

DSC00350.jpg

お話しが聴けるチャンスです。


20190623_144310.jpg

古代とは奈良・平安時代を指し、史料が非常に少なく漠然としたイメージしかない時代です。って。
京都に都があり、武家政権になりつつある…1000年以上前です。って。


e5c3fc96f4530295c6123e264684de91.jpg

世界遺産:平城京跡の復元でも、手がかりはその大きさだけ。ですって。
実際の建築に当たっては、薬師寺や法隆寺などからの推測によったそうです。

そんな曖昧模糊とした時代の様子や、人物像をどのようにして小説に仕立てるか…
菅原道真と平将門も例に具体的な話をして頂きました。

道真公は、省略します。


20190503_153607.jpg
(無関係な写真です)

「落花」で主テーマになった”将門”の乱と主人公の”寛朝”にまつわる話でナルホド!
歴史苦手なんですが、ある程度納得出来ました。
939年11月21日…将門、常陸国府攻撃
940年2月14日…………将門敗死 です。


落花

将門追討の命を受けた”寛朝”※ですが、当時京都⇔下総は15日かかります。って。
あまりにもギリギリなので、
もしかして、”寛朝”は将門の乱以前から下総に居たのでは?

↑と、考えたところから「落花」誕生のようです。

小説とは基本的にフィクションですが、史実に背く事を書くと荒唐無稽な話になってしまうのです。ですから、歴史にはうそをつかない、何年何月何日にこの人物がここにいたという史実があれば、それに基づいて物語を作ることは基本に考えています。
著者が、別の日に話されています。

※宇多天皇の孫、敦実親王の第二子として生まれた寛朝は幼くして出家し、声明を学ぶ
↖宇多天皇??実は歴史音痴の私には誰?っ的でしかありません。トホホ
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
LINE スタンプ デビュー成功~
ほとんどを助っ人に頼ってですが、
ラインのスタンプが使えるようになりました。
(o‘∀‘o)*:◦♪

Screenshot_20190622-100917_LINEa.jpg

ぱせりが元気な時に描いたいたずら書きをPCからスマホに送って、
LINE Creators Marketでの審査を待ちます。

やがて審査完了と承認通知がきましたが、
マイページの「アイテム管理」でリリースが必要でした。

DSC00598a.jpg

ところが…マイページが見つけられません。
助っ人先生の出番です。

ここです↓と教わって、有難い。
小さな文字!目立たなすぎる~~

Screenshot_20190622-100440_LINE (2)


問題なのは、自分の作ったスタンプでも買わなければ使えません。
(間もなく、これは解消されます。自分のものは無料で使えることになります)
120円か60スタンプコインが必要です。どうしよう?


お金での支払い方法がわからなかったので、ラインポイントを貯めました。
結果、昨日、マイスタンプをGET (^-^)/
デビューしました。

事情があって、非売品にしていたものを 公開販売 に変更したからでしょうか、
どこにあるの?と聞かれて探すのに時間がかかりました。
つまり、新着ではないということね。

手順がわかったので、もう少し作ってみようかな。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
浮世絵キルト7回目
今回は、あまり変化がありません。

6回目と7回目を並べて

先々月~先月~のものと並べてみましたが、目覚ましい違いはないですね。

無題

貼り付けた(縫い付けた)フェルトの周囲の縁取りなどをしただけ。
それにしても、簪の細かい文様などはどうすればいいのかしら?
宿題を頂いたときに聞き忘れましたので、次のお稽古までお預けです。



この日の大きな喜びと収穫は、これ。

あ1560985194773

先生の100作目作品です。
これに綿を入れ、無地の部分キルティングステッチをかけ、縁をつけて完成だそうです。

じっくり拝見出来ました。
もう、ため息しか出ません。


この日、お許しを頂いたので写真をと思ったのですが、
📷カメラもスマホも持っていなくて、(;_;)

先生から↑の画像を送っていただきました。感謝。
馬鹿者!ね。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
立つ腹・座る腹
月一ランチ会でした。
目指した和食店が臨時休業。゚(゚´Д`゚)゚。
では、頻度・満足度ともに高い”きりん珈琲”にしましょうね。

a_20190615191646698.jpg

相変らず、美味しい~
BLTとサラダライスに、日替わりのコーヒー。
カップ&ソーサー、最近これが続いています。たくさんの種類の中から何故かしら?


雑談で、えむさんは”腹が立つ”と頻繁にいいます。
凄く怒っている様子ではなく、ちょっと気に入らない程度の感じで受け止めていますが、
どこか主体性のない、世間に浮かない綺麗ごとっぽい話題は、ざらつきます。

ただ、こういう人は敵が少ないのでしょうね。
つい、本音を出す私にはお手本です。


DSC00645a_2019061519353208e.jpg

この日、本音で素晴らしい!と同感できる話もしました。

💕 バスの中で、ある人のことが浮かびました。(私の経験談)
先月、脳梗塞を発症して自分で救急車を頼んだAさん。
そのAさんを、陰で”神様か仏様のような人よ”というあやこさん。

偶には会いたいな、とバスを降りたら、あら、あそこにあやこさん!!。
聞けば、あやこさんも私に会いたいと思っていたところですって。
以心伝心。
陰で褒め言葉、素敵なあやこさん…真似したい。


DSC00643加工

💕 もう一つの話は、
90歳後半の男性のこと。
少し前に(1年ぐらいかな)転ばれて骨折。
ずーっと車椅子を使っていらしたのが、最近は杖だけで自由に動かれるそうです。
とても、ユーモラスな楽しいご老人だそうです。

有料老人ホームにいらっしゃりながら、大変な努力をなさったのでしょう。
素晴らしい方!仰ぎ見ます。


お二人とも、どっしりとお腹の座った方です。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
(´ー`*)ウンウン…なかなか美味しい!
夕方4時過ぎに、夫のマイペース入浴に付き合って、
パジャマでウロウロしているところに☎が。

DSC00613.jpg

―― 淡竹と青紫蘇要る?
欲しい~、急いで、着替え。 (#^.^#)

去年、初めて作ってみた 竹でンマが 美味しかったのでまた作りたい。

DSC00633_20190613084923d22.jpg

去年のレシピに、オイスターソースを加えてみました。
(o‘∀‘o)*:◦♪



・・・・・


DSC00615_201906130836289f8.jpg

青紫蘇、毎年一人生えしますが今年は全く消滅してしまいました。
頂いた葉っぱは、立派過ぎて薬味には出来ない…
初めてですが、青紫蘇ジュースにしました。


氷砂糖もザラメも、りんご酢もレモンも手持ちはありません。
手元にある砂糖とクエン酸で作りました。

記録ですが、紫蘇の葉80gに砂糖200g、クエン酸小さじ1。水1ℓ。です。

DSC00622.jpg

ネットで一番簡単な方法をチョイスしましたよ。
沸騰したら全部の材料を鍋に入れ、弱火にして5分煮ます。
荒熱が取れたら青紫蘇を引揚げ、絞る。

これで完成のようですが、私は少し煮詰めました。

DSC00627.jpg


炭酸割りがお勧めでしたが、それもないので水割り!
青紫蘇でも、ピンクになるのね。


・・・・・


庭野菜の大根が育ってきました。
大根餠、作りました。

DSC00606.jpg

冷蔵庫の棚卸を兼ねて、酒蒸しささ身と干し海老、小葱を入れました。
自画自賛な一日でした。

作り方の参考は ⇒ 過去記事です。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4