こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
手作りの本^^。ようやく出来ました。


DSC00732.jpg


一歩進んで、二歩さがる・・・・・。
歌の文句みたいですが、その繰り返しにめげそうになりながら、
何とか、手作り本 完成~!


DSC00713.jpg

初めてですから、ページ数を欲張らないで2冊に分けました。
中は・・・↓・・・

BEBE ⇒ ぱえる ⇒ 笑太 になる、これまでの記録をブログ記事をベースにしながら。


DSC00735.jpg

両面印刷にするか、
貼りあわせてのページにするか、
両方試して、結局貼りあわせに。

ワードの扱いは初心者で、
画面を作ることにも手こずり、保存が上手くいかなくて水泡に帰したこともあったり・・・
ページの位置を変更も1つづずコツコツの作業、かなり手間取りました。



こんな作業手順で、です。

cats_2015043020494398d.jpg


パソコン教室で、教わりました。

次は、何とかレシピ本を作ってみたいと画策中♪





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
それからのぱせりと、科学調理


DSC00764.jpg

あ、これはぱせりではありません。
卵の白味を、低温調理してみました。




DSC00781.jpg

これが、ぱせり。
まだ食欲はありませんが、
立ったままでの居眠り(?)ではなく、こんな風に落ち着いてくれています。

夜中に一度起こされる程度で、その後は朝までよく眠ってくれてほっとしています。
ご心配ありがとうございました。

あとは、食欲です。食いしん坊が食べたがらないと、とても気になります。






DSC00762.jpg



昨夜、気になっていた≪科学的調理法≫をTVで見ました。
少し前に、聞きかじりで作った煮魚ロールキャベツが美味しかったので、番組を知って見てみました。

特売の安いお肉を、10倍のお値段の肉のステーキに負けない味にするとか、
同じように安い豚肉で美味しいとんかつを作るとか・・・
その他にもたくさん紹介されました。


・・・で、

DSC00758.jpg

今日のお昼に、有りあわせでパスタ@科学調理。

★パスタを茹でる時に、15%の塩とオリーブオイルを少し入れて、
★時間通り茹でたら、水切りなしでいきなりソースと絡めます。
★ 仕上げに、火を止めてから卵黄1個を混ぜます。

ふふ。 ↑ こんな感じ。
ソースがしっかりからんで、美味しく頂けました。


次は、ステーキに挑戦してみます。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
貫徹、ではなくて完徹。


完徹、そうなんです、完全徹夜。

つまり、一晩中寝なかったということ・・・
もしかして、死語かしら?


DSC00743_201504272014471a9.jpg

昨夜、ぱせりの様子が変でした。
横になって眠りません。

尻尾を巻き込んで、お尻を下げて、4本足で立ったまま・・・
小刻みに体を震わせて、目を閉じています。


強引に添い寝をすると、痙攣のような震え伝わってきます。


お腹のマッサージが気持ち良いらしい。


明け方、オチッコシートの上から動かないナと思ったら、酷い下痢便が出ました(ごめんなさい)
庭では、昨夕のフードを未消化のまま吐き戻し・・・


たまたま。今日が、グルーミングのお迎えの日。

ぱせりのグルーミングは、大きな動物病院でお願いしていて獣医さんのお世話になりました。



DSC00750.jpg
 DSC00753_2015042720210795d.jpg


レントゲンと血液検査の結果は、
いわんこちゃんに並ぶ良児。

今回は、白血球が多くなっているのは急性胃腸炎のためだとか。

注射と投薬で3日様子を見ることになりました。



そして・・・シャンプー&トリミングはお休み。
ボサコのまま、来月まで我慢です。


今日は・・・・・・・
食欲はないままですが、つい先ほど、ようやく横になって眠りました。


私も、今夜は眠らせてほしい~わ 






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
岐阜・のんびり散歩

布絵展のあと、食事をして・・・一応解散。

DSC00670_20150424204825b0f.jpg

どこでも連れて行くよ!っと優しいKさんの車で・・・どこに行こう(^^♪。

金華山に上ってみたい我々でしたが、
ロープウエイで登っても、更に急坂をかなり上ってお城。
その上からでも、繁った木々に視界は良くないよ、と聞いて断念。

page岐阜公園

岐阜公園・・・信長の私邸跡の石垣など案内していただきました。
このあたりの様子が、日本遺産≪信長のおもてなし≫と、今日の新聞で報じられていました。
うふ、先取り・グッドタイミング!
(下・左端の写真で赤い丸で囲んだ部分が、岐阜城です。)


無題

長良川を渡って、対岸からも岐阜城は見られます。

鵜飼船が並んでいます。
その中に、舞を見せてくれる踊り船・新鮮な鮎を調理してくれる調理船、そしてトイレ船も。




page お蔵

河原町の中ほどの、お店の奥深くに・・・お蔵を使ったお店でお茶タイム。
本物の絵画も惜しげなく飾ってある、落ち着いた雰囲気のいいスペースがあります。

案内してくださったKさんから、
思いがけない青春のお宝話に大笑い!

本当に、楽しい時間を感謝です。
Kさん、2日間お付合いくださってありがとうございます。
持つべきは、優しい友ですね💕





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
布絵展@ハートセンター岐阜

20日~21日、一泊で岐阜への小さな旅をしてきました。

DSC00648.jpg


横浜から2泊3日で来るというSさんと駅前のビジネスホテルに泊まり、
面倒見の良い岐阜に住む友人たち(♂3人)に囲まれて、
それはそれは楽しく充実した時間を過ごしました。

この日は、全国的に非常な荒天!
傘は役に立たないと天気予報・・・晴れ女は、今日も力不足かなぁ?


DSC00650.jpg


月曜日でなければ、そして☂でなければ・・・
美術館などに行ってみたかったのですが、諦めてホテルの部屋で待ちます。

窓越しの、整った岐阜駅を
雨粒がボケてます.








1日目は、岐阜の友人たちと夕食・おしゃべりでわいわい。
次の日=2日目は≪布絵個展≫を見に行きました。

初対面の作者:近藤幸子さんもご一緒に、
昨日とは別の岐阜の友人も参加して・・・ハートセンターまで連れて行って頂けて有難い幸せ。


anigif_2015042300080310d.gif
クリックで、いくつかの作品が見られるはず・・・

実際に目にする作品、とっても素晴らしい~
写真は見ていましたが、これは現物を見るに限ります。

以前、皆川末子さんの布絵展とは全く別の印象でした。
下絵は全くなしで、印象をいきなり布を使いながら作品にされていました。


たまたま、作者の近藤さんがこすずめの中・高の後輩でもあって、
図々しく作品のリクエストなどもこっそりしてしまいました。エヘ!


お一人でも大勢の方に、ぜひ^^とお勧めしたい布絵でした。


この後、Sさんとこすずめは岐阜散歩。
次に書きますね。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
蜩(ひぐらし)の記


先週ですが、久しぶりに映画館に行きました。

気になっていた 蜩の記3 @三越映画劇場。

直木賞(第146回)を受賞した葉室麟の原作の映画。
本も読みたいと思いながら未読ですが、映画も期待して待っていました。


いい映画でした。

蜩の記

「藩主の側室と一夜を共にした」という不義密通の罪で
10年後の切腹を命じられた武士=戸田(とだしゅうこく)を役所広司。
彼の見張り役として、彼が幽閉された土地に赴く若い侍=檀野三郎は、岡田准一。

谷は、切腹までの10年間藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられ、幽閉生活を送っている。
切腹の日まであと3年となったある日、三郎が秋谷の監視役としてやってくる。
7年前の事件を、谷はどのように家譜に記しているかの確認し、
そして、逃亡の可能性を見つけた場合は家族ともども斬り捨ての密命を帯びていたが・・・

谷のそばで過ごすうちに、その極めて尊敬すべき人柄を知った三郎は、
7年前の事件の真相を探り、思いがけない事実を知った。

蜩の記1

事実は曲げず、事柄と言葉を慎重に選び、分かりやすく簡潔に書くことは
丁寧に読み解けば、言外の真実に迫れるとの谷の信念が込められている。

そして、家譜編纂の日々を綴った谷の日記は「蜩ノ記」と名付けられていた。
由来は↑にあります。


静かで・穏やかで・慎重で揺るぎない重厚な信念の谷役の役所広司さん、素敵でした。
原田三枝子さん・寺島しのぶさん・堀北真希さん・、岡田准一さん、そして劇作家で演出家の串田和美さん・・・・
どなたも魅力的でした。



・・・・・・が、ちょっとだけは、
3年間の話の筈ですが、堀北さんの衣装がず~~と同じ。
最後の方、人妻になるころからちょっと変えてありました。

袷の絣に藩幅帯姿、可愛いしお似合いですが季節た年月の移ろいが
それと、谷のお咎めでの幽閉生活は、なぜ自宅で家族と一緒なのか
藩史編纂は、別の場所ではないのですかね~~





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
最近の、朝のお仕事

このところ、朝寝坊がち・・・・
春眠暁を覚えず を実証中・・・うふ。


ゆっくり起き出して、
夫が入れておいてくれた珈琲を飲みながら、
じっくり新聞を読みます。




その後、
読み終えた新聞紙2枚を使って、折り紙をします。
最近、新聞記事で知ったゴミ箱が気に入って^^

DSC00620.jpg


最近のお気に入り★

DSC00615.jpg

DSC00617.jpg

侮れない新聞紙、
色々な使い道が有るようですが、これも良いわ♪


DSC00644.jpg

水気のある生ゴミも投入~~

補強の広告紙を底に敷いて、
レジ袋などのビニール袋を入れて、
流しの近くに置くと便利!





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
たけのこ暮らし

春は美味しい野菜類がいろいろで、わくわくします。

京都から帰った次の日、嬉しい朝掘りの筍を頂きました。
筍には軽いアレルギーがありますが、それでも好きな定番の土佐煮とたけのこご飯。

DSC00605shadow04.jpg
細かく切った筍だけを煮て、熱々のご飯に混ぜたのが好き~(^^♪
味付けに、京都で買った【松野醤油】を使ったら、味はいいのですが色が濃くなっちゃいました。
夫が、珍しく美味しい・オイシイと喜んでくれました。



DSC00604shadow04.jpg
若筍ラーメン・・・
気に入っているインスタントラーメン一袋で二人分。
スープは倍量のお湯で薄めるとさっぱり味になります。




shadow04_20150413170637958.jpg
次の日、別の方からはアク出し済みの筍を頂いて、うふ(^_-)-☆
麻婆豆腐に入れてみました。
なかなかいい感じ~



DSC00621shadow04.jpg
蓮根とのきんぴら・・・合いますね。



そして、
shadow04.jpg
あさりと筍のパスタ。新玉葱と木の芽も入れて、春の味♪





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
京の旅・付録


cats石畳み

ホテルには、地下鉄とバスを乗り継いで、、、
バスを降りたら由緒ありそうなお醤油屋さんが目に入りました。
DSC00381.jpg

創業文化2年・・・?安土桃山時代らしい・・・松野醤油さん。

DSC00384.jpg

お店の奥には、大きな樽がありました。
これでお醤油を仕込み、寝かせるのだそうです。

DSC00379.jpg

煉瓦の高い煙突。

色々なお醤油が欲しかったのですが、瓶入りで重い^^
小鬢の濃い口醤油と佃煮の【木の芽煮】だけ買って帰りました。
佃煮、美味しいです。







今度の旅は、質素旅。贅沢はしなかった~

1日目、ホテルでランチ
DSC00583 おめん


夕食は、四条河原町でおめんの≪春うどん≫
DSC00583 おめん


温泉でゆっくり・のんびりした翌朝は、ハーフバイキング。
メインの卵料理は好きな調理法でお願いできます。
pageバイキング

料理の種類、トッピングやソース類も豊富で満足度は☆☆☆。
スタッフのサービスも★★★







今日も、お昼は麺です。
平安神宮に近いおうどん屋さん。以前は確か≪にしひがし≫という名前のお店、代替わり?

DSC00534.jpg

お出汁だけで調味料なしの【湯葉と卵のあんかけ】、心も体もほっこり温かい。



DSC00584.jpg  DSC00583.jpg

京都の旅の〆は、必ずイノダコーヒー-で。
限定メニューのローストビーフサンドでした。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
京都行きあたりばったり

ホテル ⇔ 京都駅 のシャトルバスがありました。
便乗して京都駅のロッカーに荷物を預ければ動きやすいわね。

pag平安神宮

ほとんど恒例の平安神宮、雨模様の月曜日は空いていました。

DSC00525.jpg

DSC00528.jpg



この日も寒かったので、美味しいおうどんをお昼に頂きました。
平安神宮にほど近いおうどん屋さん、お店の名前が変わっていました。
昔は、確か【にしひがし】さん・・・?



一度行ってみたかった南禅寺「水路閣」、ようやく実現しました。

DSC00545水路閣

煉瓦作りのアーチ形の橋、良い雰囲気でした。
その上の水路、水の勢いが速くて・・・落ちたらどぉしよお!ドキドキ^^




DSC00580.jpg
蹴上の桜が大好き。是非行ってみて~と、出会った若者のお勧めで、
インクライン沿いに歩きました。

DSC00577.jpg

若者がたくさん・・・
一緒に行った友人は、あまり気に入らなかった様子ですが、

私は、結構好きな場所でした。








  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0