こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
吉永小百合さん と 虹の岬の喫茶店。

吉永小百合さんが、モントリオール映画祭で、審査員特別グランプリを受賞されました。
プロデュース&主演の映画、『ふしぎな岬の物語』が評価された結果です。

このニュースを知った時、
もしかして原作はアレかな?と唐突に感じた小説がありまして、


やはり、そうでした。


2虹いぬ青い家
』 (森沢明夫著)。
2,011年に読んで、印象からイラストのいたずらを書いていました。
文中での虹の色、8色なんですよ。



再読しました。
結果、、、
私なりのキャストイメージがあって、どうも吉永さんでは落ち着きません。

そのブログ記事を<続きを読む>に貼っておきますが、

主人公・悦子は、岸恵子さん。(映画は吉永小百合)
甥の大柄な暴走族~ミュージシャン・浩司は、高田延彦さん。(映画では阿部寛)
悦子を心から好きな・タニが、笑福亭鶴瓶も、ちょっと違う?ように感じました。


読み終えた本はほとんど手元から離すのですが、
たまに離しがたいものがあって、これもその1冊でした。
それにしても、再読して前よりもっと好きになった本でした。


映画、楽しみに・・・是非観たいです。
予告編です。






ところで、”モントリオール映画祭”って?な、こすずめ。
簡単にググりました。

世界の三大映画祭:べネチア、カンヌ、ベルリン・・・のベネチア映画祭の開催時期と同じころ、
トロント映画祭やモントリオール映画祭も開かれ、
ある説によれば、三大映画祭での受賞はねらえない作品が出品されるとか。

それにしても受賞は大変おめでたいです。


・・・・・・・・ 過去記事です・・・・・・・
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0