こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
次に、3冊・・・朽ちた花びら / 乱心タウン / 絵はがき

順不同で今日は3冊。



朽ちた花びら
朽ちた花びら白川道 : 著
小学館 : 発行
酒・マージャン、そして女性・・・いわゆる飲む・打つ・買う・・・に浸りきった放蕩な学生生活の物語。
東京郊外の国立大学に通う、主人公:梨田雅之は、著者自身らしい。

三十年前と言う書き出しから、48歳になっての過去物語の設定。
一橋大学卒業らしい白川氏は、東大生とマージャン賭博に嵌っていたらしい。
私には、麻雀、競輪など、賭博三昧な様子はまさに小説の世界なので、
どこまでが本当か?興味深い部分もありました。

  全体の1/3~半分程度が麻雀の場面で、牌が画になって並べてあったりします。
  私は、わずかに麻雀がわかるのでちょっとだけ興味もわきましたが
  人によっては全く面白くないだろうなぁ。






絵はがき
絵はがき
中谷英雄 : 著
文芸社  : 発行

私=南部孔希(ミナベコウキ)は、山梨県身延町に生まれ…26歳の時に警察官となり、今は生活安全課の係長。
合気道の練習中の怪我で鍼灸院に通うある日、ふと、目にした1枚の写真。
古い木の前の1枚の集合写真に運命に導かれるように、その背景にある数々の深層を明らかにするうち、「私」は自身の血統や魂の在り方まで踏み込んでいく・・・。
                                        ↑は、帯の文字。

  執筆開始から10年を経て書き上げたとプロフィールにありました。
  かなり失礼な言葉ですが、ご苦労様と申し上げたいです。
  野辺地(青森県)の過去と南部家の歴史、
  更には天皇家と幕府の関係まで、あれもこれもと書いてあります。

  ご自身の知識は、漏らさず書いてしまいたいのでしょうか?
  文章も重くて読むのに疲れました。
  これは、私費出版レベルだと感じました(どこまでも個人的な感想です)
  著者様、ごめんなさい。





乱心タウン
乱心タウン枠山田宗樹 : 著
幻冬舎   : 発行

東京ドーム11個分の敷地、高さ3mの壁が周囲を囲む、「マナトキオ」は、
24時間警備員常駐で、防犯カメラに死角は無いという超高級ニュータウン。

ある日、警備員の紀ノ川康樹はパトロール中に住人の老婦人のなくなっている姿を発見したが、クセの強い住人達の欲望と妄想に発展していってしまう。
老衰死に過ぎないことが、殺人鬼の存在になったり・・・住人たちの妄想が膨らんでの大騒動。

  面白かったです。文章も読みやすさは、画のない劇画風かな?
  閉鎖的なエリートこ空間に住んでいる住人の突飛な思考回路と行動に、苦笑いも楽しかったです。
  終わり方、ちょっと強引ですが劇画風なら許せるかな。

  この著者、名前に憶えがありました。
  「嫌われ松子の一生」の作者でした。本、持っていますので、再読してみます。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
とりあえず2冊の本。 (誘拐児 / 欅しぐれ)
ちょっと前(2月初めくらいかしら?)から、手こずっていることがありまして
ブログが書けません。

腰を痛めた間には本も読みましたが、感想をまとめるのが億劫。
5冊ほど溜まっていますが、今日は2冊分だけ簡単に書き留めます。






誘拐児 翔田寛(ショウダカン) : 著
講 談 社 ;  発行

第54回江戸川乱歩賞W受賞作品。

終戦直後=昭和21年、5歳の男の子が誘拐された。
身代金の受け渡し場所は、その当時の闇市。
闇市の手入れと重なって、身代金は奪われたまま人質の子供は帰らなかった。

15年後、若い女性が惨殺され、この事件と、未解決の誘拐事件とが繋がっていく。

  ストーリーは面白かったですが、
  登場人物と展開の因果にかなり無理もあるようで気になりました。
  そうそう、身代金の受け取り方は本当に出来たら素晴らしいと思うのですが、それは当時だからかもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・



欅しぐれ2 山本一力 ; 著
朝日新聞出版 ; 発行

深川の老舗大店・桔梗屋のあるじ太兵衛と賭場の貸元・霊巌寺の猪之吉は偶然に出会う。
ひとの目利きに厳しい太兵衛は、猪之吉の人柄を感じ取り、一献お付き合い願いたいと申し出た。大店のあるじと貸元の、肚をわった五分の付き合いが始まった。
そんなある日、油問屋・鎌倉屋鉦左衛門による桔梗屋乗っ取りの企みが明らかになる。重い病を患う太兵衛は、桔梗屋の後見を猪之吉に託し、息を引き取る。
やがて桔梗屋をめぐり、鎌倉屋の意を受けた乗っ取り屋一味と、猪之吉一党との知力と死力を尽くした闘いが始まるが…


                      ↑かなり珍しいことに思うのですが、
                      表紙カバーの内側(わかりにくいですね)に書いてありました。

  しずが居住まいを正した。膝に重ねた手に力がこもっていた。
  「桔梗屋の身代一切を、猪之吉様に預かっていただきたく存じます。太兵衛はそれを、わたくしに言い残しました。
  騙(かた)りを仕掛けて仇をなそうとする者から。なにとぞ桔梗屋をお守りください」
  気を張り詰めているしずは、物言いに潤いがない。しかし猪之吉は、言葉だけの追従とは無縁で生きてきた男である。
  本を棒読みにするようなしずの口調の裏に宿された、連れ合いをなくした深い哀しみと、猪之吉への信頼を感じ取った。


   ↑は、帯の文です。
   この2つで、この本の内容はほとんど分かります。

  最近山本一力さんのが続きましたが、どれも、ひたむきに生きる人の姿が心地よく感じられます。
  ちょっと、出来すぎ?と思われる展開もありますが
  なぜか、応援してしまう私がいます。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
天敵!


皆さまに天敵はおありでしょうか?
私の敵は掃除機だわと・・・再々確認しました。


DSC00105.jpg

掃除機には・・・
何故か、折につけ悪さをされます。

入院騒動になったり・・・
娘との海外旅行直前の大トラブル・・・など、
思い返せば多々・・・

DSC00109_20150323222133643.jpg

色々な悩みを解決してくれそうな掃除機。
友人お勧めの、軽くてパワーも満足な上に、お値段がやさしい掃除機、
早速いました。

確かに・・・・良さそう。

でも、リビングの半分程の掃除をした時点でウ!~~~

薬を飲んで、コルセットをつけて、、、


夫は2泊3日でお出掛けです。
少し心細く暮らしています。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
嬉しい春便り♪と、科学料理その3

嬉しくもあり困ったちゃんでもある便り~🌸
きのう:3月21日、こすずめ地方は🌸の開花宣言が出ました。
でも三寒四温で、明日からまた冬装束が必要らしいです。


これは、うれしい嬉しい春便り~

DSC00089.jpg

毎年、ねえこのお義母様から送っていただきます。
少し体調を崩されていたので今年はご無理かもしれないと思っていましたが、
こうして頂けてうれしかったです。

美味しく、ご飯がすすみました。






春とは無関係ながら、
科学料理(低温調理)、3回目の試作です。

DSC00073no1.jpg

煮魚が美味しかったので、牛蒡を一緒に入れてみました。
薄切りにして1時間、極細火で放置・・・
ちょっと固いので、魚を取り出してからレンジで5分。
これも、美味しく出来ました~




page_2015032314344916b.jpg

ロールキャベツはどうかしら?
ハンバーグは、付きっ切りの1時間余にギブアップ^^
ロールキャベツなら、煮魚と同じように放置でOKかな?と。

今回も手は使わないで擂こ木で肉を叩き混ぜ ⇒ 我が家流にジャガイモと玉葱、キャベツの芯を混ぜました。
蓋はしない方が良さそうですが、ジップロックではなくお鍋で作ったので、落し蓋をしました。

これも、美味しく出来ました。
合格🌸🌸🌸です。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
❀桜つながり❀

すっかりブログ放置していました。
ちょっと、小さなトラブルに振り回されていました。
あ、パソコン関係です。が、ようやく少しだけ落ち着けそうなところにたどり着きました。


今日は、心焦る気持ちがまだ残っていますし、
そして、写真が不本意なので迷いながらのUPです。


田中先生

一昨日の着付け教室・・・
先生と生徒3人が、桜つながりでした。


江口さん

手の怪我にもめげずにK子さん、小紋に桜の帯。

井口さん

お母様譲りの素敵な播き糊の長着に桜の帯。


そして、こすずめは、
山田

ピノホリフランママさんからの頂き物の江戸小紋に、教室の先生から頂いた帯を合わせました。
この長着、少し大きい・・・自分仕様に仕立て替えをお願いすることにしました。

??桜は?ですよね。
実は、こちら↓なんです。

DSC00030の1

伯母が、サーモンピンクの桜模様(端切れ、色が微妙に違います)を黒に染めたようです。
それに、ピンクで桜の洒落紋を刺繍してもらいました。
今頃の暖かい日に羽織ります。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

最終上映日に観てきました。≪グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
グレースケリーには、ニコール・キッドマン。
トム・クルーズと結婚していたこともある女優さんですが、馴染み不快には、【奥さまは魔女】のサマンサ役。

モナコ公国

裏窓・上流社会.・ダイヤルMを廻せ!・・・モナコ公妃となったグレース・ケリーの映画、
いろいろ観ましたが実は内容を忘れています。ただ、その美しい姿は今も鮮明に浮かぶ大好きだった女優さん。
左がグレースケリー、右がニコールキッドマンです。
ポスターではちょっと無理かな~と思いましたが、映画では嵌り役でした。

モナコ,ニコールキッドマン


Wikipediaからの抜粋ですが↓、オンマウスで読めます。

フランス語が喋れず、 アメリカ人で元女優のケリーは部外者扱いされてしまい、モナコの人々と打ち解けるまでに何年もかかった。 最初の頃は王室での生活に寂しさを感じていたものの、レーニエ大公の間に一男二女をもうけ、王妃としての公務も積極的に務めるようになり、 それ以外にもグレース王妃基金、ガーデン・クラブ、モナコ・バレエ団などを設立してモナコの芸術や文化の発展に尽力。 82年の9月13日、ケリーは娘のステファニーとドライブの途中、カーブを曲がりきれずに崖から滑り落ち、翌日脳内出血が原因で死亡。 陰謀説や自殺説まで持ち上がったが、事故の原因はいまだ解明されていない。



映画の内容は、事実に基づいたフィクションだそうです。

ネタバレの内容も、Wikipediaから・・・
1962年。フランス大統領ド・ゴールは、長引くアルジェリア戦争の戦費を得るため、
モナコ政府に対し、モナコ国内にあるフランス企業から税金を徴収しフランスに支払うように要求、
「要求を断るなら、モナコをフランス領として併合する」との声明を発表した。

レーニエの姉アントワネットは、自分の息子を大公位に就けるためフランスに協力していることがわかり、
グレースとレーニエは、アントワネットと夫のジャン=シャルルの国外追放を決定したのち、
ド・ゴールを初めとする世界中の著名人・政治家たちを集めて舞踏会を開き、

モナコ.ブローチー映画の中で見た、ブローチー


舞踏会の場で、グレースは人々の愛と平和への気持ちを伝えるスピーチを行い、出席者からの喝采を受ける。
アメリカのマクナマラ国防長官ら出席者の反応を見たド・ゴールは、世界中がグレースを支持していることを痛感しモナコへの強硬策を撤回、翌1963年にモナコの国境封鎖を解除する。
モナコ企業にも課税しフランスに支払うように要求し、モナコとの国境を封鎖する。

素晴らしい生き方をされた方、オードリーペップバーンを思い出しました。
なお、
モナコ

フランスにくっついた小さな国モナコ公国は、バチカン市国の次に小さな国。
面積は2020k㎡、人口はおよそ37000人だそうです。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
< 科学料理>その2は、ハンバーグ。

ハンバーグ@< 科学料理>作ってみました。
写真、失敗してしまって・・・

DSC00020_2015030913015078f.jpg

とにかく、ふわふわに出来上がりました。
肉の臭みもなくて、オイシイと思いましたが、次はないかもしれません。

その訳は、手間と時間がかかり過ぎる^^

煮魚は、ジップロックに入れて水に入れ、とろ火に掛けたらタイマーをセットしておくだけで出来上がりましたが、
ハンバーグは、1時間15分の間、ほぼ付きっ切り~

page_20150309131944d15.jpg


ハンバーグ用の肉は、手の温度も避けたいので手は使わないですりこ木でたたくように混ぜて、
とにかく弱火で焼く。
肉汁はアクなのでキッチンペイパーでとるのよ~と、のぶこ師匠。




のぶこ師匠の話は、TVの受け売りらしい。
ちょっとググってみました。細かいことにも注意をはらっての調理法、正直私のような怠け者にはついて行かれない…
で、ざっとまとめると↓です。

< 科学料理>とはうま味を閉じ込めることが発想の基らしい。
肉は、熱していないフライパンにサラダオイルを引き弱火で焼く。
肉は40~55度で細胞が収縮し水分を放出するから、強火で焼くと一気に40~55度を通過し、水分のロスが多くなる。
また45~60度でアクや臭みが出始めるため、この温度帯をゆっくり通過することで、臭みのもとを十分に出すんだとか。

肉から出た水分は臭みの原因のアクを含むので、キッチンペーパーでキレイに拭き取るのがポイント。
さらに水島流では蓋はしない。
肉の色が半分より少し上まで変わればひっくり返すタイミング。
色がすべて変わり、表面から肉汁がでてきたらOKらしい。

煮魚 ハンバーグの作り方です。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
半信半疑で, 科学料理。

初耳の< 科学料理>・・・恐るおそる挑戦しました。
きのう、のぶこさんから聞いた低温調理法です。

DSC09999.jpg

< 科学料理>、初耳は私だけかもしれませんが、参考までに書きますと
高級な素材を使うわけではなく、平凡などこのスーパーでも売っている食材を使い、
それら食材がもっているうま味を最大限に引き出すのがコンセプトらしい。

まずは、煮魚を作ってみました。
煮魚の出汁を作って冷ましてから、
密閉袋=ジップロック=に煮汁生魚を入れます。

お鍋にと↑のジップロックをいれ、
極とろ火(一番小さい火力)で約1時間・・・沸騰させないで加熱します。

それだけだそうですが、私はに汁だけ鍋に移して小松菜を煮て取り合わせました。

うんうん・・・確かに、ふっくら美味しい!


今夜は、< 科学料理>でハンバーグと作ってみるつもり。
また、報告しますね。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
きょぉは楽しいひな祭り♪

お雛様、今年こそは飾ろう^^と思っていたのですが、
あっけなく挫折しました。

言い訳・・・体調不良です。

DSC09965_201503032059574f0.jpg


代わりにみちこさんから頂いたお雛さまを飾りましょう。

DSC09971_2015030321000859f.jpg

でも・・・
去年教わった紙のお雛様、結び方を忘れてしまった~。
もっと、ちゃんと座るように出来たはずなのに。。。情けない話です。


DSC09985.jpg

雛ちらしも、作らないで買いました。

DSC09975.jpg

≪匠≫@三越で、限定の【華ちらし】は、一折で二人前。

とってもとても美味しいお寿司でした。
蛤の吸い物も、しみじみ胃の腑に優しく収まりました。

腰痛ですが、夫は今一つなようで泊りがけの同窓会もキャンセル。
私は、順調に回復中~~

あ、ぱせりはだんだん良くない方向へ、進んでいるようで・・・心配です。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0