こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
看守眼
先日の「輝く日の宮」は相当手こずったので、
軽いものを3冊一気読みしました。
取りあえず1冊目です。


看守眼

横山秀夫 : 著
新潮社 : 発行

6つの短編集です。

表題の≪看守眼≫
刑事にはわからなくても、おれにはわかるんだよ――
いつか刑事になる日を夢見ながら、留置管理係として過ごした近藤。
その彼が、証拠不十分で釈放された男を追う。
マスコミを賑わした「死体なき殺人」の真相を見抜いたのは、長年培った『看守の勘』だった・・・(帯から)


  ≪自伝≫
   自叙伝執筆を請け負ったライター、只野正幸。
   TVワイドドショウのスタッフであったが、仕事を失った・・・フリーと言う弱い立場だったから。
   そんな時に舞い込んだ、自伝出版の依頼だったが、依頼主の殺人の過去を知ってしまう。それがもとで続く、不幸!

  ≪口癖≫
   家裁調停委員を務める主婦の、口癖があまりにもとんでもない過去手と繋がる。
   12~3年前の7月、高校2年の娘の不登校が始まって、
   原因は同級生の女の子とわかるが、理由については固く口を閉ざして語らない。
   その、娘の敵とも思える女性の離婚調停員となった主婦が・・・
   とんでもない結末になった。

  ≪午前5時の侵入者≫
   県警ホームページを管理する警部。
   新聞少年だった過去の習慣で起床は午前5時、その後、メールとホームページのチェックが今の習慣になっている。
   その朝・・・HPは、真っ黒な画面にの横文字は、フランス語らしい。
   サーバーから、クラッカーの侵入は午前5時とわかり、それ以後のアクセス者数は4人と判明。
   さて、どうする?

  ≪静かな家≫
   地方紙整理部に身を置く元記者。
   16年の外勤記者の後、今は地域版の編集がしごと。
   うっかり載せた、終わってしまった展覧会の告示・・・・殺人事件に繋がり犯行を疑われる。
   新聞社内部は知らないけれど、そうなんだ^^な、話。

  ≪秘書室の男≫
   県知事の知恵袋を自任する秘書。
   これ、ものすごく納得できます。「同じ思いをしなきゃわからないものなー」という言葉。
   悪気は全くない、誠心誠意のつもりでもね。
   あなたじゃなくて、私の話かもしれない。ちょっと、考えさせられた話でした。


  どれも、普通に暮らしている人々がある時に巻き込まれるトラブルです。
  横山秀夫さん、うまいなぁ~と、ひたすら感じました。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
う~む、残念  (~_~;)

友人につられて、
足を止めてしまった、あの時。。。

DSC06469小

余計な言葉を交わしてしまった、あの時。。。

もう、物は増やさない。
買わない!と決めていたのに。。。

DSC06471小

印伝と江戸小紋の切り嵌めの帯は、渋すぎるし私向きではないような。

それが、何故か買ってしまう羽目になりまして。。。





昨日届きました。

ちょっと記憶の印象と違うなぁ~
合わせられる長着、あるかしら?


DSC06476小

竜郷は・・・?


DSC06477小

大好きな縞は、江戸小紋。



DSC06479小

藍大島も、今一つ・


DSC06482小

叔母の形見の紬。


どれも、なんだかなぁ~ですが、
せっかくなので最後の紬で使ってみましょうか。


それにしても、これって、「は禍の元」の結果です。

作家さんと、あれこれお話しを重ね過ぎてしまった、その結果でした。

いくつになってもお勉強、させていただきました。

それにしても、自分が悔しい 。゚(゚´Д`゚)゚。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
洗濯機を洗う。


DSC06447ピカッ


洗濯物に黒い汚れがつくようになって、暫し^^



洗濯機をクリーニングして、
麻の長襦袢、ブラウス、ひざ掛け、タオルなど、白いものがスッキリ洗い上がりました。

DSC06451枠


これまでは、スーパーなどで買った洗濯機用の洗剤を使っていましたが、
今一つスッキリしなかったのですが、

DSC06433.jpg

家電メーカーから出している専用洗剤をしって、購入。  (この方から教わって

でも、日立とパナソニックの2ブランドしかないない。
実は、この二つも全く同じ中身で、すべてのメーカーに対応するそうでした。


使った様子。。。
こんなにヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪

想像を絶する汚れが ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!

自動的に、二度洗いですが洗濯機の底に黒いゴミがたくさんありました。
手動で、その後二回洗いました。







怖いもの見たさ・・・?

その時の汚れ・・・ご覧になりますか。

DSC06437枠


さぁて、
お掃除ついでに、今日はこれから冷蔵庫をクリーニング。頑張ります。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
輝く日の宮
輝く日の宮丸谷才一 : 著
講談社 : 発行
⇐ 装画装丁、いいなぁ~と思ったら和田誠サンでした。

女性国文学者・杉安佐子は『源氏物語』には「輝く日の宮」という巻があったと考えていた。水を扱う会社に勤める長良との恋に悩みながら、安佐子は幻の一帖の謎を追い、研究者としても成長していく。文芸批評や翻訳など丸谷文学のエッセンスが注ぎ込まれ、章ごとに変わる文章のスタイルでも話題を呼んだ、傑作長編小説。は、内容紹介のコピーです。

『源氏物語』にあったかも知れない「輝く日の宮」の謎をめぐって展開する小説です。
これについては多くの説があるようですが、著者の知識は深すぎて・・・私にはついていかれない。



    全体は7つの章(0~7)から成っていて、杉安佐子が中学時代に書いた短編小説が 0 でプロローグ。
   1~7は、
   語り手として作者の登場、日本の年代記、シンポジウムの形式と、コロコロ変わる。
   馴れるまでが、落ち着かなくて読みにくい。
   でも、この、説明が難しい話を分かりやすく(それでもわかり難い)書くにはこの方法が最適かもしれません。


   主人公の一人、杉安佐子は、芭蕉の「奥の細道」を書くに至った理由を明かす研究が本当は専門分野。
   怨霊とのつながりなど、学術的な話も盛りだくさんに、出てきます。

   一言であっさり言ってしまうと・・・小説と言うより、論文っぽい。
   脳みその少ない古すずめには難解でした。


  ただ、読み始めたら読み終える、と決めているので頑張りました。

  面白いと思われる方もたくさんいらっしゃるでしょうが・・・

  源氏物語、読み直さないといけないなぁ~




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

200.jpg

避暑に行きました。
三越映画劇場。

世界が憧れる、ニューヨークで最も注目される人気のあるエリア:ブルックリン(この部分パンフから・・・)にあるアパート。
眺めも日当たりも良い最上階の部屋は、アレックス(夫)と、ルース(妻)と愛犬ドロシーの大好きな部屋。

ただ一つの難点を言えば、エレベーターがないこと。
昇り降りだけで一苦労のその部屋を
結婚40年、足の弱ってきたアレックスのことを思うルースは、手放そうと考える。

ブログ用

不動産業の姪:リリー(シンシア・ニクソン)の協力で内覧会を開く予定の前日、
トラブルが発生。

愛犬:ドロシーの緊急入院&手術。
マンハッタンへ向かう橋の上に放置されたタンクローリー車、、、のテロ騒動。
そして、それでも詰めかけた大勢の内覧会の客人たち。

map.png


土地勘のない私には、理解できない部分もたくさんありました。
こんな地図を見つけて、ようやくナルホドでした。


この映画、
ドラマチックな展開や爆笑はほとんどないのですが、

とても’’’ほっこりと心温まる、とても’’’素敵な夫婦のとても’’’素敵なお話。
こんな夫婦関係で晩年を過ごせたらいいのですが、我が家では無理かなぁ (´・_・`)

m11.png


今回、最も感激した場面、
うるっときた場面が印象に残っています。

ドロシーの高額な治療費にこだわりがあったアレックスが、
ルースにの電話に代わって、ドロシーの治療について医師に「できること何でもやってくれ!」っていう場面。

優しい💕そして、ありがとう。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
お盆にぺぎがやってきて。

勤続20年で初めてのお盆休みが取れたので、
伯父夫婦のお墓参りに行こうかなと、ぺぎが、やってきました。

私と夫は、前日に墓参を済ませていたので今日の同行は私だけ。

お墓まいり

この娘=ぺぎは、先日、東京の先祖(私の両親=ぺぎには祖父母と、その先祖)のお墓にも参ってくれています。
ものすごく迷って・・・青山墓地を、2万3千歩も歩いたそうです。









お弁当でも買って帰ろうかと、デパートに寄ったら、
鳴海絞の体験を誘われました。

藍染

10分程で出来ますよ~でしたが、
もう少しかかったかな?

この雪花絞りには、いろいろな模様があって複雑そうですが、
どれも基本は三角形に折った布を三角の板に挟むこと

その三角の、どこを染料に漬けるかで異なる模様になります。
あら。。。そうなんですね。知らなかった^^

DSC06423小

家に戻って、お湯で洗って完成です。

左、ぺぎ作。
これは、のように、下の一辺を染料に漬けます。


右、こすずめ作。

とがった角に染料を染み込ませます。


その際の、微妙な手仕事が仕上がりに不思議な染め上がりにもなって、奥が深い仕事です。
三角のそれぞれに染料を漬けたり、別の色を使うことでいろいろ変化がつけられます。

楽しい体験でした。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
この美味しさ・・・心からの幸せ


暫く前から、また行きたい!と心から思う味のお店に、出会えないようになっています。
歳をとって、鈍感になったからかもしれません。

それが、
久し振り・・・思い起こせばほぼ1年ぶり・・・のここで、出会えました。
その時⇒クリックで飛べます

DSC06378小

蛸と冬瓜の冷やし鉢


DSC06380小

茄子の冷静茶碗蒸し、利休餡



DSC06382小

ご亭主の命名で、鱧かつ。
堀川牛蒡と鱧の八幡巻き・・・フライにしてありました。



DSC06384小

主役は、鮎の塩焼き。
数種の添え物が、味比べ。
どれも本当に美味しい~

写真ではありきたりで普通っぽいのですが、
丁寧にしっかりひいたお出汁が効いて、一つ一つ、どれも幸せ。



DSC06387小

お釜炊きのピカピカご飯と、赤だし・香の物、お代わりがしたくなります。
でも、もう入りません。


デザート。

DSC06389小

桃のスープ。
桃のスープに、寒天と桃の身、そして小豆餡も。みつ豆風ですって。

美味しい桃のスープを出してくださる洋食屋さんに行かなくても、今年はこれでいいかも(笑)


夕食の後も、
翌日も、この味がよみがえる位、美味しかったです。



去年は、お節を頼み損なったのでこの日来年のお節を頼んでしまいました。
去年、確か10月か11月に頼もうとしたら、もう買えませんでしたから。

201412032201088ces組み合わせ

カウンター九席だけで、友人と行こうと思うとなかなか予約が取りにくい。

近いうちに、夫と行ってみたいと思っています。
無口で会話のない我々、料理の合間の間が持てないのはつらいけれどちょっと我慢して。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
宿願叶って・・・(^_-)-☆

和服仲間のけいこさん、総誂えの帯が出来上がりました。
ひまわりの帯!

DSC06390添付用

生地選びから、柄の図案、位置、色調など2年来の思いを込めて仕上がったのを記念して、
3人で食事会@いいつか さん。

DSC06391小

綿紅梅に合わせての、前はこんな様子。
この、紺の地色が良いでしょ。







お目汚しかもしれませんが、本日のサービス(えっ?要らないって)
まぁそう仰らないで・・・

通りがかられた親子さんの素敵なご子息が、
3人での写真を撮りましょうか・・・?と、写して頂いたものです。


DSC06399ぼかし

私は、気軽く絹紅梅に麻の半幅帯でした。
前部分で折り返して裏の黄色を出したのですが、何だか帯が曲がって見えましたね。
うまく折り返すのは、どうしたらいいのかしら?
帯止めも、横にそれてしまって・・・残念な姿です(トホホ)



本当に美味しかった💖お食事、別記事にします。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
宝塚・・・宙組公演『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』

大人気で、チケットが取りにくいと聞いていた≪エリザベート≫、観てきました。
噂通り、とても良かったです。

cpl73a0000000yyr_201608091207130c1.jpg

確かに・・・
2階の座席後方に、立ち見の方が大勢いらっしゃいました w(゚o゚)w

cpl73a0000015q6f.jpg

18歳で皇帝に即位した、ハプスブルク家のフランツ・ヨーゼフ一世の妃になった16歳のエリザベート。
長男フランツを皇位につけ、自らの権力を握った大公妃ゾフィーによって精神的に追い詰められていくエリザベート。
そんなエリザベートの美しさに魅了されたのが・・・黄泉の国の帝王:トート。

朝夏 まなと( トート )、 実咲 凜音(エリザベート)の主演。
実咲 凜音(みさきりおん)さんの、澄んだ、のびやかな歌声が素晴らしかった~(^^♪
心地よく、うっとり。。。


ワイン2

幕間にハンガリーの甘いワインを飲みました。
甘そうだから・・・と、ねえこが持ってきたソルトナッツがよく合って美味しかったです。


ところで、
この日、ハップニング=トラブルがありました。
2幕目の途中で、およそ10間の公演中断!

トートとエリザベートが、銀橋と呼ばれるオーケストラボックスを囲むような半円形の花道(?)に
取り残される状態で照明が落とされ、、、
同時に舞台下手からスタッフが走り出ます。
上手に引き上げた二人(スタッフとで、3人)、そこで聞こえた裏の声。あらら  。゚(゚´Д`゚)゚。 

装置の不具合で暫くお待ちください、とのアナウンス。
長く感じた10分間でした。

これについては、Twitterで話題展開中らしいです。
早いですね。





1時からの公演でした。
お昼は、劇場内で≪レビュー ランチ≫。

レビュー ランチ

暑いし、楽なのでここにしました。
ま、これもありかも。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
鯖缶夏ちらし

猛暑を超える暑、、、今日も家籠りの古すずめ。

庭野菜もいい加減飽きてきていますが、
買い物にも出かけたくない。

DSC06320小フレーム

思い出したのが、先日ぺぎから貰った『鯖の醤油煮』缶。

味噌煮缶は、茄子と炒め煮にして美味しかったけれど、これは、どうしようかしら?




今日あたり、散らし寿司が食べたいな。

それも、味のしっかりした≪とり松のばらずし≫   のようなのがいいな。



それ、鯖の醤油煮缶で出来るかもしれない・・・と、毎度のこと。(笑)
結論は、簡単・美味でした。


DSC06342小


鯖そぼろの手順・・・


鯖そぼろ


すし飯は、

DSC06337小

かんぴょうと椎茸の煮たものに、絞った胡瓜をたっぷり入れました。
夏向きのゆえんです~


DSC06338小

すし飯とすし飯の間に、鯖そぼろを挟んだら、
たっぷりのもみ海苔と薄焼き卵でお化粧しました。


鯖缶、バンザイ \(^o^)/ です。







  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4