こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
歌川国芳展 @ 松坂屋美術館

「奇想天外の浮世絵師 歌川国芳展@松坂屋美術館 を見てきました。

丁寧で、わかりやすい説明が随所にあって、とても楽しめました。
ただ、会場の照明が落としてある分目が疲れ、
ゆっくり一つずつ見ていたので、足も疲れました。

はらドーナッツで、おやつ休憩。

無題



歌川国芳(1797-1861)は、葛飾北斎(1760-1849)や歌川広重(1797-1858)と同時代の浮世絵師ですが、
水滸伝シリーズから始まって、西洋画の表現を使った風景画、洗練された図柄・模様の着物と美男・美女、後期には将軍や幕府への戯画・風刺画などで大人気だったらしい。


p02.jpg


想像とは少し違って、大きな作品はほとんどありません。
木版の板一枚で一つの作品がほとんど。
膨大な数の作品が、広い会場に複雑な回路で並べてありました。

当然の様に会場は撮影禁止。
数枚の絵葉書を買ってきました。

img013.jpg

「朝比奈小人嶋遊」
「朝比奈」という半裸の巨人が寝そべっている前を、小人の大名行列が通る。ガリバー旅行記のような図。




璧論草をしへ早引 と 砥   坂田怪童丸

↑左・・・「譬論草をしえ早引 と 砥」
母親に膝枕をして貰い、首の後ろを剃って貰っている子供が、じっとしているのに飽きて手を伸ばし、猫と遊び始めた姿。

↑右・・・巨大な鯉と格闘する「坂田怪童丸」



国芳もやう正札附現金男 野晒悟助   猫の当字 かつを


↑左・・・「国芳もやう正札附現金男 野晒悟助」  ←面白い解説、リンクしますね。

↑右・・・「猫の当字 かつを」
猫好きの国芳は、このほかにも色々な文字の中に猫を描きいれています。



E5AF84E3819BE7B5B5-a5bf8.jpg

「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」
大勢の人が寄ってたかってとうとういい人をこしらえた・・・さて何人でこしらえた?
有名な絵ですね。



両面相 奇異上下見之図

「両面相 奇異上下見之図」
逆さにすると、全く別の人の顔になります。いわゆる上下絵。
触ってくるくる回転させる楽しいパネルで、絵を上下を変える遊びも出来ました。


もう一度書いてしまいますが、目と足の疲れを超えて、大満足な展覧会でした。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
古~いアルバム抱え―♪ーー て。

DSC03474 buroguyou


少ない情報によると、
こんな風↑に記憶に霞がかかってしまっているかもしれない友人(さんと呼ぶことにします。)に、
ドキドキしながら・・・会いに行ってきました。


DSC03475 ブログ用


先日来時々書いてていますが、子さんが脳梗塞で入院して・・・
義理の妹さん夫婦だけが知っている詳細を、教えていただけません。

子さん私は大学時代の同級生、半世紀にわたる付き合いです。
子さんの高校時代のお友達=ジュンコさんと一緒に行きました。

ジュンコさんとは旅行やお茶はしますが、お互いに連絡先は知りません。
いつも、子さんが、間に居ましたから。
今回、連絡先を探すにあたっては、幸運なドラマが味方してくれました。





そして、強引に入院先を聞き出してくれたのは、ジュンコさん。

眠ってばかりいる・多分誰かはわからない、などと聞いていたので
古~いアルバム抱え―♪ーー て、行きました。


DSC03486 ブログ用

お昼少し前だからでしょうか?、♿の子さん、デイルームで穏やかに座っていました。

私たちをみて・・・ちょっと戸惑った様子の後、涙でくしゃくしゃ顔。

わかる?と、わたしたち。
最初の言葉は何だったか思い出せませんが、少したどたどしい言葉を出してくれました。

左手がマヒしていますが、右手で上手に食事を終える様子を見ながら、
だんだん滑らかではっきりした会話ができるようになりました。

スタッフの方々も笑顔で優しく振る舞っておられますし、
同じテーブルの方々も素敵な方で、私たちと一緒に涙を度々流して喜んでくださいます。

絶対に良くなって退院する^^!と、前向きにリハビリ中な様子もわかりました。

記憶力も判断力も以前と全く変わらない子さんでした。
また旅行も出来るよね。
本当に、良かった(^_-)-☆





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
モネの池 と 川浦渓谷 @岐阜

隣同士の部屋で1泊することにした晩は、ラウンジ(?)で夜中までたっぷりお喋りをした岐阜。

翌朝9時半にお迎えを頂いて、出発
天気予報が雨だなんて信じられない薄日さす晴れ
晴れ女発揮できるかな?



車を出して下さったのは、共通の友人♂
華やか・派手・賑やかさとは距離を置いた、地味で趣きの深さを大切にする人。
今日はどこへ連れて行って下さるのかなぁ~

ブログ用モネの池

多分好みだと思うので・・・と、
まずはこちら↑へ。

噂に聞いたことのある≪モネの池≫でした。
市街地を抜けた後、交通量の少ない国道256号線をずんずん・・・板取方面に走っって、
突然止まったのは、何もない場所。

DSC03383.jpg

でも、少し右手の神社に大勢の人が集まっています。
根道(ねみち)神社の鳥居脇小さな池が、モネの池ですって。
少し前までは「名もなき池」と呼ばれていたそうですが、今は「下根の池」と名前が付きました。

急に雨が降り始めて・・・
透明な美しい水の色も、曇ってしまいました。

モネの池・・・のネーミングは、期待し過ぎなければウム、確かに♪






更に、国道を北上します。
どんどん、淋しい道を・・・ ・・・ ・・・トンネルを抜けて、、

DSC03404.jpg

橋から下を覗いてみます。

川浦渓谷1

板取川上流の、川浦渓谷。
30~40mはありそうな絶壁の間に、美しい渓流が激しい水しぶきをあげて流れる様が美しい絶景です。

川浦渓谷2

車止めされた遊歩道は、トンネルをくぐって行きます。

『飛騨 美濃紅葉三十三選の地川浦渓谷』の石碑で、紅葉の美しい場所なんだと知りました。
が、この時はまだちょっと早かったのでしょうか。。。

写真、手に負えなくて上手く撮れなかったので、探してみましたら素晴らしい写真サイトと ここ
更に珍しい≪川浦渓谷・川浦谷(関市板取川上流)に潜ってみる≫に出会いました。

とっても素晴らしく・美しいです。
良かったら、ちょっと見てください。





とにかく何もない所だから・・・と、美味しいお茶とお菓子まで準備して頂いたのがナルホド・・・
食事は薬膳料理で良い?とご案内頂いたのに・・・ひっそり人気がない~~


では、と、ここへ。

DSC03428_2015112022550889e.jpg

とっても、とても目立たない・・・
看板もないお店でした。

ほとんどご趣味でなさっているようなお店。
魚の煮つけとお惣菜料理に、美味しコーヒーが嬉しかった~~

晴れ女発揮できなかったこの日ですが、
とても楽しく、ありがたい一日になりました。感謝💕です。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
ご無沙汰しました~

賢島旅行の帰りに名古屋に寄って下さったさとこさん、お久しぶり~(^^♪
岐阜で一泊されて、明日は一日ご一緒にドライブをする予定。
ドライバーは、岐阜在住の友人にお願いしてあります。

夕食だけご一緒して、今夜は自宅に戻る予定でしたが
諸事情で、急遽、私も岐阜のホテルを取りました。

無題

ご案内したのは、
すっかりご無沙汰していた天ぷらの≪にしお≫さん。

本当にさっぱりと美味しい天ぷらに、写真を取り忘れしながら・・・堪能しました。

このお店のすぐ近くに住んでいる友人と時々行ったお店です。
毎年の京都旅行をはじめ、国内・海外旅行は30回以上は行っている友人。
この人が、8月4日に脳梗塞で入院・・・🍀・・・←ここにも書きました。
その後の様子が皆目わかりません。

少しは様子なども聞かれるかと思ったのですが、やはり情報はありません。

ようやく、今朝になって入院先の病院がわかりました。
日曜日に、別の友人と様子を見に行くことが出来そう。
少し、ほっとしています。




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
クリックで拡大画像が見られるために。

すっかり間が開いてしまいました。
毎日更新だったのは、遠い昔になりました。


えっと・・・
今日は、クリック拡大の私流手順(@fc2)を書いてみます。
今更~?の声も聞こえますが、少し事情があってです。

img008 

すぐ前の記事で、新聞紙上の写真をお借りしました。
先日頂いたばかりのスキャナーでの初仕事。

スキャン画面1
ファイルサイズは、↑の通り=2382×3035でした。



img008 

写真部分だけ、トリミングしました。
これもかなり大きなサイズで、このままではアップロード出来ません。




写真のリサイズ・・・最近、私はPhotoScape を利用していますが、

ふぉとぎゃらりー2

以前はフォトギャラリーでしていました。
↑のような手順で。



このリサイズした画像を、好きなサイズでブログにアップロードすれば、それはサムネイルになります。
その画像をクリックで拡大できます。

リサイズする前の写真は、出れば、マークのクリックで見られます。



はぁぁ~~~~
やはり、この記事を書き終えるのには時間がかかりました。
記事の保存をしながらの作業でしたが、消滅!度々。


最近、Exciteでもおかしなことが起こっていた様子。
なんだろ?



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
限定に弱いこすずめ連 @ 京都

DSC03266 り

期間限定特別公開の見学に行きました。
東寺の『体曼荼羅の背面初公開』(12月6日まで)と、
信行寺の『格天井の特別公開』


img008 


↑は、朝日新聞の写真です。
もしかしたら、著作権なんたらに触れたりするでしょうか・・・


古都:京都の寺院での特別拝観やら特別公開は、いわば年中行事(?)ですが、
聞いたこともない信行寺の格天井に、伊藤若冲の花卉図・・・
≪過去にも未公開、今後も公開はないだろう、おそらく最初餌最後の機会≫とあっては、行くしかないでしょう。

この日は、珍しくすべてタクシー移動。
信行寺は、タクシーの運転手さんも初耳だそうでしたが、行ってみたら大行列!45分待ち。

DSC03298.jpg

並びながら見つけた不思議な家。
交差点の角にありますが・・・何でしょう??

写真を拡大してみました。
あDSC03298 

クリック拡大出来ますが、、、妙に納得。

信行寺は、本当に小さなつつましいお寺でした。
並んで拝見した格天井は、生憎の曇天でほとんど見えませんでした。残念~~
も一つの残念は、一切の撮影禁止。
並びながらの境内撮影もお断り~


和服が好きな4人は、その後『京のじゅばん&町家の美術館』紫織庵に約束しています。
’固いことはありません、お好きに写真をどうぞ…’と嬉しいわ。

紫織庵 長じゅばん

雰囲気のいい趣ある建物で見せていただく懐かしい襦袢や浴衣など、好き放題撮らせていただきました。
もう何も買わないといいながら、長襦袢や、同じ模様の裏をつけられる和ビロードのショールに心惹かれます。

たまたま、N〇K;美の壺に撮影隊と出会いましたが、恐れずマイペース。。。
ゆったりした時間をすごした、それからは、

上々もん屋さんで、帯と小物のお買い上げはけいこさん。
菱屋さんではカレンブロッソの草履オーダーは、さちさん。

四条河原町でも小物GET^^したりして、今日も満足。





無題2

和服3人洋服一人の京都旅、紬無地にアンティーク丸帯で遊び結び。
袖なしの羽織を重ねて出かけました。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
おぉ^^仕事!

りDSC03185 

秋らしい高く済んだ真っ青な空・澄んだ空気の心地よい日、
かなりの大仕事を傍観~それだけでも疲れました。

無題1


階段を上ったところにある白樫 ↑ が、老化と病気と白アリ被害。
階段下の常緑ヤマボウシは、水分補給が問題。
白樫を抜いて、ヤマボウシを移植することにしました。

DSC03192 り  DSC03196.jpg DSC03195 り

ガスや上下水道管があるところななので、慎重に根の様子を見ながらの作業です。
中腰姿勢は辛いでしょうね。

DSC03197 り

三俣みつまたで吊り上げ、処分前に土を丁寧に取り除きます。

DSC03237 り

階段下の大きなポットのヤマボウシ、移動距離は短くても根を巻いてクレーンで掘り上げて・・・
丁寧なお仕事。

DSC03187 り


花の後、みんな落ちてしまった実ですが、たった一つだけ色づいています。
来年はこの移植のために花が少なくなるそうですが、実は落ちないでくれますように。



無題2


ヤマボウシを移動してしまった空のポット、どうするか?これから考えます。


付録・・・
季節外れの銀梅花(マートル)、いくつか咲いていました。

DSC03205 り








  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
壺霊(これい)
壺霊
内田康夫 : 著
角川書店 : 発行

お馴染みの浅見光彦もの、京都が舞台でした。
老舗骨董店の嫁:伊丹佳奈が、高麗青磁の壺“紫式部”と共に失踪。
佳奈の娘千寿の依頼を引き受けた光彦・・・お約束の若く美しく、賢い女性の登場。

   佳奈の失踪で残された手がかりは、
   京都の縁切り神社=安井金比羅宮の形代と、そこに記された呪いの言葉と女性の名前と住所。
   その住所が紫式部の墓所であるところから事件に繋がります。



   軽く読めて結構好きなこのシリーズ、これは特に興味深く、楽しく読めました。

   出てくる場所やお店が架空ではなく、あ^^、あの辺り~と知ったところが嬉しい♪し・・・
   更には、ブロ友さんのところで知ったお店が度々登場します。 ☆この記事☆
   大傳月軒(だいでんげっけん) 、いつかきっと行きます。

   ただ、、、
   これは2007年~8年にかけて京都新聞に連載された物のようですが、
   多分その当時出来たばかりの、高島屋の『ダイニングガーデン京回廊』のお店の全てを制覇してリポートを書くという
   美味しすぎる原稿依頼から始まるのがちょっとねぇ~~
   つまるところ、提灯記事というか提灯小説ですよねぇ(羨)

   そう言えばあったなぁと思い出す、
   寂光院の放火事件や祇園祭での事故など、本当の事件も織り込まれていました。

   とても身近な感じが楽しかったです。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0