こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
消えたトースト探索と復活、、、、その顛末
今日は、いつも以上に真面目な記憶と記録のための話です。
出来るだけ、端折らないで丁寧に書きたいと思いますので、長くなります。



ことの始まりから・・・
2週間前の7月17日頃から、SDカードの認識をしなくなり、画像=写真=の取り込みが出来なくなりました。
以前から使っているいる【Wise Disk Cleaner】のバージョンアップをしたことが原因でしょうか?

3日目になって、SDカードの認識が出来るようになりました。
ただ、SDカード挿入時に画面の右上隅に現れていたポップ=トーストが出ません。

トースト2

仕方なく、画像(写真)はスタート → エクスプローラ から引っ張り出すことに。
それって、ちょっと面倒.

そこで、
≪プログラムの削除≫・・・【Wise Disk Cleaner】のアップデートの際に、関連のプログラムが複数入っていたものを削除。

回復しないことから、PCメーカーに相談・・・・・中略・・・・・復元ポイント7月17日で復元しました。
(もっと以前にしたかったのですが、17日が一番古い復元可能な日だったのでやむを得ません。)


無題

復元でも、トーストは出ませんし、
こんな画面 で終了しました。(クリック拡大できます)


>(・´ω`・)困ッタナァ…


この時点でインストール済のプログラムに、【Wise Care 365】を発見。
何故かこれまで見逃していたこれを、アンインストールすればいいかも。

ところが、エラーが出てできません。
検索するとの画面に出ているプログラムに関係があるらしい。


それで・・・今度は「復元の取り消し」を試しました。
これで、【Wise Care 365】のアンインストールは出来ましたが、まだトーストは、出ません。


あとはPCの初期化ですか?・・・・・・・
どうしよう^^~~



(´ヘ`;)とほほ・・



そこへありがたい助っ人登場!
「気の向くままに」のれんさんです。


ちょっとややこしいのですが、レジストリエディタを触ると戻るかもしれません。
ここにそういう場合に元に戻す方法が書いてあります。
と、お知らせを頂きました。

れんさんのブログは、日頃こすずめがこっそり時々読み逃げをしているものです。
PCにとても詳しくて、素晴らしい方だなと思っていましたが、コメントをしたこともないままでした。


結果を先に言いますね。
トースト、救出出来ました♪


レジストリエディタを触るって!
難しいし、怖いことだと思っていましたが、れんさんと数回のメール交換で無事出来ました。

その方法を書いておきます。↓続きを読むに。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
今日も、手抜き三昧。

いろいろ言い訳があって、
連日の食事は手抜き三昧、そして、嬉しい頂き物三昧です。

DSC02175.jpg

まずは、卵かけごはん。
名古屋コーチンの生みたて卵と、紫玉葱は頂き物。
みじん切りの玉葱に卵黄、そこへ美味しいお醤油で頂きました。
初めての味は、シャキシャキ舌触りが新鮮でした。

DSC02166.jpg

皮が茶色く固くなってしまった庭野菜の茄子は、皮をむいてあく抜きの後、水なしでお鍋で蒸し煮(?)。
一つまみの塩とオリーブオイル少々を掛けて、蓋をして極とろ火で20分。
熱いうちに、生姜とお醤油をかけておきました。

冷やしたものに、とろろ芋をかける予定が、未定に・・・(苦笑)
おかかで誤魔化しましたが、焼きナスより簡単で結構いけました。



DSC02180.jpg

連日食べても不思議に飽きない胡瓜の酢の物。
生ズッキーニを入れるのも好きですが、この日は胡瓜と生シラスだけ。

今年出来た梅酢をお出汁で薄めて掛けますが、この汁が美味しい!



DSC02177.jpg

毎日たくさん出来る庭野菜。
出来るだけ皆様に貰って戴いてはいますが、あまりにも不器量なものは自家消費。

ベーコンと炒めて、味付けはトマトソースが好きなんです。
生トマトにお醤油少々・・・さっぱり、すっきりが我が家の好み。


先日失敗した胡瓜の佃煮も作りました。超簡単・・・

DSC02164.jpg

一晩の塩漬けでは懲りたので、この日は3時間ほど。
胡瓜に薄く塩をして、重しをのせておくとビックリするくらい水気が出ます。

DSC02152.jpg
材料はギュギュッと固く絞った胡瓜・生姜・胡麻・塩昆布・唐辛子


DSC02154.jpg DSC02156.jpg DSC02161.jpg

鍋に調味料と絞った胡瓜、線切りの生姜を入れて、
汁気がなくなるまで煮たら、塩昆布と唐辛子を加えて少し煮ます。

最後に胡麻を加えます。



そうそう、頂き物三昧は紹介出来ていませんネ。
島海苔や塩辛、辛子明太子など好物を皆様から頂きまして、ごはんがすすみました。

m-style91_20150731161058b41.gif




          参考までに材料を書きますね。(頂いたレシピです)
           胡瓜・・・・3㎏
           塩昆布・・・50~60g
           生姜・唐辛子・胡麻は適宜。

          煮汁
           砂糖・・・・150g
           醤油・・・・150cc
           酢・・・・・・200㏄
           味醂・・・・50cc





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
今年も、熱中症。

久し振りに熱中症、と思ったのですが
前回はいつだったかなと振り返って記事で見ると・・・
あらぁ~毎年罹っていました。

DSC02134.jpg

・・・・・で、今日も。
朝から、いつもに増して心と体がどんより。
朝の不調はいつものことなので、”うん、今日もがんばろ!”と自分を励まします。





珍しく5時前に起きてしまったので、まずは庭野菜の収穫。
ひと様に押し付けるには失礼な状態の胡瓜たち、どうしよう~?


お出汁たっぷりの酢の物は、毎日作ります。
胡瓜だけではなくズッキーニも入れて、ささみ・わかめ・油揚げ・おじゃこなど・・・全く飽きません。

DSC02122_20150728220912e08.jpg




なんだかお寿司が食べたくなって、在り物といえばカニ缶。
缶詰めの汁を絞り入れてご飯を仕掛けます。

刻んだ胡瓜とシラスにカニ缶、後は椎茸を煮て薄焼き卵ともみ海苔できっと美味しい。




ところが~~~~~
眩暈💫がだんだん酷くなって~~~~
ちょっと一休み。



そっと起きて、椎茸を煮て薄焼き卵に挑みます。
不真面目な出来ですが、何とか出来ました。




眩暈・頭痛・吐き気がますます強くなって、これは熱中症ですね。
塩をなめて、保冷剤をリンパに当てて、ソファーにごろり。
電解質ドリンク=ポカ〇も飲みます。



2階に居た夫・・・お昼ご飯を求めてリビングにやってきました。

寿司めしに具材を混ぜて、薄焼き卵を切ってのせて・・・と何度も、説明を繰り返して出来上がった散らし寿司、TOPの画像です。

熱中症らしいという私に、
俺もだ^^と。
それでも、完食してました。
私・・・・全くたべられません・・・


夕方。すっかり回復いたしました。
今は元気です。

愚痴り記事、ごめんなさい。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
溶けちゃった (~_~;)

暑い!です。

オーブンの中に居るのかと思うこの暑さ^^
家籠りに限ります。

    なので、今日は・・・雑ネタです。
突っ込まないで下さいネ。



DSC02114矢印

梅雨明けて 耳に傘さす 蝉しぐれ

熱帯夜とはいっても、日差しのない朝はまだ涼しいのですが
蝉の鳴き声は暑苦しい。



・・・・・・・・・・・・・・



DSC02110.jpg

今年は土用の日が2回ある(7月24日と8月5日)そうですが、
我が家もあやかって、うなぎちらしを買いました。

和食の≪匠≫限定25折でした。
さっぱり・カリッと焼いたうなぎの下は、お寿司です。
細かく刻んだかんひょうや蓮根が絶妙な味でした。



・・・・・・・・・・・・・・



この暑さに溶けたものを見つけ、びっくり & がっくり \(◎o◎)/!
これ、です。

DSC02119_20150726124458cd8.jpg

庭野菜の胡瓜が、たくさん出来ました。
しかも、ひと様に貰っていただくわけにもいかない、巨大胡瓜。

どおしよぉ???

佃煮にしましょうか・・・

スライサーで切った2㎏の胡瓜は、一晩薄塩+重しで寝かせます。

冷蔵庫に入れるスペースはありません。
重しに大きな保冷剤入りの水を使って、、、、

今朝、恐るおそる見たところ
なんと、胡瓜が溶けていました。


およよ^^


あぁ、私も溶けそう~



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
あぁ~・・・、設計図♪

7月22日、ぱせり16歳になりました。

時々、このまま弱っていくのかもしれない・・・と不安な時期がありながらも
何とか元気に誕生日を迎えることが出来ました。

人年齢にすると、多分こすずめと同じくらいかな?

16歳誕生日イラスト 〇文字

ワンコケーキを探して頼むことも一応考えましたが。
きっとカロリーオーバーでしょうし・・・

買い物も億劫なので、在り物でちょっとだけお祝いしましょう・・・と、設計デザインを描きました。

食いしん坊ぱせりの夕食を、少しだけお祝いモードにします。
設計図、これでも頑張ったのです。



が、

DSC02098.jpg

出来上がったのは、これ。

ハートの抜型がありませんでした。
卵白を焼いて、はさみでぱせり型に切り抜いた上に・・・蒸しささみを載せまして、
フードは別に与えることになりました。





DSC02105.jpg


ぱせりの誕生日を気にしてくれている孫の笑太から、お祝いカードが届くはず。
それが、まだ届きません。

風邪をひいていたらしい・・・・
明日は、届くような気がします。








  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
スケッチ展@半田

K氏のスケッチ画に会いに行ってきました。

――素人の、大勢の中の一人で展示作品は2点だけ。
   ――遠くからわざわざ来てもらうほどのものではないよ、
と、控えめなお言葉ですが、めげずに出かけました。

DSC02092.jpg

会場から離れたくないから、お茶も食事も付き合えないし・・・

それは残念ですが、
こすずめのために、時間をとって下さった有難い友人たちとゆっくり食事と雑談三昧。

出かけて良かった(^_-)-☆・意義ある1日でした。


DSC02094 額なし
シンガポールの、観光客はあまり訪れない場所。
在住日本人御用達の雑貨屋さんなどが並んだ建物の一角。


DSC02093 額なし
今年、展覧会会期中の7月18日にリニューアルされた【かぶとビール】の古い建物。
戦争の傷跡=多くの銃弾痕が残っています。




DSC02090.jpg


ここで・・・どうでもいい話とちょっと心に留めておきたい話☆

この日、5月に大失敗したちりめん山椒を作り直してお土産にしました。
友人たちとの食事の後、再度会場に行って手渡したのですが、
そこでこの教室の先生に出会いました。

話し上手なKさんから、いろいろ伺っていた先生のプロフィールですが
想像以上に素晴らしい・お元気で陽気なご様子、見習いたく思いました。

確か82歳の日本画家と聞いていましたが、どう見ても70歳前後にしか見えません。
そして、ひょうきんで当意即妙な笑顔の会話が楽しい方。

個性豊か(エヘ^^)な作品展でしたが、
先生の褒め上手、やる気につながるらしい。。。

あぁ、わかります。



同行のA氏、
”駄目だな僕は・・・ついダメ出しばかりになるなぁ~”と。

あ、私もです。
反省・・・今からでも遅くないわね。








  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
自分にご褒美☆

SDカードからの画像の取り込み、出来るようになりました。
やれやれ~です。

DSC02095.jpg


自分にご褒美、
友人とお茶&お喋り、そして大好きな≪三浦しおん≫さんの新刊本を買いました。

このところ、夫からのお下がり本に追いまくられていたので、
久しぶりに自分好みの本を買いました。楽しみ♪



何を・どうしたか・・・
記録しておきます。


 ① 電源のリセットをしました。
 ➁ SDカードが認識されていることを確認(スタート → エクスプローラ)
 ③ エクスプローラのSDカードを開いて・・・複数あるホルダーを確認。
 ④ ホルダーの中で、動画状態で保存されている画像(動画ではない写真画像)を見つけたので、
    ↑追記ムービーメーカーの中に静止画像が入っている状態でしたが、ムービーメーカーという言葉を度忘れしていました。
    これまでと同じ状態での写真として、保存できるように変更。

以上でした。

やれやれ~~~ふうぅ・・・・・
終わってみれば、なんだ^^!  です。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
あたふた、焦ってはいけないのに・・・・・・・・焦りまくってる、私に救世主。

昨日=7月18日、
写真がPCに取り込めなくなりました。

これまで、SDカードを差し込めば自動的に反応して取り込み自由だったのが、
SDカードに無反応になりまして・・・・・・・・・

古すずめのわずかで古びた脳みそにを入れながらあれこれ試行錯誤。

なかなか、解決にたどり着けません。


振り返れば・・・・・
暫く前から使っている これ のバージョンアップをしたのが、その前日の7月17日。
無関係ではないかもしれませんが、調べるのも私の脳力では限界・無理です。



今日は、
友人のデッサン展に行きまして、素敵な作品や心の栄養を頂いてきましたがUP出来ません。

はっきり言えば、ほぼパニック状態な今・………💕







そんな今ですが、思いがけない
\(◎o◎)/!
でも嬉しい一言との出会いに、癒されています。

お断りしておきますが、こすずめはどこまでも古雀で、シミもシワも誰にも負けません。(エッヘン)

それが、
あのね、、

そんなこすずめに、
信じられない言葉が~

実はね、、、


友人の展覧会場に向かう途中のこと、、、、、、、、、




見知らぬ女性に”こんにちわ!”って声をかけられました。
ムムムながら”こんにちわ!”


そして、思いがけない嬉しいお褒めのお言葉!



えっ!
あ・・・・あ、ありがとうございます。


そう、お応えしながら入口で待っていてくれる友人に、おはよう~、駆け寄ったこすずめでした。


その後、洗面所で確認してもあくまで古雀。
何故、そんなお言葉が頂けたのか???

多分永遠の謎になりましょうね。

それでも、今のパニック状態が深みにはまらないのはありがたい。
まさに、救世主。感謝です。

もう少し、頑張ってみます。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
夏模様~蝉の羽~

      昆虫の苦手な方、ごめんなさい。

生まれたばかりの蝉がいるよぉ~・・・と、
庭でフムフム。

苦手な方がいらっしゃるかも、と少しベールがかかるようにしたつもりですが変わりませんね。


DSC02062 printhine02


まだ、羽根の若い蝉がいました。
実は、私も昆虫類ちょっと苦手ですがこの柔かな色の羽は美しい♪



蝉の羽・・・は、蝉のはねのような薄い着物と言う意味があります。
その蝉の羽を思わせる薄衣を身につける月= 陰暦6月(水無月)=を
蝉の羽月ともいう日本の言葉、なんとも優雅です。

夏の(かさね)の色にもある≪蝉の羽≫
その組み合わせは、檜皮色(ひわだいろ)と青だそうです。

蝉の羽の襲


源氏物語の夕顔で、空蝉がこんな歌を詠んでいます。
蝉の羽も たちかへてける 夏衣 かへすを見ても ねは泣かりけり

(蝉の羽のような夏衣を 冬の衣に脱ぎ更えた 今頃になって返され 思い出の数々がよみがえり 声を放って泣くばかり)

 
DSC02062 printhine01

人妻の空蝉が夫と共に任地へ下るとき、源氏からの選別の小袿のお礼を言うための歌ですが、
私にはどうも理解が出来ない歌です。
もともと源氏の片思いの筈の空蝉にしては、不思議な歌です。
どなたか、わかりやすく教えていただけたら有難いなぁ~~

よろしくお願いします。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
熱球
引き続き、本です。

熱球重松 清 : 著
徳間書店 : 発行

「帰ったぞ」「帰ってきてやったぞ」・・・ヨージ、38歳はふるさとに帰った。
潰れそうな出版社を辞め、5年生の娘:美奈子と2人で父一人の家に帰った。
ボストン留学中の母親=ヨージの妻=のところには行かないで、ヨージについてきた美奈子。

――準優勝っていっても、まともな準優勝じゃなかったんだね。
――あたし、ずーっと友だちに自慢してたんだけど。お父さんってあと一歩で甲子園に行けたんだよって。
・・・・あと一歩はあと一歩だったんだけどな。
                          無理に笑って見せたが、帰って自嘲めいた笑顔になってしまったかもしれない
(原文引用)


   高校時代の野球部に起こった苦い出来事を忘れることはない。

   ヨージたちが居たシュウコウの野球部は、
   その年、信じられないような、怖いくらいのツキに恵まれて地区予選の準決勝でも勝利した。
   が、その晩、
   ある事件によって、決勝戦に出ることはできなかった。


   世間体・義理の付き合い・噂と見栄に縛られがちな田舎の暮らしから逃れた都会の暮らしだったが、
   ふるさとに帰って、かつての仲間もそれぞれに問題を抱えていること、
   さらには、美奈子が学校でいじめにあっていることを知るが、何もできない自分の情けなさに戸惑い、
   家庭、家族、故郷とのかかわりを見つめなおしたヨージと家族。

   重松作品らしい、緩やかな日々の共感と安堵と切なさのある物語です。


   因みに・・・
   ↓「BOOK」データベースでは、
   20年前、町中が甲子園の夢に燃えていた。
   夢が壊れたとき捨てたはずの故郷に戻った悲運のエースは38歳、目下失業中。
   父と、小学5年の娘と3人の同居生活がはじまった。留学中の妻はメール家族。
   とまどう日々で見つけたあふれる思いとは。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0