こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
花喰鳥
花食鳥上・下
高岡 智照尼 : 著  
かまくら春秋社 : 発行(1984年)
  ――京都祇王寺庵主自伝――


12歳で親に花街へ売られた少女、高岡たつ子は大阪で舞妓デビュー。
新橋の人気芸妓を経て39歳で得度、
智照尼としてさびれ切っていた荒寺=祇王寺(京都・嵯峨野)の庵主となり、現在の人気寺にしました。



   芸妓時代の辰子は、照葉時代が最も長く、
   その美貌と、男への義理立てに小指をつめたことで有名人になりました。
   絵葉書のモデルとしても人気を集め、瀬戸内寂聴の小説『女徳』のモデルでであることは、本の帯で知りました。




花喰鳥 照葉

これは、ポスターでしょうか?


   自慢話に、少し不快な気持ちを持ちながら、それでも最後まで読了したのは、
   私の、面白半分の覗き見的な卑しい好奇心からかも知れません。
   ちょっと恥ずかしい。。。

   

   幼い娘を花街に売るということ、いつの頃まであったのでしょう。
  
   今でもはっきり覚えていることがあります。


   
櫛・かんざし



こすずめですが、結婚当初東京に住んでいました。

元・芸者さんと養母さんのお二人暮らしの隣家には、
時々、≪旦那さん≫が来られました。
そう、お妾さんでした。

問わず語りに、その方が話して下さったことは
『この人に、16の時に芸者置屋に売られたの』…と、指先は養母さんに向けられていました。

理由も特に聞かなかったのですが、年齢的には夫と同じ位で、当時30過ぎだったと思います。
その養母さんは、一切の外出はなく日常の買い物もすべてその元・芸者さんがしていました。

          追記です。誤解されそうなので書き加えますと、
          義母さんは芯は強そうですが大人しく控えめな感じの人で、
          いつも、台所の流しの前の椅子に座って、丁寧に野菜の下ごしらえをなさっていました。
          料理は、全部作っていらっしゃって、育ての娘を置屋に売る行為とは、無縁な印象でした。
          今思うと、今のこすずめよりお若かったのに・・・と感無量です。


 

我が家の長女を溺愛して下さいましたが、
ウチが名古屋に転勤になるころ、又芸者さんに戻られて・・・

その後結婚されたのですが、故あって、今ではお付き合いがなくなっています。

当時30歳過ぎという事は、16歳ならと遡ってみますと、
昭和30年ころでも、身売りはあったのですね。







  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
桃のスープ。

久しぶりに、桃のスープを楽しんできました。

DSC07793 (660x800)

丸ごとの桃をくり抜いて、中にはスープが・・・

桃のシーズンオフですが、9月30日までのメニュー
やっぱり美味しい。

皮ごと頂けますが、大きな桃なので半分くらいにしました。

大きなもちもちパンがこれまでより更に美味しくなって、でも、半分持ち帰ります。
これまでのパンもとても美味しいのですが、これは更にバージョンアップ・・・


無題1


ようやく、30℃を超えない爽やかな午後でした。

前日まで暑い真夏日でしたので、シャリ感のある塩沢よ予定していましたが、
結城の単衣にアンティークの染丸帯に変えました。

結城は、表・裏の色の違う≪しごき初め≫
染めの丸帯は、9月、10月に使う物ですが、なかなか出番がなく初めて使いました。

帯無題

組み合わせ、こんなでどうかしら?
帯締めに迷って、この2本のどちらかにします。


和服

普通に着たつもりでも、写真に撮ると
あらが見えてしまいます。トホホ


昨日(この日)に続いて今日も過ごしやすい爽やかさですが、

来週は又30℃超えの夏日に戻るとか。

やれやれ~~






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
蒲公英草子 常野物語
蒲公英草子
恩田 陸 : 著
集英社 : 発行(2005年)

二十世紀はじめの、東北の小さな村が舞台。
老いて今は東京に暮らす峰子が、少女時代に書いた日記『蒲公英草子』を読み返しながら、
幸せだった時代を懐かしみながら、柔らかな口調で綴られている物語。
『蒲公英草紙』・・・窓から見える丘に群れ咲くタンポポに寄せて、峰子が日記に付けた名前が、本の題名になっています。
← 大きく出来ます。



   この本・・・題名と装丁に惹かれ、作者が女性であることも知らないで読みました。
   全く初めての出会いでしたが、裏切られませんでした。
   とにかく、とってもいい本でした。大好き!

   大地主、槙村家の病弱な聡子お嬢様の話し相手だった峰子は、
   槙村家のお屋敷の敷地内に住む、かかりつけ医の娘。
   
   屋敷に出入りする大勢の個性的な人々の様子が、活き活きと魅力的に描かれますが、
   ある日、やってきて滞在する「春田一家」の様子にも引き込まれ、どんどん読み進みます。
   
   だんだんわかるのですが、春田一家は【常野=とこの】と呼ばれる、不思議な能力を持つ一族の人で、
   常に野に在り、群れず、権力を持たず、静かに秩序を保って生きていく人々。
   他人の記憶や感情をそのまま受け入れる力、未来を予知する力…など、不思議な能力を持つという常野一族。

   槙村家には≪常野の一族が訪れた際には、かならず面倒をみる約束≫があると、
   当主は、春田一家を大切にもてなす・・・その理由は?と謎めいて、先が読みたくなります。

   不思議な感覚ですが、こんなフィクション物語が、懐かしく切ない傑作ファンタジーでした。

   恩田さんって、本当に美しい言葉の使い手。
   又、この方の本を読んでみたくなっています。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
手負い・・・(笑)?

大袈裟ですが、手に傷をしました。
一応…手負い^^


傷

掌の柔肌にマメが出来て、潰れました~




ちょっと時間が余った夕方、
ぱせりと庭に出て、うっかりしていた庭の一部で雑草地獄を発見!



ひどく抜きにくい場所ですが、幸か不幸か?前日の大雨で根っこまでざっくり抜きやすい。。。
小一時間、スコップを手にヨヨイノヨイ!


ムム?途中で、スコップを持つ手が痛い!
でも、無視!


頑張り続けて・・・あらら、まぁぁ。痛い筈です。

厚顔なこすずめですが、掌の皮は薄かったのね~~

で、ここ数日水仕事なるべく避けています。



kitchen-0019.jpg


簡単な料理しかしていません。

無題

初めてですが、生きくらげに出会いました。

エリンギとエノキ茸に牛肉をオイスターソースで炒めて、
卵とじにしてみました。





それと・・・少し前の物ですが、適当な白身魚に出会えなかったので、
トキ鮭の包み焼き(yoyo師匠のアレンジです)も美しくない出来上がりです。





マウスオンで、中が見られます・・・美味しそうに見えませんね。

ま、一応・・・UPさせて頂きます。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
我輩は施主である
我輩は施主である
赤瀬川 原平 : 著
中央公論新社 : 発行 (2001年)


A瀬川源右衛門が、F森教授らの協力のもと『ニラハウス』を建てるまでの物語。

A瀬川源右衛門は、著者で、画家・イラストレーター・作家・カメラコレクターなど肩書の絞り切れない芸術家、赤瀬川原平で、
F森教授は、同じく肩書の多すぎる建築史家・建築家のです。


   F森教授こと、藤森 照信サンを初めて知ったのは20年近く前でしょうか?
   自宅の屋根と壁面にたんぽぽを植えるという、ビックリハウスを建てるという計画を知ったことからです。

   確か、新聞に計画が載っていて、ものすごく興味が湧いた記憶があります。
   いわゆる≪たんぽぽハウス≫・・・画像、探しました。


たんぽぽハウスa



   とにかく面白がりの共通の仲間を持つ藤森氏と赤瀬川原平さん。
   家を建てることを思いつき、友人の藤森氏に依頼するところから始まるこの話ですが、

   とにかくフレキシブルで臨機応変、奇想天外に非常識な事態が次々現れます。
   その一つが・・・今度は屋根に≪野菜のニラ≫を植えることになったり~~
   仲間も巻き込んで楽しい共同作業のように、家を完成させました。

   著者はあとがきで、この小説はフィクションであると強調。
   確かに、嘘?本当に??とドギマギ・ワクワクさせられながらのドキュメンタリー・・・

   これ、間違いなくそのままだと思いました。


ニラハウスa


で、出来上がった≪ニラハウス≫が、これ^^




    あ、そうそう・・・
    赤瀬川原平の名前でも膨大な著書がある著者ですが、
    【尾辻克彦】のペンネームでも小説を書いていました。

    尾辻克彦、以前何か確かに読んでいます。
    作品名を探しましたが、どうしても思い出せない・・・
    ブログに読書記録を書く、遥か前の事です。  トホホ

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
ビックリクーヘン


クール便が届きました。

DSC07746 (800x600)

あ、これ、知っています。
とっても美味しかったふわふわのバウムクーヘン!

以前も頂いたことがありました。


DSC07749 (800x600)
大きくなります。


これまた格別なお味のラスクも入っていました。

harumiさん、ありがとう 

実は、harumiさんのご主人のお誕生日が確か一昨日?なのですが、
いつもながらこすずめはお祝いを何もしていませんでした。

なのでお返しでもないし・・・何故頂いちゃうのかちょっと気になりながら、
おやつにパクパク、してしまいました。



バームクーヘン


思っていた通りの美味しさでした。

ご馳走様でした
v(^∀^) ぁりがと~



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
元気なバジル!

2株だけなのに、今年のバジルは育ち過ぎ!
うっかりすると花芽がここにもあそこにも…状態。

バジルソース、作りました。
ランチは <ジュノベーゼ@貝柱(缶詰)>です。

無題
写真、失敗ですね。美味しくなさそう~




DSC07722 (800x599)

松の実が手元になかったので、カシューナッツを。
刻んだバジル+オリーブオイル+レモン汁+塩を、少しずつ入れながらバーミックスでガガッー
パルメザンチーズは、食べる直前に混ぜます。


DSC07719 (800x600)
たくさん出来たので、冷凍。


DSC07724 (800x599)

ブロ友さんが重宝されていると知った <バジル塩> も作ってみました。
バジルの葉と塩をミルフィーユのように重ねるだけ。
冷蔵庫で1年大丈夫ですし、バジルの葉も使えますって^^   こちらです。





貝柱の缶詰の残りで、大好きな大根サラダ・・・・

DSC07731 (800x599)

千切り大根に、薄塩を振ってから出来るだけ水けを絞って、
小葱の小口切りと貝柱をマヨネーズベースで和えました。

ドレッシングは水気が多くなるので少な目に、レモンとバジル塩も少々。

昨日親友のきょうこさんから今年も頂いた、長野のプルーンも添えていい感じ~


あと、始末屋のこすずめは貝柱の汁も捨てないで、
春作った自家製の切干大根を煮ました。
オリーブオイルも少し入れて、満足満足^^




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
10倍返し♪

DSC07540 (599x800)

意味もなく、サボテンです。
綺麗な緑に、彩のいい紅の水玉が可愛らしい~~でも、棘にご注意!です。
もしかして、これ、こすずめ?






で、いきなりですが・・・
大人気のドラマ『半沢直樹』と強引に結びつけたいこすずめ。
ココロは<十倍返し^^>です。


真夏日の頃の話ですが、10代からの心易い友人(男性)から、アマゾンで本を買いたいと☎をうけ、
パソコン操作を電話で伝授する30分・・・途中でPOトラブル・・・

注文してくれないか?
ぃやだ!だって、コンビ二遠いから。
そんな会話の後で、10倍返しを条件に引き受けて・・・
その後、もう1度買い物物を頼まれても、ま、いいか。

と言うのも、支払いのいい方法を知ったからです。
それは、郵便貯金のゆうちょダイレクトの利用です。

簡単な手続きと手順で、必要な時だけログイン、ログアウト
普段は、利用停止状態にして置けば安心です。(だと、思います)

それで、もういつでも買ってあげるわ!と思っていた所へチャイム!ピンポォーン♪

ままま、
あらら、
本当に10倍返しが、商品券とお菓子が。。。

ジョークが真面目になっちゃった?と、別の友人にどーしよお!?
良いじゃない、貰っておきなさいよぉ。それだけ助かったという事よ!

で、厚かましく商品券は財布の中~~うふふ(笑)



そうそう・・・半沢直樹。



無題

ミーハーこすずめも、見ようとチャンネルを合わせました。
が、どうしても途中で挫折してしまいます。
本で読んだ半沢直樹のイメージが、TVの主役:堺雅人さんとどうしてもそぐわないと感じるからなのです。

堺さんが好きだから、ドラマも楽しい!と多くの知り合いは言いますが、
爬虫類×のこすずめ、爬虫類顔が苦手です(ゴメンナサイ)

では、誰ならいい?と考えても思いつきません。
もう少し若ければ、【中井貴一サン】なんていいかな?
大銀行の次長ポストですから、あまり若すぎてもなぁ~って、プロデューサー気取りが我ながら可笑しい(苦笑)

imagesCADDUVKX.jpg



先日、あ、この人なんか良さそうと思った人が思い出せないまま・・・
無理無理、思いついたのが【筒井道隆サン】。

勝手にキャスティングしました。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
台風18号・・・

台風18号、
大きな被害をお土産に北上中。

台風18号

早朝からTVに釘付け・・・の間にウトウト。
お蔭様で被害は全くないまま、名古屋を避けた進路になっていました。

ご心配、頂きましてありがとうございました。

これまで経験したことのない大雨で、特別警報も出ました。
美しい京都の街も、大きな被害を受けていますが、
まだまだ、これからが心配です。

全国にいらっしゃるブロ友さんが、心配です。
中でも東北や北海道の皆様、またまた、被害に遭われるのでしょうか?
心から、お見舞い申し上げます。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
皇女の霊柩
皇女の霊柩内田康夫 : 著
新 潮 社 : 発行(1997年)

中山道の馬籠・妻籠を舞台に、悲劇の皇女和宮に絡んだ物語。
幼馴染の婚約者=有栖川宮熾仁親王との仲を裂かれ、心ならずも京から江戸の十四代将軍・家茂に嫁した和宮は、不遇の生涯を箱根で終えます。

和宮が埋葬されているのは、東京・芝増上寺ですが、
昭和33年に行われた遺骨の調査の時、柩内にあった謎の湿板写真が翌日消失した事実・・・
この小説では、埋葬されていた柩とは別の第二の霊柩が木曾にあったらしい事実を知った光彦ですが、降嫁の道中での不慮を予測しての棺の存在はありそうながら、多分小説の話でしょう。


  和宮を卒論のテーマに選んだ美雪は、実家のある馬篭に向かう途中で、
  東京での殺人事件の調査で被害者の出身地・木曽の妻篭へ向かう途中の浅見光彦と出会います。

  美雪は、かつて馬篭の脇本陣だった実家で、
  母が殺人の嫌疑をかけられている事を知り、光彦を頼ります。
  この展開、いつもの浅見光彦シリーズです。

    ◇馬篭では、永昌寺の島崎藤村の墓の前で、
    ◇東京では、高級住宅街の草むらで、
      雨の夜に起こった二つの殺人事件に、不思議なな共通点を見つける光彦。

  舞台となる場所については
  2009年中山道の旅をしたこすずめには、情景や、独特の雰囲気が身近に感じられます。

  私が旅をしたのは、馬篭より名古屋に近い大湫(おおくて)宿。その時の記事ですが、
  和宮が宿泊した本陣跡:現在は、大湫小学校校庭、に和宮歌碑が立てられていました。


   遠ざかる 都としれば たびごろも 一夜のやども 立ちうかりける
   思いきや 雲井の袂 ぬぎかえて うき旅衣 袖しぼるとは 

                                                     ・・・と刻まれていました。

   住み慣れし 都路出でて けふいく日 いそぐもつらき 東路の旅 
                             ・・・これは、中山道で最も高い<琵琶峠>の頂きの石碑の歌です。


  皇女和宮とは別なのですが、
  ちょっと意外なことを知りました。

  馬篭出身の島崎藤村の、『夜明け前』の書き出しが
  [木曽路は全て山の中]であることはあまりにも有名ですが・・・

  実は、ある書物の引用だったのです。
  『木曽路名所図会』 が、その本で、文中には  その余りにも相似した文章表現がありました。


                    まぁ!ビックリ~~ そして、がっかり^^


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0