こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
いよいよ・・・本決まり。


今年が、その発刊から丁度100年という事で注目を浴びている柳田國男:著の≪遠野物語≫ですが
読んだことがありません。

耳触りの良いタイトルですが、実際にはストーリーのない伝承のあれこれ・・・読破は、たぶん無理です。

そんな【遠野】に行ってみたいと、思い始めて数年経ちました。
学生時代のサークル仲間でこの秋に出かけることになりました。

仲間と言っても、偉大な先輩が強力なコネクションをお持ちで・・・
とりあえず仙台まで行けば、すっかりおんぶに抱っこのお世話を太っ腹に引き受けてくださる方が待っていて下さいます。
本当に、ありがたいと感謝・感謝です。



最終の打ち合わせに、偉大な先輩のお宅に集合~~
その前に、仲良しでランチとおしゃべりを楽しみました。

落ち着いたフレンチレストランで、大好きな海老のクリームカレー・・・写真を写し忘れてしまいました。

カレーと言っても、家庭料理とは格段の差。
真正、お料理なのです。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
これは、何?

野菜の出来の悪い今年ですが、
こんなものが出来ています。

台所の生ごみを埋めたところから出た芽が、きゅうりの網に絡んでいます。
葉と花の様子からかぼちゃでしょうが、
このような長い形のかぼちゃ、記憶にありません。

果して美味しく食べられるものに育ちますか・・・
楽しみにしますね。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
今日も良いこと・・・ありがとう!
エアコンの様子を見に来て貰いました。
お馴染の〇イキンのお兄さんもとても良い人で頼りにしている我が家ですが、
今回は隠蔽配管(壁の中に配管を通す工事をそう呼ぶとうです)に明るい人を頼んでありました。
気がかりは、いぬも同じらしい・・・かなり真剣に見つめています。

結論です。
当面は、使えるように修理をして貰いました。
不思議なことに、これまで聞いていたのとは全く違う部分に問題が発生していました。

標準的な耐用年数は超えている室外機から、嫌な音も聞こえ・・・という事は、突然の心臓発作で、心臓部=コンプレッサーが停止する危険性が大きいと聞いて、
3台マルチの室外機とそれに対応する3台の室内機を、新しくする事にしました。

気候の落ち着く秋を待って新品交換に・・・見積もりの依頼をしました。
たいていは見積もり通りに発注するのですが、一応の手順です。
ありがとう!と言いたくなるのは、今日いらした方の対応のすべて。
もともと、我が家のハウスメーカーは出入り業者さんのすべてが非常に気持ちの良い方ばかりです。
我儘な私の要求も、いつも気持ちよく通ったり却下されたり・・・多分、高めの買い物をしているのでしょうが、納得できる支払いはありがとう!です。

##########


[#IMAGE|a0089450_2261921.jpg|201008/27/50/|mid|400|300#]

日経新聞に1回だけの広告で、友人と参加しました。

80人限定募集のはずが、”あまりの反響の大きさに、枠を広げました”と主催者の挨拶。
ざっと数えますと、150人位でしょうか、それも、お仕事帰りの男性が半数近く(もしかしたら、それ以上?)の姿が・・・
ビジネスエリート達の歌舞伎講座》・・・なるほど、主婦や女性の集まりだろうとの予想は外れました。

 ?第一回・・・「歌舞伎のいろは」
 ?第二回・・・「歌舞伎舞台とは(バックステージツアー)」
 ?第三回・・・「顔見世のみどころ」
         第46回「吉例顔見世」初日「夜の部」観劇と、観劇後の「懇親会」
 
”歌舞伎ソムリエ”おくだ健太郎さんの、
初心者にも分かりやすく楽しめる歌舞伎のお話での3回講座。観劇料:2等席11500円を含んで、12000円の受講料って、楽しみです。

今日の話で興味があったのは、見得と掛け声で、
客席の大向う(おおむこう)から大きな声で ”??屋!” とか ”待ってました!” と掛けられる声のタイミング・・・コツの初歩を教わりました。

平たく大雑把なところでは、たとえば・・・
役者さんの見得(みえ)が、決まった一瞬の隙間や
花道から出てきた役者さんが必ず止まって一呼吸の間があり、木(析)が入る隙間などを、瞬間に捉えるとか。
その為にはセリフもすっかり覚えてしまっていなければ出来ませんね。
そういえば、50歳前に亡くなられた知り合いが、御園座名物の声かけさんだった…懐かしく思い出しました。


そうそう・・・今日のうれしいこと、その2です。
若鯱カブキクラブの受講生が増えて、歌舞伎鑑賞の席に1等席も追加されました。
帰りにくじ引き抽選で、
私たち4人組は、2階正面の≪1等席≫が、当たりました。!
せこい話ですが、1等席は19000円なのですよぉ~2等席は11500円で、大きな違いがありますよね。
ラッキーでした。今日も感謝です ニコニコo(*^▽^*)o~♪





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
こすずめといぬの夕食。
今夜のこすずめの食事でした。
夫が、友人の誘いで出かけてしまった一人ご飯・・・手間をかける気持ちが萎えてしまいます。
頂き物の≪エビドリア≫の素、一袋発見♪。
≪焼き茄子≫と先日の≪かぼちゃのポタージュ≫…あとは、ビールです。エへへ。いぬは、10年一日でも飽きることを知らないドライフードですが、粉薬が振りかけてあります。
それでも・・・ちゃんと待て!を、して・・・よしをお待ちかね。
あっという間に平らげます。お利口さん?
ほとんど病気知らずのいぬですが、たまにはお腹を壊したり膀胱炎に懸ることがあります。
そんな時も、薬をちゃんと飲んでくれる手のかからない良い子です。
去年は、あの臭いのきつい百草丸でも我慢して飲み込んでくれました。
飼い主としては、本当に幸せです。



まだまだ続くらしい今の酷・残暑、
11歳の老犬は老いたこすずめ=古すずめと同じで、毎日ゴロゴロ暮らしています。
時々、足先を舐める勢いは何か必死の様子で・・・
そんな時は爪の間から血が滲んでます。

昨日、グルーミングの時に診察をして貰いますと、何か(かび)が居るとかで、プレドニゾロンを処方されました。
とりあえず10日分・・・効果があったのか、今日はペロペロ、あまりしませんでした。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:23
明るい未来を作らねば。
始まったよ~、って何が?
あらららら・・・
今度は2階のエアコンから水が漏れています。

このエアコンはわが家でのトラブルメーカー、去年も一昨年も8月に水漏れを起こしています。
こちらこちらでも書きましたが
見た目を考えて、配管を壁の中に入れてあります。

新築時のイメージでは、10年20年という年月は、ほぼ永遠に思ってしまった我々。
集中冷暖房も考えたのですが、それは故障の時に全部止まってしまうのでやめましょう~と、
部屋ごと設置という、一応は賢い選択をしたつもりでした。
そんな先のことは具体性のない話だったのが悔やまれます。

2階の3部屋のエアコンはすべて壁の中を複雑に巡って1階の端の室外機に繋がっています。
どれが故障しても壁の中で漏水の危険性があるのです。
その中で、これだけが非常に困ったことになっています。
室内機と排水ドレーンのつなぎ目が破れています。

外に排水ドレーンが出ている状態なら、簡単に取り換えることが出来ますがこれの場合は無理です。
一昨年、応急処置でしのいで・・・次は設置方法から考えなおしての取り換えと言われていました。
それを、去年も何とかだましだまし・・・

明日の月曜日、朝一番で修理を頼みますが、
今年こそは、新しく品といけないかも知れません。
どんな工事になりますか?きっと、かなりの大工事、厳しいです。



見通しは明るくないけれど、結論が出る前に暗くなっても仕方がないですね。
ここは一つ、明るい未来の為にファイト!で行きます。

毎日、買い物に行きそびれる怠け者が朝9時にスーパーに出かけました。
100円のかぼちゃ、GET。
豚ヒレ肉が・・・なんだかめっちゃめちゃ安い!GET。
その他、MY BAG に入りきらない買い物・・・・

で、それ等でお惣菜の下ごしらえを出来るだけしてしまいます。暫く、楽が出来ますものね。


≪アメリカでも作りやすい 豚ヒレ肉の梅煮≫
COOKPADのここで見ました。
美味しそう~ アメリカでも・・・って、絶対輸入肉。
これは良いかもしれない~~と・・・

半分だけ作ってみました。
勿論、明るい未来の為ですからまだ食べてません。




               かぼちゃの半分は、スープにしましょう。
               玉ねぎ・ジャガイモとトマトも少し・・・あくまでかぼちゃが主役。
               牛乳を入れて、たくさん出来ました。



   
     去年わが家で、人気のあったブロ友さんの秘蔵レシピ!
     ≪かぼちゃとゴーヤのサラダ≫今年初めて作ります。
     つぶしたかぼちゃ+湯がいたゴーヤ+玉ねぎ+ツナをマヨネ
     ーズで和えます。
     →これに、ツナ缶とマヨネーズを混ぜれば、美味しいはず。




今頃になって、どんどん採れ出したゴーヤは不思議な形のものが多くて、人様に貰っていただくのがはばかられます。
やむなく佃煮。
今年は、切り方を変えました。薄切りではなく、5mmはある厚切り・・・これが家族に好評です。
先日は、巻きずしに入れて見ました。美味しかったです。







  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
なるほど、これ、良い~

花オクラ(トロロアオイ)・・・オクラとは言っても、実ではなく花を食べるのだそうです。
ほっこりさんのところで知って、2本の苗を植えてみました。

今年は、野菜の出来が良くないためか?なかなか咲いてくれません。
それぞれの苗(木?)に、たまに一花咲く程度なのです。
何より、PCの不具合や入院でどうやって食べたらいいのかも分からない・・・・

今朝、美しく大きな花:直径20cm近く有ります、を見つけて、お味見に挑戦。

たった一個なので、
残念ながら、ほっこりさんのように使うには量が不足です。
ガクシベ花びらの赤い部分も固いので外して・・・千切りにしました。
冷やし中華の天盛りにしてみました ↑ 。

そうそう・・・味はほとんどありません。
それでもネバトロとした触感があって、美味しい♪

調べてみますと、蕾を収穫して水につけて冷蔵庫に保存すると良いと分かりました。
固い部分をはずして蕾のまま天ぷらにするのも良いとか。

でも、蕾もありません。もう今年は終わってしまったのでしょうか?
種が取れそうなので、来年は沢山植えてもらいます(担当は、夫です)


夫の担当と言いますと・・・今日はこんなお仕事もしてくれました。
エアコンがダウンした一昨日(8月19日)に、活躍した昭和生まれの扇風機・・・
壁掛け式なので、キッチンの壁に取り付けてもらいました。

ブロ友のharumi さんのお勧めもあったのですが、
"これ、有ると無いとでは大違いだね"と、無口な夫が申します。
harumiさんにありがとう!です。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
ありがとう?

午前中に、エアコンの修理が終わりました。
ドレーンの詰りが原因と分かっていましたが、本体の開き方が分からなくて手が出せませんでした。夫が、対応手順を教わっていました。
新築時の取り付け以来、毎年のようにお世話になっているダイ〇ンの修理担当の方とは、お馴染で話が通じやすいのが何よりうれしいです。

同じ時間帯に、パソコンの無線設定の方もいらして・・・
私は、設定の手順と暗号のかけ方を教えて頂きました。
結局は、私の無線ルーターが古すぎてVISTA非対応。HPからのダウンロードが必要だったり、
暗号も、過去に私が手動で入れた物はセキュリティが甘くて現在はほとんど無用・・・
プログラムのDLとインストールで自然に設定されるようです。

親切な方々との出会い、ありがたいです。


夕方・・・ぺぎが来ました。
お婿さんの勤続15年(20年だった?)のご褒美に、会社から旅行券が出たとか。
2人で1週間の旅行を計画して、その為に、大きなスーツケースが要る~って。
大好きなぺぎちゃんだぁ~~♪いぬが大喜び!します。

そして、私もうれしい!
いろいろなプレゼントを貰ってしまいました!
 ↑ のROSE SOAP・・・日本製、綺麗に出来ています。使うより観賞用ですね。
母の日用に買ったものらしい・・・間抜けな時期外れでも感謝!

最近、白いプードル物に凝り始めた私。
こんなパスケースは趣味と実益ばっちりです。
白プーではないけれど、実用的なハンカチも使います!

そして・・・↓この、派手さ!びっくりです。











    ブームは過ぎたと思うけれど、
    見つけたから・・・と。
    確かにじゃがりこは、彼方へ~~






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
てんてこ舞い。
リビングのエアコンが暑気当り!
扇風機を引っ張り出しました。
クーラーのない汗だくな夏、何か懐かしく感じました。

床置きのエアコンから漏れた水で絨毯がぐしょぐしょ
それに気がついたのが作夜・10時過ぎのこと。
とりあえず、新聞紙とタオルで、応急処置しか方法はありませんね。



お陰で、今日はてんてこ舞い~

今日・9時半には、PCの出張修理で、先週から持ち越しの部品交換をお願いしてあります。

その前に・・・朝一番で、
エアコンの修理をたのみ、
クリーニング屋さんに集荷をたのみ、
それぞれ、時間調整の連絡を待ちながら・・・1日家を空けられません。

お陰さまで、PCのワイヤレスボタンは使えるようになりました。
無線の接続、予想以上に大変でした。
バッファローのモデム:Airstationからの設定で躓き、結局はWindowsの無線LAN接続でどうにか繋がったものの、セキュリティのかけ方などで不安が一杯・・・とうとう、専門の業者さんお任せすることにしました。

明日には何とかなる予定ですが、てんてこ舞い。



エアコンの修理予定日の連絡が今日中にあるという事で、買い物は諦めて、
今日もまた、在りものでビールと居酒屋風・おつまみ風・・・ふふふ。

 ◆紅鮭の缶詰めは、たっぷりの下ろし大根と生姜で・・・
 ◆乱切りのフライドポテト
 ◆千切り野菜のおかか和え・ポン酢味
 ◆糠漬け
 ◆ゴーヤの佃煮
 ◆焼きシイタケ
             
↑の写真=千切り野菜のおかか和え・・・ちょっと好きなのでご紹介しましょうか?
 きゅうり・人参・茗荷は、細めの千切り。
 オクラが小口切り。
 1mmぐらいの薄切りゴーヤは、塩少々とお水に入れ、沸騰したら氷水にとりキュッと絞ります。

 それらとおかかを混ぜて、食べる時にポン酢をかけます。
 
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
10冊の本・・・PART2。
先だって読んだ10冊の本について、忘れそうなので簡単に書いてしまいます。



垣根涼介  : 著
幻 冬 舎 : 発行

10冊の中でも特に好きだった、まったく退屈しない面白い本でした。
1961年、日本政府(外務省)は戦後の食糧難を回避する目的で、“棄民政策”を勧めた。
夢の楽園と信じ、夢と希望を持ってのブラジルへの移住は、想像を絶する地獄の日々・・・ジャングルでの獣に等しい生活、移住者のほとんどが病に息絶え、野垂れ死んだ。

四十数年後―3人の男が東京にいた。
用意周到な計画もぬかりなく、、日本への報復を実行しなければならない・・・
登場人物たちの心理や行動の動機が、とても無理なく理解でき、
大藪春彦賞、吉川英治文学賞、日本推理作家協会賞をトリプル受賞もも納得です。


###########


楡 周平  : 著
新 潮 社 : 発行

佐川急便が下敷きらしい 運輸業界を舞台にしています。
いやはや面白い。強引ながら仕事の出来すぎるあくの強い主人公が、社内で疎まれ、閑職に追いやられるが・・・持ち前の柔軟な頭脳と直感と行動力で見事復活する話です。
痛快で、爽やかなスピード感・・・一気に読了しました。
6~7年前に書かれていますが、今でも十分通用しそうな話です。

楡  周平  : 著
朝日新聞社 : 出版

サブプライム問題から発した金融危機、ひいてはアメリカ自動車産業の衰退した今こそ、
日本の自動車メーカー=日本自動車工業はハイブリットカーの開発に社運を賭ける。

電気自動車や水素自動車ではない、地球環境を大切にしたエコカーをと
CO2を劇的に削減する燃料に、アマゾン産サトウキビを利用したバイオエタノールをと提案するのは、北米営業戦略室出身の女性、栗林絵里香。
企業小説らしく、社内の権力闘争も絡みますがワクワク感一杯でした。

楡周平さん・・・【再生巨流】【ゼフィラム】の2編だけですが、スケールの大きな前向きな作品を書かれる方です。もっと読みたい作家になりました。


###########

松井 今朝子 : 著
集英社文庫 : 発行

道絶えずばまた≫≪家、家にあらず≫とは花伝書3部作ですが、順番から言うとこれが一番最初。

文化六年元旦の火事、中村座の焼け跡から老人の絞殺死体が発見された。その老人は何者なのか?
江戸随一の女形・荻野沢之丞の改名披露を軸に、中村座を揺るがす大騒動が次々と巻き起こります。

いつもながら、大切に守りたくなる美しい日本語がふんだんに使われています。
特に造詣の深い歌舞伎に関連した独特の言葉は、知って得した気分になれます。

役者や劇作者は勿論、木戸番、桟敷番、帳元、大道具方など、裏方の一人一人が生き生きと描かれ、
華やかな歌舞伎の裏の人間関係がよくわかります。≪道、絶えずば…≫でも登場・活躍する町方同心や奉行所役人の立場を上手く配して、歌舞伎の世界に誘い込まれ、自然な臨場感さえ生まれていきます。

ミステリーとしても、非常に素晴らしい!
なかなか犯人の姿が見えず、最後にようやくこの題名の深い意味と繋がりました。
松井今朝子さん、良いですねぇ~~

###########
 

林 芙美子 : 著
[ちくま日本文学020] [文庫]

なぜ、林芙美子を読みたくなったのか?忘れてしまいました。
それほど、買ってから時間が経ってしまいました。
【放浪記】で文壇に評価された後の、「風琴と魚の町」「清貧の書」「魚の序文」「牡蠣」など9編の小説と1編の詩が入っていました。

太宰治の雰囲気をわずかに感じたのは、言葉の使い方。
物言いが、とても丁寧で荒れていないのです。
言葉の美しい人や物に出会うと何かほっとします。

巻末に、田辺聖子さんが林芙美子の作品を≪慰藉(いしゃ)の文学≫と題しての一文を書いていらっしゃいます。
慰藉=三省堂大辞林では、慰め、いたわること。同情して慰めること。
う~~~ん、もう少し考えてみましょうか?私は、いまひとつ賛同できませんが・・・








  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
今年こそは・・・生千人針を見つましょう~

・・・と、題名通りの心意気で、
             ようやく発見しました!




伯父の出征時のもので、
       歪んだ日の丸の小旗、
       千人針、
       父母と伯母(奥さん)宛の遺言が奉公袋に入っています。






手元に届いたときの写真だけあるのですが、現物は行方不明になってしまっていました。





どうしても見つけたいと心当たりの場所を探し、
断・捨・離=ダンシャリに成るべく、雑物などの整理をしながら探し、
放出品の山と絶え間ないのない鼻水(失礼!)と戦い、






    今朝になっても諦めきれず・・・
    あっ!発見!!
    ありがちなことですが、あまりにも簡単なところで発見。
    やれやれ・・・








千人針については、見ず知らずの思いがけない方々から資料になさりたいとご連絡も頂きました。
戦後65年、忌わしても貴重な存在かも知れないと改めて思います。
個人で持っているよりは、どこかに寄付をしようかと考えています。



【奉公袋】の裏面はこんな事が書いてあります。
それにしても、【奉公袋】とは、お国の為のご奉公・・・嫌な言葉です。

 ↑↑↑ 封筒の中は、遺書です。中はこちら ⇒ ?? クリックしてみて下さい。

重い喘息で病弱な伯父が(←この部分追記です)、どんな気持ちで書いたのか、
文字の乱れがないだけに切ないです。


~~~~~~~~



断・捨・離=ダンシャリというのは、やましたひでこさんが提唱される整理法、マガジンハウスでの著書もあるようです。
     断===入ってくるいらないものを断つ
     捨===家にはびこるガラクタを捨てる
    離===物への執着などから離れる

 その結果、身の回りが片付いて、人生も変わると提唱されているようで、新聞のコラムで知りました。
 
なるほど、ですが・・・
 使えるけれど使わない、貴重なもの=たとえば漆器類や、
丁寧な細工物など今では造る人もなくなってしまっているような伝統工芸品を捨てる気にはなりません。
結局、またしまいこむことになってしまいます。

どうすればいいのでしょうか?






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16