こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
鍵泥棒のメソッド


友人に誘われて、面白い映画で笑ってきました。

題  @ 三越映画劇場です。


売れない役者(桜井武史) : 堺雅人
金持ち男(コンドウ) : 香川照之
婚活中の雑誌編集(水島香苗) : 広末涼子
                                ―ー― が、主な出演者。


貧乏のあまり自殺を図ったが、未遂に終わった桜井は、
銭湯へ出かけて、大金を持ち歩く男=コンドウを見かける。
男は、石鹸で滑って、意識を失ってしまった・・・
とっさに、ロッカーの鍵を自分の物と入れ替え、コンドウとすり替わった桜井。

実は、コンドウの正体は伝説の凄腕の殺し屋で、桜井に殺しの依頼が来る。
一方記憶喪失になったコンドウは、自分が売れない貧乏役者らしいと縁起の勉強を始め・・・

そして『健康で、努力家であれば』を唯一の条件とする香苗。
アルバイトにも結婚相手にも、同じなんですが、父子がいな魅力を出していました。


コンドウ役の香川照之さん、歌舞伎よりこの方が活き活きしていて、素敵でした。(内緒の話・・・)
後味の良い、単純で面白いこんな映画も良いものです。



予告編、面白いですよぉ~






お尋ねします。
 このところ、id.fc2.com error が頻繁に出ます。
 自分のブロが内は勿論ですが、他の方の所にもなかなかたどり着けません。
 fc2だけの事でしょうか?

 みなさまは、如何ですか?
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:39
メッシュワーク作品、又また。。。

いい加減、自分でも飽きてきましたメッシュワークの作品見せびらかし。

写真の手持ちももうありませんので、この辺りでやめますね。

順不同で・・・

039 (717x800)

博多帯での苦心作。
博多帯一本全部使っていますが、模様の織込がきつくて
ミシン針を何本折ったことか・・・


043 (800x791)

教室に通い始めて間もない頃に作ったもの。
黒っぽい部分には、私の好きな紬のアンサンブル生地を使っています。





白

反物ではなく、洋物の生地:モアレです。
白が好きなので・・・汚れそうなのは承知で。
理由なく、まだ、未使用のまま。




016-2.jpg

これは、帯地です。
雲母のようなキラキラが・・・細雪と名付けた所以です。
夏場、よく使います。



048 (800x690)


これも、洋布のモアレとブレードが材料です。
喪の時にと作ったのですが、普段でも非常に出番の多い重宝なバッグです。

これの他に、こげ茶の便利バッグ、写真がなくて残念です。



ショルダー


旅行用に作りました。
サイドと裏の黒い部分は帯地、中心部のメッシュワークは大島です。
軽くてたくさん入ります。
旅行に2回使って・・・そのままです。可哀そう~





キルトフェスティバル

丸の中の物は、キルトフェスティバル入選作です。

和服で持っている物とお揃い・・・
大きさがかなり違いますが、このサイズで、意匠違いが2つあります。

以前載せましたが、これです↓
無題

左:綠の物は帯と、リボンの和様折衷。
右:これは、大島を何種類か使いました。 こちらに詳しく書いています。 ♣♣♣



そして・・・

blog_import_4d32501255712_20130328233232.jpg


これもなかなかお利口さんな小物入れ。

バッグ イン バッグ・・・手放せません。


長々とお付き合い、ありがとうございました。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:28
うふぅ~ 成功☆

美味しい苺を頂きました。
県知事賞を受賞した苺やさんの苺ですが、傷みやすいので少しだけにしました、って。
行き届いたお心遣いです。

非公開で書いていらっしゃるブロ友さんからでした。

飴

嬉しい!
苺、大好きなので遠慮なく頂きました。

DSC05107 (800x600)



頂いてすぐに、夫と一粒づつパクリ!
甘ぁ~い・・・美味しいです。さすが、県知事賞!


yoyoさんの所で教わった<いちご飴>も作ってみました。

彩の美しいピスタチオが生憎なくて、代わりはアーモンド。

生の美味しさとは、一味違った美味しさ・・・贅沢です。
スギママさん、本当に有難うございました。ご馳走様でした。

そして、yoyoさんにも感謝です。



$$$$$$



それから、昨日のことですが・・・

車のない暮らしを始めるにあたって、
最初に気になったことは、ぱせりのグルーミングです。
車で30分位の市外にある動物病院まで、どうやって連れて行くか?

送迎サービスをお願いしてみました。

ぱせり


小さなケージに入るかしら?
心配して、大きなケージも積んでお迎えに来てくださいました。

あまり手こずることもなく、ケージに納まってくれたぱせりです。

やれやれ~~
行ってらっしゃい^^



DSC05080 (800x601)

ふわふわになって、帰ってきました。

DSC05083 (800x600)


ちょっと緊張したのでしょう。
ゴロゴロ~~まったり~~~しています。



車、今日廃車の手続きをお願いしましたが、これなら、安心出来そうです。

ほぉ^^



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:34
亀治郎さん、猿之助襲名公演。

先週に続いて、 御名残御園座≪三月大歌舞伎≫ 夜の部に行きました。
今回も前から5列目、真ん中近くのお席でした。

いよいよ、明日=26日の千秋楽公演を最後に閉館する御園座、さすがに満席。

開業時


今の劇場ビルは2015年度に解体。
高層マンション併設の劇場となって、18年に開業する予定だそうです。
本当に、名残の御園座です。





夜の部の演目は、こちらにありますが、

何といっても、猿之助の【義経千本桜】
川連法眼館の場・市川猿之助宙乗り狐六法相勤め申し候が、楽しみ。

集


義経千本桜の長い話の中でも、この、川連法眼館の場=四の切=は、
わかりやすい上に、面白い^^

忠信の狐ぶり、動きとセリフに狐の本性がチラチラ見えるさまは、
軽やかで見事。そして、なんとも可愛げがあります。

本物の忠信に早変わりしたり、思いがけないところからの出没も見事!
アクロバットまがいの激しい動きをこなしながら、笑顔の余裕。

これまで、勘九郎丈と海老蔵丈の同じ場面を見た筈のこすずめ、今日の舞台が一番楽しめました。

そして、最大の見ものは宙吊りですね。
花吹雪の中に消えて行く猿之助さんの宙吊り・・・充分楽しませて頂きました。





付録です。


和服反転


着物は、大島の染。
綠色の<天目ぼかし>染に、薄い綠地に四季の花木の友禅です。

鏡を使って自分撮り、袷が反対になります。
それでは!と、写真を反転してみました。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:30
美味しそう・・・だったら、すぐ真似てみる。

ブロ友さんに、刺激を受けっぱなしのこすずめです。

美しい写真を見ると、あんな風に写せたらと時に真似てみ、
美味しそうな料理を見ると、すぐに真似てみたくなります。

で・・・色々ある中で、とりあえずはチュニジアの料理。カッコいいでしょ。


DSC04976 (800x600)



yoyoさんのところで、教わりました。
レシピは、こちらで見てね。✿✿✿

yoyoさんが野菜を入れた方が良いと言われていましたので、半干しの椎茸と茄子を加えました。

巻き方

春巻の皮を半分に切って、
子供の頃、運動会の鉢巻をまとめた巻き方で・・・三角形にします。


DSC04973 (800x600)

私は、油を塗って180℃のオーブンで、焼きました。
パリパリが、美味しい☆☆



パリパリ・・・と言えば、
パリパリ大根、最早勝手な【こすずめバージョン】。ふふふ。

DSC04914 (599x800)

干し大根150g・・・・薄切りの干し大根に、割りばし位の棒状の物を合わせてみました。


DSC04927 (800x600)

頂き物の塩昆布(梅入り)があったので、それを使うとどうなるかな?と。
結構おいしく出来ました。

ちりめん山椒の佃煮も加えて、

出来ました。 

DSC04962 (800x599)


追記毎度~な、勝手流ですが、
塩昆布を使った【パリパリ大根】レシピ(って言うほどでもないのですが)書いておきます。 



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:32
大須ツアー

和服好きが4人で、´大須ツアー’をしました。
大須観音を素通りゴメンで、向かったのは集合場所の、
『要らん物は…』で有名な〇兵:きもの館。

大須観音

大須は、名古屋市の真ん中にあって、
明治・大正時代には名古屋一を誇る盛り場だったそうです。

それが、一時シャッター通り商店街にすたれてしまったのですが、
賑やかな街として、生き返ったのは、10年ほど前でしょうか。。。

大須街

例の〇兵の存在もこの街の賑いに欠かせません。

何しろ、安い!(らしい)という事で、
そして、美味しい物があるという事で、
≪大須ツアー≫計画・・・すぐまとまります。


きもの館で1時間、その後食事ね。
の、予定は未定でした。

結局、2時間もあれこれ品定めの結果、
3人が着物やら帯やら小物やら、お買い上げ~~

でもね、ビックリお値段で未使用の物をGET出来て、にっこにこ^^



橋本


お腹が空いたとも思わないで、夢中だったわね~と
連れて行っていただいたのが、ステーキの美味しい隠れ家っぽいお店。

狭い、所謂うなぎの寝床なお店。
遅くなったお蔭で待たないで入れて頂けました。

ここも、安くて美味しかったです。



その後は、〇兵本店。
宝石や時計、ブランドバッグなどを扱っています。

お店に入るまでは、
人が使って、売った物でしょ?
何か、抵抗があるわよねぇ~~とボソボソ

ところが、ビックリ!
あまりの品揃えに、いつの間にか抵抗感が払拭されてしまっています。

どの位お安いのか?
私たちにはわかりませんでしたが・・・


花粉症も痒み以外、かなり楽になっていて、
楽しい時間を過ごせました。また、行きたいね♪。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
ァハハ・・('∀') 苦笑い~

昨日=19日、
穏やか過ぎて、暑いくらい。

薬2


花粉症が少し落ち着いて、元気が出たので、
病院へ行きました。(フフフ)


薬を変えて貰いました。

ブロ友さんがお使いになっていて、眠気もないし効くと言われた薬は、
これまで私がもらっていたものより弱くて、変えることは無駄ですと・・・
眠気があるかも知れない、別の物を処方されました。

暫く試します。
それと、首から上の肌が荒れて痒いのも、花粉症だそうで塗り薬も貰いました。

何しろ、頭皮まで痒い!





病院の前にある三越で、買い物・・・

DSC04913 (481x800)

これからの暮らしの必需品です。
買い物カートを買ったら、自家製のアップルパイがついてきました。

ノーメイクで、ぐしゅ・ぐしゅしながら、
せっかくなので、頂きました。


アップルパイ

ご馳走様~~



薬の結果は、残念ながらまだ出ていません。
追々~、期待しています。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:34
桜ほうさら
春の嵐の予報・・・思ったより静かでした。
名古屋は<春一番>との事・・・あらぁ~~先日も宣言があった気がしますが、気のせいでしょうか?

それにしても、今日の花粉症は最悪でして、
外出予定、とうとう断念!残念!

味覚も変になっていまして、料理を作るのも食べるのも気が乗りません。
車をなくした暮らし(実際は代車がありますが、使わないことにしています)・・・不便です。





少し前に読了、
集中力もないまま、感想がまとめられないでいた本です。


桜ほうさら

宮部みゆき : 著
PHP研究所 : 発行

宮部みゆきの時代小説、大好きです。

春に合わせた意匠で、手に取るだけでほっこりします。
カバーを開くと、表紙は一面にピンク地に白の小桜もよう。

扉:標題面には、さくらとスズメ。片側は、無地で葡萄色(かな?)。
本文・・・天に近い所は、桜の花びらが舞い降りる風情の柄付き。
ところどころに、挿絵ページもありました。




桜ほうさら集合




     主人公は、上総国搗根藩で小納戸役を務める古橋家の次男坊・笙之介。
       御家騒動に巻き込まれ、冤罪で、切腹した父の汚名を雪ごうと江戸へ出てきた。
     江戸深川の長屋で、その原因となった偽文書作りをした人物を探す笙之介。
       その周囲で、次々と不思議なな事件が起こって・・・
     謎解きに彩りを添えるのが謎の美少女「桜の精」、和香。
       おとなびて冷静な、和香とおっとりした笙之介の何気ない場面や会話が、微笑ましい。





ところで、題の『桜ほうさら』の意味ですが、

ささらほうさら 焼津市
「しょんないねーこの子は。ささらほうさらで片付けようんないやぁ。」は、
「しょうがないねー、この子は。ちらけっぱなしで片付けようがないよ。」で、


「ささらほうさらだねえ」とは、「酷いめにあいましたねえ」ということで、
<散々の目にあうこと・物事の結果が散々な状態>で、めちゃくちゃ・悪いことが重なる状態甲州や信州などで使われる方言のようです。


「桜ほうさら」とは、この「ささらほうさら」に物語を彩る桜を絡めたのでしょうが、素敵な題です。

 
宮部さんの時代物は、言葉の使い方が素敵で、憧れます。
リズミカルに、要領よく柔らかで美しい言葉が流れるように書かれています。
改めて、日本語の魅力にはまります。

読みながら、主人公が安部寛さんに重なって困りました。
他の方も、いろいろ浮かんでは消え・・・ドラマになるかしら?

本文中の挿絵、可愛すぎて幼くなりすぎている気がしました。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:22
「三月大歌舞伎」 御園座

いよいよ、この興業でが企業取り壊し予定の『御園座』に行きました。

ポスター

何かと話題になった、
二代目市川猿翁 四代目市川猿之助 九代目市川中車 襲名披露 公演です。


演目



御園座HPからのコピーで、美しくないのですが演目です。

今日は、昼の部を観ました。夜の部は来週行く予定。

小栗栖の長兵衛・・・・・九代目市川中車・襲名の、香川照之さんの大芝居。
            この芝居の稽古の様子は、以前TVで密着取材していました。
            達者な俳優さんですから、立派に、見事に演じられました。
            面白かったのですが、どこかに私的偏見が混じっているのでしょうね、華が欲しい~。

黒    塚 ・・・・・亀次郎改め四代目市川猿之助の舞踊劇。
            安達ヶ原の老女:岩手=鬼女を演じます。
            この人も、器用な人との印象がありますが、魅力的な華があります。
            寂寥感と可愛げのある老女から、おぞましい鬼女へ変身は良かった~
        
            今日の席は、9列花道際。
            岩手が花道を走り去るところ、鬼女の、仏倒れと呼ばれる体ごと倒れる様子を、
            間近で見られたのも嬉しかったぁ~

楼 門 五 三 桐・・・・・南禅寺山門での美しい場面での、とても、短い場面の芝居。
            大盗賊:石川五右衛門とその父との対面の場。
            父親:真柴久吉は、市川猿翁の予定でしたが、
            体調不良のため休演、市川中車の代役でした。
            やはり、親子ですね、猿翁を彷彿とさせられました。これから、大きくなられるでしょう。





ところで・・・
襲名公演歌舞伎なので、日頃になくこんな柔らか物で行きました。


和服


出先で写真をとって貰い忘れまして、
戻って、いい加減に自分撮り・・・

あちこち、変になっていますね。目を瞑って下さい。
何故、扇が出てるの・・・とか、帯締め上がってる~など。




「御園座会館」は今月末に閉館し、入居する飲食店などのテナントも退去する。その後は10月に名古屋市民会館で歌舞伎を公演する。建物の取り壊しは来春の見通し。
4月になってから、正式な発表があるようです。



             
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:28
✿春本番✿

春、本番です。

≪いかなごのくぎ煮≫

くぎ煮

毎年、ねえこのお婿さんのご実家から、今年も頂きました。
ありがとうございました。感謝です。

図々しくも、毎年楽しみにお待ちしています。
今年は、2種類・・・定番の他に、唐辛子入りです。(右)

ごはんが進みます^^





我が庭の、晩生のクリスマスローズが咲きそろいました。

DSC04876 (602x800)


八重咲きは、まだ、2本だけ・・・蕾も出ていません。どうして?

DSC04875 (600x800)


やっぱり白が好き

DSC04857 (800x598)







illust1301_thumb.gif


花粉症・・・病院で貰った薬、あまり効いていない様子。

悲惨な状態に、どっぷり~~哀れなの。

春よ、早く過ぎて!






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:32