こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
改めて(我が娘に)感謝。
DSC00243枠

身内を公にするのは、恥ずかしい下品な事と承知しながら、
ちょっと書かせていただくことをご容赦ください。

DSC00392.jpg
先日の高山旅行で、買いまくった品々をぺぎが持ってきてくれました。
お菓子類、色々買いこんだのねぇ~

DSC00385.jpg
預けておいた、日持ちのする or 重い or 不要不急のものをわざわざ持ってきてくれました。

DSC00090.jpg    DSC00262.jpg
4年物のお醤油と川尻酒造さんのお酒4本。
 会議とかの仕事がらみでない、、、ありがとう。


DSC00274張り子小
木製品を大切に扱っておいでのお店では、

DSC00389.jpg
桜材のカッティングボード。
野菜用の銀杏のまな板の他に、肉や魚用が欲しかったの。

DSC00264トリミング
飛騨刺し子のお店で、

DSC00317.jpg

刺し子の日傘も・・・。


こんなに買ったのねと、改めてビックリ+反省。:(´◦ω◦`):

脱ぎ捨て、預けた、たコートやバイザーなどは洗濯してきてくれました。
こんなに気の利く娘とは…正直、思っていませんでした。
改めて、感謝です。

DSC00072.jpg

すっかり大好きになった高山。
ぺぎのアドバイスで、秋の高山祭も視野に入りまして…宿の予約が出来ました。


とても楽しみです。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
育つ。
こすずめ地方は、空梅雨でしょうか。
雨の恵み、さっぱりです。
昨日も、大雨の予報でしたが実際はお湿りの小雨。


DSC00358小


水不足が心配な、野菜たち。
とりあえず、今のところ無事に育っています。


DSC00339.jpg 
昨日の収穫。


DSC00380.jpg 
これからが楽しみな胡瓜。花を付けすぎ?欲深な、こすずめ。


DSC00372.jpg DSC00331.jpg
ピーマンと、
茄子は鈴なり^^
トマトは日々少しずつ収穫できています。
美味しい夏が、過ごせますように。




DSC00366.jpg
これとTOPのものは、収穫にはつながらない野菜~
サツマイモの尻尾から芽が育っています。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
急須
いえね、、、
記事に挙げるほどのことではないのですが、
気に入った急須に出会ったので、買ってしまった…記憶と記録です。

DSC00298.jpg

高山に行く前のことです。

ひょんなことから、やや 親しくなった若い陶芸家さんからのご案内で、
デパートの催事に出かけました。

その方が、初めて急須に挑戦されたらしい。

DSC00302.jpg

敢て連絡しないで、出かけてみました。
ご当人は遅い食事で席を外されていました。


偶々、
私の急須や焼き物などに関しての質問を丁寧に受け止めて下さった方に出会いました。

ご案内を下さった方の作品は、申し訳ないのですが魅力不足。

DSC00297.jpg

こちらに呼ばれて、連れ帰りました。
たくさんお話しをした方の作られた物でした。
キャリア60年の職人(ご本人の言葉)さんでした。

DSC00300.jpg

大切に、使い込みたく思います。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
お宿はこちら
2泊3日の旅、今回は和風の旅館に泊まりました。
トイレ付きの部屋が少ない高山の宿、ぺぎの世話になりました。


むら山3

一泊目は、囲炉裏料理が嬉しいこちら。
広い敷地に朽ちかけた合掌造りの建物が2棟、ロープで出入りを止めてあります。
その手前の小ぶりの1棟が旅館です。
ちょっと、雑然としていました。


料理、飛騨牛が苦手なので、海鮮を準備して頂きました。
たくさんの蛤や海老など、自分で焼きます。
(海鮮にアレルギーのあるぺぎは、牛しゃぶでした)

DSC09873小

海外からの客が多いらしく、世界地図にピン止めがしてあります。
アラスカやアイスランド、シベリア などからの宿泊客にビックリ!





鍾乳洞などに行った、2日目の宿は、
3日目の朝市に行きやすい場所を選びます。

DSC00142宝生閣
――― これは、朝食 ―――


この日、町散歩と夕食は町で。

ところが、高山は、お店の閉店時間が早い。
まだ日の高い6時に、もうCLOSEの札が。。。





お昼がたっぷりだったので、まだお腹が空きません。お蕎麦屋さんを探します。

DSC00101c.jpg

偶然出会ったここ≪みやび庵≫、美味しくて嬉しい。

みやび庵

3種類の日本酒の、飲みくらべ…店主さんにお任せですが、

DSC00105_20170622161648b1f.jpg
川尻酒造さんのお酒は、飲めないぺぎのリクエストによります。
奥方と仕事上の知り合いらしい。
夫も私も、そこの【飛騨正宗】が好みでした。

高山に詳しいブロ友さんからは、別の蔵元さんを教わっていたのですが、
飲みくらべの結果もあって、明日は川尻酒造さんに行きます。




そうそう…
この日のお昼、鍾乳洞からの戻り路で寄ったのは自然薯やさんです。
≪自然薯のむら茶々≫は、三重県にもあるチェーン展開のお店のようです。

ガイドブックに載ったお店はどうかしら?とも考えたのですが、
想像より良かったです。

DSC00009a.jpg


バスが何台も止められそうな駐車場もありますが、
広い敷地には、緑濃いテラス席や、お蔵、民芸調のお土産売り場などもあります。

DSC00009.jpg 

DSC00014.jpg

それはそれで、良い感じ。






  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
あっという間の3日目。
3時発のバスで自宅に戻ります。
それまで、高山市内をぶらぶらします。

DSC00159.jpg

まずは、高山名物の朝市へ。
規模の小さい≪陣屋朝市≫と大き目の≪宮川朝市≫があるようですが、今回は宮川朝市へ。
宮川沿いにずらりと並ぶと思っていた露店、実際は歯抜け並び^^
平日は、こんなものだって。。。

さるぼぼ と 甘酒用の生麹を買いました。

DSC00308さるぼぼ


 DSC00289.jpg


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



古い町並美術館・山下清原画展、入口の昭和の香りに誘われました。

 山下清

「野の花」・「蟻や小さな虫」・「花火」など、愛おしい。
貼り絵の繊細な線と色使い、非凡です。
記憶にある、鮮やかで強烈な色彩とは違う、
落ち着いた穏やかな色彩の使い方は、若者ではない大人の魅力です。
フェルトペンの単色で描かれたものも、大好き♪
撮影禁止、残念ですがやむを得ないのでしょうね (ノ_<)



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

DSC00192_20170620214708a01.jpg

あの、有名で人気の高山祭。あまりにも高い人気で手の届かないお祭り。
せめて、行ってみましょう ≪高山祭屋台会館≫へ。

DSC00191.jpg

高山祭りは春・秋の2回あり
サクッと一言でいえば、花咲く春祭りは【日枝神社】、
取り入れの後の秋祭りは【桜山八幡宮】を中心に行われます。

DSC00201小

【桜山八幡宮】にある≪高山祭屋台会館≫には、
秋祭り用の屋台が展示されています。

DSC00202小

11台の屋台は、3カ月交代で4台づつ入れ替えられるそうです。

解説を聴きながらの見学、ここでも改めて、日本という国に誇りを抱きました。
精巧で美しい、見事な屋台に私の拙い言葉は未熟すぎます。
す・ご・い、としか言葉がありません。

DSC00216_201706202158589ed.jpg

美しい~~~そして見事。



敷地内の隣の≪桜山日光館≫もついでに・・・(と言ったら申し訳ない)


日光東照宮模型、33人の技術者たちの15年かけての製作。
実物の10分の一のサイズで精巧に作られていました。

DSC00234.jpg

中学校の修学旅行で行った日光です。
こんなに広かったのか?

情けない話ですが、記憶にありません。
いつの日か、行ってみたいと…婆心。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
2日目は・・・飛騨鍾乳洞。
一日目、体力超えかも知れません。
温泉力での回復次第でと迷っていましたが、大丈夫そう。
飛騨鍾乳洞と、とろろご飯 行きます。



≪大鍾乳洞≫と≪大橋コレクション≫の入場券、、、セット売りでした。
≪大橋コレクション≫……?聞いたことがあるような…でも、思い出せない。

はっ!わかりました。

RIMG0279.jpg

過去に大きなニュースになった、【金塊盗難事件】の舞台でした。
当時のニュース記事や、溶かされて見つかった金塊の現物など見られます。
遠い過去の事件ではなかったのね。
(撮影禁止の筈ですが、Netで見つけた写真を無断で頂いています。)



大橋コレクション、素晴らしかったです。
期待していない・予備知識のない分の感動と感激があります。
金持ち悪趣味のコレクションでしょ、と、興味は薄かったのですが思いこみはいけませんね。

良いものを見せて貰ったと、夫  ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
見事で貴重な収集品、館内一切の撮影禁止が残念です。




コレクション会場から繋がっている≪大鍾乳洞≫

鍾乳洞

大鍾乳洞の中の赤や青や緑の照明が邪魔だわ、と感じたのですが、
これは藻の発生を防ぐためだそう。
普通の蛍光灯では、人の出入りなどで持ち込まれたコケや菌などが洞内に繁殖してしまうそうです。


DSC09927トリミング

途中、こんな案内がありますが、前進。



外に出ると、いやぁ~高い所に居るのですね。

DSC09950.jpg

入口までは、檜作りの階段回廊を下ること100mはあるかも…(実感的にです)






コレクションの余韻を引きずりながら向かったのは、ガイドブックで知ったとろろ屋さん
ここも、期待以上に良かったです。(別記事で書こうかな)





まだ2時過ぎ~

ガラス張りのモダンな美術館、≪飛騨高山美術館 ≫でお茶タイム。
2階建てのロンドンバスがあります。
イギリスのブリストル社製のロデッカという車種で、現在世界に2台だけのバス。

無題

この日は常設展だけの開催。
ちょっとケチ心が出てしまって、見学はパス。


DSC00052小

空気感が心地よいテラス席で、のんびり~

DSC00058.jpg

昼ビールで乾杯!






心地よいつながりで、可愛らしいお店で こんなん買いました。

靴とブローチ

赤い靴の為に、赤いブローチ。お若い作家さんの物でした。


宿に車を預けて、町散歩と夕食にぶらぶら~~でます。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
高山の1日目
高山到着は11時15分。
まずは、お腹ごしらえ。

イタリアンです。
3人用のセットで、パスタ2種とピザ1枚を選びます。
サラダとドルチェ+飲み物も付いています。

イタリアン文字

どれも、非常に美味しかった♪
マルガリータに蜂蜜をかけるのは初めて。これ、美味しいです。




DSC09758_20170617152411061.jpg

金蔵金獅子のレプリカのある、
地元のスーパー?道の駅?なお店でちょこっと買い物。





目的地、宇津江に到着。

九輪草

≪花の森四十八滝山野草花園≫の九輪草、少ない・・・・゚・(つД`)・゚・
ここでも最近の天候がたたっていました。
例年になく花が少ないとか。





主目的の四十八滝、滝は全部で15あります。
制覇出来るかしら?


滝2

夫は、真ん中あたりでGive Up。先に戻ると言います。
仕方ないことです。以前来たのはまだ若かった8年前ですもの。 
では、ぺぎと二人で進みます。

ところが、暫くしたら夫も登ってきました。


DSC09817小
展望台。

DSC09818_201706171528596e0.jpg

滝と緑濃い森のマイナスイオンが清々しく、疲れも癒されました。



ぺぎのお部屋で一休み。
さすが飛騨らしく、しっかり木を使った心地よい住まいです。



さ、今夜の宿に向かいましょ。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
高山へ行ってきました。
ワクワクのお出掛けは、高山旅行でした。

DSC09735.jpg
JR東海のトイレ付きのバス、とても快適で、
あっという間の2時間半。


DSC00061トリミング
高山バスセンターまで、ぺぎが迎えに来てくれて
3日間の旅の足に、なってくれました。
有り難かった💖


今回:2泊3日:の旅程は、
1日目に、宇津江。

小DSC09775
≪花の森四十八滝山野草花園≫の九輪草と、

 DSC09800小
≪宇津江四十八滝≫が目的。
ここは、以前訪れてとても気に入ったところなんです。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



DSC09907小
2日目は、≪飛騨大鍾乳洞≫に行きましょうか。


 DSC00126小
高山市内に戻って宿に入った後、町なか散歩と気まぐれ夕食。




★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



DSC00159.jpg
最後の3日目は、朝市散策がしたいな。
是非行きたいところは≪屋台会館≫と≪川尻酒造≫さん、そして日傘を買いに≪刺し子≫やさん。


そして・・・

DSC00280小 
ぺぎお勧めの、あちらこちら。


大老人夫婦には少しハードな、
それでも充実・大満足な楽しい旅を終えることが出来ました。


一晩明けると、疲れが出てきました。

ゆるゆる~~旅日記をしたためます。
よろしくお願いいたします。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
お隣の梅
明日、出かけます。
いつになくワクワク、高揚感があります。

我が家に来るのを楽しみに思う孫の笑太から、
”いよいよ明日だね。すごぉ~く楽しみにしてるよ”と言われた時と似ています。
加齢に素直に(?)感情も鈍感になってきているこの頃なのに、不思議だわ。




そんな時、お隣さんから梅の実を頂きました。
出掛ける前の一仕事済ませましょう(大袈裟?!)


DSC09710.jpg
糠床に今年は3個入れました。

DSC09714.jpg 
新旧交代です。去年は4個入れたのね。


5個ください、とおねだりしたのに
たくさん頂きましたので、あとは重宝な梅酢にします。

DSC09716.jpg

冷凍した梅に、氷砂糖とお酢を入れて…およそ1カ月で完成。
氷砂糖が200gしかありません。梅酢で使うならと、買い置きのきび砂糖で代用しました。

 DSC09719.jpg

夏中、私の右腕になってくれる優れものです。

DSC09729.jpg

梅酢、こんな風に作ります。⇒ ここ 



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:9
珍しい。
朝顔が咲きました。


DSC09696小  

遠目には…初花なので、未完の花かと思ましたが、
どうでしょうか?

DSC09687小

小さい花です。

DSC09690小

移り気な夫は、今年も珍しい種を蒔いたようです。

DSC09708小

葉っぱがなければ、
花だけ見れば、
朝顔とは気がつかないでしょう。




・・・・・  ・・・・・


珍しいと言えば、わたし、
可愛い赤い靴を買いました。
メッシュのクロスで出来ています。


履いたことはないけれど、もしかしたら地下足袋ってこんな履き心地かも。
足にぴったり馴染んで、軽いの。

DSC09707a小

紺色のサンダルの取り寄せをお願いしてあって、
試着に行ったら大きかったのです。

そのまま帰るのもつまらなかったので、
つい買って帰りました。(エヘ)

赤のお好きなブロ友さんに刺激を頂きました~

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8