こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
デジカメ教室・・・3回目

3回目の昨日=7/30は、
≪少し高度なテクニック≫

写真と一口に言っても、❀写真を撮ることが目的 の場合と、
✿旅行のついでに撮る写真 とでは大きな隔たりがあります、と先生。

わかります。
多分、は、芸術的な美しく整った写真で、
は、細かいことは無視のスナップ写真と考えればいいでしょうか。

日記ブログ用の写真を目的なこすずめには、
難しすぎる・面倒すぎることかもしれませんねぇ・・・

そうは思いながら、知りたかったことを教わって嬉しい。
試しながら・オロオロしながら書いておきます。




無題



ホワイトバランス・・・色合いを調整する機能です。

普段は、<AWB=オートホワイトバランス>設定で問題なく写せます。が、
補正機能が働きすぎて、普通に綺麗で、標準的なな写真になることもあります。

例えば、夕暮れ・雨の中・夕焼け・青空…など補正されて、目の前の風景と違ってしまうことも多いです。
夕焼けは朱く、青空は青く、夕方は薄暗くと思うときはホワイトバランスの設定を変えて、試しましょう。

カメラ ホワイトバランスマーク
  ← こんなマークですね。

白い紙を写すときも、晴れの日は青ぽく
             夕陽の赤い時間はあかっぽく、
                蛍光灯の室内では緑被りして写ったりします。
                  そんな時も、このホワイトバランスを使って、調整します。


~~~~~~~~~~~~



露出補正・・・写真を明るく撮ったり・暗く撮ったり、コントロールします。

無題2


昨日、教室の窓から撮ってみたもの。
中央が、補正なしのまま。
(゚ー゚*;)ナルホド・・・随分変わるものですね。デジカメの良い所で、モニターを見ながらの設定が出来ます。

005_20120731173443.jpg
    ← これで、1/3段階で細かく調整します。

例えば、雪がグレーっぽく写るとき・・・メモリを +にして、明るくします。
    黒塀がグレーっぽいときは・・・メモリを -にして、暗くします。



~~~~~~~~~~~~
    

ISO=イソ・・・カメラの感度です。
これをイソと読むこと、実は初めて知りました。なんて言ったらいいのか?わからないなぁ~と思っていました。
そんな位ですから、勿論どういう物かも知らなくて・・・
取りあえずっこれの正体を知ることも、この教室に通うきっかけでした。

でも、何かスルーされて・・・
いきなりISO感度を上げると――と話が飛んで、まぁ、大変!
今日も悪目立ちを避けながら、小さな声で”教えて下さい^^”

わ・わかりました。およそ、ですが・・・

kamera.jpg

カメラの大雑把な仕組みは、
教室で説明を受けた際の先生の画像を、(黙って)半分お借りしました。

左の様子は、カメラのレンズを通って、少しずつ画像として取り込まれます。(白い四角な部分にです)
絞りによって違う時間・・・それが、ISOとシャッタースピードになります。

チェックしてみますと、私のカメラでの ISOは・・・100~12800 までありました。
ISOは、感度を上げる=数字が多い=にしたがって、シャッタースピードが速くなります。

手振れが少なくなって、ありがたい反面画質が荒れます。
先生は、100~400までしか使いません。三脚を使って・・・と、言われます。


何故?ISOとシャッタースピードの差動作で、画像が変わるのでしょうか?

それは・・・電子ノイズの存在でした。
電子カメラ:デジタルカメラには避けられないノイズですが・・・
ISO数値が低いときは、認識される光の量も少ない代わりにノイズの量も少ないのです。

ISOの数値を揚げるにしたがって、光量も大きくUPすると同時に、
邪魔なノイズも増幅するのです。
ノイズが目立つようになって、すなわち、画像が荒れます。

・・・・・・たしか、こんなことだったかしら??
いい加減ことと書いていたら、ごめんなさい。

自分の復習のために書いたのですが、次の教室で先生に確認してみます。




いずれの場合も、
ともかく一枚撮ってみて、確認する癖をつける。
これが大切なようです。

数が勝負と撮りまくっていたこすずめは、深く反省中 ヾ(_ _。)ハンセイ…
 




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
デジカメ教室・・・第2回
お盆を控えて、カメラ教室が立て続けにありました。
2回目は、先週の月曜日。



復習を兼ねてここに書いておきます。
ズームとデジタルズームの話。




ズーム無題
  ズームレバーを一番左(w)にすると、
  広い範囲が撮れる広角になります。

  肉眼に近い画角(標準)は、青色の右端辺り。

  ズームレバーを右(T )に押して、青色の端が最望遠
  これより先の白い部分はデジタルズームになります。



4_20120731002503.jpg

デジタルズームと言うのは、
デジタル処理によって、写真の縁を切り取っていく方法です。

ですから、元画像より小さくなります。
モニターでは、拡大表示されるので気がつきませんが、
写真をPCでトリミングする事と同じことです。画質も落ちます。

あまり、お勧めできませんとのことでした。
(最近買った、SONYのサイバーショットはデジタルズームの画質が落ちないと聞いていますが・・・)


なるほど・・・前に何故か小さな画像になってしまって、不思議だったことが解決しました。


同じ被写体を撮影するとき、
望遠と広角では全く違った画像になります。なので・・・


      ーーーまずは、望遠で遠くから。
      ---次に、標準で。肉眼で見る様子に一番近く取れます。
      ---そして、入れたい部分が入る所まで移動して、広角で撮影。

                  気楽にいろいろ試して、慣れることが一番^^ だそうです。


あ、遅くなってしまいました。
まだまだ、書くことがいっぱいですが・・・一息入れて、


004_20120730235709.jpg

はい。ジュース♪

桃とグレープフルーツ(ルビー)に、蜂蜜を入れてみました。
豆乳なしで、すっきり爽やか。

桃が、熟れ過ぎたので・・・贅沢を楽しみました。





続き、明日書いて良いかしら?

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
ご自分用の果樹園から~~

旅から戻って・・・届いたのは、
見たこともないような、大きな
’初恋’と言う名前のプラムとソルダムも別箱で。

桃1

ご自分用の美味しい果物を、育てていらっしゃる、
ブロ友:ROMI さんにお願いして分けて頂きました。

10年前、山梨に住まいを移されて・・・
広い果樹園を大切に手入れされている様子。
早朝、ナント4時半起きですって(*0*;)☆ ウキャー!!
趣味です、と言われますがとんでもない。プロで通用します。


015_20120728194049.jpg

少し固かったので、今日(届いて3日目)頂きました。
言葉に出来ないくらい、美味しかった~



015_20120728194129.jpg

大好きなソルダムは、おまけで頂きましたがどんどん柔らかくなって行きます。
↑ 真っ赤な物がソルダム。少し黄色いのは、初恋です。


桃と豆乳

豆乳と合わせてジュースにしてみました。



008_20120728202516.jpg

ルビーのグレープフルーツも入れてみます。
ちょっと見は、変わりませんネ。

味は・・・
大きな差はありませんが、グレープフルーツ入りがすっきりするかな?


034_20120728194137.jpg

はちみつを入れて、寒天でゼリーも・・・
バニラアイスクリームと一緒には、ROMIさんのお勧めです。

これ、暑さが引きます!



そして・・・
これも、ROMIさん伝授。

023_20120728203248.jpg

焼酎のロックに、初恋とソルダム・そしてレモンを入れます。

飲みながら・・・
摘みながら・・・

お洒落で、美味しい~~
どうしよう?病みつきになりそう^^


たくさん送っていただいたので、友人たちにお裾分け。
それでも残った物は、皮を剥いて冷凍してあります。
いつでも、美味しいジュースが楽しめるように。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:24
夏の旅…六甲・神戸編

次の日・・・宿からは歩いても10分かかりませんが、送っていただいて 六甲ケーブル駅へ。

広すぎて初めての我々にはわかり難い六甲山ですが、
ケーブル駅近くの、六甲ガーデンテラスでは、

バラフェア
 
英国&バラフェア ~ピーターラビット®と楽しむ六甲山が催されている様子。
ピーターラビットとイギリス湖水地方に憧れる二人は、勿論行きます。




薔薇の季節が終わっていて、少し、いえ、かなり残念でしたが・・・
懐かしい絵本の中の風景、それなりに楽しめました。

写真、スクロールで流します。
054_20120727163204.jpg 069_20120727163227.jpg 061_20120727163248.jpg 075_20120727163344.jpg 073_20120727163355.jpg 067_20120727163513.jpg 072_20120727163548.jpg 071_20120727163650.jpg 063_20120727163600.jpg



そろそろ、お昼・・・
迷った末の結論は、神戸:元町で・・・
その前に、せっかくの六甲・・・ここ にもちょっと寄り道して、

六甲高山植物園

111.jpg

ケーブルカーとバス、そしてJRで、元町まで。


神戸に行くと大抵は立ち寄るフルーツショップ ベニマンで
フルーツサンドのランチ。

ベニマン

フルーツ専門店だけのことはあって、満足・満足☆


恒例の穴子寿司はお土産に・・・
元町と三宮商店街をウインドウショッピングとお茶


ゆっくり~~楽しんできました。 







  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
夏の旅・・・有馬編
025_20120726123433.jpg

綺麗な白い花・・・これ、ご存知でしょうか?

026_20120726124138.jpg

ひょうたんの花でした。
今、有馬はひょうたんまつり。川沿いにプランターが並べてありました。
太閤秀吉にちなんでいるのでしょう。


無題
 
黒線が、旅のルートです。美しくありませんが、くりっくで少しだけ大きくなります。

有馬温泉までは色々な行き方がありますが、この日は、JR芦屋駅から阪急バスで行くルート。
芦有ドライブウエイを上るバスは、路線バスです。


宿花小

昼食は ↑ の花小宿(はなこやど)で。
歴史の趣深いお宿で、丁寧な応対と細やかにやさしく出されるお料理・・・又行きたいと思います。

ホテルまで散歩しながらと、見送られて玄関を出ますが、
何やら雲行きがあやしい^^

ホテルまで送って頂きました。
行きも、バス停からの方向がさっぱりで、迎えに来て頂きました。
同じ車ではなかったのですが、イギリスのタクシー仕様車、可愛いです。


ホテル到着と同時に、激しい雷雨!
良かった~~




有馬


3時間ほど降りしきった大雨が、
少し小降りになって・・・散策に出ました。

狭くて、急坂の古い町。
観光客が我が物顔に悠々と歩く町。

そんな人を避けるでもなく、時速5キロくらいの速度で坂道をのろのろ…登る車。
運転手さんたち、誰もイライラしていないのが不思議な、
穏やかな町でした。

とても気に入りまして、また、訪れたいです。


ここまでで、かなり時間がかかってしまいました。
続き、また書きます。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
お箸が重い。

013_20120724103535.jpg


箸より重いもの~~
持てません。

って、それはないですが、
包丁とお箸が持てなくなっています。
そして、何もしないでいても肩から腕、手首と手のひらが疼きます。

追記しますと、マウスも応えます。マウスとキーは左手で・・・。

無題

旅の話を書きたいのですが、到底無理^^かな?と、思いながら少しだけ。



宿泊は、東急ハーヴェスト・有馬六彩・VIALA の、↑こんな部屋。
広い二人部屋でした。


到着(1時半ころ)と同時に降り始めた激しい雷雨は、
5時近くに小止みから、☂要らずに上がって・・・散歩に出ました。

小1時間の散歩から戻ると、又、土砂降り!
ラッキーな1日になりました。」




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
♡・・・ HAPPY BIRTHDAY ・・・ ♡

先ほど、有馬・六甲そして神戸の旅から、帰宅いたしました。

127.jpg


今日は、我が家の愛犬:ぱせりの
13歳の誕生日でした!


162.jpg

孫のぱえるから、誕生日カードと、
プレゼントが届いていました~~

カタカナ書きは、まぁ、いろんな事情でなのです。
笑って・・・やり過ごしてください。


そして・・・
幸せ者のぱせりには、
ジャ、ア~~ン

1_20120722232638.jpg

ブロ友歴の長い、≪ぷーちゅらママ≫さんからも。
たくさんのプレゼントが、可愛らしいぷーちゅらちゃんのメッセージと一緒に届いていました。

ぱせりのお菓子は、ナント沼津名産:桜海老のクッキーと鯵の開き!(型です)クッキー。
小山園の『薄茶あられ』は、実家で良く頂いた、懐かしの味です~

赤いワンコは、鍵に漬けておくと便利ですって・・・
頭の『を抑えると、口先にライトがつきました。なるほど^^
暗がりで鍵穴を探さないでOKですね。
”白がなくて、ごめんなさい”って。嬉しいです、構いません。少しだけ残念(笑)

フェルトのガーデンピックは、レンママ作のものですって・・・?
こんな可愛らしい白プーグッズ、間違っても使えません。
レンママさんも巻き込んでのプレゼント、ありがとうございました。

すっかり忘れられている私の誕生日(本人さえ・・ですが)に比べて、
ぱせりは、幸せです。


だって・・・
159.jpg

大好きな『ぺぎ』からも、こんな誕生祝い!

明日、お祝いしましょうね。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
頑張ってます。

右手首と掌が、つって痛みます。
肩の方から、ず~~と痺れた感覚でとにかく使いたくない^^
1週間ほど前からなんです。

腱鞘炎かしら?
庭の草抜き?パソコン?それとも、掃除のし過ぎ?って、ウソ八百、言ってみました。(笑)
一番困るのが、お箸が持てないコト。

昨日は、美容院でガチガチに凝っていますねと、肩を揉んで貰いました。



無題






急に旅行が決まりました。
友人と二人で、明日・明後日・・・21・22の土曜と日曜、有馬温泉に出かけることに。

都合の悪いことに、今日は夕方出かけます。
九州から、小学校の同級生が来るというので、ミニ・ミニクラス会。

となると、私、3日続けての外食になります。
留守番の夫・・・料理は全く×


食材を、無駄にして出かけるわけにはいきませんが、
こういうときに限って、庭野菜もたっぷり。

夫の食事・・・
今日と明日の2日分は何とか作って、使いきれない野菜は下処理をして冷凍します。

包丁を持つのも辛いので、かなりの重労働だわ。



これから、
カメラのバッテリーと切符を買いに行って
明日の荷物も作って、
六時集合の会場へ、行ってきまぁ~す。予定。

そうだ、糠床は冷蔵庫にいてなくっちゃ…となると、冷蔵庫に空間を作ることも・・・
あ、また一つ仕事が増えちゃいました。

主婦のお出かけ、行く前から疲れます。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:22
夏なれば・・・超・簡単つけ麺と花オクラ
いつになく出来の悪い胡瓜・・・
ちょっと放置していましたら、ビックリデカ!胡瓜が出来ていました。
わぁ~~、ごめんね。



あまりの大きさに、半分はぬか漬けにして、
残りは、そうだ!昨日美味しかったつけ麺リピート!2日続き~~

ぱせりにも少し残してあるからね・・・
(マウスオン、してみて下さい。)


028_20120718222341.jpg

で、その、リピートつけ麺ですが 超・簡単です。

つけ麺

頂き物の、『金胡麻ドレッシング』に白だしの薄めたものを混ぜた、それだけ。
『金胡麻ドレッシング』は、多めが美味しい~~
薬味に、スライス胡瓜(塩揉みしません)・茗荷・大葉をたっぷりで、病みつきになりそう。





そして・・・
これ、花オクラです。

花オクラ1

オクラのように実を食べるのはなくて、この✿を食べます。
大きさは、掌よりず~~~と大きい。↑ マグカップが小さく見えませんか?


041_20120718222353.jpg

芯の赤い部分としべを取って、千切り・・・
これも不作な、オクラの小口切りと盛り合わせて、おかか醤油でねばねば・・・


044.jpg


もっとたくさん咲いて欲しい!


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
楽園のカンヴァス
楽園のカンヴァス

  原田 マハ : 著
  新 潮 社 : 発行


  小学校の同級生㊚から・・・
  『読んでいないなら、是非読んでもらいたい本』と渡された本。
  一昨日の夕方お借りして、
  木曜までに読んでしまいたいと一気読み。

  実は、もう一冊借りた物も、それまでに読了のつもり。
  20日木曜日に、九州の同級生を囲む会の計画があって、
  そこでお返ししたいから、なのです。



小さめのフォントサイズで、びっしり組まれた活字。294ページ・・・
美味しい水を飲むように、するする心地よく読んでしまいました。

筋を追うだけの一気読み、では勿体ないような内容に、
知り合いの言葉を思い出します。
 本はね、最低3回は読むの。
 一回目は筋、2回目は表現、3回目で細かいところまでようやくわかるから、と^^



ルソー夢



表紙になっている、アンリ・ルソーの代表作と、密やかに存在するそっくりな夢をみた
その真贋を二人の研究者に鑑定依頼する幻の絵画コレクター。


コレクターの提示した条件は、

◇ 調査期間は、贅沢三昧なもてなしを受けながらも、厳重な監視の下での7日間。
◇ その間二人は、ルソーの不思議な物語を読むこと。
◇ そして、勝者はその作品の後見人となって、取扱い権利を与えられる。
  第3者に売ろうと、展覧会に出品しようと、はたまた闇に葬ろうと-----ご自由に。


絵画をミステリーを使った発想、ダヴィンチコードを彷彿とさせますが、
著者の豊かで深い美術の知識に、感嘆しました。

「夢」のモデル:ヤドヴィガとルソーの不器用な恋、
彼の才能を見抜いたピカソや、ヤドヴィガの夫ジョゼフのエピソード。
魅力的なジョゼフは、小説の中にだけ存在するのでしょうが…

丁寧で緻密な内容は、すっきり読みやすい文章で書かれていて、
繰り返して読みたいと思わせる物があります。

ルソー花束

 ルソー 花束




この『楽園のカンヴァス』は、本年度=第25回=山本周五郎賞受賞作品
そして、この秋の直木賞候補作
著者は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に勤務経験のある、フリーのキュレーター。
キュレーター、初めて知った言葉でした。
本書では、学芸部員にルビが付いていましたが、美術館の企画や展開をつかさどる仕事のようです。


ルソー第22回アンデパンダン展への参加を芸術家に呼びかける自由の女神

ルソー 第22回アンデパンダン展への参加を芸術家に呼びかける自由の女神

ピカソ青の時代少女

ピカソ シュミーズ姿の少女(青の時代)


ピカソアヴィニョンの娘たち

ピカソ アヴィニョンの娘たち




文中に、ルソーやピカソのたくさんの作品名が出てきます。
それらが気になって・・・

挿絵でもいい、巻頭・巻末にでもいい。
掲載しておいて欲しかった~と、少し探してみました。

http://www.salvastyle.com/menu_impressionism/rousseau.html ルソーの画と解説、こちらにありました。  
http://www.ne.jp/asahi/art/dorian/R/Rousseau/Rousseau.htm こちらにも。
  
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14