こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
ただめし食堂
picture_pc_35fd405df145e03af2978ece8396b685.jpg

ただで定食が食べられる…そんな食堂があるそうな。
≪未来食堂≫というらしい。
たまたま、TVで見て知ったのです。

不思議な仕組みですが、
なるほどと納得も出来ます。

51WGcGKFYfL._SX340_BO1,204,203,200_

こんな本も出版されているらしい。
読んでみたい。



miraishokudo_eyecatch_LL.jpg

東京:神田神保町にあるらしい。

もし、私の行動半径にあったら、私もまかないのお手伝いをしたい…
そんな素晴らしい発想のお店です。

既にオープン、営業中ですが、
こんなHPを見つけました。 → 💖

コンセプトがよくわかります。柔軟な発想力に感動しています。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
聞きかじり&読みかじりで、、、
実際に見聞きしたことではなく、
聞きかじり&読みかじりで知ったことです。

 藤井聡太2

藤井聡太4段、中学2年生=当時  14歳2ヶ月 =でプロ棋士になって、
デビュー戦以後無傷の29連勝を達成、本当に素晴らしい !。


DSC00430.jpg

礼儀正しく、驕らない、はにかんだ様子も人気のもとでしょうか。
中学生なら、勝利の笑顔が出るのではと思っても出ません。
勝負師としての心意気でしょう。
どこまで伸びるのか…気になりながら、応援していきます。



TVでの特集番組も多いようです。
見逃した番組で、その藤井四段の夢は、

大師匠である・板谷進九段の夢:東海地区にタイトルを持ち帰る:を叶えることだか。

大師匠というのは、藤井四段の師匠:杉本昌隆七段の 師匠:板谷進九段のこと。
1988年47歳で亡くなった(クモ膜下)板谷進九段の夢は、
名古屋に将棋会館を建て、奨励会をつくり、公式対局も行う。で、
藤井四段は、その夢を受け継いでいくこと。

 叶えて欲しいと思うようになっています。


藤井聡太4段1

理由が…あるのです。
全く私的な理由です。

実は、板谷進さんは知り合いでした。
中・高の同期生と言ったらいいのかしら?
男子部と女子部に別れている母校、校舎は勿論、授業も先生も別々。

学年にもよるのでしょうが、私たちの学年は卒業後のある時期から
男・女一緒に集まる機会が増えました。

板谷さんもいらしていました。
が、誰もが(多分)同級生でお酒の好きな楽しい仲間と思い接していました。
みんな、将棋に関心がなかったからでしょう。
急逝されたのも、そんな集まりの暫く後でした。

藤井四段の夢を知って、板谷さんを検索、正直驚きました。

ここで、彼の偉大さや愉快さを知って、意外でした。
いえ、無知過ぎたのですね。

今更ですが、軽く見過ぎていた~と個人的に悔いています。
それもあって、藤井四段に夢を叶えて頂きたいと願うのです。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
温かいイルミネーション @ 星降る街

星降る街 ・・・ 星ヶ丘 ・・・ の星ヶ丘テラス
年末のイルミ、今年も見に出かけました。

ブログ用1

温かい我が家が・・・
ほの見える~


ブログ用2

某ハウスメーカーのイメージ・・・好きだわ ♡


ブログ用3

この日、星ヶ丘テラスで夕食も。
【ハンバーグが売り】のマ・メゾンで、、、では、それを。

ご飯とフレンチトーストのチョイス。
フレンチトースト、非常に美味!

コーヒーとデザートも付いて、大満足。リピートあります。(多分)





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
秋分草(しゅうぶんそう)

秋分の日に、秋分草を探しに植物園に行きました。

秋分草しゅうぶんそう・・・?初耳です。

雑草(というと申し訳ないのですが)として、目立たなく存在する植物らしい
画像検索では、見覚えがありません。
植物園で教えてもらおう~♪

DSC02824リサイズ


そして、カメラのお試しも・・・ね。

DSC02825リサイズ


DSC02827リサイズ

カメラ、どこをどう弄れば良いのか・・・?
わからないまま、いろいろ写してみました。


DSC02787リサイズ

DSC02788 トリミング

「花は葉を見ず、葉は花を見ず」の曼珠沙華。
そろそろ盛りを過ぎそうですが、白花はやはり好き^^



それにしても。
肝心の≪秋分草≫には、出会えませんでした。

NET検索の画像↓ですが、見覚えはあるような無いような。

無題


植物園の方やボランティアガイドさんに尋ねても、どなたもご存じないとか。
こちらのサイト=秋分草=に、綺麗な画像がありました。


地味な植物は、きっとどこかに密やかに在るのでしょうが。
どなたかご存じないでしょうか?



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
絵手紙

年明けに、
❀❁さん(ご主人の名前)、逝っちゃった^^・・・・と、
ご主人とのお別れを教えて下さった知人のお宅に、忌明けを待ってお邪魔しました。

DSC09932 (828x1280) DSC09936 (656x998) (632x972)

忌明けを終えられたばかりのお部屋には、
ご家族の笑顔の写真と、絵手紙がたくさん・・・

10年近くの間、優しく丁寧に看病されている様子は良く知っていますが、
絵手紙に書かれた言葉の一つ一つが、心に沁みました。


DSC09933 (386x500)

永い看病の日々は、
絵手紙を描くことで気持ちをなだめていらしたのでしょう。

DSC09934 (599x800)

素敵な画。
心惹かれる言葉。

芯からご主人を大切に思っていらしたことがわかる言葉が書かれていました。

言葉も、声も、心も優しい~~素敵なお人柄そのまま。
こんな友人を持つ幸せ、本当に感謝です。


鮟鱇の石鹸

珍しいものを頂きました。
イカットの布から出てきたのは・・・
鮟鱇入りの化粧石鹸・・・・クリックで動きます。

最近、シンガポールあたりで人気らしい。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
アールデコ @ 鐘木館

鐘木館

名古屋友禅と帯締めの展示会が開かれた【文化のみち 鐘木館】、
(鐘木館は、しゅもくかんと読みます。)
は、陶磁器商:井元為三郎の邸宅でした。

大正末期から昭和初期の建築で、
和館・洋館・二棟の蔵・茶室と庭園は、名古屋市の所有になっています。


無題

洋館の1階にカフェがあって、ランチはドライカレーとコーヒー…900円也




鐘木館ステンド

鐘木館のステンドたち。
二葉館のステンドとは趣の異なる、アールデコです。

明日は、二葉館の様子を描く予定です。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
文化のみち、、、散歩。

文化のみち鐘木館 footer_img.jpg での展示会、
「暦十二ヶ月」小町の名古屋友禅・組紐展に行きました。

和服にする?
雨次第・・・ね。

結局、洋服で行きました。


いつもの和服の≪秘密基地≫情報で、名古屋友禅の染帯と帯締めの2人展。




POTTER由美子さんの名古屋友禅と、長谷川裕子さんの組紐。
お二方ともその道2~3年と伺いました。
それにしては、素晴らしい!

数年先がとても楽しみ(^^♪







【文化のみち】・・・・
名古屋城から徳川園に至る、江戸時代から明治、大正へと続く貴重な歴史的建造物が残されています。
建築遺産の保存・イベント 活用、再開発と魅力ある地域です。
江戸文化や近代化の明治、ロマン香る大正の雰囲気も残って散策も楽しい町。


2年前には、この辺りをご案内する会をしたのも今は遠くなりました。

何故って?

DSC00217 (640x413)

DSC00216.jpg

DSC00215 (480x640)


こんな建物が・・・そして、こんな乗り物が^^


3年前に、崩壊寸前だった建物とそのお隣でしょうが・・・結婚式場に変身していました!


ま、文句を言ったりできる立場ではありませんが。
でも、驚きました (@_@)!




続き・・・あります。よろしくお願いします。  



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
寄り道は揚輝荘、回り道は日泰寺・・・8月6日、赤い花で追記しました。


お墓掃除のあとの楽しみ、回転ずし店開店までの1時間、
【覚王山日泰寺】まで5分ほど、ブラブラ

お墓のマンション:霊堂は、日泰寺が管理していますのでいわば、大家さん^^


日泰寺


覚王山日泰寺】・・・
1937年にタイ王国から寄贈された仏舎利(釈迦の遺骨)を安置するために、創建されました。
「覚王」とは、釈迦の別名。また「日泰」とは、日本とタイ王国を表しています。

この寺は、どの宗派にも属していない日本で唯一の超宗派の寺院です。
そのため、各宗派の管長が、三年交代で住職を務めているそうです。
(受け売りデス)


DSC04331 (1280x960)

本堂の脇に、赤い花が。

これの名前がわかりました。
さんごしとう (珊瑚刺桐)、別名、ヒシバデイゴ(菱葉梯姑)でした。
物知りのぱふぱふさん、ありがとうございました。


アメリカディゴとヒシバデイゴの見分け方、ここにありました。・・・

DSC04330 (874x1280)

本当だ、葉っぱが菱形です。

タイ国王

小さな囲いの中に< タイ国:ラーマ5世>と象の銅像がありました。
≪アメリカディゴ≫(海紅豆=カイコウズ)が、
囲いの左右に植えてあったのは、
さんごしとう (珊瑚刺桐)、別名、ヒシバデイゴ(菱葉梯姑)でした。



この花・・・以前、東山植物園で見た≪アメリカディゴ≫と似ている?似ていない?と
日泰寺に問い合わせました。
やはり、同じ花でしたが咲き方が微妙に違っているようにかもします。

アメリカディゴ@東山

↑が、東山植物園の物ですが、どうでしょう?





  

 

  






まだ、30分も過ぎていません。

久々に、揚輝荘、に寄り道しましょう。
数年前に名古屋市の持ち物になって以来、自由に見ることが出来るはず。

DSC04345 (960x1280)



揚輝荘(ようきそう)は、初代松坂屋社長 伊藤次郎座衛門祐民が構築した別邸ですが、
平成19年に名古屋市に寄贈され、指定有形文化財になっていました。(byパンフレット)


DSC04350 (1280x953)

↑ 白雲橋・・・修学院離宮の千歳橋を模した廊橋で、この庭園のシンボルです。

DSC04343 (1280x945)

↑↓ 三賞亭・・・中区にあった伊藤家本宅から移築されたもの。

DSC04356 (1280x960)



DSC04340 (1280x960)

名残の半夏生です。

DSC04347 (960x1280)

鬱蒼とした 落ち着いた緑深い庭園に、際立つ鮮やかな赤。
豊彦稲荷の鳥居です。
京都≪仙洞御所≫にあった御所稲荷に由来するものだそうです。


ここ、揚輝荘は少し前から北園と南園に分けられてしまいました。
ちょうど真ん中にマンションが建ってしまっています。

今回は時間の関係で北園だけ見ましたが、
南園には有名な≪聴松閣≫と≪座敷≫があります。

そして・・・
内田康夫の【不等辺三角形】、この、南園を舞台に書かれています。








  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
CDケースに、描く。



あじさい・・・

CDケースにアクリル絵の具で描く。
・・・過去のことです・・・が、16トンさんの真似をしようと思い立ちました。


ガラス絵と同じ描き方なのです。
最初に描くのは、普通の絵画なら最後に描く部分・・・つまり逆の描き方。


ペールトーンの紫陽花が好きだった20歳代に、
デフォルメしたあじさいの染物で、賞を頂いた思い出がふと蘇りました。

あは。
ただそれだけ。


付録
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
成人の日に・・・ふふ・・・勘違い♪

DSC00486 (800x600)

成人の日=1月15日と、未だしっかり記憶から離れないこすずめです。

そんな今日:1月13日、勘違いで寒風の中を出かけました。
車を手放してのタクシー生活、とは言いながらいざとなると、まぁ、いいか・・・な我々。

タクシーを呼ぶまでないね、とバス停までテクテクが思いがけず寒い!
あ、タクシーGET。やれやれ~~~

1_20140113230529530.jpg

德川園の徳川美術館へ行きました。
目的は、↑の展示会と德川園の寒牡丹、美味しい鰻を食べること。

今日、成人の日は振袖のお客様をお乗せする時に要注意^^と、言われていますが、
お一人しか乗せていません、と運転手さん・・・
慣れない振袖のお嬢さんたちを載せるのも気を使いますね。



さてさて・・・新年を祝う 展、想定以上に素晴らしかったです。
会場までは、德川美術館と個人の所蔵品展展示室を、いくつも通るのですが、
保存状態の非常にいい、素晴らしい膨大な展示物に目を見張りました。

尾張徳川家伝来品を中心に、一年の始まりを飾る大名家の正月行事の数々を
紹介するとともに、福を呼び込む縁起物や玩具、
干支の「午」をあらわした絵画や工芸品などを展示します。
・・・は、HPから。

皇室や大名家の、日本古来のお正月を巡る様々な行事や風習。
元旦の早朝は「初登城」、三日の「謡初め」、七日の「若菜の祝儀」、十一日の「御具足祝い」など、
江戸時代の大名家の行事は現在に繋がるものもあります。


この日の展示会、とても満足しました。
出来ればもっと時間をかけてゆっくり見たかったのですが、
夫に置いて行かれて、追いかけなければなりません。

後ろ髪を引かれる思い。。。







うなぎ


夫が急ぎ足なのは、このためでした。
1時を回って、お腹がぺこぺこ^^

德川園に行くと立寄る老舗の鰻屋さんがありますが、
この日は、はじめてのお店に行きました。

昨年開店したところ。
甘味が少なく、さっぱりしていましたが、個人的には老舗がいいな。

ここで判ったことは、夫も今日の展示会には満足していたこと。
もっとゆっくり見たかったと、言います。なら、あんなに急がなくても・・・ネ。





足早に見たのに時間がかかったのは、お庭の寒牡丹をゆっくり見て回ったから。

ボタン

まだ、ちょっと早いです。
もう暫くしたら、もっと見事な花が見られそう~



催事も牡丹も少し心残り~と、残念に思っていましたら、
大きな勘違い判明。

展示会、2月2日まででした。

出来たら、今度は一人でゆっくり観に行ってこよぉ。。。



 


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
つなぐ・・・ズーボくん。

朝刊の記事で知って、近場の紅葉狩りに出かけました。
近場って・・・徒歩20分位で行かれる≪東山植物園≫。

今年始まった、ライトアップ!

DSC09180 (800x600)

トンネルを抜けると・・・変てこなものがぁ~
ズーボ?って、何???
好みじゃないし~~と、園内へ。


DSC09201 (521x800)


昨日に続いて暖かな日曜日のせいか、
この≪ライトアップ紅葉狩り≫は、期間限定でもあるのか、凄い人出でした。


とりあえず数で勝負と、充電済みのバッテリーで写しまくりたいこすずめ。・・・が、トホホ。
あれれ?な電池切れ!




1_2013112423244270f.jpg

度重なる過去からの学習で、予備のバッテリーとMDは小袋に入れてカメラにぶら下げていますのに・・・
その、バッテリーが充電切れとは。あぁ…無情~



パンフレットによれば、今月末にも開催の予定。
リベンジ出来たら良いな。



それにしても気になる【ズーボ】。
調べてみました~


ズーボ


東山公園の公式マスコットだそうです。
今年の7月15日が誕生日。

公募での名前ですが、動物園のZooと、植物園のBotanical Gardens からの命名は、
動物園と植物園が一体となっているという、東山の最大の特徴を分かりやすく示していることから選ばれました。

お腹の&マークは、'つなぐ'を現しています。


う~~ん、なんだかだんだん可愛くなってきました♡



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
寒葵=カンアオイ=って、知っていますか?

風もなく、ほっこり暖かいお昼前・・・
ね、東山植物園まで梅見に行かない?と、ご近所友達の誘い。

DSC04706 (599x800)

いいわよぉ~、お弁当を買って行きましょう。




這うような体勢で熱心に写真を撮っていらっしゃるご婦人が・・・

あ、これ?

DSC04689 (800x599)
なんですか?

これが花 ↑    これは蕾 ↓  (追記)

カンアオイです。そちらは、まだ蕾が固いですと横の株を教えて頂きました。

DSC04687 (800x602)

教えられてじっくり見ないと、まず見逃します。

寒い冬の時期に花を咲かせ、
葉の形が徳川家の葵の御紋に似ていることが名前の由来らしい【寒葵】は、
立ち葵やムクゲなどの、アオイ科の植物とは全く別の植物で、
ウマノスズクサ科カンアオイ属、だそうです。


ご近所の梅が満開に近いので、
植物園も同じでしょう~と出かけた梅見ですが、

まだ、ほとんど咲いていません。


花
                                      ――クリック拡大――

可愛らしく膨らんだ蕾です。

DSC04717 (800x600)

もうすぐ、咲きます。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:36
一人ランチ☆

DSC02480 (800x650)

興味津々なのに、
何故かいざとなると出かけることが出来なかった
紅型展


ようやく行ってきました、松坂屋美術館。
もう~~と・て・も・素敵!

やはリ、こういう物が好きなのね私、と改めて実感しました。




食事

一人ランチもしました。

1日10食限定のこれ ↑ 
ボリューム的に大丈夫?と心配でしたが、
どれも美味しく量も少な目で、ご飯以外完食しました。


ところで、いい歳になっても私は一人行動が苦手なの。
いつもどなたかとご一緒。

外食は特に苦手で、いつもならお寿司でも持ち帰って家で食べます。

が、この日は午後からもう一つ行く所があります。
朝食を食べない習慣で、
夕方までは持たないわぁ~と、展覧会場出口にある食堂でランチ。

お一人様女性の姿もかなりあって、
どうということなく、美味しく頂けました。

次も出来そう・・・

DSC02468 (800x600)

で、この後の行動は、もしかしたら明日にでも記事にしますね。


今日もこれから出かけます。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:24
風、薫る・・・

012_20120516225351.jpg

下見と打ち合わせを楽しく重ねた末の本番でした。
学生時代のサークル仲間の、同窓会。


まずは、美しい新緑の徳川園、『ガーデンレストラン』でのランチ。
参加者18名が、4つのテーブルで和やかに会食。
美味しかった~!


047_20120516225257.jpg

昨日の雨で、美しさをました新緑の柔らかな緑の小径散策。
≪大曽根の滝≫です。
滝は、霊気を持っていると言われますが、心が洗われます。



052.jpg

清々しい気もtになったところで、文化のみちへ ~~ byメーグル
二葉館】【撞木館】から・・・【百花百草】までご案内します。

ピアノの生演奏を聴かせていただいたり、
譜面を持ってお願いした、懐かしい歌の伴奏♪
心と、声を合わせて歌います。



平均年齢、65歳位な我々・・・
それが嘘のように感じられた初夏の一日、とても楽しく過ぎました。
幹事としては、いささかの悔いと反省点もあるのですが
まぁ、合格点の範疇と勝手に思っています。

喜寿を過ぎて、東京から日帰り初参加の大先輩(女性)の若さと美しさに圧倒されました。
この上なく品格があり、
皺のない瑞々しい白い肌のお顔・・・笑顔が素敵でした。


目標にしたくても、すでに遅し(;-_-) =3 フゥ





このところ写真にいらついています。
夫のカメラの方が性能が良さそう~と使っていますが、何故かピントが甘すぎて・・・
やはり、慣れた自分の物の方がいいのかしら?
お勉強が苦手で、直感で使っていることを反省しながらぼやいています。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
牛乳と節電。

たんぽぽの綿毛の季節になりました。

今日の話には、全く無関係なのですが・・・
偶々、庭の隅で見つけたので。

1たんぽぽ - コピー



最近、夜中に眼が覚めます。
1月の眩暈騒動の時から、眠るときにはラジオをつけます。

噂の≪ラジオ深夜便≫、評判通りなかなか興味深い番組で、
一旦目が覚めると、朝まで聞き入ってしまいます。
これも、不眠症というようですね。


そこで、聞いた話の受け売りですが・・・


        今頃の穏やかな気候の時期から、
        汗をかく程度の運動を30分位して、その後牛乳を飲む。 
        それが無理なら、速足歩きとゆっくり歩きを交互に、30分の後牛乳を飲む。
        すると、 暑さを感じなくなる → 冷房をしなくなる=節電、だそうです。

        これは、何とか研究所とかきちんとした研究結果だそうで、
        数日後に正式発表が出される予定とか。

        深夜のことで・・・メモを取るゆとりがなくて残念でした。
        運動後の蛋白質の摂取は、血液の量を増し、血液の量が増えると汗を書きやすくなり、涼しさを感じるそうです。

いいこと聞いた! ですが・・・
実は乳製品苦手、特に牛乳の飲めないこすずめです。
どうしたらいいのでしょう?

         





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
✿桜日和✿
昨日までの真冬日ががらりと暖かな春になります
と、きっぱりのお天気お兄さん^^え~~ぇ、嘘ばっかり!・・・

そんな午前中でしたが、
お昼過ぎ、しぶしぶの夫に綱を付けてお花見に行きました。

014r_20120408215917.jpg

東山植物園、家から徒歩約20分で到着。

こんなこと、初めて!--- 入場券のための長い行列が出来ています。



           桜の園クリック拡大出来ます。


あんなに並んだのが信じられない位のゆったりとした園内です。
歩いているうちに、体も温まってきました。

動物園を抜けて帰りましょう、ですが、
かなりお疲れの夫・・・実は、畑仕事のし過ぎです。


地下鉄で1区戻って、三越で一休み。

ケーキ

ジョトオも大忙し。
気長に待って、美味しいケーキでやれやれ。


桜・・・
満開に近い9分咲きの、隣の樹はまだ1分咲き・・・
散り始めている木も有って、なんて個性的!

梅が好き。桜も好き。
まだまだ固い蕾のさくらは、来週か再来週見せて貰いに行きますね。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:20
不安材料あり?
眩暈・・・皆様にもご心配いただきまして本当にありがとうございます。
その様子と、気になることを整理してみます。


ばら


身の回りがぐるんぐるんと廻る目まいは、時々経験しています。


今回の眩暈は、ふわんふわん~~でした。
明け方寝返りを打つと、気分が悪くなりました。

昨日は、出掛ける準備をしている途中で体が揺れるように崩れてへたり込む始末。
暫く様子を見て・・・諸事情を考えて・・・食事だけに出掛けましたが、
残念+申し訳ない事に、美味しくは頂けませんでした。

帰宅後、3時間余の爆睡で治まったと思ったのですが、
今朝、床の中で又^^
予定はキャンセル出来るものはして休んでいます。

よおこさんは、それ、同じ~~と涼しく安心させてくれるのですが、実は不安があります。

あれは・・・ブログを書きはじめる前で、少なくとも6年くらい前の事。
出勤する夫を最寄りの駅まで送る道で、

「あら^^?中央ラインが2本見える。同じ車が2台並んで走っている・・・」
2~3日後にも同じことを言った後、車を道路標識にこすったらしい

出勤した筈の夫が家でウロウロしている姿をソファーに横になった私が不審に思って、事実を知りました。
信じられない~私は、現場に連れて行かれ標識のポールに車の塗料を確認。
全く記憶が飛んでいます。



その後、大学病院脳外科で脳血管造影撮影までの色々な検査をしましたが、
思った通りの異常なし


実はその少し前には・・・
僅かな時間(5~10分?)に3回も気を失って、3回目には頭は血まみれ。
夫は出張で留守だったのですが、娘が飛んできてくれました。

土曜日の出来ごとだったように思います。
月曜に受診したのですが、
「ここに来られる位ですから何でもないと思いますよ」と若い女医さんは冷たかったですね。

でも&そして、その後も自動車事故。
あれは何だったのか?
あれと、今回の眩暈の関係はないのか?

取り越し苦労ならいいのですが・・・また、暫く車には乗れません。








  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:26
マクロファージ。
昨日=2011・11・16。
「ためしてガッテン」で、合点・・・今日は、その受け売りです。

薔薇



腰痛の85%は実は原因不明で、残りの15%に、
MRI検査などでわかる<椎間板へルニア><脊椎管狭窄症><すべり症>などがあったりするらしい。(この辺り、かなり大雑把! + 私、多分3つとも持っている~)
その場合、ヘルニアの突起は、神経を圧迫して痛みを引き起こします。

ですが・・・
その、飛び出した椎間板を白血球の一種の「マクロファージ」なるものが食べて、消えてしまうことが判明、にかなり納得しています。その期間は約半年・・・
まさに、私の過去歴に合致します。

しかも、そのマクロファージは、ヘルニアが大きいほど食欲旺盛らしい。
小さなものは、食べ残すらしい・・・これが又納得度UPです。

永い過去の経験=30歳から何度起こしたか数えきれないヘルニア歴=からも、
どんなに痛くても半年でほぼ治る事は体験済み。


薔薇ライン



では、85%を占める原因不明の痛み=映像による検査では異常なし、と言われる痛みはなぜ起こるか?
それは「脳」「腰痛」の意外な関係です。

およそ7割の腰痛患者の脳血流量は、健康な人に比べて血流量が低下していて、
特に低下しているのは「側坐核(そくざかく)」という部分。

「側坐核」は、痛み信号が脳に届くと、鎮痛物質を働かせる命令を出すと考えられています。これによって、脳は大きな痛みを自動的におさえていたのです。(ノースウエスタン大学)

ところが、慢性的なストレスを受けると、側坐核の働きが低下。鎮痛物質に命令がいかないので、痛みがおさえられず、激痛を感じてしまうのです。

つまり・・・
ストレスのせいで痛むのではなく
小さい痛みをストレスが強めて激痛を生み出すことが分かってきました。



腰が痛い活動低下家族・医師の無理解もっと痛い


この悪循環が、患者に大きなストレスとなり、脳の鎮痛システムが働かなくなり痛みが増加している。
治療の決め手は「痛みの悪循環」を絶つことが、福島県立医科大学の整形外科の紺野教授の考えです。
頼もしい考え方、とても励みになります。

薔薇ピンク



このところ、ほぼ日に1回は腰の下辺り・・・仙骨の上部分からグギ~と、気になる音が出ます。
幸いに痛みによる行動制限はありませんので、やれやれとほっとしつつ、
ビクビク恐れながら暮らしています。

特別な動きをしたわけでもないのに、
コルセットを着けているのに、です。

大事をとって静かに家の中で過ごすのが良いか、
出来るうちに好きなことをした方が良いか?
悩んだ結果、今出来ることを楽しんでしまおうと考える事にしました。

                                      でも、本当は怖いの~~







  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:9
コスモスを探しに。
今が盛りのコスモス・・・2005年の愛知万博(愛地球博)跡地のモリコロパークまで行った見ました。
ワンコOKなので、ぱったんも連れて行ってあげるね~

万博以来初めてのモリコロパークは、ただただ広い・・・
案内板(少ない)を見ても非常にわかりずらいし・・・
しかも、ゆっくり園内を歩けるようにか、回遊式でまっすぐの道がありません。
ひたすら、勘を頼りに歩いて・・・道を聞ける人に会って・・・ようやくコスモス畑!


写真に悪戦苦闘しているこすずめに付き合いきれない同行者達・・・
通りがかった方に優しくして頂いて嬉しいぱったん^^



大好きなコスモスの花、大きく写して見ました。











  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
思い立ったが吉日。
これぞ秋晴れ!のすがすがしい朝、


10時過ぎ、まさこさんとお出掛け日和だよね、といきなりの散策を決めました。
行先は東山植物園。三越でおにぎりとお菓子を買ってから歩きます。

ここは、私達にとって徒歩圏内なのですが緑の中を歩くのは久しぶり・・・
木陰でのおにぎりも、一味違う美味しさです^^

澄んだ青空・清々しい空気の広い園内を歩き回って・・・
思いがけない道から初めての景色にも出会う頃は、汗ばんできました。




← 黄花の彼岸花?
いえ、ショウキズイセン(ヒガンバナ科)と書いてありました。
確かに、そっくりでしたがもっと大きな花でした。



/>

 

桜とススキ・・・青空に映えますね~
色からして寒緋桜(緋寒桜)とは思われませんし、四季桜にしては花が大きいこの桜、なんでしょうか?

思い立ったが吉日、良い1日になりました。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
台風12号を気にしながら・・・
大型で強い台風12号・・・動きが鈍いですね。
今22時、庭の人感センサーライトが強風に反応して、いぬ=ぱせりが気にして吠えます。ま、番犬としては合格ですね。

そんな今日、岐阜県笠松の料亭で久しぶりの美味しい食事。
いつもの4人組、不都合が重なってまさよさんと2人で・・・もしかして暴風雨?と、和服も避けました。
[#IMAGE|a0089450_2342678.jpg|201109/02/50/|mid|300|171#]創業130余年の『料亭 安田屋』さんで、昼懐石。
久しぶりの美味しいお料理に満足・満腹♪


本日の目的は、むしろこちら・・・先輩の作陶展に伺うこと。
愛知県一宮市の三岸節子記念館で開催中。

[#IMAGE|a0089450_23274359.jpg|201109/02/50/|mid|200|267#]まず目を引いたのがこれ。何故か先輩の作品だ、と直感!
笑うビリケンみたいで、暖かい気持ちになれます。[#IMAGE|a0089450_23301723.jpg|201109/02/50/|mid|300|403#]仏教徒に拘らないで、マリア像や旅先で出会った神々を作っている、不思議な先輩の作品(一部です)[#IMAGE|a0089450_2334541.jpg|201109/02/50/|mid|150|200#]
私が、今日一番気に入った作品・・・これはなんですか?
いやぁ~~何だかわからないんだよ、っと先輩。
適当に作っていて、これになった^^って・・・・・・・・


会場で出会った先輩繋がりの優しいご夫妻、素敵でした。


他にもいろいろ面白い作品があったのですが、許可を頂いていないので載せられないのが残念です。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
日本酒を楽しむ会(第13回) / パソコンには小人が住んで居るかも。
≪日本酒を楽しむ会≫に出かけました。
旅行やら体調やらの不都合ですっかりご無沙汰でした。
偶々今回は参加できたのですが、大人気で満員御礼状態のためなかなか予約が出来ないようです。
ラッキーでした。
6時開始・・・・星が丘三越8Fの会場からの眺め・・・・まだ、明るいです。
[#IMAGE|a0089450_3333546.jpg|201108/28/50/|mid|300|225#]
今日の酒元さんは、愛知県:知多半島の阿久比の丸一酒造さん。
お話の上手な社長さんと、お若い杜氏さんの説明を聞きながら
それぞれのお酒に合うお料理を頂きます。

今日の杜氏さん・・・お酒がほとんど飲めないのですって!それでも、とてもお仕事熱心で、お値段を抑えた美味しいお酒造りに拘っていらっしゃるようです。

今回も非売品の3年もの=千日古酒=を、番外でふるまって頂きました。
[#IMAGE|a0089450_419160.jpg|201108/28/50/|mid|400|534#]
過去に参加した時と比べて、お料理の量がすごく多くなっていました。
お値段が500円UPして、2675円になっていたからなのでしょうか?

味はとても良いのですが、多すぎ!
同じテーブルに同席したかなりお若いご夫妻も、同じ思いでいらしたようです。
残してしまって、ごめんなさい。

[#IMAGE|S72#][#IMAGE|S72#][#IMAGE|S72#]


P.S
昨夜、 帰宅して記事を書き始めましたら、ひらがな入力が出来なくなりました。
Caps Lock や Num Lock もかかっていませんし、Alt + カタカナひらかな文字キーも効果なし。
もちろん、入力モードの直接入力も×。kana ロックもかかっていないし~~

検索ですぐ出てきたところ ??? を見ると、このトラブルの頻度はかなりあるのかもしれません。
無知なわたしですが、それなりに出来そうなことはすべて試して・・・・とうとうGIVE UPでした。

今日、立ち上げてみると
あれれ???
ちゃんと出来るようになっています。

小人さんが住んでいるのかも知れません。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
気になる数字。
5月末以来の、久しぶりの大学病院。

      おはようございます!
      おっ~、ハッピーな顔だねぇ^^と笑顔のドクター。
      お陰さまで、90%の回復率ですと、答えると、
      よかった・よかった。
    今回もたくさん学習したと思うから、次は暫く元気でいられるように気を
    付けてって
・・・こんな言葉に癒されます。

ところで、ここへの道すがら、毎回気になるところがあります。

名古屋工業大学=地元では、名工大と略して呼びますが=の正門に刻まれている数字
一時話題になったそれの意味・・・・当時納得はしたのですが何だったかしら?

三差交差点の正面にあるので、写真も撮れないし・・・と諦めていましたら、
今日は何と先頭での信号待ち^^
大急ぎで写しました。

ネット検索で、ありました。すんなり~~ふふふ・・・
数字は,中世から近世に活躍した著名な科学者の生年と没年を記したもので、1452 - 1519 は、レオナルド・ダ・ヴィンチだそうです。
そして、ここの他にも数字の刻んである場所があるようで、それは →  こちらで。 


[#IMAGE|S62#]

病院を出たところで、写メが・・・

ぱえる、ちょっと緊張しているようです。

初めての、飛行機です。
12時間のフライト、大丈夫でしょうか?




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
小さな幸せを買いました♥

66回目の広島原爆の日。

放射能という共通項で、原爆原発脅威に改めて気付かされた今年です。

地震と津波に加えて、未だはっきりしない核の被害風評に翻弄され、
復興もなかなかの東北地方、気の毒過ぎ^^

何も出来ない私ですが、せめて、と一人で出掛けました。
まだ、足と腰がすっきりしない今は、一人が却って気楽のような気がします。

・・・?と言いますと昨日の新聞で見たこの記事です。

a0089450_20515744.jpg

ハートツリーを買うと被災地への義援金になる~
可愛いハート型の実が楽しみ

実・・・7~9月に着くそうですが、まだでした。
小さな白い花が咲いています。これが間もなくの実になるそうです。



ネットで、画像を拝借しました。
この木の花ことば『小さな幸せ』というらしい~~
うふふ・・・小さな幸せを買ってしまいました。
絶対に枯らす事成らずです。




せっかくなので、名古屋ボストン美術館にも寄ってみます。



ジム・ダイン展・・・ジム・ダイン?無知ですが、
大雑把に聞けば、ハートの時代・バスローブ=自画像の時代・草木の時代・ピノキオの時代と魅力的。
イヤホンガイドを借りました。

a0089450_21482355.jpg


イヤホンガイド、これまでの形状の物と、薄型のアンドロイド型の2種類ありました。
綺麗なピンクも素敵だし・・・興味もあったアンドロイド型に初挑戦。思ったより扱いやすい・・・

ジム・ダイン入門 ← なかなかわかり易く出来ています。




ただ・・・ ・・・ ・・・
ジム・ダイン、個人的には点数あまりたくさんはつけたくない・・・・かな?


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
薄板に長釘
コメント欄を閉じさせて頂いて、かなり経ちます。
それでも、皆様の所にはこっそりお邪魔して・・・読み逃げm(_"_)m, すみません。
ちょっと一言と思うこともあるのですが、不公平感・不快感を感じられる方もあるかも知れないと老婆心。
じっと我慢の子でいます。

そんな中で、この方ここで愉快な言葉に出会って・・・うふふ・へぇ~?と感心したり?ハテナ?と首をひねったり。
《静岡の方言》で、
「あぁ、やっきりするなぁ」「東電さん、態度がイカイじゃないの?」 「補償問題ショロショロするな!」・・・何かわかる気、でもまちがっていなかな?

美しい日本語が、ずーと好きだったのですが、いつの頃からか になっています。
何かほっとするような暖かで穏やかな温もりの心が感じられます。


好きな事・苦手な事、キリが無いけれどベスト3で考えてみますね。
好きな事・物・・・うふふ、
?嬉しい頂き物。
?とことん無防備で、何処までも従順な”いぬ”と目に入れたら痛いかもしれない孫の”ぱえる”
?批判しないで聞いて、支えてくれる友。

そして、苦手な事・物・・・カミングアウトしますと、
×長いもの~
縄も紐も、太めで長いもの。遠目にも見つけると逃げ足速いです、ワタシ・・・これ、有名かも。
特に動くものは、実は見る前に前を閉じています。なので・・・ホースも少し苦手。
×お説教とお節介とお世辞。過去には、私自身やっていましたが・・・ある時をきっかけに御法度にしています。
冷たく突き放すのではなく、「私に出来る事があったらいつでも言ってね」「お役に立てる事、遠慮なく伝えてね」とメッセージは送るようにしています。
×マナー違反かな?
例えば、食事の時に遠慮なく音を立てる・・・とか、お箸の使い方・・・それと、立派な大人が自分の身内を敬称で話す事。
両親は、お父さん・お母さん、兄弟はお兄さん・お姉さん、と・・・他人に会話するヒト。1億年の恋も冷めます。

ところが、ところが・・・今日のタイトルに使わせて頂いた、「薄板に長釘」・・・本当は苦手な長いものですが、
何かと出過ぎる自分ですので、「薄板に長釘」と評され・・・と↑の文中に出てくる表現に熱烈感動!
まさしく私の事!と、同胞同盟結成したい~~






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
♪春~よ、来い~♪
素敵なイラストが、フリーで頂けると知って・・・
こちらから、頂きました


大地震と津波が何千人もの命と家財を一度に奪ったのだから、
被災地では言葉にならない悲嘆が無数に折り重なっていると思う・・・

『なぜあの人がいなくなったのか』
『自分だけが生き残ってしまうなんて』

震災で生死を分けた偶然は、科学的にも論理的にも、どんな因果関係でも説明できるものでもない。
納得のいかない割り切れなさ、受け入れがたい事実を抱えると、人々は立ちすくんでしまい耐えるのもつらくなる。

浄土真宗(西本願寺)の僧籍者で宗教学者:山折哲雄氏の言葉です。
日経新聞【文化】で読みました。ナルホド・・・

方丈記(鴨長明)にも京都の悲惨な様子=戦乱・火事・台風・飢饉・疫病・地震=が書かれていますし、
島国日本列島では、自然の猛威に永遠なものはなく形あるものは滅びるという無常感もうまれましたが、

それでも人々は、を迎えます。
心の ? ? よ早く来い~


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
とろろドーナッツ
学生時代のサークル仲間、秋の旅行の相談会。
昨日、10人がぞろぞろと先輩のお宅に集合しました。
先月、腕を骨折された奥方様に代わっての家事その他、先輩がなさっていらっしゃるとか。
お茶を出して頂きました。

『男の方の働く姿は、魅力的だわ~』、よしこさんの発言に苦笑い^^

タカヒコさんの差し入れ・・・≪とろろドーナッツ≫
自然薯入りのドーナッツです。
実はこれ、新聞で見つけて「遠くなかったら買ってきて!」と図々しくリクエストしたのは、私でした。
[#IMAGE|a0089450_21351882.jpg|201102/21/50/|mid|384|288#]病みつきになるほどの味かというと、そこまではありませんがふわりとした食感は感じられます。

和菓子の上用饅頭(じょうよまんじゅう)は大和芋が主材料ですし、
ドーナッツに使っても不思議ではありませんね。

ちなみに・・・知ったかぶり・・・ですが、
山芋に砂糖を加えて作ったお饅頭・・・お目出度い時の大切な和菓子、上用は、本来は薯蕷(じょうよ)で、それは山芋のこと。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
傾聴記念日。
                                  記事に関係ない写真・・・過去のアレンジメントです


強い寒気団の影響で、雪と強風の予報が出ていた昨夜。
先月、仲間に入れて頂いたばかりの聴講座が今日ですが、会場に土地鑑は全くありません。
予報通りなら、とても行かれないわ・・・
諦めモードでしたが、起きてみればピカピカの上天気!わぁ^^い !!

近くまでは順調に行けたのですが、最後に迷って・・・1時間以上かかってたどり着きました。
ナビ、以前散々な目にあって以来”要らないわ”状態、でも今日は、欲しかったかな?

さて・・・ ・・・
実際に活動をなさっておいでの方々の体験報告を伺ってから、
聴の基本とスキルのお話を聞いて、
今日も3人1組で、ールプレイの実習。。。。

ベテランさんが《話し手》、観察者の見守りの中で私が《聞き手》役になりました。
全く落ちこぼれでした。
死にたい****”という老女の話をきいて、落ち着いた状態に持っていきたいのですが、

 ①、アイコンタクトで、聴いていますよ~と示す。
 、笑顔で、微笑みで。
 、大きく、ゆっくりと頷き、あい槌を打ったり、そっと話を促す。
 、相手の話を、要約して確認する。
 、3つの『す』=〇〇が、素晴らしい・素敵・凄い と具体的・共感的に励ます。
 、リソース=話題を変える
 、視覚・聴覚などで伝わる、目つきや声のトーン、姿勢などに心を配る

といったこと、その他にも大切なことが沢山あるのですが、忘れたり拘り過ぎたりで、それはもう、見事に《話し手》と噛み合いません。ついには、”死にたい****サイクル”に巻き込まれ脱出不能です。

話し手》だったベテランさんが《聞き手》になられた時は、見事に”死にたい****願望老女”から話を引き出して、ポジティブな方向へ誘導されます。
ールプレイを重ねることで、だんだん出来るようになりますよと、励まされました。

難しいですが・・・やってみますね。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
ピアノデュオ
素晴らしいコンサートに行ってきました。
【ランチタイム名曲コンサートvol1.379】:~鍵盤上のパ・ド・ドゥ ~ふたりでワルツを~

宮川尚子さん・三宅順子さんのピアノデュオ、同じ小・中学校を卒業されたお二人で、友人のお知り合い。
プロフィールによれば、世界のデュオコンクール2台部門、第1位の経歴の持ち主。

宗次ホールでの【ランチタイムコンサート】は料金もお手軽な1000円で、1時間のコンサートですが今日のデュオリサイタルには心から感動しました。
音楽は、とりあえず聴くことは大好きですが実は本当に何も理解できていない私・・・です。

今日の曲目は・・・
シュトラウスⅡ世:トリッチ・トラッチ・ポルカ
モーツアルト:2代のピアノの為のソナタニ長調k.448
ブーランク:エレジーとシテール島への船出
ラヴェル:ラ・ヴァルス   でしたが、お二人が演奏前に楽しい解説をして下さいました。

ナルホド、はぁ^^そうなんだぁ~~と聴くとぐっと身近な感覚で情景がわかります。

例えば・・・ブーランクの≪シテール島への船出≫は、ルーブル美術館にあるの絵画を観ての作曲だそうです。
同じ画を観て、ドビュッシーは「喜びの島」というピアノソロの曲を作ったと、実際に少しですが弾いて下さいまして・・・・解釈の違うプーランクのワルツはお二人で。
こんな曲でした。


最後の、ラヴェル作曲≪ラ・ヴァルス≫についても、 
 渦巻く雲の中から、ワルツを踊る男女がかすかに浮かび上がって来よう。雲が次第に晴れ上がる。
 すると、渦巻く群集で埋め尽くされたダンス会場が現れ、その光景がさまざまなワルツ曲で現わされるが・・・
 最後は、かなり不気味な曲想になる・・・・・・即ち、音楽のアールヌーボーです。
と言われて、聴けば成程、そんな気がします。

途中では、ピアノに全く無縁だった方は?と会場に呼びかけ、舞台に招いての合奏も有って本当に素敵なコンサートを楽しませて頂きました。
4月には岐阜の別の会場でのコンサートも有るようです。
是非、行きたいと願っています。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
ロール・プレイ(イング)
[#IMAGE|a0089450_20463793.jpg|201101/29/50/|mid|480|288#]
ロールプレイ=略称でロープレ・・・・ご承知のように役割演技です。
現実に起こる場面を想定して、複数の人がそれぞれ役を演じ、疑似体験を通じて、ある事柄が実際に起こったときに適切に対応できるようにする学習方法、初めて体験しました。

傾聴という言葉に興味を感じていましたら、新聞で≪傾聴ボランティアせと≫代表の野田多喜子さんを知りました。(2011・1・16 朝日新聞、この人に聞きたい)
ボランティアという言葉には、少し抵抗感もあったのですがとりあえず連絡をしてお話をさせていただきました。

とても感じの良い会話はさすがですが、話の内容も私の思いとぴったり重なる印象が嬉しい。
せと=瀬戸ですが、無理をお願いして今日の傾聴ボランティア・スキルアップ講座に参加させていただけましたが、スキルアップということは、過去にスキルの基本を学ぶ会があったということ。
初めての参加で大丈夫でしょうか?

傾聴のスキル、傾聴で『聴いてもらう』ことの効果など、丁寧に説明を受けた後、
3人のグループに分かれてのロールプレイ。
初対面のお二人と、わぁ~どうしよう・・・難しそう^^。

それが、始めてみると結構楽しい~。本当は、こんなに楽しくては駄目かも知れませんが、人数の関係で入って下さった事務局の方からの駄目だしは一応無くて・・・でも、反省点は色々ありました。
ロールプレイの経験を重ねる事が、一人前になる条件と聞いて、納得。
とうとう、お仲間入りさせて頂くことになりました。これから、ぼつぼつ・・・励みます。

TOPの写真は、野田さんから頂いたFAX・・・初めてお話をしたすぐ後で頂きました。
この中の言葉、すべて共感です。


&&&




会場近くの野菜売り場で、これも前から気になっていた物を見つけました。
≪あやめ雪≫って、名前が美しいでしょ?
皮が赤くて中は白い蕪・・・ほっこりさんの畑で見せて頂いたもの。お漬物にします~





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
知人・友達・親友
一度も同じクラスになった事はない、お二人に誘って頂いて食事をしました。
このお二人と親しく食べて飲むのは初めてですが、にこやかで落ち着いて、雰囲気まで美味しく和めました。
話に突っ込みを入れるのは私だけ、
『おお、恐!』なんて大袈裟ですよ~私の質問は、やんわり穏やかですもの^^うふふ。

それにしても、このお二人のお付き合いの様子は素敵な間柄と見受けられました。
良いなぁ~まさしく男の友情。これぞ、親友と言うのだろうな~


ところで親友って何だろう?と思ってところへ、
『知人・友達・親友の区別って、どうなんでしょう。』と、OKWaveでの質問に出会いました。

 >親友ならお金を貸せますが、友達程度には貸せません。
  
 >友達=Just Friend (10回以上絡んだ事有る人)
 >親友=Bosom friend(気を許せる人)
 >知人=We know each other(数回絡んだだけの人)

 >友達って言うのは、仲の良い人のこと。
 >親友の「しん」は信頼のしん。
 >親友の「しん」は心のしん。この人のことは心から信じられるそういう友達のことよ。

                             などの答えになるほど!です。では、ちょっと思い出す事を。

?・・・親友と思ってお金を貸しました。
     親友ではない、知人と思って、借金の依頼を断りました。
     そして、両方とも疎遠になりました。お金は貸しても貸さなくても友を失うと実感しています。

?・・・40年以上の付き合いで、旅行にも食事にも気兼ねなく一緒に出かけられる親友、と大切にしていた人の口から思
     わぬ言葉を聞いて・・・
     別の友人夫妻と4人で食事をした時の言葉です。
     『誰にも本音は言わないの。どう広がるかわからないから』と笑いながら冗談っぽく、でもショックでした。
     私は彼女の”内緒話”、本当に誰にも言っていません。
    
?・・・尊敬します。素晴らしいです。と、落ち着かなくなるような讃辞を雨・霰のように降る注いでくれる少し年若い*Aさん
     にも、手痛い裏切りに会いました。
     お互いに心を許しあうところまでいっていたその*Aさんは、
     私が引き受けていた大切な仕事を、無責任にも投げ出したと作りごとを関係者*bさん伝えて・・・

代わりの人=*Cさんがその仕事を引き受けられて何事もなく終わったのですが、とんでもない所から事実が明らかになりました。
連絡を受けての*bさん、*Cさんへのメールに「CC」(参考として複数の人にコピーを送る)を使ってしまい、何故か私の所にまで、いきさつを書いたメールが届いてしまいました。
お陰さまで、私への誤解は解いて頂きましたが未だこの事実を知らない*Aさん・・・知人ですね。

気になっても時間と共に忘れてしまう小さなアレッ??もありますが、これらいつまでも残りそう~~

だんだん、大切だった人が少なくなってきています。
今、仲間にはそこそこ恵まれていて楽しい時間を過ごさせて貰ってはいますが、いざの時に信頼できる相談相手は確かなのは一人だけ。
そうして、ネット繋がりで面識のない人がそれに近くなっています。

それでも、人は自分が一番大切な時、裏切りの心が起こる事は事実でしょう。





  
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
次の楽しみ。
去年の秋、楽しい遠野旅行をした仲間9人が先輩のお宅に集まって、
今年の計画を・・・それも良い、これも良い、と賑やかに飲んだり食べたりしゃべったり^^

学生時代のサークル仲間ですが、皆さん本当に博学で幅広く、奥の深い知識人ばかり。
原書でシドニー・シェルダンを読む人と
旅の短歌に想い出を残す人もいれば、
画や陶器、文章で高い評価を受けていられる名士達もいらして、地名・人名からどんどん話が発展します。

結果ほぼ決まったのは、1泊旅行。時期は初冬で、場所はヒ・ミ・ツ。
お洒落でもなくメジャーでもない所ですが魅力的な、行けそうでなかなか行かれない処になりました。
画家・三橋節子に関係のある場所にも、いけたらいいね~って。

楽しみが出来ました~


  
先輩のお一人から、嬉しいお年玉を頂きました。
黒のお茶碗3つ・・・中でも、手前真ん中の外側が茶色っぽい抹茶茶碗が一番のお気に入り。
お正月に、宝物だった抹茶茶碗を落として、ガッシャーン!
萩っぽい生地にブルーの釉薬が美しく、捨てきれないで・・・さりとてここまで壊れては金継ぎもどうかな、と未練がましく真綿布団(茶碗用)に包んでいる私。

この機会に、思い切りますか^^ 
う~~、迷います。


 
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
高橋真梨子コンサート
新聞の番組欄で、高橋真梨子コンサートを発見しました。

大好きななんです・・・



コンサート、昔は毎年行っていたのですが、病気で中断されて以来行っていませんでした。

久しぶりに、ンサート会場にいる雰囲気・・・楽しかったです。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
留置針
いきなりお見苦しい、しかもボケボケの写真で驚かれましょうが・・・昨夜の私の姿です。
40年、闘ったり諦めたりを繰り返しながら、
仲良く付き合う術を何とか覚えた持病・・・ぎっくり腰 → 椎間板ヘルニア → 脊椎管狭窄症。
加えて膝裏の神経に腫瘍が有って、時期によっての程度の差はあっても、脚はいつも痺れています。

酷くなると全く歩けません。
意思通りに足が進んでくれません。


自然治癒と言う偉大な生命を支える力でも、治るという事はありません。
神経が鈍感になるか、逃げ道を作ってくれるかだけ、”だから無理はしないで”と主治医は言います。
経験上ですが、外的=気温・湿度・体の動きなど=や内的=精神的なもの=ストレスで悪化します。
このところの急な冷え込みでか、東北旅行の後からなんだか嫌な予感・・・
昨日は、いぬのベッドを整えている時に更に????な予感・・・
で、夜の恰好です。

湯たんぽを腰に当てて、バスタオルで固定しています。ほかほか~~
ところが、夜中に目覚めて痛いよぉ^^
座薬も、いまいち効果薄いですが先ほど起きだしてこれを書いています。


何故?と不思議に思われましょうが・・・気がかりな事があるのです。

実は・・・友人のお嫁さんが、同じように下肢の痛みと痺れに困っていらっしゃる事を思い出したのです。
去年、帝王切開での出産後から始まっているようです。

友人は赤ちゃんのお世話と家事の手助けに、定期的に通っていらっしゃいます。
お嫁さんご本人は勿論、ご実家のお母様もご家族の皆さんも大変でしょう。

コトは、帝王切開の手術の際の麻酔が関係しているようで、術後も痛み止めの 留置針を背中に入れたままベッドに。
夜中にトイレの中で立ち上がれなく(当然歩けないですね)、ナースコールでも、朝までは医者の指示待ち。

退院を延期、2週間した頃にようやくそろりそろりと歩けるようになったそうですが、
以後、腰から下の痺れで触っても感覚がない状態が続いています。最近では
痛みも間断はあるもののとれないで、心配な事です。

出産は無事終わっていますし、
留置針≫も入れた直後には歩けていたので、心配も不手際もないと医師たちは言うそうです。

確かに・・・私も同じように思うのですが、
実際の現象=痛みや痺れ=の辛さは、本人にしかわからない重荷です。
何もないなら、こんな状態にはならなかったでしょう。

何故?って思ってしまいます。
今・今日・そのつらさを実感して、友人たちが気になって仕方なくなっています。

11月21日、追記です
留置針
。。。。友人から聞いた時、身に覚えのある体験から解った気になっていました。
これまで、硬膜外ブロック(麻酔)・神経根ブロックなど数えきれないほど経験していますし・・・
入院時には翼のついた針を刺した腕を固定され、連続点滴を受けて事もあります。
その他、皮下に細い針を刺したままテープで固定・・・後日外して貰った事も確かあったような~~~いろいろあり過ぎて、記憶があいまいになってはいますが。
とに角そのどれかだろう・・・と思い込んでいます。

出来たら、正確な事を聞いてみます。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:9
ハロウィン・・・??ぱえるの仮装
今日10月31日は、ハロウィンだそうです。
少し前まではこんなに盛り上がっていなかったお祭りですが・・・こんな行列にも出会いました。
動物たちも仮装しています。(させられています、きっと、迷惑~)


 
そして・・・・ ギョッ!  
[#IMAGE|a0089450_2034184.jpg|201010/31/50/|mid|300|197#]
ぱえる、3歳の記念写真、写真館での撮影。
ドレスは本人のお望みだったらしい・・・嬉しそう、過ぎるかも。

[#IMAGE|a0089450_20363188.jpg|201010/31/50/|mid|300|219#]和服も、撮りましたって・・・
襦袢はおって”おっ”
着物はおって”うふふ”
そして、袴をはく前に鏡の前で袖を広げてニコニコだったとか。(拡大できます) 


七五三の御宮参りには改めて行くそうですが、ちょっと戸惑いました。
名古屋では女の子は3歳と5歳、男の子は5歳で祝うと言われています。
そして、その時には衣装を整えてやろうかと思っていたのです。

知人の話では、
最近の少子化で、七五三のすべてを女の子も男の子も祝う風潮になっているそうです。
わぁ~・・・どうしよう。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
コスモス散策
ブロ友さんからの情報で、コスモス迷路を知りました。
家から10キロ程度ですし、いぬ連れもOKです。

ご機嫌ないぬ
コスモス迷路・・・確か、夏はひまわり迷路です。[#IMAGE|a0089450_22564565.jpg|201010/24/50/|mid|365|280#]

美しいコスモスですが、そればかりが主役は、少しお気の毒な・・・マリーゴールドや、黄花コスモスも充分綺麗~な風景。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
朝顔の葉っぱと、ムラサキの根



こんな色の朝顔、とても好きです。
見事な鉢作り・・・お見かけして、思わずカメラを向けてしまいました。

昨日の新聞の投書欄で、
虫刺されの痒みに朝顔の葉を見つけました。

 志賀直哉の随筆『朝顔』の中に、
 「葉が毒虫に刺された時の薬になる・・・・・・痛みでも痒みでも直ぐ止り」 の一文があって、
 小説の神様と言われる志賀直哉の言葉に、嘘はないだろう~と、試されたそうです。

 『朝顔』にあるように、数枚の葉を手のひらで揉んで
出るねっとりとした汁を、葉と共に刺された箇所に擦りつけると、痒みが止まったそうです
 朝顔の葉は冷蔵でも冷凍でも保存出来、効果は変わらなっ方ということです。
 蜂に刺された時にも効果があるとも書いてあるそうです。

 『朝顔』は、読んだことがありません。
 著作権の切れた本をネットで読める、確か青空文庫・・・登録が必要なようです。
 PC絶不調の今はやめておきます。



この、下の写真は ムラサキの花のようです。




≪ムラサキ≫は、薬草で、根は紫根(シコン)と呼ばれ紫色で染料にも使われます。
詳しいことは こちら




紫根を煎じて肌につけると、美容的にも良いとTV番組で観た友人。
漢方薬屋さんで手に入れて、わぁ~!癖のある臭いにギョッ!
それでも、あせもと湿疹が良くなったそうです。



去年からの皮膚のトラブルが、ますます悪い状態になっているこすずめにもお試し用を頂きました。
これで良くなると嬉しいと、期待しながら暫く試しますね。ありがとう♪(#^ー゚)v


調べますと、紫根の有効成分シコニンは、水には溶けないそうです。
化学的には色々あって・・・椿油やオリーブ油、ごま油などに浸けると
水には溶けない成分を抽出する方が紫根の効果は高まるようです。

肉芽の発生を促進するので、
火傷、切傷、湿疹、凍傷、水泡などの皮膚疾患や痔疾に軟膏として外用されたり、
外傷や毒虫による虫さされ昔から使われていたようです。

先人の知恵は大したものです。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
ほ・ほ・ほ~たる来い♪
蛍を観る会=観螢会(かんけいかい)があると聞いて、八事山興正寺に行って見ました。
去年からの行事で、今年は厳正な抽選だそうで・・・当選がわかったのは、一週間前でした。

興正寺は、私の実家と非常にご縁のあるお寺で少し前までは何かにつけてお世話になったお寺です。
実家の宗教はは神徒なのに、本当に不思議なご縁でした。

境内の五重の塔は、国の重要文化財として大切にされています。
美しい姿が好きで、過去に染物の題材にして・・・展覧会に入選したこともある塔です。

色々な経緯がありまして・・・
久し振りに訪れたたのですが、すっかり様子が変わっていました。
素朴で、自然が豊かだった広大な境内に、いくつかの新しい建造物や、美しい庭園が出来ていたり・・・これからますます観光スポットになりそうな予感がします。

観螢会ですが、暗くなるまでに食事をします。
それから・・・この庭園に造られたステージで、コンサート。
高橋 誠(たかはし せい)アコースティックバンドの3人によるジプシージャズの演奏でした。
愛知万博でも演奏されたと言うこのバンド、
リーダーの高橋さんはバイオリン、あと、アコディオンとエレキピアノを弾き分ける方と、ギター奏者・・・
本当に本当に素敵でした。
これを聴けただけで既に満足!

写真、全く駄目でした。・・・が、↑ の丸の中に3人が実はおいでになります。
肝心の蛍ですが、ほんのちらほら~~
一昨年から育て始めたと言う事で、まだまだですね。
東京:目白の椿山荘のほたる祭りを何度か見ているのですが、又行きたくなっています。


タクシーベイのある、近くのサーウインストンホテルでお茶とおしゃべり・・・
気の置けない女同士4人のエステ談義が弾みます。

でも、実はこすずめのエステ体験は過去1回だけ。
皆様の体験談、羨ましく聞くだけ・・・
皆さんの綺麗の秘密がわかりました。いいなぁ~~

ただ、この年齢では今更の効果がないそうで・・・トホホ、悲しい~~



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
ショウガ白湯
今日の話は受け売りです。

このところ、コーヒーが全く飲めなくなっていました。
仕方なく、毎朝作る出汁(昆布と煮干と鰹節で・・・)に一つまみのお塩を入れて飲んでいました。

ただただ、体が重く、朝のスープを飲んだらもう横になって爆睡。
お昼は、夫がスーパーで出来合いを買ってきてくれますが、形だけお腹に入れて・・・又眠ります。
夕方も同じパターン。
それで、夜もぐっすり眠ってしまいます。

友人達の何人かも同様に毎日眠りこけていると言います。不思議でしょ?


そんなある日、↑の記事を読みまして・・・早速その日から続けています。
ハーブティー用の蓋つきのグラスに、2mmぐらいの薄切り生姜を4~5枚いれて、熱湯を注いで10分置きます。
体温より冷めない温度でこれを、朝起き抜けの空腹時に飲むのが良いそうです。

凄く、むくみやすいですし、血圧の関係か朝が苦手です。
これで体質改善を目指そうと・・・なんだかむくみが少なくなってきました。

記事の本の一部ですが、引用させていただくと・・・
漢方では、血の巡りの悪い『お血(けつ)タイプ』と体を温める陽の力が不足する『陽虚(ようきょ)タイプ』が居ると考える。いずれのタイプも処方する漢方薬にはショウガが欠かせない。・・・略・・・

ショウガ白湯は、朝の乾いた体に飲むと成分が吸収されやすく、効果が高い。
不調を一掃して、体質を根本的に改善したいなら昼か夜にもう1杯追加して1日2杯以上に・・・それも、できるだけ空腹時が良い。

マーマレードなどを入れると、漢方の陳皮(ちんぴ)の代用になり、ストレスの解消効果がある。眼精疲労にはクコのみ、美肌にはナツメがお勧め。
とか。

ところで、ショウガの保存はどうなさってますか?
タッパーに水と一緒に入れておくと、長持ちすると教わりました。
ショウガを使うたびにお水は取り替えるといいそうですが、確かに良い方法です。

まだ、コーヒーは飲めませんが食欲はだんだん出てきています。
家で眠ってばかりも良くないと、気合を入れて約束はキャンセルなく出かけています。
気合負けも多少ありますが、もう少しで、回復の予定です。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
擬似オフ会?
いつも困ってしまうタイトル、今日も迷案ばかり・・・で、かなり変ですね。
そこはお許しいただくとして・・・


名古屋市東隣にある尾張旭市、そこの文化会館ホールでのコンサートに行きました。
こすずめ日記に時折コメントとを下さる方から、オーケストラ≪Fantasia≫の定期演奏会にお招きを頂きました。
アマチュアオーケストラですが、第9回と回を重ねておいでの様子・・・その方が出演なさると知って、夫と楽しみに出かけました。

1000人収容の大きくて、立派な文化会館ホールにまず驚きましたが、開場を待つ人々の長い長い行列にもびっくり!人気があるのですね。

         
 大人になってから楽器を手にしたも者も多く、技術的にはお世辞にも上手なオーケストラとは言えません。しかし、それを
 補って余りある情熱を持って、感動をうむ演奏をしたいと願っております。
          ・・・・略・・・・
 しかし、芸術的な演奏をすることは可能であると信じています。芸術とは、心から溢れ出る情熱から生まれる表現です。
 独創性あり、個性あり、そして一般的でなくても良いのです。
          ・・・略・・・
 オーケストラFantasiaはそのような情熱あふれる芸術的な演奏ができるオケでありたいと常日頃考えています。


            プログラムの中で、団長さんが?このように書いていらっしゃいました。本当にその通りだと思います。

私のような音楽に疎いものがおこがましいとは承知しながら・・・
辛口もお許し頂いての上で素直に感じたままを申し上げれば、プロには何か足りません。
それでも、皆さんの一生懸命な情熱が伝わってきました。
感動的でした。
ご招待頂いて、感謝しています。ありがとうございました。

そして・・・
この第1部で、中学3年生の中島英寿(ひでかず)君のピアノ演奏を聞くことが出来ました。
初々しい少年ですが、数々のコンクールでの受賞暦も沢山。
将来が嘱望されるのですが、なんと、私の家から程近い神丘中学校の生徒さんでした。

これから、見守って応援していけたらいいなとご縁を嬉しく思いました。

ご縁と言えば、今日の迷タイトルも・・・
オンラインでのお付き合いからの出会い=オフ会、ではないのですが・・・
直接お目にかかったのではありませんし、オフ会に近いご縁です。

それで、擬似オフ会といたしました。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
チェンバロ




友人のお知り合いが出演される≪朗読発表会≫を聞くために、岐阜に行きました。
その前に、ちょっと時間があったので、友人のお宅にお邪魔して、びっくり^^


広いリビングに、グランドピアノ2台、チェンバロ、コントラバスが・・・
ピアノの向こうに大きな管楽器も覗いています。
きっと、まだまだ色んな楽器が隠れている事でしょう。



音楽がご趣味のご主人は、
規制されるのが苦手なのでほとんど独学です、と仰りながら、
和音の基礎を教えてくださったり、楽器の音色の違いを聞かせてくださったり・・・



軽やかに指を躍らせて即興ですよ~と、短い曲を弾いて下さいました。
玩具のピアノ?と言った風貌のチェンバロを間近で観るのも、音を聞くのも初めてです。

チェンバロって、確かハープシコードとも言いますが、ハープともつながりがあるのでしょうか?
その音色は、穏やかで落ちついた優雅なのに感動しました。





鍵盤が2段になっていました。
鍵盤楽器のピアノとは基本的に違う楽器のようですが、私には説明できません。



ただ、頻繁な調律が必要な楽器で、4時間弾いたらもう音が狂ってしまうとか・・・
基本的に自身で調律する楽器だそうです。
2段の鍵盤は、手元の操作で不思議な動きをします。
1つの鍵盤を弾くと、色々な和音を連動させる事もできて・・・弾きこなせたらどんなに楽しいでしょう。


2台のグランドピアノの音の違い、響きの違いのそれぞれ聞かせて頂いて、しっかりわかりました。
想像以上の楽器の個体差、私のような門外漢でも納得です。



今度はゆっくり、たっぷり演奏を聞かせて頂きたいです。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:22
同期会
小学校の同期会・・・がついています。
冠の正体・・・そろそろ、バラし時??
う~~~む、やはりやめますね。オンナはミステリアスでなくっちゃ・・・ですから。(*'ー'*)ふふっ♪

一言でいえば、
とても後味のよい和やかな会でした。
それぞれが山坂を越えて、
凸凹道につまずいて、
ぬかるみに足を滑らせた過去があるにしても、とりあえず、今は平らなところで一休み・・・な人が参加されました。

代替わりの歳でもあり・・・
健康を害されて、参加なされなかった方が多いのも現実です。
改めて、今日楽しめる事は明日に延ばさない!と決めました。

万歳!
私のずぼらなモットーに日が当たりました^^
うふふ・・・楽しい事は、逃がしません!!



満ち足りた気分で戻りましたら
親友から、お新茶がお茶うけの美味しいお茶羊羹と一緒に届いていました。

なんて嬉しい?
いつもいつも、心にかけてくださってありがとう。感謝!




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
藤の回廊
名古屋近郊には藤の花見スポットがいろいろあるようです。江南の曼荼羅寺、津島の天王川公園、その他こんなところも。
そんな中、名古屋城公園の『藤の回廊』へ行って見ました。
お城の北の堀に沿って、におよそ660mの長ぁ~~い藤棚が続いて、
様々な色と種類の藤が優雅でした。
名前を確認しないまま、撮りまくった写真です。(クリック拡大できます。) 


早めに家を出たので時間がたっぷり・・・まだ、10時。

高島屋で明日まで開催中の≪憧れのイングリッシュガーデン展≫のチケットを持っていたので、
ちょっと覗いて、お昼にしましょうか・・・
まぁまぁ^^予想通りの人出で、人に酔ってしまいました。

家に戻りましょう。
あらら!地下鉄のホームでは、人があふれんばかり。只事ではないですネ・・・
どうやら、沿線で人身事故が発生した模様・・・

星が丘三越で、片岡鶴太郎展も。
大好きですこの人の画も書も・・・そして、出品されていた和服が欲しい!

ジョトオでお茶。フルーツロールケーキ、美味しかった!
でも・・・へとへと、ぼろぼろ。活動し過ぎました。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
座れば、牡丹♪

東区にある徳川園の牡丹が花盛りと聞いて出かけました。
徳川園・・・元は、尾張徳川家の邸宅と庭園でしたが今は名古屋市に寄贈され、一般公開されています。
徳川美術館は、源氏物語絵巻を所蔵していて有名です。

今年こそ、と毎年思いながらなかなか行かれませんでしたが、しろうさぎさんのブログを拝見して重い腰をヨイショ!と持ち上げました。
まだ蕾もありますが、見頃は過ぎてお局様状態の花々・・・

濃い赤・真紅・ピンクも濃淡・黄・白・・・花も大きいものから小振りまで、沢山の種類があります。
それぞれ美しいのですが、やはり惹かれるのは白い花。
柔らかな香りに包まれて撮りました。



この近くに、有名なうなぎやさんがあります。
お昼はそこで・・・中庭のある落ち着いたこのお店は、私が10代の頃・・・まだ、うなぎが苦手だった頃・・・から繁盛していましたが、今日もひっきりなしのお客さん。相変わらずの人気店でした。


帰り路、園内で見かけた好きな花々・・・

白山木(はくさんぼく)あやめシャガ








  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:20
今年初めての、花見です。
夫を誘って、お花見に行ってみました。
愛知県緑化センターの桜と雪やなぎは、ほぼ同時にに満開になります。
華やかな景色と雪やなぎの爽やかな香りに包まれて、人気のスポットです。
雪やなぎは八分咲き、桜は5分咲き・・・
風が冷たく寒いのもあってか人出もまだまだですが、ゆっくり写真を撮ることが出来ました。

芝生広場もあちこちにあって、子供やワンコ連れに良さそう。
次は”いぬ”も連れて行ってやりましょう。

桜と・・・
雪やなぎ・・・もうすぐ、満開!




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:26
黄金比と白銀比
昨日の事ですが、【日本文化のかたちの謎とき】の最終回でした。
先回は目の手術で休んでしまいましたので5回目、
今日のテーマは、≪黄金比と白銀比≫。 
黄金比は有名ですが、白銀比もあるのですかぁ?

相変わらず、先生のお話は(私には)わかりにくいです。
その事に造詣深い方には、所謂阿吽の呼吸でフムフム・・・なのでしょうが、無知な私には話が断片的過ぎます。
その上、”いい加減な話ですから適当に~”などと話の先は行方不明です。

良い例が・・・”白銀比、私(」宮崎先生)が言い始めた言葉です”。信じて良いか、わかりません。
                  ↑  黄金比           と        ↑白銀比の形の違いです。

同じ正方形に、その1辺の半分の対角線を半径とした部分を足すか、正方形の対角線を半径にするかの差で、
黄金比の近似値は1:1.618、白銀比」は1:1.414で、数字的には大差はありません。

講義の始めに6つの四角を見て、どれが好きか?と考えさせられる場面がありました。
ここにその四角を貼りたかったのですが、♪奮闘努力の甲斐もなく? 断念しましたが・・・結論を言いますと、
日本人の70%は白銀比の四角を、ドイツ人を主体にした西洋人の70%は黄金比四角を選ぶそうです。

確かに・・・
黄金比は、パルテノン神殿、絵はがき、名刺、テレホンカード、油絵のキャンバス等の美しく個性を現す物に現れていて、
白銀比は、新聞、本、その他各種用紙(例えば、A4・B5など)に見られるそうです。
        
エジプトのピラミッドやパルテノン神殿などが黄金比を元に造られているそうなのが、黄金比。
法隆寺の五重塔生け花、仏像の顔などにも利用されているらしいのが、白銀比。

白銀比は、日本人の感覚にあっているようです。
黄金比の長方形から正方形を取り除くと残る部分はまた黄金長方形で、ここから正方形を取り除くと又黄金長方形が残り・・・無限個の正方形で埋め尽くされていく不思議な性質があります。

その正方形の中で四半円を描き、繋いでいくと螺旋形が現れ、黄金比螺旋と言われるこれは、よく見る形です。

この話は、とても面白いのですが簡単にまとめることはとても無理なようです。
早口でぼそぼそ・・・おまけに、結論は”私はそう思います”が口癖らしい宮崎先生の、ユーモラスな講義は終わってしまいました。

楽しかったです。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
2軒とも、行ってしまいました~
暫らく行かないと存在を忘れてしまうお店・・・結構ありますが、
きっかけがあって思い出しました。


たくさんの花やお洒落な雑貨に囲まれての食事やお茶を楽しめるお店、? ?です。

学生時代のサークル仲間で、秋の旅行を計画することに。
先輩のお宅での相談会にうかがう前に?でランチ・・・

2階の洋書売り場は椅子が、ゆったりしていて居心地が良いので好きな場所です。

岐阜からの先輩を地下鉄の駅で拾ってのご案内先を、どこにしようかしら?と迷っていたところ、この方が思い出させて下さったのが、??の2軒。
ところが、一昨日ミニコミ誌に大きく取り上げられていた両店!
予約しておきました。


楽しく、スムースに計画決定で満足満足な帰り道・・・ランチをしなかった?へ、やはり行って見たい~~
赤いのは、ローズヒップジュース、透き通った飲み物はピンクジンジャージュース・・・珍しくありませんか?
個人的には、ローズヒップジュースが好みでした。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
フルーツカービング
一昨日と昨日、、格闘した『筆ぐるめ』の成果、
やれやれ、今日ミニ幹事会でOKが出ました。

名簿管理では、まだ課題が残っていますが(Thりーどさん、アドバイス頂いていますのに(*_ _)人ゴメンナサイ)暫しの小休止。

ホワイトデイを控えてのデパートに、フルーツカービングが!
石鹸カービングもありましたが、写真がない~~の。
携帯写真は、あまり使わないので・・・と言い訳ですね。

過去のタイ旅行でやってみたいなと、思ったフルーツカービング・・・素敵です。
とっても贅沢ですよね。
今の時期、スイカを使っていますし・・・
それでも機会があったら、やってみたい憧れです。

ミニ幹事会の後は、次のお茶の会へ急ぎます。

モッチャン、ヨシヒロクンと1年ぶりのおしゃべり会。かなり深刻な病気と付き合っているヨシヒロクンですが、去年より体重も増えて肌にハリと艶があります。
羨ましいほどの美肌~~

いろいろ嬉しい一日でした。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
十二単の襲の色は・・・
 徳川美術館での≪十二単着付教室≫に、今年も参加しました。
ガーデンレストラン徳川園
でフレンチの食事をして、3時からの2回目。

お琴の演奏を聴きながら、手際よく前後、2人の衣紋者(えもんんじゃ)さんが着付けをしていきます。
4回目の参加ですが、司会の方のこんな装束姿は初めてです。素敵でした!

10月に挙式予定のお二人、よくお似合いでした。
襲(かさね)の色は≪紅梅の匂い≫、お若い方のものです。

今回印象に残ったお話は・・・頭と足元のこと。

頭上の冠、細長く透けるものがついていますね。(えい)と言います。
下に垂れたり、巻き込んだり・・・・纓の様子で位がわかるのです。
詳しい事を思い出せないのですが、上に立っているのは天皇だそうです。
雛飾りの様子、色々ですよね。


足元です。
足袋(右)のような指の分かれ目がありません。
靴下のような形で、(しとうず)と呼ぶそうです。

十二単も束帯も、難しい名称がいろいろ・・・




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
お酒のセミナー≪日本酒を楽しむ会≫
何度も止めようか?と思ったことのあるブログですが、
今回は続けて良かった、と心から思い、感謝・感謝です。

白内障の≪多焦点レンズ≫・・・皆様からの応援で、だんだん方向が見えてきています。

今日は小休止と決めて、読みかけの本を読了したり2回目の『お酒のセミナー』に出かけました。場所は、星が丘三越。
愛知県知多・東浦の、原田酒造さんの社長さんと杜氏さんのお話を伺いながら、
3種類のお酒と、それに合うお料理を頂きます。
去年10月に偶然知って参加して、今日は2回目。???

夜の写真、これもたまたま知ったカメラのテクニック、ISOの変更とシャッタースピードの関係・・・
お試しのチャンスと思ったのに・・・
バッテリーを入れ忘れて、役に立ちません。

携帯カメラでの写真は上の2枚だけしか使えません。トホホです。

今日搾ったばかりの濁り酒は、シュワシュワ~~っと発泡酒のような美味しさ・・・非売品のサプライズで、頂きました。貴重なお味です。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:22