こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
全国的なんですよ~
昨日の記事のことで、簡単ですが補足しますね。
いきいき支援センター≫での体力と筋力トレーニングのことです。

↓の写真は、全く関係ありません。
久しぶりに寄ったパン屋さん、春バージョンの華やかで美味しそうな物が並んでいました。
迷って・・・買いましたが、どれも美味しい^^

無題r


いきいき支援センター≫は、名古屋市独自の呼び方で、正式には≪地域包括支援センター≫といいます。
つまり、同じ内容なのです。
ですから他の都市でも独自の呼び方をしている所があると思います。


≪地域包括支援センター≫は、国の政策です。
高齢者が要支援又は、倒壊後要介護はの状態になる事を予防し、
住み慣れたところで暮らし続けるための支援を目的にしています。 


その為、一人での生活に支援が必要な場合、時間と費用の制限はありますが
ヘルパーさんの訪問もうけられます。


その際に、最も難しい(orややこしい)ことは、共同生活者の存在です。

トイレやお風呂・キッチンそして居住空間など共用の場所はサービス対象としては難しいようです。
そういう意味では、独居が一番問題がありません。


ということで、私が住んでいる名古屋だけのサービスではないことをお知らせします。
≪いきいき支援センター≫事務局の方も、是非多くの方に知って貰いたいと願っていらっしゃいました。

参考までに、過去記事をリンクしておきます。
どこまで参考になりますか・・・・ですが。

 ☆★☆です。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
桜・・・開花
ようやく、名古屋のが開花宣言されました。

気温も19℃と暖かい~~はずなのに、何故か寒さを感じていました。
あすは、もう少し気温も上がるとか。
ただ、その後から来週は寒の戻りで冷たい雨も・・・とか。

009r_20120330204453.jpg

ぱせりです。

暖かいからと、庭で私の帰りを待っていてくれましたが、
≪白内障≫で眩しいらしく、目を開けるのがつらい様子で可哀そう~~




1r_20120330204028.jpg

週一回のトレーニングと鍼灸に行きました。

家から徒歩1分の、鍼灸院の入口部分でマン・ツー・マンで1時間。

個人の体調を心得ての指導は、とても有難いことです。
国の生活支援センターの事業の一環なので、無料です。
全国、どこでもこのシステムはありますが、あまり知られていませんね。



トレーニングの後は、

2r_20120330204011.jpg


鍼灸とマッサージなどをして頂きます。
こんな素敵な個室で、です。


このところ(先週辺りから)腰の状態が少し不安です。
娘より少しお若い、整形外科医の奥様と色々お話をしながら・・・


先週は、体が冷えているので気をつけて下さい、と言われ
今日は、仙骨がまた開いていますネ、と言われました。

経験から、仙骨が開いた状態の時は腰痛が出ます。
これ以上悪くならないといいのですが。

今日の気温でも寒いというのも、身体が冷えているからでしょうか?
聞くのを忘れましたが、暖かくしています。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
細雪
思惑があって、読みました。

細雪編集2r



谷崎潤一郎 : 著
新 潮 文 庫 : 発行

1942年(昭和17年)に執筆開始。
1948年(昭和17年)に完成。

ちなみに、第2次世界大戦中です。





 ===出版社・メーカーからのコメントによりますと===
   時の流れの中であでやかに変転する四つの人生。 雪子と対照的に末娘の妙子は自由奔放な性格で、
   男との恋愛事件が絶えず、それを処理するためにも幸子夫婦は飛びまわらざるをえない。
   そんな中で一家は大水害にみまわれ、姉の鶴子一家は東京に転任になる。時代はシナでの戦争が日まし
   に拡大していき、生活はしだいに窮屈になっていくが、そうした世間の喧噪をよそに、姉妹たちは花見、狩り
   月見などの伝統的行事を楽しんでいる。



富裕層と庶民の格差は今より格段に大きい、昭和11年から16年までの物語。
父親の死によって零落した船場の豪商・蒔岡(まきおか)家の四人姉妹、鶴子・幸子・雪子・妙子の生活が、はんなりとした大阪の言葉で生き生きと描かれています。

二女の幸子が、三女雪子と四女のこいさん=妙子の行く末を案じながらも庇う優しい心根、身内ならではのこと。
ただ、他人の目で冷静に見て思うのは、雪子も妙子もそれぞれが、ちょっとバランスの危うい性格だとわかります。
文章が非常に長いのですが、それでも心地よく、楽しみながら読める物語・・・


【細雪】は、谷崎の三番目の妻:松子夫人の四姉妹をモデルに書かれたといわれています。
最初の夫人を、佐藤春夫に話し合いの上譲った話は有名ですが、次の夫人とは短期間で別れ・・・松子夫人が三番目の夫人になっています。
さらに、主人公の幸子の住まいは、谷崎潤一郎が実際に住んでた家≪倚松庵≫。

雪子のお見合い話も、末の妹 妙子の恋愛→結婚も死産もすべてそのまま。
私小説として、俗っぽくなりそうなところを綺麗なな物語に仕立て上げるのは、本当に素晴らしいです。



無題r


題名の≪細雪≫・・・
文字通り、細かい雪のことですが四姉妹それぞれの性格や運命を表しているように思いました。

そんな事を考えていたら~~ 
今、白銀の帯を表に、黒の紗を裏にに制作中のバッグが
細雪に思えてきました。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
♡こけし屋さんのお菓子♡
うれしい!かずこさんから宅急便・・・

1_20120328211551.jpg

品名は、お菓子・ジャム・本ですって^^


濃い緑色に赤い人形の模様が素敵な、包装紙に包まれた箱が3つ、出てきました。
この絵は、もしや<鈴木信太郎>?
多分そうでしょうね、【】とサインがあります。

いそいそ♪

2r_20120328213216.jpg

左 ↖ のお菓子、柔らかな半生のドライフルーツの薄板のようなもの。
レーズンパイと言うそうです。
餃子の皮より薄いパイに、洋酒に漬け込んだレーズンとアップルパイがサンドされているしっとりパイ。
パイの上には、大好きなスライスアーモンドが・・・あぁ~~美味しい!


右 ↗ は、ご覧の通りクッキー。
摘まんで見ただけですが、こちらもう~~む、美味しい!

缶のデザインが、レトロでほっこり暖かい。
これ、とても好きな感じです。


3r_20120328215752.jpg

可愛らしい箱に入っていたのは、ジャムのセット。
コンフィチュール?と思うようなとろりとした感じ、暫く後で頂きます。

こけし屋さん、東京・杉並の西荻窪にある古いお店だそうです。
創業以来70年の、悪く言えばダサイお店だそうです。
・・・が、すべて手作りで無添加のお菓子と、レストランだそうです。

東京では有名だとか。
田舎者のこすずめは初耳でした。

レーズンパイ、頂いてすぐにちょっとお福分けしました。
皆さん、お気に入り・・・取り寄せ、したくなっています。



それから、
4_20120328211623.jpg

いつもながら、とっても美しい文字と文章を添えて、本を一冊。
地震、恐いわね~と話した後だったのでと、有難いお心遣いです。


あの3・11以来、1年以上経過したいるというのに未だ大きな余震が続きます。
被災地の方の恐怖感はさぞかし、と思いながら暮らしています。

ご主人がらみで、ニッポン放送発行。
関東の情報が多いのが少しだけ残念ですが、参考になります。

かずこさん、ありがとうございました。秋にお目にかかりましょうね。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
飼い犬にこだわる飼い主。
 
            
017_20120326193927.jpg

月に1回の、恒例のグルーミングから戻ったぱせりです。
天然パーマがきついので、せっかくお手入れをして貰ってもふわふわの期間がほとんどありません。

家に連れて帰った時にはすでにカール毛が固まってもじゃこちゃん。
仕方ないね~

P1000094.jpg



これは、今日ではありませんが、グルーミング中のぱせり。
ねぇ~・・・こんなにふわふわなんですよ。
これが、家に帰った時は上のよう・・・
仕方ありませんね。個性ですものね。



###########



005r_20120326211920.jpg

飼い犬に拘って、作って貰いました。
【結び糸】・・・・短いい糸を手で1本1本結んで、長くして織り上げたものです。
その白生地を頂いて、染めてプードルを刺繍して頂き、白大島に合わせる帯にしました。
帯の地色は、苔色っぽいこんな色かな?・・・追記です。

飼い主馬鹿の私は気に入っていますが、
好ましくないと正しい(?)声を聞くこともあります。

ちょっと悲しい・・・
でも、せっかくなので、気にしないで使います。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
押し寿司~

ブロ友の ♪♬♪ さんが、押し寿司を作られたらしい。
が、型から抜く時に、崩れてしまったとか・・・


すしr

ラップをしなかったのが問題なのか?
コツは、ないものか??とブログで呼びかけていらっしゃいました。

長いこと作っていない押し寿司、そんなに大変だったかしら?と実験します。

とりあえず・・・結果ですが、
枠からは、すんなり外れました。


009r_20120325222058.jpg


ここで、ムービーメーカーを入れたかったのですが、不具合が生じます。
あとで、もう少し研究してみます。



 出来ました



     濡らした木枠に、出来あがりとは逆に具を並べました
  
    最初は、梅酢で色付けした花型の大根
    酢れんこん と さっと湯がいたプチベールの葉 を散らし
  
     酢飯を薄く広げたところへ

    たらで作った’デンブ’を撒きます。<実は、久しぶり過ぎて失敗しました。ふわふわに出来なかった^)
  
     ここでも、薄く酢飯を延ばし・・・

    みじん切りの椎茸 + 牛蒡 をまんべんなく置いて、

     更に酢飯を覆います。

     輪ゴムできっちり止めて、重石も適当に・・・と、ここまでが動画部分です。



もしかして・・・使う前に水に漬けておいたからかも知れません


ムービーメーカー・・・貼り付けると、下へスクロールが出来ません。何故でしょう。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:22
いぬのこと・・・v・。・V わん♪
いきなりですが、愛犬ぱせりです。
優しい皆さん・・・
イラストが下手な事は自覚してのこと、責めないで下さいね。

3ぱせり


いつも笑顔のこの子、
居て良し、居なくて良し・・・・・と、時に思いながらやっぱり居てくれて和みます。


昨日、美容院に行きました。
オーナーを始め、犬好きの方と憎めないいぬ自慢話で花盛り^^
平和なひと時を過ごしました。

ぱせり3r

何故、そんなに愛しいのか?
何故、こんなに可愛いのか?

結論・・・一応出ました。

それは・・・一切の言い訳を出来ない=しないからでしょう。

ぱせりで言えば、部屋に水が貯まっていました。丁度お○らし程度・・・
叱った後で、私がこぼした水とわかって・・・反省。

ごめんね~と抱きしめてやれば、すっかりご機嫌です。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
✿ 春探し ✿
神戸からの春便り『いかなごのくぎ煮』と一緒に、

くぎ煮作りの日、ぱえるに、"春を見つけに行こう’’’’’"と言われて
近くを探しましたら土筆が1本だけありました。
それから何日も経っていない今日、土筆があちこちに・・・
幼稚園の修了式も終わったので、又籠を持って春を見つけに行こう’’’’’と思っています。

                                        神戸のばぁばから(追記届いた手紙です。



<ぱえる>というのは、4歳の男の孫です。
どこでこんな言葉を覚えたのでしょうね、きっと幼稚園でしょうね。と2人のババは笑いました。

梅ブログ用クリック拡大


昨日、夫と春探し・・・
名古屋市農業センターのしだれ梅はどんな様子でしょう?

普段は静かな新興住宅街ですが、この時期は大渋滞。
駐車は、1時間待ち。

最寄りの駅から徒歩20分はかかりますが、皆さんテクテク~~


満開にはあと一歩の7分咲き。
2日後には気温も上がるそうですから、その頃が見ごろかしら?
春分の日だからでしょう、家族連れで賑っていました。




ところで、今日は・・・私も花で遊びました。

003_20120321202424.jpg

これ、何でしょう?
メッシュワークですが、何になるのかは分からないでしょうね。
ちょっと足りない物を探して、
それから仕上げにかかります。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:22
春^^はどこから?神戸から。

お彼岸なのに・・・寒いです。
明日は、真冬並みの気温と脅されていますね。

014_20120319224437.jpg


それでも、昼間は暖かく野菜に花芽がニョキニョキ。
花芽・・・言葉が違うのかもしれませんが、大根や水菜になばなのような花が咲くのです。
それを摘んで美味しく食べてしまいます。

たんぽぽも・・・咲いていました。
やっぱっりですね。





3_20120319223038.jpg


神戸からが届きましたから。
≪いかなごのくぎ煮です。≫

毎年、ねえこ=娘=のお婿さんのお母様から頂きます。
が来た!と嬉しくなります。
感謝。感謝です。

いつも頂くのは申し訳ないので、来年は何とか自分で挑戦をと思ったりします。
名古屋では茹でたこうなごを買うことが出来ます。
こうなごは、いかなごと同じで、それでも良いようです。

でも、お手軽なお値段ではないのが、うふふ、ちょっと怖い。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:20
美味しいあさりと鯖ずしのために・・・とっておきの小技。
あさりを始め、貝類の美味しい季節になりました。
あさりの砂抜きと、ふっくら香りの良いあさりのための、小技。
もしかして・・・皆さんもうご存知でしょうか?

002_20120318193134.jpg

ごしごしこすり合わせながら洗って、殻の開いた物は死んでいるので捨てます。――香りの小技

野菜水切り器 サラダスピナーを使います。――おほほ、こすずめの小技

012_20120318193203.jpg

3~5%の塩水を、貝が頭を出す程度に入れて、蓋をします。
1000ccの水に大匙2~3位でと言われますが、舐めてみて海水位の塩辛さで適当にしています。


015r_20120318193706.jpg

蓋をして、遮光します。
新聞紙で軽く包んでもいいですが、今日はこのようにして光の当らない隅に置きました。

1時間で良いという人もありますが、
私はもっと永く、4~5時間置いたりもします。(時によって)


サラダスピナーの良いところは、
 あさりが吐いた砂を吸い込まないことと、砂の落ちた水をとり変えてから、
野菜の水きりと同じように取っ手くるくる廻しで、貝がきれいになること。
                     
更に汚れが落ちて水が濁りますよぉ~


020_20120318193334.jpg

水気を拭いて、ビニール袋に入れ・・・

027.jpg

冷凍。TVで、冷凍すると美味しくなると聞いて以来です。
新聞紙にくるんで、冷凍ヤケのにおいを予防します。




冷凍庫の一番端っこに立てて入れます。
私は右に新しい物を入れて、左の方の物から使うようにしています。(余談でした・・・)

無題


そして、あさりをふっくらさせる技は、
1~2個口が開いた時点で火を止め、蓋をして蒸らす!です。(by TV)




・・・・・・・・・・ico_tanpopo4.gif・・・・・・・・・・



鯖ずしを作りました。
今年はしめ鯖にしても良い【真さば】に、なかなか出会えませんでした。
昨日、見つけて

038r.jpg

直径、4cmよりちょっと細い巻き物にしてみました。
鯖1本に、お米が1カップ弱。

これにも小技があります。砂糖です。
この小技を教えて下さったのは、★☆★さん。

とにかく美味しく出来ますよ~
以前UPしたものを、もう一度・・・コピーしてしまっても良いでしょうか?



お砂糖と塩の加減・・・う~む、ご存じのようにいい加減なんですが、こんなところでしょうか?

今回は一本分の鯖に、砂糖を大匙1ぐらいかけたかな?そのまま10分。
洗ってと書いてあったので、さっと水洗い・水気を取って・・・塩は2掴み強でしょうか、まんべんなく塗せる程度。これを冷蔵庫で3時間。

もう一度さっと水で洗って、水分を取ってお酢はようやくひたひたで、多すぎない程度で、30分。

お酢から上げて、昆布で包むようにして一晩冷蔵庫で寝かせました。

                                                     参考までに・・・✿✿からの物です。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18