こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
梅雨前のお仕事~
急に植物が動き始めました。
若葉が繁って風通しが悪くなると、病気になったり虫がついたりしては大変。


梅雨前に、枝を払って病気の葉を取り除きました。
← 赤星病と言われていますが、虫の卵?って思ってしまう・・・ゾクッ^


         (左) 梨の実                   (右) ボケの実
10個余りの実、いくつ残って口に入る?     完熟後、焼酎に漬けて、ぼけ酒にします。

花梨も赤星病にかかり易いのですが、今日はまだ大丈夫でした。
近いうちに・・・退治する事になるでしょう。3m位の高さですが、夫は知らん振り。
こわごわ脚立で作業・・・私の仕事らしい。


そうそう・・・
はじめての可愛らしい花に出会いました。
先日、伯父の墓参りに行った慰霊堂の花屋さんでの出会い。
スターチス?と思ったら・・・≪サマー・チェリー≫と教わりました。
カサカサと音がして・・・ドライフラワーのようです。
何より、愛らしいピンク~~写真になり難い姿です。


  
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
もういいかい・・・?
大根が大きくなりました。花茎が覗き始めて・・・薹(とう)が立つ前に、抜きましょう。
隣の、ジャガイモ・・・まだかな?
地面から顔を出しているのを見ると、試しに掘ってみたくなって・・・もういいかい?

           ははは。まぁだだよ~~でしたが、↓ これだけの収穫。
               まだまだ、小さい。もう暫くお預けです。


夏のような今日、急に花が咲いたり、実が色づいたり・・・真夏の花:立ち葵も花盛り^^


この日の風船唐綿の花も開きました~
小さな小さな花なのですが・・・思いっきり大きく写して見ました。

風船唐綿も、↓のニゲラ同様に季節によって様々な雰囲気の姿を見せてくれます。
また、見てやって下さいね。

14日追記します(20:30)
「インカのめざめ」と「インカのひとみ」、昨日掘ったばかりですが、試食しました。

めざめ・・・は、普通のジャガイモ色(左)、ひとみ・・・は、見た目赤いです(右)。
中は、両方とも濃い黄色。
味の差は、かなりあると言われますが私と夫には、大差ありませんでした。両方とも、ホクホク美味しい!
よく言われるように、甘くないさつま芋~~成程^^

普通・・・ジャガイモは花と葉、そして茎が倒れて枯れて来てから掘り上げ、2~3日日陰で乾燥させます。
ところが、この「インカのめざめ」は土の中に長く置くと土中で目がでてしまうので、早めに掘り上げるそうです。

そうは言っても、花や葉はある程度枯れてから・・・で、タイミングが難しい。
大きさは100g程度の小さなものが、美味しさがギュッと詰まって良いそうです。

「インカのひとみ」は「・・・めざめ」を大きくして、色も鮮やかに改良した品種だそうで、こちらは普通に収穫するらしい。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
新型インフルエンザ騒動 / 咲くやこの花
                    ニゲラの蕾です。

新型インフルエンザ・・・連日、大変な騒ぎになっています。
最初に渡航歴に無関係な患者さんが見つかった神戸市と大阪府では、厳重な警戒態勢が敷かれています。
この新型のウイルス、ほとんどの人が免疫を持っていないため伝染力がとても強いということですが、弱毒性で症状は軽い場合がほとんどと言われます。

妊婦や糖尿病などの慢性疾患患者は、重症になる可能性が高いそうですが・・・対応としては従来からの季節性インフルエンザと同じでいいのではないか?と厚生省(大臣)発言もあるようです。
                ニゲラの花です。追加して見ました。

個人的なことですが、1歳7か月のBEBEは神戸に住んでいます。
それも灘区のすぐ隣の東灘区。
マスク着用は必須でも、BEBEには無理でしょうし・・・公園や児童館にも行かれないでしょう。

もう少し様子を見てね、と伝えてはいますが、騒ぎが収まらなければ名古屋に呼ばなければならないかも知れません。
その場合どの位、と期間の目安はあるのでしょうか?
そして、何より・・・名古屋は安心の保障も有りません。

それにしても、先日の里帰りからまだ1か月経っていません。
もう一度・・・BEBEウエルカム対策・体制を整え直さなくては・・・とんだ余波です。



今日も読みました。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
ギボウシ
ギボウシ・・・斑入りの葉がなかなか気に入っています。
子供の頃は、祖父母の庭の石灯籠や手水鉢(ちょうずばち)の脇に陰気臭く生えていたギボウシ。
和の庭の日陰の植物・・・が、イングリッシュガーデンの準主役として、日向で活躍する様子を見て見直しました。

これが食用になるそうです。
八百屋さんで見かける≪うるい≫、正体はギボウシだそうです。
言われればナルホドです。

くせがないのでアクが抜き不要、軽い苦味とぬめりが特徴で、
 ?てんぷらや和え物、
 ?さっと茹でておかかと醤油、マヨネーズも合います。
 ?葉だけではなく花と茎もOKで、アスパラガスと同じように調理するらしい。

 追記:加筆します(19日)↑
  ギボウシを食用に、と教えて下さった方に再確認しました。
  葉は、新芽=うるいの状態は勿論ですが、その後の若芽を召し上がるそうです。
  更にお勧めは、蕾を持った茎
  根元から採ってさっと茹でると、アスパラガスのように美味しいそうです。
  ギボウシの花は、咲いても長く持ちませんので美味しく頂きますとの事でした。


ただし・・・猛毒の似た植物=バイケイソウにご用心!
茨城県林業技術センターによりますと、見分け方は、以下です。

・ バイケイソウは葉脈が平行に走り,オオバギボウシは主脈から枝分かれしています。
・ バイケイソウには葉に柄がなく,オオバギボウシは葉に柄があります。
・ バイケイソウには茎があり,オオバギボウシには茎がなく地際から分かれています。
・ 新芽の葉を裏から見ると,バイケイソウは葉脈がへこみ,オオバギボウシは白く出ています。

~食中毒を未然に防ぐ完全見分け方マニュアル~は、こちらでご覧下さい。

わかりやすいので、間違える事はなさそうですし庭の植物は確かに”オオバギボウシ”ですが、何故か食べる気になりません。
”ウルイ”は何度か買ったのですが・・・

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
いつもながらのテキトー料理 / 本2冊(告白・孕むことば)

続けて3日、食べ物の話ですが・・・昨日の残りのピラフをドリアにしました。
それは、珍しい話ではありませんね。

いつもながらのテキトー料理は、 玉ねぎの丸ごとチン・・・
15日のコメントでharumiさんから提案されて、やってみよう~~

小さめを選んで、レンジで5分。切って盛り付けただけ・・・
ドレッシングは、バルサミコ酢とオリーブオイルで作ってみました。

柔らかくて甘・甘な玉ねぎにバルサミコドレッシング、なかなかイケると思うのですが、
harumiさんはどんな風に召し上がるのでしょう?

それにしてもボリュームたっぷりでカロリーも間違いなく高いお昼ごはん・・・外は雨・・・たまらない睡魔に襲われて・・・いぬとお昼寝・・・なんと・・・3時間。もう。
ぐっすり熟睡しましたぁ~~どうしましょ。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:9
リベンジ成るか?
昨日のピラフ、失敗の原因は何だったのか・・・?
味はそれなりに良かったと思うのですが、なんと言っても人様(それも失敗を許してもらえる親密度未満の方)に差し上げる代物ではなかった・・・良い、教訓です。

では、再挑戦いってみます。

← 今日の具材は、
鶏胸肉
ベーコン・
玉ねぎ・
しめじ・
椎茸
ピーマンと、イタリアンパセリのみじん切りは後で加えます。
今日は、無塩バターを使います。


原因の一つに考えられるのがお鍋。
昨日のティファールのお鍋、蓋が少し浮きます。
更に、取っ手をつけられる部分が空けてあって、蒸気が逃げます。
これで水分が不足したのかも知れません。

ルクルーゼの浅型鍋を使ってみます。
バターで洗っておいたお米を透き通るまで炒め、野菜を加えてさらに炒め、お米と同量の水にチキンスープの素を入れて・・・ぴっちり蓋をして、

強火で、2分
弱火で9分・・・今日は、パチパチ音は無視
火を止めて7分の蒸らし・・・別に加熱したピーマンと、イタリアンパセリを入れます。

出来ましたが~~どんな調子?(怖いよぉ~)

サラダです。盛り付け、下手ですね。
じゃがいもと玉ねぎにたっぷりのレモン汁と明太子、マヨネーズで和えました。


それでは・・・一口。
ひゃぁ^^・・・嬉しい!、美味しく出来ました♪

1.5カップのお米で作りましたので、4人分くらい出来ました。
残りは、明日ドリアにします。

リベンジ、成りました!



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
失敗しちゃいましたぁ~
庭仕事に良い日和です。
大根の葉が繁リ過ぎているのを払おうとしたら・・・あらら!間引きを忘れて2本寄り添って育っています。しまった、失敗~

←抜きました。
太さ4cm長さは20cm余。
時期をずらして、2回目に蒔いた方がこれ。

初めの物は、太さは10cmくらい、長さは?・・・になっています。 →

ふみちゃん農園さんも今日は集中畑仕事の日で、赤玉ねぎを頂いてしまいました。
嬉しい・・・感謝!

抜きたての大根とサラダにしたら美味しそう~~
そうだ!今朝の花まるマーケットのあれ、≪アサリのピラフ≫を作りましょ!ルンルン♪
分量と時間さえ覚えれば失敗なしに出来ますって、事でした。
しっかりそれは、覚えています。ハイ。

  ? お米と同量の水(米2カップ=水2カップ)
  ? 火加減は、沸騰するまで強火で2分、弱火にしてピチピチと音がするまで9分、
    蒸らしを7分。

2カップのお米は二人では食べられません。
多分お昼御飯どころではない、集中農作業のふみちゃんに差し入れしようと思ったりして
待つこと暫し・・・炊きあがりました~どうでしょう?
サラダも出来ました。
赤玉ねぎ・大根の千切りに美味しいしらすちりめん(ふみちゃんからの頂き物)をたっぷり混ぜ込んで、さらにトッピングも。

ところが、です。
ピラフ、かなり焦げました。(ピチピチ音、耳を近づけても聞きとれません。待ち過ぎて、9分をかなりオーバーしたから?)
何か見た目もム?なご飯・・・

でも、早いうちに届けなくっちゃ~~と、味見なしでピンポ~ン!

やっぱり、大失敗でした。
耐えられる範疇ではありますが、固い。芯がある。
それに・・・決定的な失敗はバターを使わなかった事!

たまたま、買い忘れて切らしていた事と・・・仮にあってもカロリー上使わなかったと思いますが、オリーブオイルでは物足らないですね。
リベンジ!誓いました。

美味しくない差し入れ、ごめんなさいね。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
武村豊徳さんのお皿
              もう、物は買わないと何回決心したかしら?
               今日も・・・今日限り・・・と買ってしまって
                   夕食に、早速使いました。
          鯛のムニエルにお惣菜らしいたっぷり野菜の付け合わせ・・・

覚王山日泰寺近くの庭園ギャラリーで個展を開いていらっしゃる武村豊徳さん・・・直接は存じ上げないのですが、縁あって行ってきました。
実はこの武村豊徳さん、ふみちゃんの陶芸の先生なのです。

出不精のこすずめが一人で出かけたきっかけは、
会場近くにお住まいの先輩から「会いたいから家に来て!」と強く誘って下さったから。
久し振りに楽しいお話、美味しいお茶、出かけて良かった~~
日泰寺山門脇の大きな木が花盛りでした。
なんの木でしょう?
クロガネモチ?葉が違う様な気もします。どなたか、教えて頂けませんか?

お陰様でわかりました。
木の名前:カナメモチでした。森の住人、博識家のくまさんに教えて頂きました。ありがとうございました。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
ドクダミ化粧水
了解を得て・・・レシピ公開します。
 
 材料 
  ドクダミの花 ・・・ なるべく蕾が多い若い花を、茎ごと取って洗う。(根を落とす)
              10本位づつ紐で縛って、日陰で竿などにぶら下げ暫く水切り。
              ※水分が残る場合は、ペーパーで軽く拭いて下さい。

  20度の宝焼酎・・・上のドクダミを瓶に入れて『20度の宝焼酎』を注ぎます。
              量は、ドクダミが隠れる位まで・・・


 それから
  ☆ 日の当たらない涼しいところで2~3か月保存。

  ☆ 中味を取りだし、ガーゼ等で軽く濾して出来上がり。
 
  ★ グリセリンを少量足してもOK (友人は入れないそうです)
    
 美白効果もあると聞きますが、定かではありませんとの事です。
   
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
いぬが、モデルなの。
前夜の雨が止んで・・・

                2年越しの風船唐綿・・・蕾が開くのは、まだまだ先の初冬です。

                   [#IMAGE|S1#]

夕方、ふみちゃん農園のふみちゃんからのメールです。
ポストに宅配便が・・・って。
★ジャン!★



☆出来上がったばかりの親指ワンコたち☆
プレゼントBOXを持っている子は、ねえこに頂けるそうです。
BEBEと里帰りしていた先月、私が頂いて飾ってある物を『いつか頂戴ね』と言っていたねえこ。
これから知らせますが、どんなにか喜ぶでしょう~~

隣のカメラ目線ちゃん、いぬをモデルに作って下さいました。
この姿は、プードルカット時代の姿に似ています。
尻尾の先にボンボン・・・細かい作業で大変そうなのに、ありがとう♪嬉しいです。

今のテディイベアカットの姿も・・・なんて欲張り過ぎですよね。我慢・我慢。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:13