こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
美味しさに負けた~♪

昨日と一昨日は、2日連続の外ランチ。
私にしては、とっても珍しいことです。

パイの実ランチ

一昨日は、秋に予定されている≪小学校のシニア同窓会≫に
便乗するつもりの、我々同期の会の、打ち合わせ会。

暫らくぶりの【パイの美】で、ランチを食べながら・・・長居な5人。
お喋りもお味に加わって、相変わらず楽しく美味しかった~デス。







昨日は、
4月に足首を骨折・・・手術・・・リハビリを、頑張って、
全治宣言を受けられた知り合いの全快祝いの会。

さざんかランチ

出席率が良く、10人の参加。
ご夫婦だけで切り盛りされていますが、大繁盛のお店は、幹事さんの親しいお店。

お店からのサービスです!と、
前菜には柔らかなあわびを出して頂いて、一同大感激^^

次々と出てくるお料理、どれも目に美しく優しい味ですが、
食べきれない。

少し、お若い方に助けて貰って・・・デザートは完食。別腹の存在を確認(笑)




ところが・・・
帰宅後、食べ過ぎが祟りました。
胃ばかりか頭痛まで。

夕食は、勿論食べたくないばかりではなく夫の食事の準備も無理~

今朝になっても、まだ胃は痛みます。
和食の多い生活で、美味しさに負けての洋食続き、
年齢的にもう無理なんですね。

いやしんぼうは、卒業しなくっちゃ。

海外旅行、出来ませんね。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
CDケースに、描く。



あじさい・・・

CDケースにアクリル絵の具で描く。
・・・過去のことです・・・が、16トンさんの真似をしようと思い立ちました。


ガラス絵と同じ描き方なのです。
最初に描くのは、普通の絵画なら最後に描く部分・・・つまり逆の描き方。


ペールトーンの紫陽花が好きだった20歳代に、
デフォルメしたあじさいの染物で、賞を頂いた思い出がふと蘇りました。

あは。
ただそれだけ。


付録
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
嬉しい悲鳴です。が・・・本当に悲鳴!

庭野菜、どんどん出来てきました。
夏大根、あちこちにお嫁入りさせましたが・・・まだ、10本くらい残っています。

加えて、茄子が・・・胡瓜とトマトも、大収穫の兆し。
ズッキーニは、何故か成り花=雌花=ばかりが次々咲いてます。
嬉しいけれど、雄花が全くないので大きく育ちません。残念!

【食べるに追いつく家族なし】って、わかって頂けますか?



庭野菜

庭野菜、全くの無農薬で有難いのですが、
出来始めると一時にどんどん。。。夫との二人暮らしでは、楽しんで食べるより、追いかけられる気分です。

食事も、献立のバランスを無視ってことになってしまいます。



で、このところ作った、惣菜@年金暮らし風お惣菜のあれこれ。。。

DSC03670 (800x571)  DSC03683 (800x598)

茄子4本のあく抜き、塩を振って水気をとるだけ。        育たないズッキーニは、茄子と炒めて、

DSC03686 (586x800)

庭野菜の玉葱とミンチに、トマトで簡単ミートソースも作りましょう。
別に、玉葱・じゃが芋・人参でカレーのベース・ルーも作ります。




ミートソースを使って、≪茄子のグラタン≫

グラタン





茄子カレーも出来ました。

DSC03713 (800x582)





::::::::::





大根・胡瓜・トマトに玉葱と大葉の千切り。
鯖缶におろし生姜と麺つゆで、細めのうどんでサラダ風漬け麺です。
おろし大根にしても良いのですが、今日はは千切りで。

DSC03715 (800x556)



::::::::::



これは、
ブロ友azさんのところで教わって・・・・

白和え

野菜の白和えです。

全く使うこともなくなっていた泡だて器を使って、簡単に出来る白和え。

忘備用に追記しますと、水切りした豆腐に、味噌・塩・砂糖・酒・味醂とすりごまを入れます。
泡だて器・・・断捨離で、捨てなくて良かった!




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
アントキノイノチ

昨日のこと。
前の日に観た映画≪鑑定士と顔のない依頼人≫の原作本を買おうか?と迷っていました。
これまで、映像化の後で原作を読んだことはほとんどありません。

でも、一回だけ・・・何かあったと思うのですが、思い出せない・・・
ブログの過去記事(カテゴリー)で、映画の所を見ても思い出せない・・・
本のカテゴリーにも何故か思い当るものがない・・・

本棚を探っていたら、この本に出会いました。
読みたくて買ったのに、読んだ記憶がない!
ブログにも記事はありません。
やはり、買っただけで読んでなかったものです。

何冊かまとめて買ったからでしょうか?
何故か、わかりません。


本





アントキノイノチ

さだ まさし : 著
幻冬舎文庫 : 発行

ある男を「殺したい」と思ったことが、二度あった。。。杏平。
それが元で、心を病んで高校三年で中退した。引きこもりになった。
そして、
父のすすめで、≪遺品整理業:ーパーズ≫の見習い社員になる。

遺品整理業、重くて暗いイメージになりますね。
明るい陽気な内容ではないのですが、
とても、とても良かったです。



   さださん、歌声だけがちょっと好みではないのですが、
   親しみやすそうでも、実は太くゆるぎない芯を心に持っているヒト、好きなのです。

   柔らかな心で、穏やかに受け止めるけれど、へらへらと迎合はしない。
   さださんの本に登場する人々も、同じです。

   そうそう!と、同感・共感・身につまされる部分がいっぱいですし、
   主人公と、周囲の人が皆いい方で、私自身にとっても救いとなる言葉がふんだんに。
   杏平のお父さんや高校の先生、そして「クーパーズ」の人々が素晴らしい^^

   心に響く言葉が何度も出て来て、付箋を貼り付けながら読んでいましたら、付箋だらけに。
   悩んで、引きこもりになっている息子:杏平に、
   「おまえは魔法にかけられちゃったんだな。魔法でカエルにされちゃった王子様なんだ。お父さんが魔法をといてやるか
   らな」。

   ・・・こんな風に子供に語りかけられる親、いいですね。出来ませんねなかなか。

   杏平の心の傷が癒されていく様子と、明らかにされて行く過去ががサスペンス調で面白さを増します。
   細やかで繊細で優しくて強い人たちが、無駄のないリズミカルな優しい文体で描かれています。

   解説によれば、
   実際の≪遺品整理業:ーパーズ≫がモデル。
   会社内部の様子もーパーズの仕事も、隅々のディテールまでここに書かれた通り。

   この小説で、杏平の復活に大きな影響を与えるーパーズの佐相さんも、
   実際にいらして、この物語のままの素晴らしいお人柄だとか。
   あ、誤解されるとお気の毒なので一言・・・もっとずっとお若い、前科とは無縁の方です。

   佐相さんはいつも「仏さんを助けに行く」と行って現場に向かう。
   誰にも看取られることなく亡くなった方々が、そのまま残したモノ達を片付ける。
   見られたくないものは処分し、家族には良いところを残してあげる。

   本当に悲惨な場面でも、顔色も変えることなく的確にことを運ぶ。頼もしく、格好良く、優しい。


 
   これ、映画になっています。
   キャスト・・・私はあまり知らない方です。多分、小説の方がいいような気がしています。



 
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
鑑定士と顔のない依頼人

これ、2回観ました。
あれこれ推理をはたらかせながら、楽しめる映画。


無題1


良かったです。好きな作品^^
・・・が、最後の15分(?)からが、よくわからない。
これって、まさに・・・と思いながらも、何か呑み込めない気分に加えて、

パンフにも刺激されました。
結末を知った後で改めて観ると、罠や伏線を確認できる、という誘い。




鑑定士と顔のない依頼人 ポスター1
このサイト、わかりやすくて面白いです。
≪表編≫≪裏編≫という、2つの見方がわかりやすいです。




孤児院育ちで、罰として絵画の修復を手伝わされたことが、
天才鑑定士で、優れたオークショニアになるきっかけだったという、主人公:ヴァ―ジル・オールドマン。
レストランで食事するときも手袋をはめたまま・・・その異様な癖は、尊大で人間嫌いからのことらしい。

ある日、資産家の娘から両親の残した絵画や家具の鑑定を依頼されるが、
依頼人は、理由を次々変えながら、姿を見せようとしない~~

パンフ裏

そして、このチラシもこすずめ心を引っ張り込みました。
どれも、クリック拡大できます。

ヴァージル・オールドマン役のジェフリー・ラッシュ ・・・見覚えのある顔と、思いました。
『英国王のスピーチ』で、国王の言語療法士でした。
あの役もこれと通じる、厭世観のある人物だったなぁ~

そして、屋敷の隠し部屋で暮らしているクレアという依頼人が素敵なんです。
シルヴィア・ホークスという女優さん・・・
アルマーニのワンピースがとっても似合って、可愛い♡

これ、原作本もあるようです。読もうかな?どうしようかな?






主人公:ヴァ―ジル・オールドマンの整然とした手袋部屋の奥に、
女性を描いた膨大な絵画が集められています。

その中に、登場した名画がパンフに書いてあったのでなるほど。
映画を見ながら、気が付いたのは3点だけでしたが、参考までに検索してみました。

無題2


予告編です。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
大根餅って?と思われる方に・・・


作り方です。

大根餅1

大根の千切りと、葱・大根の葉などを使います。
今回は、葉は使いませんでした。代わりに、初物のオクラを入れました。

大根の量は・・・今回は、庭野菜の夏大根半本。4~500gかなぁ~

大根を油をひかないフライパンで、しんなりさせます。
そこへ、葱などを入れてさらにしんなり。
水分は、別にとって置きます。

大根餅2 (2)

とって置いた≪大根の汁≫に≪水≫を足し(120cc位にする)
≪出汁の粉≫を少し加えます。
(↑ この出汁の素良いです。自分で引いた出汁だけでは物足りない時に、粉のまま使います。)


大根餅3

≪小麦粉≫と≪片栗粉≫(この日は、各60g)を大根に加え混ぜます。
手持ちの≪焼き海老≫と≪しらす≫も混ぜて、
油を引いたフライパンで焦げ目がつくまで焼きます~




初めて作った時の画像です。↓

1_20120302203208.jpg
何をつけて食べるか?迷ったので適当に用意しました。

、はポン酢
、はマヨネーズ
、はお好み焼き用ソース。

ポン酢も良いですが、
マヨネーズ + お好みソースも捨てがたい。

この時は、こちら☆★☆でみて作ってみました。感謝☆





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
夏大根退治?(笑)


過ぎたるは。。。って、庭野菜にはよくあります。

家族も少ないのに、出来始めるとどうにもならない量の、同じ野菜が出来ます。
出来過ぎると、ひたすら知り合いに貰ってもらいます。
胡瓜は、皆さん喜んでくださいますが、ゴーヤは好みがあるので困ります。

で、今年の今、過ぎたる収穫は≪夏大根≫
何しろ 60本 40本以上出来てます。まるで、農家?
                   (間違いでした。すみません…訂正します)



DSC03616 (800x600) DSC03615 (800x600) DSC03579 (800x600)

とりあえず、3種類の切り方で下ごしらえをしておくと使いやすいです。



写真はありませんが、輪切りの物・・・
糠かお米のとぎ汁で茹でてから、味噌田楽にしました。大好きな里芋とこんにゃくも一緒に。



DSC03645 (598x800)



千切りは、貝柱の缶詰・湯通しした大根の葉と一緒に、マヨネーズ+レモンでサラダが大好き♪

今日は、↑ 塩クラゲと生若芽で中華風にしてみました。


DSC03621 (800x600)     DSC03624 (800x600)

ここで・・・こすずめの余計なお世話?
千切りの大根(だけではなく胡瓜もみの場合も・・・)に塩をあてる場合、
薄い塩水につけると優しい味になると思います。
塩クラゲの塩抜きも、半日以上で。その後、熱湯に瞬間的につけるとコリコリになります。




DSC03631 (800x600)


定番の煮物は、夫がたくさん作っても良いよ~と言ったもの。
大根には蛸!と聞いていたので、お揚げと蛸を入れました。
蛸のお蔭もあってか、美味しくできました。


DSC03567 (800x600)


餃子にも入れてます。
これは、夏大根ではない大根の出来過ぎの時に作ってみて、美味しかったということで。 ここです。
糠であく出しをした大根を入れています。



DSC03597 (800x600)


大根餅も作りました。
美味しい~って・・・夫。

作り方、必要なら書き足しますね。
別記事:これの次:で、UPしました。


まだまだ、残っている大根です。
親切なぱふぱふさんが、夏大根のレシピサイトを教えて下さいました。
ブロ友さんって、本当にありがたいです。


ゆっくり、いろいろ作ってみます。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
夏大根と夏きもの。


夫が作る庭野菜、いろいろ収穫時期になりました。

今のところ順調に、茄子・胡瓜・トマト・ニラ・葱は、有難く食卓にのせています。

・・・が、困っているのが 夏大根^^

畑

狭い庭の畑部分を大きく占領して・・・わっさわっさと育っています。
夫、大根名人なのです。


連日大根料理~
しかも、辛い夏大根!



生シラスと、海苔、大葉を入れて麺つゆでの
おろしうどんに悲鳴を上げて、オット・・・もう、捨てるなり配るなりして~ですと。

DSC03557 (800x600)

私は結構美味しかったのですが、辛い物が苦手な夫には無理らしい。。。



それではと、

DSC03575 (800x600)

昨日と今日、6人に押し付けました。
中のお一人は右手故障中なので、千切りにしてお渡ししました。
葉っぱは、かさばるのでざっと湯通ししました。

昨日と今日はお稽古日だったので、そこで受け取ってもらったのですが、
重いお荷物、ごめんね~




お稽古、昨日は着付けの日でした。

蒸し暑い日・・・




きもの


    絽麻の長襦袢に、
    半襟も、色付きの絽麻。








    絽の万筋の長着は、
    江戸小紋のお約束・・・しごき染で別模様です。









出掛ける時は、

DSC03607 (800x557)


出番の多い、絽塩瀬の白い帯。
いつもの秘密基地で、シンプルに≪光悦垣≫を描いてもらいました。
ちょこちょこっと、刺繍も入れてあります。



この日、お稽古場で変えた帯は、

綴れ帯

絽綴れですが、実は、20代に買った錆朱に銀の亀甲だけの帯のリメイクです。
黒に染め変えて、酸化してくすみの出た亀甲部分に、秋草を描いてもらっています。
これも、同じ秘密基地でのすご技です。
                            (クリックで大きくできるはず)






無精して、
鏡を見ないで着てしまいました・・・ら、トホホな着姿でした。
落ち込んでます。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
シニア同窓会・・・これでも世話人かい?


小学校のシニア同窓会、第4回を開催することになったそうです。(って、ヒトゴトですよね~)

31℃の真夏日、打ち合わせ会に着物で参加しました。
当然のように和服は一人だけ・・・

DSC03522 (800x623)

DSC03524 (577x800)


名古屋の中心のこのお店、いつからあったのでしょう。
全く気が付かなかったのは、通りには間口1間程度の通路があるだけ・・・
その奥にお店の入り口がありました。

無題

このローケーションで、会費2500円。
お料理は、それなりに納得。。。


それにしても、ヒトゴトっぽい世話人会なのは、
6年下の卒業生が今回の主幹事で、今日集まった意味はほとんど説明会だったからです。

不満は一切ありません。
それは、完璧な実行予定スケジュールが出来ていました。
1200人程への案内は、すべて業者さんに依頼するということで、私たちのすることは名簿の確認だけ。

本当に、見事な計画案・・・
素晴らしい能力の方がいらっしゃると感心しました。

11月初旬の開催、楽しみです。





ところで・・・唐突ですが、

いわし料理こすずめ流、美味しかったのでちょっと記念に。

DSC03539 (800x599)

yoyoさんの≪いわしのニース風≫を、大幅に我流変更しました。
冷凍してあるつもりのチーズがなかったし、
にんにくは苦手ですし
パセリを大量投入、大葉も入れました。
ソースは、焼きトマト。

パセリの香りが爽やかでこれ、また作りたい~~

yoyoさん、すみません。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
おいしいハナシ

簡単で美味しい・・・これが、どんな時でも嬉しい。
そして、有難いと思うこすずめです。


文字通り、簡単で美味しくリピート率が高い副菜があります。
うふふ。。。なぁ~ンだって、言いますか?



005 (800x599)

コールスロー・・・銀座:たいめいけんの公開レシピです⇒ ☆☆☆
キャベツと玉葱・人参を千切りにして塩・砂糖・お酢と油で和えて、30分で食べられますが、
早めに作って、冷蔵庫に入れておくのも良いです。




小松菜ときのこのマヨネーズ炒め

小松菜のマヨネーズ炒め

小松菜の軸部分ときのこを先に炒めます。
しんなりしたところで葉の部分とマヨネーズ・塩・胡椒を加えて炒めるだけ。
3分もあればできますが、結構美味しいです。




昨日は、某ブロ友さんの記事からお豆ごはんが食べたくなりました。
ちょっと遅いかな?と思いながらのウスイエンドウ・・・やはり美味しい!

豆ごはん

酒と水で莢を茹で、その汁で豆を茹でておきます。
その茹で汁にさらに少しの酒と塩での水加減。
私は、炊きあがった所に茹でて置いた豆を入れます。




zakka_5.jpg



そして、食べられないけれどオイシイ話もあります。
先日来のミシン仕事で、また普段用のワンピースを作りました。

ミシンのご機嫌取りに少し慣れてきましたが、針を変えたり、糸を変えたりが大変なのです。

ミシンに糸通し器が付いているのですが、何故か使えなくなって・・・
これは、買ったばかりの時にも修理しました。
領収書を見ると、1万500円の修理代。
でも、いちいち通すのはとてもつらいので、費用は掛かっても仕方がないか・・・と。

ミシン針通し

偶然ですが、糸通し道具と、針変えようの道具があることを発見^^
安いものですし、買ってみました。

ところが、これが優れもの♪
写真の左の物が糸通し、右の長いものが針変えの道具です。(拡大できます)


DSC03517 (575x800)

・・・で、今日はワンピース作りました。
これも先日の麻の生地のように、ブラウスが出来る程度の余り布が残りました。

ブラウス出来たらいいな~





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0