こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
ぱえるからの手紙。

2_201308311620259e9.jpg

この夏休み、ぱえるは遊びに来ませんでした。
家族旅行をしてきたようです。


まだ鏡文字の混じった手紙と
お土産が届きました。



無題1



ノルウェイから船で、デンマークまで足を延ばした自由旅行。
今年の夏休みに泳げるようになったらしいぱえるが、
”船の深いプールと浅いプールでも泳いだの~”と嬉しそうでした。


写真を見せてね、と言ってありますがまだ整理中らしく、
暫く待って・・・とねえこ。



DSC07612 (800x600)

こんなクリスマスブローチも買ってきてくれました。


何しろ、物価がものすごく高い!そうです。

『わっ、これがこの値段?!』と驚いて、固くなった財布の紐を開けて買ってきてくれたみたい。
ありがとう~です。


が、贅沢に思われるかもしれない子連れの家族旅行、
出来る時に出来ることを精神で、楽しい経験が出来ただけで充分ですよ。
お土産に気を使うことはないのに。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
燃える地の果てに
燃える地の果てに逢坂 剛 : 著
文藝春秋 : 発行 (724ページ 1999年版)

古い本ですが、暑気当りなのかとにかく行動意欲ゼロ
とにかくゴロゴロ起きあがれない、どうにもならないそんな日は・・・
本棚を漁って、夫の本でも読みましょう。
とはいえ、およそ4~5㎝の重い本、寝転んでは読めませんでした。(無精者には辛いです)

感想と結論・・・非常に面白かっただけでなく考えさせられました




外国が舞台(当然、苦手なカタカナの名前で話が進む)で、しかも歴史も絡む話のようでまずいなと思いましたが、読み始めたら引き込まれて一気読みでした。
 

物語は、今から47年前の1996年1月、スペインの地中海沿岸に実際起こった事件をもとに書かれてれています。
場所は、スペインの地中海側の僻村:パロマレス。
この上空は、アメリカ空軍の空中給油地点でもありました。

1月17日、空中給油中の、水素爆弾4基を搭載していた爆撃機と輸送機が激突,炎上墜落し、その破片がパロマレスの村に落下。
アメリカ空軍はパロマレスにキャンプを張り、水爆、および、爆撃機のブラックボックス、水爆を起爆するための電子錠の回収作戦および、外殻の破れた核爆弾から漏れた放射性物質の除去作戦を展開します。

発見された3基の処理は、
その周囲の表土3フィート(だったかな?)分ごっそりドラム缶に収容。その数、5000缶ほどは、アメリカ本土の広大な土地に、深さ30フィートの穴を掘って埋める作戦。勿論、この村の農作物は口に出来ません。

海中に沈む最後の1基探索の作戦は、
間違えば海洋汚染で、海の資源も使えなくなります。


事故で紛失した原爆を秘密裡にに回収しようとするアメリカと、それをを盗み出したいソ連、
はからずも巻き込まれてしまった日本人ギタリストなど、
スペインの小さな村の人々との関わりが、わかりやすい設定の中で、魅力的な登場人物の生き生きとした描かれていてどんどん読みすすめました。

当時、パロマレスには、世捨て人と呼びたくなる幻のギター製作者ディエゴ・エル・ビエンがいる事を知った人物があった。
それが、ディエゴにギターに心酔・制作を依頼し、その完成までの間、パロマレスの農夫トマスの家に泊まり込んでいた日本人ギタリスト古城邦秋・・・・その人。




スパイ「ミラマル」の存在との意外な正体に不思議な納得もありましたが、
現在と過去が平行して話が進んでゆき、最後に2つの時代がつながった時、大きな謎が解決される。

現実問題として、

1986年4月26日1時23分にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。

そして、3・11以来の日本の原子力汚染問題・・・・そのものです。


考え直す時期に来ています。



すみません・・・
これも、暑さに負けてぐーたらしていた時のストックです。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
ようこそ、わが家へ
ようこそ、わが家へ池井戸 潤  : 著
小学館文庫 :発行

真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。
花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。
さらに車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。
執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。
一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから、窮地に追い込まれていく。直木賞作家が“身近に潜む恐怖"を描く文
                                庫オリジナル長編。(「BOOK」データベースから)


  銀行から中小企業へ出向中の主人公=倉田太一。
  「線の細そうな、青白い顔に痩せた頬、みすぼらしい」風采、そのままの、
  争いごとの嫌いな真面目で、穏やかな性格なのに・・・

  ある日、割り込み乗車を注意した!
  その事から名無しのストーカーに悩まされ、

  同時に、出向先の社内不正問題()とも直面。
  派閥や取引関係の微妙な関係、そして中小企業の資金繰りの苦しさなど、
  池井戸さんの世界です。わかり易く描かれています。
        ※在庫不足を発見した倉田、営業部長の行動に不審を持ちます。
          が、営業部長の反撃で、かえって窮地に立つ倉田 


  名無しのストーカー、
  出向先での不正疑惑に絡む不穏な状態がが同時進行する展開ですが、
  どちらも気になっての一気に読み!
 
  主人公を助ける経理の摂子の存在が、装いでいえば魅力的ななブローチ^^?
  ブローチ大好きなので、うふふ・・・です。
  摂子さん、いい女だわ。


 主人公:倉田のこんな言葉・・・   
 「愚直で不器用だが、至極真っ当な人生を歩んできたとの自負だけはある。
  そのどこが悪い」彼が自分を認める言葉、私と一緒よ!って、応援したい。




   これは・・・過去記事のストック放出です。

  当時の心境↓ です。
  どうにも今年の暑さには太刀打ちでいません。
  悲しいかな、加齢が原因でしょうね。
  夜も熟睡できますし、食餌もある程度のバランスは確保しているつもり~~
  それでも、眠り姫、眠りすずめと化しています。
  
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
一気に、9月中旬だって♪

昨夜は、雨でした。
寝室のエアコンが寒くって、途中で切りました。

朝、雨は上がって・・・
穏やかで過ごしやすい気温は、日中温度がおよそ27度。

久しぶりに出かけて、この夏憧れの生ビール

びーる


バスで3区・・・
知り合いの設計士さんデザインのお好み焼き屋さんで、乾杯!


お好み焼き1

これ、二人用セットメニューです。
色々なチョイスも出来て・・・

お腹一杯になりました。
久しぶりのお出かけでした。





・・・って、言いながら、
明日は和服仲間とランチ会の予定。

又暑さが戻って、34℃位になるらしい・・・
4人で行くのですが、お二人はお初の長着のお披露目。

さて、私は何を着る?
絹紅梅か紗か、迷い中~~デス。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
花オクラ

久しぶりの雨。

大雨注意報も出ていたのですが、幸いと言うか・・・
昨夜から今朝にかけての雨は、植物がちょっと嬉しいだけの雨。


DSC07536 (800x600)


たくさん出来て欲しいと、
たくさん植えた花オクラですが、
毎日2つ3つの花をつけるだけ。


食卓の花には、とても足りませんが・・・
せっかくの露化粧、記念撮影してあげました。


044s_2013082422023076d.jpg


蕊と額を取り除いて、
オカカ醤油でさっぱり頂きます。

混ぜると粘り気が出ます。


花オクラの葉です。

DSC07538 (723x800)

別の名を【とろろあおい】ともいう花オクラ・・・
普通のオクラとは全く違う葉です。

あ、普通のオクラの花も同じように食べられます。



参考までに・・・追記します。
花ズッキーニの花は、こんな風でした。ちょっと違いますよね。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
情けないことに~~
いつまでこの気候が続くのでしょう。

暑い^^と言う言葉さえ、口のも耳にも、目にもしたくなくなっています。



無題

水を欲しがる野菜も実りのほとんどないまま、萎れています。

ぱせりも、1日中寝ています。
いつもなら、私が立ち上がっただけでウロウロついて回る仔が、
庭に出ても付いて来ません。


そして、こすずめも・・・干からびています。

幸い睡眠もしっかりとれていますし、

気力を振り絞って、きちんとした食事も心がけています。

でもね、
取りあえず、横になっていないとどうにもなりません。

PCともご無沙汰・・・

せいぜい、ソファーでゴロゴロしながら本を読んでいるこの頃です。


皆様のところに伺う楽しみはありますが、
コメントを書くのが・・・ちょっと辛い。

読み逃げばかりで、申し訳ありません。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
県庁おもてなし課
県庁おもてなし課有川 浩 : 著
角川書店 : 発行

ない物を数える方が早いし、簡単な高知。
はりまや橋と、竜馬の銅像だけでは、人は呼べない。
これ、メッチャ目茶わかります。

新幹線はない、地下鉄はない、メガバンクもないし都会にある便利なものはなんちゃぁない・・・
で、高知県庁に実在する「おもてなし課」が観光誘致を図る・・・


取材力凄いなぁ!と思ったら、その訳がわかりました。
作者の有川さん、高知県出身で、実際に県の観光特使に委嘱されているそうです。



   作中で、「おもてなし課」から『観光特使』を依頼された作家:吉門は、
   ある意味有川さんでしょう。
   そして、他にも実在の方々がモデルがあるようです。


   あれもない。これもない。何もない。------『ない』の中にに埋もれた『ある』を、
   キャッチコピーにしたくても、潰される~~県庁のお役所仕事、なるほどやっぱり^^

   30年前に1年だけ住んだ(正確には364日ですが)高知。
   小さくてわかり易い街で、
   地理も言葉もとても懐かしい~

   高知弁=土佐弁?、での会話、当時仲良くして頂いて、
   いつの間にかご縁が遠のいた人々の言葉になって読んでしまいました。

   田舎の活性化を目指す主人公と、支える仲間たち… 
   だが、ちょっと待て!。
   何もない田舎を丸ごと活かして、ないを楽しむ観光誘致 もありなしないか?と。 

   人生で目指す大人が居るということも素晴らしい。

   意表を突く展開はありませんが、安心して楽しく読めました。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
伯父が残した千人針と遺書

8月15日:終戦機縁日を明日に控えて、

思い出すのは、伯父が出征に当たって準備したらしいもの。
数年前、ひょっこり私の元に届きました。

以来、毎年記事にしていますが、今年もまた^^





       歪んだ日の丸の小旗、
       千人針、
       父母と伯母(奥さん)宛の遺言が奉公袋に入っています。







【奉公袋】の裏面はこんなです。
それにしても、【奉公袋】とは、お国の為のご奉公・・・嫌な言葉です。


 ↑↑↑ 封筒の中は、遺書です。


巻紙に書かれた、両親宛ての遺書、書き出し部分を拾ってみました↓
・・・(無理な縮小で荒れていますが、すべてクリックで拡大出来ます)




     スミマセン、誤字訂正します↑ 5行目・・・泣からしめ 無からしめ
                  6行目・・・平成改革 兵制改革
               8行目・・・ぐんじん 軍人









両親宛てはかなり長いですが、伯母宛てのものは短くしか書いてありません。







重い喘息で病弱な伯父がどんな気持ちで書いたのか、
文字の乱れがないだけに切ないです。

追記:結局伯父は、出征したのかしなかったのか?
        平成4年8月に78歳まで、病気と仲良く暮らしました。





千人針については、見ず知らずの方々から資料になさりたいとご連絡も頂きました。

忌わしくても貴重な存在かも知れないと改めて思い、
個人で持っているよりはと、一昨年寄贈しました。

≪ピースあいち≫ への寄贈の様子、こちらです。

寄贈Rクリアケースの、7673.7674.7675がそれです。に、展示してあります。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:19
庭野菜とフルーツ天国

偏ってはいますが、
この猛暑の中でも、庭野菜がどんどん出来ます。

不思議なことに(水不足でしょうに)茄子が大量になります。
トマトはそこそこで、胡瓜やゴーヤはさっぱり×



DSC07498 (800x592)

その茄子を使って、大好きな茄子カレー・・・大きくした方が美味しそうかも。

今日は、お師匠さんの手順を出来るだけ正確に追って作りました。リンク ⇒

違えた所は、
香辛料は省略したものもあります。
     豆は乾燥レンズ豆を水に戻して使いました。
茄子を師匠の3倍近く入れました。


途中で、コンソメを入れたくなりましたがやめて・・・
赤身の牛肉を炒めてトッピング。

これ、最大の差ですが
ぺぎのお婿さんに食べてもらうには、お肉も要るかなと思って。

DSC07496 (800x600)


ROMIさんのフルーツで、サラダです。







次の日は、

ソーダフルーツ

炭酸に蜂蜜とフルーツを入れた、ソーダフルーツ



DSC07516 (800x600)

ご飯より野菜の多い、庭野菜チャーハンで昼食です。

残ったお肉と玉葱・ピーマン・ゴーヤ・オクラに卵。

鍋肌から 焦がし醤油を ジュッ^^







  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:24
ご機嫌いかが?

カラフルなフルーツ玉手箱、
ROMIさんから届きました。

DSC07481 (800x800)


マスカット色の葡萄・・・レディースフィンガーをお願いしましたら、

おまけ’’’’’をいっぱい入れて下さいました。

感謝。感激!!!
ありがとう♡



この、嬉しいお心と言葉に出来ない美味しさのにこすずめ、上機嫌・・・
ですが、


Fc2のご機嫌と、こすずめの体調が思わしくない・・・

fc2は、「拍手」でのコメントが出来にくくなっているようです。
そして、頂いたコメントへのお返事がほとんど出来ません。

性懲りもなく試しますと、たまにひょこっと出来ることもありますが・・・
問い合わせてみました。
  

       現在調査中となっており、原因の調査、修正に時間を要している状態となっております。
       現象によりましては改善までに時間が掛かる場合もございますので
       予めご了承頂きます様、宜しくお願いいたします。
       以上、今後ともFC2を宜しくお願いいたします。
    と、返信がありました。

        困りますが、待つより仕方がないようです。
       コメントを下さった皆様、申し訳ありません。





doubutu-0019_20130811115252a60.jpg



そして、私メ・・・風邪を引いたようです。
クシャミと鼻水がひっきりなし。

寒いのか暑いのかさえわからなくなっています。トホホです。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18