こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
勿体ながりの身辺整理。

勿体ない・・・、と不要なものでも捨てられないこすずめ。
ケチンボウとも言います。

でもね、
あれこれ溜め込み過多^^は良くないですね。



DSC01759.jpg

まずはTVで知った、溜まる一方の紙袋の整理。これは簡単そう。



anime.gif

クリックで別画面になり、アニメになります。

持ち手を中にしまい込んだら、
底の部分を中心まで(入るところまで)紙袋の口に入れるだけ。



DSC01770.jpg

大きさ別にわかりやすくなりました。


page_201506291439083d7.jpg

(左)どうにも半端な変形袋はそのままにして、
(右)畳んだものは、必要そうな数だけにしてビールの空き箱に入れました。

あぁ~~すっきり^^





すっきりついでに、靴の整理もしようかな。

夫と2人には大きすぎる靴箱。一人が 幅3/4間×天井まで を独占しています。
中から・・・出るわ出るわ!

DSC01789.jpg

こんなのいつ買ったの?から、20年近く履き馴染んだものまで。

ここ2年ほどの間に、外反母趾が悪化して
履くのが怖いこれら・・・

ほとんど履いていない物も・・・大半が、こすずめの足に馴染みやすい(かった)TODSたち。

ゴミにするにはまだ名残惜しさがあって、又しまい込みました。

和服と同じで、整理出来ないの。。。








  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
嬉しい悲鳴は、大豊作^^

どうしたことか、今年は
大豊作の庭野菜。

DSC01729.jpg

蔓性のズッキーニ。
昨日の巨大な実は、この下の方で発見。

たくさんの花々、自然受粉でほとんど結実します。
いわゆる≪鈴なり≫状態。

花ズッキーニの料理 ★★ も惜しげなく・・・

DSC01776.jpg

これは、蔓のない普通のズッキーニ。
例年は身が育つ前に萎びて枯れてしまいますが、今年は元気に育つのも、
不思議~~


DSC01781.jpg

完熟ミニトマト、今年のものは格別甘くて美味!
どんどん出来ます。


DSC01729_20150627153001ea7.jpg

茄子も毎日4個ほど収穫、、
満願寺ピーマン(唐辛子ではないらしい)、胡瓜とゴーヤもね。

ミニトマトではない大きなトマト、収穫したものはまだ1個ですが
青い実はたくさんつけています。


嬉しいような
困るような。

野菜地獄がはじまりそう~~




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
かくれんぼ。。。見ぃ~つけた^^

いい歳になって、
今更かくれんぼでもないのですが、

DSC01719.jpg

見ぃ~つけた^^
巨大ズッキーニ。



DSC01731.jpg     DSC01746.jpg

煉瓦と比べると。                        半分に折った新聞紙とでは。




胡瓜やゴーヤなどの≪かくれんぼごっこ≫はしばしば・・・
ただ、ズッキーニは少し大きくしようと欲張ると、不思議に自滅=萎び・枯れ=します。

ここまで大きく育つのは珍しいかもしれません。


DSC01749.jpg

輪切り状態です。




食べるのは無理だろう、という夫ですが
ケチンボこすずめは、勿体ないと思うので・・・


DSC01755.jpg



・・・・・くりぬいた中心部に、鶏ミンチや玉葱やらスッキーニやらを詰めて低温調理。
庭野菜の美味しい(今年は特に美味しい)ミニトマトソースを添えました。

想定以上に、美味でした。

うふ。
自己満足。。。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
すかす

うふ。
あちこちで可愛がられている、あじさいアナベル。
我が家でも花盛り~

DSC01694.jpg


大好き☆

皆さまが素敵に撮っていらっしゃるので写真は遠慮しようかと思っていましたが・・・それでもね。






           ・・・・・ところで、
           花の隙間から透ける光を見ていて、気になる言葉を思い出しました。

          ♪手のひらを太陽に、透かして見れば~♬ の、透かすではなく、
          枝の剪定などで、物にすき間をこしらえる透かしでもなく、
          欄間などの飾り彫りの透かしでもありません。

          子供たちをなだめす(賺)かすのすかし?・・・いいえ。
          お腹を空かす、またはす(食)かす・・・・、でもありません。
          まして、音の出ないONARAでもないし、
          気どるとか、カッコつけるという意味合いのすかすでもありません。



DSC01695.jpg


では、何かといえば
すかす すかされるのことなのです。
Ⅿさんは、人をすかすのはいけないね、と言います。

なんとなく分かるけれどそれでも曖昧なその意味、、、
今日、Ⅿさんとお互いの経験などを交えながら話して、意見が合いました。
もやもやしていた気持ちが、すっきりしました。


DSC01697.jpg


     例えばのハナシ。

     Ⅿさんは、中学生の頃家の見取り図を描く宿題を、時間をかけて丁寧に仕上げたそうです。
     その宿題をやってこなかった生徒が半数近かったとき、先生は、その宿題をなかったことにしてしまった。

                                ・・・・・・・・

      私の場合、繊維関係の仕事をしている知人の依頼でハンカチと手ぬぐいの図柄デザインを渡しました。
      製品化するときはデザイン料を払うネ、と軽~~くお約束。
      1年ほど経ったある日、デパートで私デザインの製品に偶然出会いました。
      思い出に買ってしまいました。が、あのお約束は行方不明。大昔の話です。


      その他、もうひとつ。

      酒癖の良くない息子さんに手を焼いたある人が、遺言書を作るにあたってのこと。
      面談した弁護士に【特別受益】の説明を受け、
      それまでにその息子さんのために使った財産の明細を求められた相談者。
      弁護士はメモを一瞥、そのまま脇へ・・・”ま、これはいいでしょう”と。


      何か空しい・かなしい・やるせない気持ちになりませんか?
      これらが、気持ちをすかすことなんでしょう。

      一方が真面目に一生懸命取り組んだことでも、
      もう一方が軽く、いい加減な気持ちだったということでしょうね。

      いえば、肩すかしかな。


      もう1年以上前の某出来事、こすずめもすかしにあったみたい。
      が、ちょっとすっきりしたかな。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
ショルダー。。。また作りました。

どうしましょう。
体一つなのに、BAGがまた増えました。

DSC01685枠

表は渋い金色の、
裏は、濃い赤銅色とでもいえばいいのかしら・・・の革が材料。


DSC01689.jpg

背中側にファスナーポケットを作りました。
ファスナーの上部分には、表に被さった蓋の部分を縫い付けました。

革を縫うのは、スカートから変身させた黒革のポシェット以来2つ目です。
この革の方が厚みもあって縫いにくそう。。

表からの端縫いで仕上げましたが、
それでもどうしてもミシンがすすまない部分が出来ました。
仕方ないわぁ~と、そこは手縫いです。


DSC01690の2


TOPの写真の、ボタンのついた蓋を持ち上げたところです。
赤色の裏革で作った蓋のうらは、本体と同じ渋金の表革。

先生のところで色々な材料に出会うと、使う機会があまりないのに
次々作りたくなってしまいます。
ちょっと困っています。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
リベンジ、海老コロ。


このところ失敗が重なっている料理ですが、
海老コロに再挑戦しました。

ブログに載せていらした Thりーどさんに、詳しい作り方を教えていただいて・・・デス。

DSC01654_20150616152821e6d.jpg


教えていただいた方法から思うと、
ポテトが柔らかすぎた、そして衣が薄かったことが失敗の原因だったようです。
裏ごしポテトにマヨネーズや海老のソースを加えた私のポテトが敗因らしい。

では、出来るだけ忠実に作ってみます。


DSC01622-tile_201506161904446d0.jpg


海老2


DSC01634-tile.jpg


普通にコロッケを作る感じで出来ました。

DSC01656.jpg


タルタルソースが合うらしいので、それも作りました。

☆とりあえずリベンジ、成りました☆
Thりーどさん、ありがとうございました。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
和食、大好き💛


久しぶりに美味しい和食を堪能しました。
小さな、カウンター席が10席だけの≪いいつか≫さん。
3回目ですが、懲りすぎていない・丁寧なお料理がうれしい~

料理

鮎が楽しみだったのですが、
う~む、7月8月の献立だそうでちょっと残念。

蝦蛄とソラマメの辛し和え、初めての出会いでしたが良いお味でした。
真似しようかな・・・

〆のお釜焚きご飯と赤だしの美味しいこと、やはりお釜はいいなぁ~~

次は、鮎を食べに行きましょうか。

ご馳走様☆☆☆




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
あぁ、勘違い。 その後…追記しました、

このところ、自己嫌悪…..(;__)/| ずぅぅぅぅん

料理では失敗するし、
勘違いで間違えるし・・・うつむき加減な日々に自分が取り残された気持ち トホホなんです。



念願だった≪えびめん≫を買いました。

DSC01201.jpg

家庭画報が作っているもので、かなり好評らしい。
通販ものですが、うれしい実店舗もありました。

DSC01208.jpg

えっ?!
これ、にゅう麺?~

出来上がるまで海老ラーメンとばかり思い込んでいたのに、、、
確かに、どこにもラーメンとは書いてありません。トホホその1でした。



その2は、これ。

DSC01581.jpg

梅のはちみつ漬け。


真っ赤なほっぺの、薫り高い大粒の梅の実を頂いて、
蜂蜜をを用意して、梅仕事始めます。

a_201506130917218aa.jpg

今年は初めて冷凍梅を使ってみました。
5粒だけ、糠床に入れましょう。

DSC01586.jpg

これで、3~4週間待てば完成の予定。
楽しみ~~(^^♪





ここで、大失敗にようやく気が付きました。
私、ずっと梅酢を作っているつもりでした・・・のに・・・
を入れていません。

頂いた梅の実がたくさんで、もうお酢を入れることができない。。。
別容器に分けるには不都合も多々。。。

やむを得ないのですが、出来上がった蜂蜜漬にお酢を加えればいいことにしようかなぁ~~
それもあり?


自己嫌悪…..(;__)/| ずぅぅぅぅん


追記
蜂蜜と梅だけですと発酵しがちです。
瓶の口までぎりぎり入れてあるので、掻き混ぜがが難しいし・・・・・・・・・・・・

昨夜(13日)思い切って別の瓶を使って2つに分け、お酢を足しました。
無事雑菌に取りつかれないで出来ますようにと、祈る心です。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
繕い裁つ人


a_20150609221938899.jpg

映画、観てきました。
無題

とっても観たかった映画、いつもの≪三越映画劇場≫で上映が始まりました。


繕い8

美しい中谷美紀さんが主演。
他の人は思いつきませんが、個人的にはちょっとだけイメージが違うかなぁ~~

上手く言えませんが、洋服づくりに対する拘りに鬱陶しさを感じました。
“頑固じじい”のような彼女のポリシーは、
一代目である祖母が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ作る。
市江の南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの・・・

それはわかりますし、その考え方も大好きです。
ただ、慈悲深い(そうに見える)微笑みだけでは伝えきれない気持ちもあるのでは?と思いました。

ま、素人のたわごとです。


4繕い


三浦貴大・余貴美子・片桐はいり・黒木華・中尾ミエ・伊武雅刀・杉咲花さんなど・・・
共演者、素敵な存在感でした。

またまた・・・
こすずめには異次元のコミックものが原作らしいのですが、この物語も好きでした。

そして、オールロケの映画と知ってわぁ~~現場に行ってみたい!

南洋裁店のは、神戸から少し離れた兵庫県川西市にある歴史的建造物の旧平賀邸。
片桐はいりの雑貨店は神戸市東灘区のNAIFS(ナイーフ)
主人公:南市江の行きつけのカフェは、珈琲店サンパウロ
結婚式のシーンは旧グッゲンハイム邸、
夜会の会場は神戸どうぶつ王国(旧神戸花鳥園)、図書館は神戸女学院の図書館だそうです。

なんだかだと言っても、神戸好きなこすずめ。
いい映画でした♪

予告編です。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
ほねおりぞん (ノ△;。) 


先日のちりめん山椒に次いで・・・料理、失敗しました。

リベンジのちりめんは、今度こそ美味しそうなものを買ってきましたが
また失敗したら?と手が出せないでいます。
その前に、美味しいお醤油も探そうかしら?とも。


今度は何をしくじったかと言いますと

DSC01532.jpg

これ、海老コロッケ^^

ブロ友さんの記事を見ての真似っこ。
真面目に、手間と時間を惜しまずに、わくわくしながら作ります。

DSC01520.jpg

裏ごしジャガイモに、レモン汁・塩・胡椒

DSC01522.jpg

粗熱が取れたらマヨネーズも入れて、

DSC01525 文字

爪楊枝をさした海老は、レンジで酒蒸し。そこで出たスープも様子を見ながらポテトに加えます。

海老の周りにマッシュポテトを着せて、衣をつけます。
あとは揚げれば完成~(^^♪  のハズ。



ころが―― (。-´ェ`-)
揚げ色がつく前に、衣がれはじめた・・・

温度を上げても、うまくいきません。

何故かしら?
これまで揚げ物で失敗したことは記憶にありません。

もしかして、衣を薄くし過ぎた?
それとも基本的に作り方が違う?
ブロ友さんに聞いてみなくってはいけませんね。

それでもどうにかパンクを免れた物を試食。
これ、、、エビフライとポテトは別に食べた方が好きかも。
追記しますと、海老とマッシュポテトの固さに差があり過ぎるから、でしょうか。

う~~ん、くたびれもうけ。



付録

DSC01526.jpg

写真が良くないのですが、最近嵌っているサラダです。
フルーツ人参というものを見つけて、千切りに。
ドレシングで和え、ローストアーモンドを混ぜるだけ。
人参は、さっと茹でても生でもそれぞれ美味しいです。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2