こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
花丸ニュースと、涙目ニュース。



夕方のニュースで・・・
知ったこと。


柔らか発想が出来る警察が、名古屋に有ったって何か嬉しい☆

写真集


”ほめる広報で 交通安全”作戦中@中警察署・・・だそうです。

平成26年8月1日から同年11月末までの期間限定『いいネ!!カード』発行作戦。

歩行者、自転車利用者などで、模範となるような交通ルールを守っている方に配布するカード。




褒められると嬉しいって、万人共通でしょうね。
褒め殺し…叱るより、褒める方が結果に繋がりますよね。

無題-2

ニュースでも『いいネ!!カード』を貰った人の笑顔が素敵でした。
嬉しいことに・・・このカード提示での美味しい^^も。
地域限定ですが、素晴らしい特典もあるのです。

この作戦、全国に広がって欲しいと思いました。
ハナマル…僭越ながら差し上げます。




index.jpg


同じニュース番組で、言葉を失う話にも出会いました。


さいたま市の全盲の男性が連れていた盲導犬が、
移動中に腰のあたりを刺されてけがをしていたことが分かり、
警察は何者かが意図的に犬に危害を加えたとみて、器物損壊の疑いで捜査しています。…先月のこと。

刺し傷を負ったのは、盲導犬、オスカー(雄・8歳)で、
着ていた洋服をめくっての蛮行らしい。
しかも、複数回。

本来の性格と訓練の賜物か、声も荒げず痛さに耐えて全盲の主人をガードし続けたのです。

盲導犬への虐待は、これまでにも色々あるようです。
悲しすぎます。

今回の詳細は・・・・こちらに詳しいです。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
ぶなの森の葉かくれに
ぶなの森の葉がくれに2佐山 透 : 著
展 望 社 : 発行

初めての著者でした。
久し振りに、後味の非常に良い本に出会いました。
タイトルは、昔よく歌った”流浪の民♪”のメロディから来ています。

ーー1940年東京生まれ。学生時代よりフィクション、ノンフィクション、エッセイ等を数多く執筆。ことに青春小説、芸能、スポーツの分野では、それぞれ第一人者となるが、1990年突然渡米。15年間のセミリタイア生活に入る。2006年帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ーーが著者紹介。




  著者、一言で言えば、いろいろな分野で大ブームを巻き起こした人物らしい。

  小説・・・新人賞受賞は高校時代、いくつかの雑誌に小説やエッセイを書いていた大学時代。
  卒業間もなくは、その当時創刊の女性週刊誌のトップライターとなり、
  かなり荒っぽい仕事(解説から)もしたのち、仕事を止めて突然渡仏。

 
  時を経て・・・流行中のジュニア小説誌を書けは、
  その清冽な作風は多くの少女ファンを生み出した(解説から)そうだ。

  あまたの娯楽誌に小説、エッセイ、インタビューものを書き、
  TVで芸能評論家・解説者もこなす、芸能レポーターのハシリのような存在(解説から)にもなった。

  一面、膨大な量の名前の出ない文を書きまくってもいる
  いわゆるゴーストライター、または少年少女名作集20巻など著者名の出ない作品ですね。


  やがて、40歳半ば・・・
  佐山はゴルフ界にスタンスを移動、瞬く間に人脈を広げ某ゴルフ誌のすべて:企画・取材・文章をこなし、
  TV番組に毎晩のように出演もした。(解説から)

  その後又日本を離れ、親友のプロゴルファー青木功のシニア競技生活を見守り・・・

  15年経って平成18年、 
  『帰ってきた酔っ払いだよ』とうそぶきながら日本に帰り、

  もう、自分を知る人はないだろうと、言う安心感(解説から)と匿名性(解説から)の中、
    本を読み
    映画を観、
   オペラを楽しみ、
    酒を飲み、
    ゴルフに遊び、 年に3回ほどヨーロッパかアメリカに行く。
   そんな生活が改めて始まったようだ。。。(この部分、解説から)
 


  難しい文章は書かない。すっと読めて、無駄な引っかかりがなく
  読んだあとにすぐ忘れられてしまうのが、自分にとってのいい文章という著者の言葉通り、

  無駄なく、するすると読めました。




  帯です ↓
       少年・紀男の成長を描くこの小説は教養小説であり、
          若い母・美子の青春小説であり、望郷小説である。
            もちろん家族小説であり、時代の証言小説でもある。
                さらにロードムービーの要素も併せ持っている。 (本書解説より)


 

  ただ、ちょっと引っかかるものが・・・

  この著者、私と同じ時代の人なのに、そして、そんなブーマーらしいのに思い出せない。。。
  私がゴルフ病にかかっていた頃と、時期が重なっているようにも思うのですが、
  解説者として思い出せない。
  微妙に時期がずれているのかしら?
 
 
  
  解説もとてもよくて、私が感じたことがそのままうまくまとめられています。
 
  殆ど借り物の文になりました。
  すみません。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
何故だか・・・不思議


私の周りに不思議なことってほとんありませんが、
最近の、これは、不思議現象です。
原因が判れば、なぁ~んだでしょからそれまでの不思議現象としておきます。


困ってる3


・・・・・・・・・・・・・
いきなりですが、ちょっと横道に。
お急ぎの方は、下の ・・・・・・・以下 に飛んで下さい。



夏の猛暑が収まったころに、エアコンを入れ替えようと検討中でした。

築20年の初めから働いてくれたエアコン、
以前は毎年のよう水漏れして、応急手当のまま騙しだまし使っていた過去も、
3~4年前にいつもと違う方に修理してもらって以来嘘のように直ってしまいました。

まだ、暫らくこのままでも良いとは思うのですが
別の一台の扉(空気の引き出し部分)が自動では開かなくなりました。

様子を見て、”洗濯バサミで挟んで開けておけば問題なし~”と、商売っ気ないです。
(下の写真のCが、それです。)
が、この人こそが、↑の水漏れ原因を対処してくださった人。
ハウスメーカー所属の電気関係者です。






エアコン1

水漏れの根本対策は、エアコンの入れ替え・・・
以前、修理に来ていた人に、応急処置の度に言われました。

新築時の設置工事は、某大手エアコンメーカーで以後の修理もそちらに頼っていました。

不具合の直らない機器なら、変えても構わなかったのに、それをしなかった理由は・・・
それが、三台マルチエアコンの中の一台だったことが遠因。

室内器


三台マルチというのは、
1台の室外機で3台の室内器(写真のA・B・C)に連動するシステム。

その良いところは、電気容量がA+B+Cより小さな室外機でやりくりできる事。
そして、屋外に何台もの室外機を置かなくて済みます。

欠点は、室内器交換はウチの場合三台すべての交換となります。
中の一台が壊れても、健全な二台も取り換えないといけないのです。
勿体ないし、費用も心配。。。


そして、もっと大きな理由
”もう、ここにはつけられません。
外壁に穴をあけて、壁掛け方式に付け替えるしかできません”とのこと。

現況のままの(部屋の)壁内部埋め込み配管への設置は出来ません!って・・・
次は、各部屋=3部屋=の壁に穴をあけての壁掛け式設置・・・それは、困るぅ~~


そこで、ハウスメーカーに問い合わせると、”出来ますよ”
では、お願いしようかなぁ~~

すみません。長い振り^^

・・・・・・・・・・・・・


で、最初の不思義話戻ります。

正常に稼働している今ではなく、気候が落ち着いて工事屋さんも暇な時期にお願いする予定でした。

それが、突然不具合発生。

和室のAをつけると、2階のBもCも稼働しません。×
つまり、A単独はOK。
AとBも×
AとCも×
BとCは同時にOK。


大至急、見積もりを受け取った昨日、
A・B・C・・・3台同時に動くようになりました。

これって、何?

もしかして、ひょっとして、ここ1週間の雨予報・雷予想などの異常気象と繋がりがあるのでしょうか?




ところで、又一つ不思議現象
↓の続きを読む・・・何も書いていませんのに、出てしまいます。
いろいろ試しても消えないのは何故?
知識以上のことが起きています。
どなたか、お知恵拝借させてください。


追記:記事ソースを見ると、明らかに余計なものがありますが削除できません。どうすればいいか・・・?
コピー&ペーストで新しく記事をUPする方法もありますが、その場合頂いた拍手コメントの移動が出来ません。

更に追記:いつもお世話になるmarimariさんのアドバイスで、あっさり解決しました。
ありがとうございました。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
テングサとフルーツ三昧。

テングサ・・・ROMIさんのフルーツと一緒に、この日頂いてから、
すっかり虜になりました。

DSC04288 (1280x939)

お福分けした友人達も、美味しい!と大喜びしています。


トコロ天は勿論、
フルーツとの組み合わせで楽しんでいます。

もっともっと、あれこれ作ってみたいと、
実は、図々しく追加のおねだりまでしてしまったのですが、トホホな体調で中断しています。

テングサを1時間ほど煮て布巾で濾すのが、お鍋が重い・・・とてもとても無理^^
暫らく我慢です。



・・・で、とりあえず撮りためた、写真を見て下さい。

ところてん

     黒蜜             と          梅酢醤油味です。

梅酢醤油は、自家製の梅酢にしょうゆを足しただけですが、美味しいです。



DSC04375 (1280x961)

テングサは一番煎じ(言葉が違う?)の、コリコリ濃い液でところてんを作ります。
二番煎じで、フルーツ寒天。
梅酢の梅を使ってのフルーツソースをかけました。



DSC04513 (1280x958) (664x888)

二番煎じの寒天に、↑でも使った梅酢のフルーツソースを入れて固め、
梅型のクッキー型で抜いてあります。( ン?わからないですね)

ROMIさん果樹園のプラム’太陽’と庭師さんからの巨峰を載せて、蜂蜜味。
フルーツの美味しさがたまらない~~



あなごよせ

三番煎じのフルフルと柔らかな寒天で、ゼリー寄せです。
お吸い物よりちょっとだけ濃い味にしてあります ― 追記 ー
ズッキーニと焼きあなごを入れ、トッピングは白いオクラと茗荷です。
彩にも味にも、海老が欲しかったのですが買い物が面倒で、在りものでだけ。






DSC04483 (1280x935)

二番煎じで、コーヒーゼリーは、蜂蜜と生クリームを。



焼き芋

この日は、すでに体調が悪くなっていましたので、
お昼ご飯は、焼き芋とこのゼリーの手間なし。


水ようかんや、白玉団子と一緒におぜんざい風とか、蜂蜜トマトのゼリーとか・・・
いろいろ作りたいのですが、いつになりますか。


身体は大切ですね。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
見た目で徳を得る。

暫らく体調良く過ごしていました。
が、・・・とうとう、・・・持病がご機嫌を悪くしたようです。


youtuu hossa

いろいろ、重なったのです。

何より、1週間の雨模様

予報では、、、晴れていても突然の豪雨と雷が活性するので、要注意!と。

その影響で、湿度は高い^^
私の持病には、そんな天候が良くありません。(椎間板ヘルニア+狭窄症+すべり症、その他)

加えて・・・
こんな大雨の後にしか出来ない草の根退治

ちょっと、頑張ってしまいました。

お蔭で、深く長い根っこがたくさん取れて、大満足でしたが、
両足のしびれがいつになく酷く、歩くのが覚束ない・・・

数日前から、前兆はあったのですがま、何とかなるかと思っていあました。



ぱせり2014



こすずめっ子のぱせりだけが、心配そうにしてくれます。

そんな時、さらに悪くなるのが連れあい=オット=の言動なの。

『今日は、かなり調子が良くないの~』と伝えると、
【立ち暗み?俺もだよ】。。。

立ちくらみ位で、そんなこと言わないわ。



すずめ4





幸い夫は、ブログを見ることができません。
で・・・今日は思い切って夫の性格大公開。
勝手ですが、流してください~



私の持病は、30歳の時からで、
およそ一年のほぼ寝たきり状態も乗り越えながら
入院生活もしましたし、そうでなくても2~3年毎に発作を起こします。

最近は、あの3:11の日に発作は、回復までに長引いて
家の中でも立つのがようやくの状態で、トイレには床を這って。。。
痛み止めを通常の3倍使っても、効果なし。

とうとう、このままベッド生活になるのか・・・と弱気の虫が居座ります。

夫・・・
さすがに食事は作ってくれましたが、レタス・胡瓜・トマトを大皿に山盛り・・・ドレッシングだけなんです。
徒歩30秒の病院へも車で送迎してくれる夫は、優しいわね~と人気者。

冷たい野菜サラダだけの暮らしが続くので、デパートに車椅子で連れて行ってと頼むと”嫌だ!”と即答。



私が、長い間苦しんだり、それなり宥めながら付き合っている持病。
定期的に大学病院にも通院している持病。
夫は、私を健康で不死身な存在と認識しているのかも知れません。
のんきに今日もTVのお友達・・・



気の向いたことは、上機嫌でする夫。
人当たりが良く、傍目には優しく穏やかな夫。と
それなのに・・・我儘なこすずめ、としか見られないのもちょっといやだわ。


そうそう、こんなこともありました。
洋服ダンス、廃棄事件です。   →  




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
夜が怖いの~


行き倒れぱせり、ではありません。
暑いらしく、床に寝そべって眼だけキョロキョロさせています。
飼い主に似て、無精者^^


2014・8月ぱせり-3



・・・・・・・・・・・



ときどき書きますが、
わが町内は、ご近所同士のとのお付き合いが全くありません。

理由は、顔を合わせる機会がないから、です。
どうしてもの用事の時は、電話をするかチャイムを鳴らして話します。
でも、そこまでの用はありません。。。




先日、庭師さんがいらした日、同じ庭師さんをお願いしているご近所さんがこんにちは。

  ――救急車が来たり、リハビリセンターの出入りにご不審かと思って
――すみません、全く気が付きませんでした。どうされたのですか?
 ――2月に、主人がお風呂で脳梗塞で入院・・・今はリハビリ中です。

そういえば、
ご主人のお姿を最近見かけないなぁ~とは、思ったことがありましたが、
救急車の音には全く気が付きませんでした。リハビリの送迎車も見ていません。

我が家は、道路面より階段を上がった所にあって、前庭もちょっとあるので家の中から外は見えません。
救急車の音と言えば、一昨年私が救急車に乗った時もお隣さんも知らなかったって。

冬の夜、窓を閉めていると案外わからないもののようです。


おすわり2

それで思い出しました。

小学校の同級生が、ある日入浴中に意識を失くして…水没。
ご家族の発見が早く、救急入院で後遺症なし。
これは、本当に幸いなこと。


ご家族の賜物ですが、、、
その話を聞いた、某独居ヒト。同級生の♂・・・
献身的な永い看病の末に、愛する(多分)奥様を亡くして以来の独身生活を送る、
ユーモアあふれるハンサム老人さん。

曰く・・・
”夜が怖いよ。真面目な話!”

風呂、入るの怖いし、
夜、寝るのも怖い。

パートナー、探したいよぉ^^  って、真剣だったな。
見つかったかしら??


暫らく会っていませんが、他人事ではないですね。
いつもは自分の入浴が済むと、さっさと2階の寝室に行ってしまう夫ですが、
これからは、お互いのお風呂TIMEは見守ることにしました。

地震・雷・風呂・スズメバチ…4大怖いの正体でした。






一人ぼっちの 夜が怖いの・・・で、
こんな歌、思い出しました。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
エビアン@ズッキーニ


台風が過ぎても、が降ったり止んだり^^
カラカラ天気にはありがたいのですが、この湿っぽさは鬱陶しい・・・要するに勝手なんです。

台風騒動で、
野菜が、ほとんどおしまいになりました。
後はゴーヤと、秋茄子だけ残っています。

無題




名残の、大きなズッキーニが出来ました。
加賀太胡瓜位の太さがあって、種も大きくなってしまっています。


DSC04411 (1280x960)

中心部分はおいしくないでしょうから、くりぬいて・・・
海老餡を詰めて和風にしてみます。



DSC04413 (1280x960)

海老・大葉・生姜・玉葱に、赤身の豚肉を叩いてミンチ風にしたものに、

DSC04414 (1280x960)

紹興酒・片栗粉・卵1/4と塩・胡椒~~


DSC04416 (1280x828)

ズッキーニに詰めて焼きます。
焼き色が付いたら、チキンコンソメを水に溶いて蒸し焼き。

片栗粉でとろみをつけて、オクラの小口切りを加えました。


無口な夫が、あ、美味しい^^。。。だそうな。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
地震・雷・風呂・スズメバチ。

地震・雷・風呂・スズメバチ
この4つが、最近の私にとっての怖いモノ。

DSC04419 (959x1280)

毎年頂く庭師さんからの巨峰。
ご自宅と贈答用の安心で美味しい葡萄でしたが、今年限りになりそうです。

ぶどう園ように借りていた土地を地主さんに返さなくてはならないのだそうです。




葡萄を頂いのて・・・そんな夕方の立ち話、雑談中のこと、
スズメバチが来てますよ!と。

教わっても全く見つけられない私です。
過去にスズメバチが小さな巣を作り始めて夫が取り払い、・・・これです。
きっと探しに来るよぉ~と、捕獲液を吊るした時以後、・・・こちらです。

今年もスズメバチは来ていないね。とほっとしてました。のに、、、

無題

さすが、庭師さんの眼力!

早速、捕獲液を作って・・・
木にぶら下げようとしていると・・・
甘ぁ~い捕獲液の香りに、もう周りにスズメバチが寄ってきます。

威力、覿面!


翌日の午後にはこんな様子。
見易いものではありませんから、小さ目の写真にします。
-- クリックで大きくなります --

DSC04406 (950x1280)

これを吊るしたのは夕方で、
その晩、大雨が降りました~

捕獲液に水が入って、薄まっています。
効果はなくなるかな?と思っていましたが、大丈夫みたい。

ただ、液は腐敗するでしょうから作り変えた方がいいでしょうね。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
ワシントンハイツの旋風(かぜ)
ワシントンハイツの旋風   山本一力 : 著
講 談 社 : 発行

ひたむきに働く。ひたむきに恋をする。それが、昭和の青春!

帯の言葉です。
山本一力、最初で最後の現代小説は、あの頃への憧憬を、ありったけ。
仕事もオンナも一所懸命 痛快!自伝的青春小説。
著者、最初で最後の現代もの。



   初めての作家さん。
   確か、時代物を書いていらっしゃる…その程度の知識ですが、最初で最後の現代ものですか、ナルホド。

   リズムがあってシンプルで、読みや空くわかりやすい文章・・・
   さすがプロ!。
   しかも、作者プロフィールにかかれているそのままの時系列で内容も進展します。


   どこまでが本当で、どこからがフィクション?
   自伝を書くとして、ここまで冷静に突き放してしかも面白く書けるって素晴らしい^^

   と、読み進めたら、
   だんだん辛くなりました。

   主人公が、スーパーマンになっていく!

   高度経済成長に沸く1960年代=昭和30年代〜40年代の話。
   貧しい母子家庭育ちの主人公が、上京後住み込んだ新聞店での新聞配達エリアに<ワシントンハイツ>があって、
   好奇心+向上心に満ちた主人公は、ここで英語力を身に着ける。
   同じころ、志を立ててピアノを征服。


   陰なる努力もあったでしょうが、
   その間、熟れた女性達とのあからさまで、週刊誌的な関係が次々と。。。

   すべてに自信を持つことのできる(た?)著者の様子が、
   何とも胡散臭く、逃げ出したくなりました。


   私、嫉妬しているのかも。



装丁と挿絵が、とても魅力的でした。

ワシントンハイツの旋風3

木内達朗 (きうちたつろう )さん、時々見かけたあのイラストレイターさんだわ。
好きだわ~






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
竹の穴に住む、タイワンタケクマバチ

大型の台風11号が、ゆっくり近づいてきている湿気の多い昨日=8日=、
ぱせりは、すやすや寝息を立ててました。

DSC04388 (1280x823)



庭で、夫が呼んでます。


野菜の支柱にしていた竹を割ったら、こんな虫が出てきたよ~と。
沢山いたけれど、飛んで逃げられたそうです。

無題

カメラを手に戻った時は、
手元にあった毛虫の駆除スプレー(笑)をかけられた2匹が、それでも逃亡努力中。

慌てていたこともあって、ぶれた写真ですが
どう見てもでしょうね。
(ボケていますが、クリック拡大できます)


竹の穴

台風に備えて、収穫も終わりそうな野菜を片付けているときの出来事でしたが、
念のためまだ残っている支柱を見ると・・・
写真のように穴が開いています。

殺虫剤がないので、先ほどの毛虫駆除用のスプレーを穴の中に噴霧しました。

様子を見ていると、ごそごそ蜂が出てきました。
そして、どこかへ飛んで行ってしまいました~


夫は刺されたようですが、特別異常もなくやれやれ。






一段落して、ぱせりは私の膝の上で落ち着きます。

DSC04386 (1280x807)

ネット検索してみました。それについては、↓(続きを読む)に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0