こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
お笑い系・・雑談

1_20120429221455.jpg

間近になった、学生時代のサークル仲間との<春の会>と<秋の1泊旅行>の打ち合わせ会・・・
いつもお世話になる先輩のお宅に大集合しました。

その前に、まさよさんと和食でランチ。

住宅街の、個人のお宅を使って、お一人で切り盛りされている美味しい隠れ家にお連れしました。
正直なことを書かせて頂きますと、今日は少しもの足りませんでした。
材料の都合で、そんな時もありますね。
また、伺いたいと思っています。




先輩のお宅では、
打ち合わせというよりは経過報告。

それからの雑談の、盛り上がり・・・
話術は才能!と笑いの渦を巻き起こす人、
話に説得力があって、人生観にも影響する実体験を興味深く聞かせて下さるさる人・・・

個性豊かかな面々ですが、それを否定しない暖かさ。おおらかな包容力のお陰で、
跳ねっ返りのこすずめも居心地良くお仲間にして頂いています。


毎度のことですが、今日も大笑い^^
若がえりと新しい知識にと、有意義な1日でしたが、
あまりの盛り上がりに、帰宅時間がちょっと遅くなって・・・


2_20120429221526.jpg
徒歩圏のお寿司屋さんで、夕食です。

初めての方と話が弾んで・・・
写真は、たったこれだけ~~

この方との雑談もとっても楽しかったです!
食事は、楽しく!ですね。

024r_20120429221632.jpg

お寿司屋さんから、灰汁抜き済の大きな筍のお土産も頂いて、嬉しく楽しい幸せな、一日でした。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
大英断で、思い切ちゃった!

2_20120426205901.jpg

50年近く昔の10代の頃、自分で描き、染めた塩瀬の帯。
お太鼓の模様は一つですが、前帯の部分には2種類描いてあります。

地色はピンクで、花の周囲には細かい更紗模様も入れてありました。
一度も使わないまま・・・派手になったので、花だけ残して黒に染めて付け帯にして貰ったのが、
何と20年前の事!


最近、使ってみたら簡単で結びやすい☆
これ、良いかもしれない・・・と、

1_20120426205930.jpg

あれこれ、引っ張り出してみました。
過去記事にも書きましたが、喪服の帯のこと・・・独特の模様の帯が好きになれなくて、
思い切って綴れ帯と絽綴れの帯を染め変えて貰いました。

弔時には無地部分を使えば良いし・・・場合によっては柄の部分も利用できそう~と欲の深い考えもありましたが、
実際にはそんなに簡単なことではありません。


ならば、鋏を入れて付け帯にしようかと、朝から奮闘しながら悩み・・・とうとう、決断!


慎重に。慎重に。
念には念を入れて。
ジョキジョキ・・・・・やはり、いろいろトラブルが出てきます。


019.jpg

そうそう・・・
松坂屋で作っただけの付け帯も思い出して、参考にしてみました。
これも、使った事はありません。

で、多分どうにか使えそうな状態になったはず。
今度試してみます。
そこそこのお値段でお任せ出来る御仕立てやさんに頼めば良かったと、反省しきりです。




こんな時に・・・

014_20120426204420.jpg

美味しくて、ありがたいような、申し訳ないようなお菓子で一休み。
名古屋では有名な和菓子やさんの≪薄皮饅頭とさくら餅≫


昼過ぎに、
どんな上顧客にもお値引きはしないことがステイタスと知れ渡っている老舗の、番頭さんから電話がありました。
以前求めたささやかな品物の話から~~~
最近の話に及んで・・・

・・・・・長くなりますし、お店の名誉にも関わりそうですから話はこれまでに致しますが、

お菓子を携えて、お越し頂きました。
ふふふ。。。これで、却ってお見通し?
大変嬉しく、美味しく頂きました。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
あざなえる、禍福

格言にいうところの≪禍福はあざなえる縄のごとし≫って、こんなことも当てはまるのかしら?
そんな風に思える日でした。

012_20120424233347.jpg

とにかく和服が好き~
そんなお仲間で、いつもの秘密基地へ・・・

ここでは、『織』以外のすべてのことをお願いできます。
今日は、お若い頃の色留袖が生まれ変わっていました。

写真の色よりもう少し黄味のある、地色が、素敵でした。
最初は、綺麗なピンクでしたが、これなら長く重宝しそうと、お気に入りでした。
ため息交じりで、にこにこm(;∇;)m うれしい^^





ご一緒した方から、京都のお土産も、頂きました。

020_20120424223616.jpg

毎年、京都に行くと必ず買って帰る≪五辻の昆布≫屋さんの、可愛らしい型抜き昆布~
星うさぎ・・・大好き!

・・・・と、ここまでは本当に幸せ。






2_20120424223545.jpg

夕方、こんなお菓子を頂きました。

それで・・・言葉にできない 淋しさと切なさと、悲しさとで、少しばかり落ち込んでしまいました。

詳細は書けないのですが・・・
親類の子供(当人)から、簡単な≪結婚しました≫とだけの葉書を貰って・・・
お祝いを、かなり正式に送りました。

うんともすんとも連絡がないまま一か月近く経って、
≪内祝い≫でもなく粗品↑が届きました。
見苦しい感覚ですが、2000円はしないと思う小さな箱入・・・

”結婚に際して、結構なお祝いをありがとうございました”と手紙がありました。
手書きなのは少しほっとしましたが、電話ぐらい欲しかった~

年金生活者にしては奮発した大枚を送ったのですが、これが最近の若者の普通の感覚なのかと・・・気分が下向き。


たまたま、電話があった友人、
私にはわからない・・・って 
(ノ_-;)ハア…







  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
目先をちょっと変えた・・・ら、

ぱせり、グルーミングの日でした。
暖かくなったので少しだけ短めのカット・・・いつもよりさらさらしています。

1_20120423211004.jpg

ご褒美のささ身巻き、食べにくいらしく悪戦苦闘していました。
持っててあげようか?と言ったら、お願いしますって・・・

変な子?
2_20120423210744.jpg

ぱせり、気管支炎の薬を処方されました。
粉薬は、これまで水に溶いて注射器で飲ませていたのですが・・・

思いついて、袋を広げて'舐められる?’
003r_20120424075846.jpg
あっさりペロペロ^^
本当に手のかからないお利口さん☆変な子って、ごめんね~
By 変な飼い主 (*^.^*)エヘッ





ありがたい頂き物の筍と蕗・・・
こんな物も作ってみました。(順不同~)

039_20120423222321.jpg

筍の姫皮と青柳のぬた。

056_20120423222438.jpg


ある方のところでヒントを頂いて・・・
こんにゃく+ 厚揚げ + 筍で、土佐煮。
一晩寝かせて、頂きまぁ~す!

050.jpg
そろそろ食べきらないといけないと、
蕗の佃煮。濃いめの味でキャラ蕗風にしてみました(忘れていました・追記です) 


062_20120423222505.jpg
期待度100%の、あさりと蕗のご飯
未だに何故??って、疑問のまま・・・の大失敗でした。

水加減を間違ったらしい・・・固いご飯!
味は、上等だったのですが・・・明日、残った物は蒸してみようかしら?



最後に・・・毎度お馴染の、在り物思いつき料理。

3_20120423222542.jpg
拡大出来ます。

初日の筍ご飯の残りを使っての和風チャーハンです。
筍を少し足すことにして・・・干しエビと、蕗の葉の佃煮で、チャーハン。

オリーブオイルと日本酒を多めに・・・
途中で加えて、仕上げは焦がし醤油をじゅっじゅっ~~

どうなるか?不安もあったのですが、蕗の葉の微妙な風味がかなりいい感じ~~









  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
白の季節
春の初めは、黄色の花が元気を出そうよ~とでも言うように、たくさん咲いてくれます。
やがて・・・薄いピンクの梅や桜が景色を明るくしてくれて、

その後は、白い花の季節になります。
白い花は、一番好き!

はしどい?といつも迷いますが、ライラックとして植えてもらいながらなかなか咲かなかったもの。
今年は、こんなに咲いてくれました。庭師さんのお手並みです。

001_20120422193546.jpg

美しく見て頂けるような気がして、
写真、思い切り大きくしてしまいました。

2_20120422193301.jpg


これは、ジューンベリー・・・
日本名は≪西洋采振り木(せいようざいふりぼく)≫といって、いろいろ変化も楽しく、やがては真っ赤な可愛らしい実をつけます。
ヒヨドリと仲良く戦いながら(?)、収穫してジャムにします。

1_20120422192412.jpg 
拡大出来ます。





まだまだ、いろいろ有ります。

白山吹
009_20120422192006.jpg






クレマチス

022_20120422122839.jpg




夫が特に大切にしている・・・利休梅

036_20120422200219.jpg



007_20120422201936.jpg




梨の花もこれまでは毎年咲いていましたが、あまりにも病気が多かったり、
ようやく実っても、カラスに持って行かれたりと、散々な目に遭ってとうとう切ってしまいました。

とっても綺麗な花でした。残念です。


まだまだ・・・
次々・・・
白い花に出会えるこの季節、好きです。


とか言いながら、いつも好き。節操無いなぁ~わたし。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
知多の蕗とおいしい新玉葱・・・頂きました。
お店で買うものとは大違いの新鮮なをあく抜きしたまま、調理していません。
何故って・・・昨日は、≪細雪≫にうっとりしていましたから・・・

今日も何故か身体が水風船のようにパンパンに張れて浮腫んで・・・
とにかく身体が重くて、ドスンと座りこんだままの状態・・・

032.jpg

美味しい物を食べれば元気になれる!と、筍ごはんを作ります。

普通は、土佐煮やバターソテーにする部分を小さく刻んで、さっぱり薄味に煮浸けけました。
お酒をたっぷり・・・入れますね。



そこへ・・・
嬉しい頂き物。いつも庭の手入れをお願いしている大好きな庭師さんからの差し入れ~~
季節季節に、タイミング良くいろいろ届けて下さいます。本当にありがたい・・・・と感謝でいっぱいです。

041_20120420233949.jpg

恒例のトレーニングと鍼灸・・・
その後で、下ごしらえ、頑張りました。

2_20120420234002.jpg

毎度ですが、塩摺りのあと3分ほど茹でた蕗は、濃い出汁に白だしを足して漬けこみます。
柔らかな味は、そのままが美味しい~と庭師さん。

葉は、湯がいて・・一晩水に晒して佃煮が良いですね。





そして、
3_20120420234030.jpg

本日の夕食は、頂き物三昧。
メインは、筍ご飯で、
サラダには、筍・新玉葱・蓮根にボイルドビーフ・・・辛子マヨネーズでピリリと和えたもの。
副食は蓮根入りのハンバーグに、筍のバター焼き。ポン酢ソースで頂きます。

最後の3品は、
出汁に漬けこんだ蕗におかかをかけたものと、人参と蕗のきんぴらです。これが、とっても美味しいの!!
右端は、ふふふ、これも頂き物の、フルーツでした。


こんな筍ご飯、京都の”なかがわ”の真似っこ・・・
あちらは、山椒の実がたっぷり入っていて、ちょっと違いますが、夫は喜んでくれました。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
楽しめました~細雪
楽しみにしていた≪細雪≫御園座公演、無事に楽しんできました。

3_20120419231410.jpg

美しく華やかな衣装がふんだんに見られると、以前から気になったいたのですが
実は初めての観劇・・・


これのために、原作を改めて読んで、観ますと、
いろいろな発見もあって楽しさが増したように感じました。

今回の出演者は、
長女:鶴子に、高橋恵子 /次女:幸子は賀来千香子 / 三女:雪子が水野真紀 / 四女:妙子、石川梨華。

高橋慶子さんの長女は、見事な貫録と美しさ・・・
賀来千香子さんの次女:幸子は、原作とは少し違う性格になっています。
三女:雪子の水野真紀さんは、わざとらしさが嫌味で、いただけない。
四女:妙子役の、石川梨華さんは、なかなか良かったです~

一番気になった事は、長身の賀来さんの着姿・・・
おはしょりが2cm位しかありません。長丁場の舞台衣装・・・何とかならない物でしょうか?。とても残念でした。
追記・・・それと、個人的に残念だったことがあります。
昭和初期(17年~21年)の時代背景の話にしては着物があまりにも現代もの。

例えば、ご一緒した(まん中の)方の帯のような、味わいのある衣装が見られたら、もっとよかったな、と。






今日は・・・とうとう、洋服で出掛けました。
ご一緒した方々は、素敵な和服でした。ご了解いただいたので、御姿UPさせていただきますね。

2_20120419234912.jpgクリック拡大出来ます。



そして・・・

未練がましいのですが、迷った挙句着なかった私の予定の着物は、これ。


1_20120419231303.jpg


今の季節に必ず着たくなるもの。
白大島を黒に染めて、バラ模様の銘仙を八掛けに・・・

そのバラを刺繍して貰った付け下げには、銘仙とナナコの切り嵌めの帯。
今年は、もう着られません・・・


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
♪  咲いた・咲いた・・・

例年になく、長くて寒い冬・・・
冬来たりなば春遠からじ、まさに駆け足で春がやってきました。

1_20120418224828.jpg


一気に、猫の額も花盛り。
チューリップが咲くと、春を実感します。

白い花の好きなことを意識してでしょうか、
去年の夏休みにオランダ旅行をした

ねえこ(娘)達がチューリップの本場から持って帰ってくれた球根から
大好きな白い花=純白なの・・・=が咲きました。
数本のピンクの差し色も嬉しい~~

思い切って、

2_20120418224905.jpg

こんなに大きく写してみました。

チューリップの球根は、毎年かなり植えつけますが、
いつの間にか融けて亡くなってしまいます。
これだけは、何としても花を見たいと、気温と相談して植えたのが良かったようです。

ねえこ・ぱえる・・・こんなに咲いたのよ。
見てくれたら嬉しいわ♡


&&&&&&

掘り立ての筍を頂きました。
スーパーで買った物は、どうしてもエグミが残ります。
これは、期待できると・・・期待しています。

018_20120418225011.jpg

嬉しい!そして、ありがとうございます。
明日が楽しみ~~





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
ガーリックポテトチップス・・・次の出番
<(_ _)><(_ _)><(_ _)> お詫び <(_ _)><(_ _)><(_ _)>
すみません・・・昨日は、ちょっとだけ買い物に出かけたからでしょう。酷く疲れてしまいました。
下書きでシャットダウンしたつもりが・・・公開されていました。
大急ぎで、加筆しました。本当に、ごめんなさい。(18日)





夫と甘えん坊のワンコの気ままな暮らしのお陰で、
恐怖のギックリ以来、丸4日間をベッドで過ごすことが出来ました。

022_20120417213831.jpg

私を信頼しきっている愛犬、夜中にベッドに上がって足元で寝ています。
そして、何故か朝5時の起こします。
お腹がすくらしい~~
仕方なく一旦起きての二度寝、実によく眠れるのが不思議です。


早朝のチューリップリップ、
去年、娘一家のオランダ旅行土産の球根・・・無事に花を見せてくれました。
早朝写真の葉、乾燥昆布のよう~






またあのガーリックポテチを使いながら、冷蔵庫のお掃除しました。
1_20120418091404.jpg

ペコロスという小玉葱をたくさん頂いたので、

3_20120418091347.jpg

       【トマトスープ】 と 【仲良しグラタン(笑)】 でした。


超簡単な作り方は、毎度のこと。
2_20120418091355.jpg


材料は、小玉葱 ・ 干し海老 ・ 乾燥ボルチーナ茸 ・ ウインナーソーセージ。
オリーブオイルで炒めて、最後に残り物のお豆腐までも入れてしまいました。

小麦粉をパラパラ・・・牛乳とマヨネーズで、とろみをつけて。
チーズを乗せて焼きますが、仕上がり間際に<ガーリックポテチ>を載せてもう少し焼きました。


実は、これは・・・グラタンの中に砕いて入れ込むつもりだったのを忘れていたのです。

それでも、なかなか、合格点!



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
( ´△`)アァ-気にしない・気にしない・・・

散乱放題の和室です。
着付けのお稽古の日は、着るものに迷って毎度のことなのです。

特にこの日は、次の週に2回、和服を着る予定があって、
それぞれの目的に合わせて、それも選ぶつもりでした・


無題

そんな最中に、
特別無理もしないのに恐るべき ギッグ!
そのまま、和室は開かずの間に・・・


それが、先週の金曜日で、
その日から今日=月曜日=までベッドで安静に出来たのが幸いでした。

今回は去年の今頃の恐るべき状態とは違って、トイレも食事も自力で行動できます。
それでも、なんでもないことでキャッ!!と悲鳴を上げるのも事実。







夫に夕食を作って貰いました。

004_20120416190750.jpg

ここの麺類は、かなり美味しいので我が家には常備してあります。

残念なことに暖かい味噌煮込みうどんはなく、あるのは冷たいカレ-うどんだけ。

寒いから、これを暖かくしてみよう~と。

007_20120416190806.jpg

本来は、沸騰したお湯で4~5分茹でた麺を、水でぬめりを取ってから
添付されているスープをかければ一丁上がり!

それを、麺をゆでながらスープも温めて・・・そこへスープを入れたので
麺がぬらぬら、すっきりしません。
トッピングも、庭の葱も入れないで、おまけの天かすだけ。

うふふ・・・( ´△`)アァ-気にしない・気にしない・・・






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16