こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
銀の猫 / 夏の果て / ローカル線で行こう / ミッション建国
ようやく、読みたかった本を読むことが出来ました。

ブロ友さんのご紹介だったり、
広告や書評を見てだったり、興味をそそられる本にたくさん出会いますが、
諸般の事情で、それを手に入れて読むにはなかなか至らないの。


本



昨日、幸いにも本屋さんで見つけて…一気読みしたのは、≪銀の猫(朝井まかて)≫。


銀の猫    
    皺がよる、ほくろができる、背はちじむ、頭は禿げる、毛は白くなる、手はふるう、足はよろつく、
    歯は抜ける、耳は聞こえず目はうとくなる。
    身におうは頭巾えり巻き、杖、眼鏡、たんぽ温石、しびん孫の手。
    くどくなる気みじかになる、愚痴になる。
    心はひがむ、身は古くなる、聞きたがる。死にともながる、淋しがる、出しゃばりたがる、世話をしたがる
    又してもおなじ咄に、子をほめる、達者自慢に、人はいやがる。



    タイトルの≪銀の猫≫は、お咲が心を通わせ介抱をした舅から離縁のきわの餞別の品。
    お咲の介抱を受けながら、舅は↑の言葉を節をつけながら歌っていた…まぁ~~今も、その通り!


  妾奉公を繰り返す、すべてにだらしない母親の所為から大きな借金とともに婚家を離縁されたお咲。
  その母親はお咲の元に転がり込み、相変らずの節操のない暮らしで、借金の返済もままならない。

  お咲は、年寄りの介護をする「介抱人」をしている。
  お金の為に、、、母親からみの借金返済の為に、、、だが、誠心誠意働くお咲は引っぱりだこに。以後省略。。。

  とてもいい本でした。
  初めての 朝井まかて さん、虜になっています。
 
  背景は江戸時代ですが、当時は長生きの時代っだたらしい。豊かな隠居生活を『老い光り』と言ったことは知りませんでした。
  親の介抱は家長が行うものだっらしいとか、今のヘルパーに当たる介抱人がいたことも。

  納得できたのは、食べ物や水を受け付けなくなったらもうお迎えが来ていると諦める、という咲の意見。
  この本を教えて下さったnohohonさんに感謝します。



 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、最近読んだ本、データベースなどの貼り付けだけです。






  夏の果て
  岡 泰道 : 著
  小学館 : 発行

  元電通トップクリエーター鮮烈な自伝的小説

  電通時代にJR東日本『その先の日本へ』などのCMを制作し世界各国の賞を獲得。
  その後、独立して日本初のクリエーティブエージェンシーTUGBOAT(タグボート)を設立したトップCMクリエー
  ターとして知られる岡康道氏が初めて書き下ろした鮮烈な自伝的小説。
  CM制作会社を経営している主人公は、幼少期に父親に連れられ佐賀県から上京。
  東京オリンピックに沸く池袋に育った。実業家の父親の事業も成功していたかに見えていたが、19歳のときに父親が5億円の
  負債を残し失踪してしまう。苦学しながら大学を卒業し、バブルまっただ中の大手広告代理店に就職する。
  百鬼夜行の業界を生き抜いていく主人公。仕事は成功し賞も多数獲得。
  しかしその裏に暗くまとわりつくのが父親の影だった……。
  「公害だ」「はい?」「公に対する害です」「もしかして、僕のことですか」「キミのことなど知らない。キミが作ったCMは公害だ、
  と言っているんだ」(本文より)
  失踪した父親に翻弄される青年の人生を縦軸に、生々しいCM制作現場での戦いを横軸に描いた本格長編小説。
  「圧倒的な主人公の人間力に引き込まれ、一気読みでした」ほか書店員さん絶賛!




ローカル線で行こう
  真保裕一 : 著
  講談社 : 発行

  ベストセラー『デパートへ行こう!』に続く、感涙必死の再生物語、第2弾!

  県下最大のお荷物といわれる赤字ローカル線、もりはら鉄道は、廃線の瀬戸際に立たされていた。
  再生を図るため、前社長が白羽の矢を立てたのは……なんと新幹線のカリスマ・アテンダント。篠宮亜佐美。三十一歳、独身。
  「この鉄道の経営は、素人以下です」「お金がないなら、智恵を出すのよ!」
  県庁から送り込まれた鵜沢哲夫以下、もり鉄社員は戸惑うばかり。
  しかし、亜佐美は社長に就任するや、規格外のアイデアを連発し、鉄道と沿線の町はにわかに活気づいていく。
  一方、時を同じくして、列車妨害、駅の放火、台風による崖崩れと、数々の事件が亜佐美たちを襲う。
  そんな中、社員すべての希望をかけた「もり鉄フェスティバル」の日がやってくるが……。
  赤字鉄道の再生は? 寂れた沿線の町おこしは? そして、不穏な事件の真相は? もり鉄に明日はあるのか?

  読めば元気の出てくる、痛快鉄道再生ストーリー!!



 ミッション建国
  楡周平 : 著
  産経新聞出版 : 発行

  内容(「BOOK」データベースより)
  2020年東京オリンピック後、このまま人口が減れば日本は破綻してしまう!33歳にして与党青年局長とな
  った甲斐孝輔は、少子化対策こそ国を救うと考えた。
  子育て特区や子育て後の社会進出支援などの勉強会を立ち上げたが、党内の重鎮から圧力がかかる。
  まずは東京から変えようと考えた甲斐は、都知事へ政策を提案した。
  だが知事から反発され、都知事選立候補の決意を固めるが―。今後の日本があるべき姿を示す、政策提言小説。

  少子化対策の遅れこそが日本の問題の根源との見立てで、それが惹起する高齢化問題、財政問題、格差問題、憲法問題
  などに切り込んでゆくその論法は説得力が高く、なまじの経済学者や政治学者のレベルを超えている。
  企業の経営の根幹に詳しい著者ならではの視点が光る。
  実効性を担保するために、国ではなくまず東京からその改革を広げ日本全体に波及することで日本破産後の国のあり方
  再構築手順まで言及している。
  国家破産は今や日本のみならず、中国、米国、ヨーロッパでも起こる可能性が高まっている。
  シルバー民主主義に流されない長期的な国家ビジョンに基づく提言は本当に素晴らしい。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
雨とドライトマト
風が吹くと、桶屋が。。。
と、までドラマティックな話ではありません。

単純に、昨日☂が降ったのでドライ🍅を作りました。

DSC00562.jpg

雨上がりの庭のトマトは、割れてしまいます。
傷のない部分だけで、今日はドライトマトを作りましょう。
自家製は、買うものよりずっと美味しいですから。


DSC00544.jpg

種を外して、同じくらいの大きさに切り揃え、
笊に新聞紙と和紙を敷いた上に並べ、


DSC00549.jpg

トマトの表裏を変えながら3時間ほど外で干しました。
雨上がりの今日も、お日様は出たり入ったり~ご多忙のようです。
やはり、乾きはよくないです。


DSC00550.jpg

天板に並べ替えて、乾燥はオーブンに頼むことにします。


DSC00556.jpg
100℃で、45分を3回。

様子を見ながら(乾いたものは取り出して)、もう30分。
今日は、時間がかかりました。

DSC00574_20170727130053f67.jpg 
食べやすい大きさに揃えて、オリーブオイル漬けにします。
冷蔵保存が良いです。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
着々と。。。
夢の実現が視野に入っています。
北海道旅行です。

長靴があった方が良いということで、買いに行きました。

DSC00514.jpg

寂しい地下鉄に乗って、


DSC00515.jpg

≪野鳥の会の長靴≫がいいらしいと、
名古屋では唯一の実店舗のある、初めてのショッピングセンターへ。


DSC00519トリミング

HPでは、たくさんの種類があったのですが、
このお店での扱いはこの3種類だけだそう。
もっと、派手な明るいものが欲しかったのに~~残念。

 

履き心地はいいです。
軽いし、長さは、簡単に折り曲げ調節OK。

 DSC00531.jpg  DSC00536_201707252020348c4.jpg

くるくると巻き畳んで小さな袋に入れての持ち運びが出来ます。


DSC00522.jpg

ついでに、こんな履きやすい靴もGETしてしまいました。

あぁ…、また買っちゃった:(´◦ω◦`):


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
邪道。
暑いです。
家の中はともかく、外では干上がりそう~

で、思いついたこと。
これなの^^ ↓

DSC00505.jpg

ビーズの半襟です。

衿空きの大きいワンピースの首元に巻いてみました。
邪道ですよね。変かなぁ~?


DSC00492.jpg

動きによってひんやり、冷たい肌触り。
先日、和服友達と会う時にも使ってみました。
結構はっきりな物言いをしてくれる人の反応が見たかったので。


彼女、気がつきませんでした。


DSC00495小

今日は、これからランチに出かけます。
再度、挑戦してみますね。
ヘン!って言われたら、やめます。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
不器量さんと、器量よしさん。
DSC00496a.jpg

美しさが自慢の美女茄子さん。
でも、この子、性格きわめて悪し!なんです。
アクが強すぎる。なかなか抜けません。


DSC00450.jpg

ちょっと残念な姿の胡瓜っぽくん。
糠漬けや生食には問題のある子もあるものの、性格はまずまず良好。


庭野菜、皆様に配りますが、
アバタ顔(/_;)だったり、異形だったりの不器量なものは手元に残します。
結構たくさんあります。

DSC00482.jpg   

お手軽な佃煮、にしてみました。本当は、大根で美味しいの ~(^^♪
こすずめ発で、ご近所にブームを巻き起こしたこともある ≪なんちゃって福神漬け≫。

佃煮

今回は、胡瓜・茄子・生姜・山椒の実に、『塩吹き椎茸』で作ってみました。

茄子は、↑の美女さん。
この日は1時間あく抜き、その後いちょう切りにしたのですが、まだ黒くなります。
再度あく抜き~で、何とか使えました。

私は美味しいと思うのですが、ちょっと濃い味が夫にはらしい。

揚げびたし

美女茄子(3個あった)の残りは、薄く小麦粉をつけて素揚げで 揚げびたし。
これはお気に召したようで (*´v`)

 

キュウリ君、あと4本。
去年の夏に知った『干しきゅうりのナムル』にしましょう。
DSC00501小

写真を撮ったつもりが、カードを入れ忘れていて残念。
出来上がりは↑。冷蔵庫から出して写真撮りました。

このままでも良いのですが、これをもとに料理も出来ます。
よかったら、↓をご覧ください。
『干しきゅうりのナムル』


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
おどろ木・桃の木・山椒の木
加齢とともにか、滅多なことでは驚かなくなっていますが、
今日は、正真正銘ビックリしました。
3つの驚き(*゚Q゚*)に出会ってしまいました。



その1 おどろ木

DSC05526.jpg

定期通院日の今朝、一駅だけJR中央線に乗ります。
列車を待つホームで、隣の椅子に座ったご婦人に ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

首のあたりに汗💦が玉になっています。
髪の毛からは、汗💦が滴り落ちているのが見えました。
まさにポタポタと音がしそう^^

そこまでの汗かきさん、初めてお目にかかりました。
その方、同じ病院に入られました。
ご病気なんでしょうか。



その2 桃の木
 
DSC00485.jpg

病院の廊下でのこと。
診察室を終えた車椅子の入院患者さんを、看護師さん(と思う)が押して廊下に。
病棟へお迎え依頼の電話連絡をして、その後のことです。

その看護師さん、大きな声で車いすの患者さんを質問責め。

生年月日は? から始まって、
胸が苦しくなることは? お通じは? 急にトイレに行きたくなることは? etc.

診察室前の廊下って、次に呼ばれるだろう患者さんが待つ場所で、静かです。
なので、会話はすべて丸聞こえ。


ご婦人の生年月日、しっかり覚えてしまいました。
昭和8年1月30日、、、プライバシーを気にしなかった世代でしょうか。
はきはき・すらすら・きちんと答えておいででした。

看護師さんの『ご協力ありがとうございました』で終わったのですが、
診察室の外に医師との会話が漏れない心配りをする昨今、
公衆の真ん中での極個人的な質問をするって…あり!?




その3 山椒の木

ムーミン

帰りの…かなり混んだ地下鉄車内でのこと。時間は、11時前。
膝に大きな四角い化粧boxを置いて、優先席でお化粧中のお嬢さん。

約14分間:6駅の、私が乗る前から降りるまで、まだまだ終わりそうにありません。

はしたないと思いながら、つい注目~
女優さんみたいに変わっていく彼女。
だんだん綺麗になって行くのは、見ていても楽しいわぁ~

ふ~~む、お化粧ってそうするものなのね。
化粧と無縁な私ですが、
いいお勉強をしました。




その4 番外の木

DSC00418.jpg

何をどう勘違いしたのかしら?
私、一時間間違えて、夕食作ってしまった~(トホホ)


刺激ある一日でした。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
人間国宝と甘酒。
「人間国宝」って、実はよく知りませんでした。
昨日の新聞で、あら、そうなのね、と知りました。

人間国宝

それによると「人間国宝」は、特定の個人を言うものではなく
「重要無形文化財保持者」が正式名称で、認定された人物を指す通称、とのこと。
(ふ~む、ややこしすぎます。)

文化財と指定された『わざ』の高度な体現者を認定しているのであって、
『人』を顕彰しているのではない…と、文化庁は強調している、
は、新聞の記事から。

その重要無形文化財とは、
演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所産で我が国にとつて歴史上又は芸術上価値の高いもので、芸能系と工芸技術系の14分野。

紙面(クリック拡大できます)で、その14分野がわかりやすい。
芸能分野は、能楽、文楽、歌舞伎、組踊、音楽、舞踊、演芸の7つ
工芸技術分野は、陶芸、染織、漆芸、金工、金工(刀剣)、人形、木竹工、和紙の7つ とか。

ここで、少しばかり疑念が湧いてきました。
何かと言うと……



DSC00429.jpg 

甘酒とのつながり。

春から、毎朝甘酒を飲むのが習慣になっています。
買ってくるのも面倒と、自分で作っていました。

ある日、デパートの催事で自家製の甘酒を否定されました。

お粥に麹を混ぜて作っているのでは?
それでは、麹菌が死んでいるよ。
日本で唯一の人間国宝が作っているこの甘酒は、麹菌が生きているよ。
麹菌が生きたままの甘酒は日本中でこれだけですよ、
と。

抵抗しては見たのですが、押し切られて購入しちゃいました。12本も。

DSC00410.jpg

麹菌を生かしての講釈 〇÷▼⋇◇/ … 今更ですが疑問です。
ググってみましたら、麹菌を60℃以上にしなければ生きていることもわかりました。
何だか、騙されたようなスッキリしない気分です。

泣いた私が悪いのか~♪ 騙したあなたが悪いのか~ ♪ トホホです。


DSC00408.jpg 

苺のシーズンが終わって、今は西瓜甘酒です。
西瓜にトマトをブレンドしてバーミックスでガガッ~~~
卵パックで冷凍しておきます。


DSC00434.jpg

たまには、贅沢なメロン甘酒も。
これ、夫が北海道旅行でお土産に買って帰った、XSサイズのメロンなの。

フルーツ甘酒、又自家製にしようかな。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
聞きかじり&読みかじりで、、、
実際に見聞きしたことではなく、
聞きかじり&読みかじりで知ったことです。

 藤井聡太2

藤井聡太4段、中学2年生=当時  14歳2ヶ月 =でプロ棋士になって、
デビュー戦以後無傷の29連勝を達成、本当に素晴らしい !。


DSC00430.jpg

礼儀正しく、驕らない、はにかんだ様子も人気のもとでしょうか。
中学生なら、勝利の笑顔が出るのではと思っても出ません。
勝負師としての心意気でしょう。
どこまで伸びるのか…気になりながら、応援していきます。



TVでの特集番組も多いようです。
見逃した番組で、その藤井四段の夢は、

大師匠である・板谷進九段の夢:東海地区にタイトルを持ち帰る:を叶えることだか。

大師匠というのは、藤井四段の師匠:杉本昌隆七段の 師匠:板谷進九段のこと。
1988年47歳で亡くなった(クモ膜下)板谷進九段の夢は、
名古屋に将棋会館を建て、奨励会をつくり、公式対局も行う。で、
藤井四段は、その夢を受け継いでいくこと。

 叶えて欲しいと思うようになっています。


藤井聡太4段1

理由が…あるのです。
全く私的な理由です。

実は、板谷進さんは知り合いでした。
中・高の同期生と言ったらいいのかしら?
男子部と女子部に別れている母校、校舎は勿論、授業も先生も別々。

学年にもよるのでしょうが、私たちの学年は卒業後のある時期から
男・女一緒に集まる機会が増えました。

板谷さんもいらしていました。
が、誰もが(多分)同級生でお酒の好きな楽しい仲間と思い接していました。
みんな、将棋に関心がなかったからでしょう。
急逝されたのも、そんな集まりの暫く後でした。

藤井四段の夢を知って、板谷さんを検索、正直驚きました。

ここで、彼の偉大さや愉快さを知って、意外でした。
いえ、無知過ぎたのですね。

今更ですが、軽く見過ぎていた~と個人的に悔いています。
それもあって、藤井四段に夢を叶えて頂きたいと願うのです。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
表と裏。
物には表と裏があります。
人にも、表の顔と裏の顔があるようです。
でもね、表が良くて裏が良くないってことはないと思うのですよ。

草原からの使者
浅田次郎さんの小説に、
吝嗇家で、偏屈で、横暴きわまる父親は、すこぶる身勝手な人間ながら裏表はなかった。
策略のある裏はなかった。
という一説があって、それなりにナルホドでもありますが。


それはともあれ、、、
我が家から徒歩1分の施設に暮らす友人の友子さん。
その訳は、ここで書いています。 → 💕

思うところがあって、少しご無沙汰していましたが昨日訪ね、
デイルームで、素敵な方々に出会いました。

顔見知りの、入居中のご婦人にご面会の明るい笑顔の女性とそのお連れの男性もいい感じ。




          



思いがけない展開で、
チャーミングな女性が、実は≪オユンナさん≫と知りました。
お連れの方は、入居中のご婦人のご家族で、プロダクション関係の方。

実は、オユンナさんのことは帰宅して時間を経て、ようやく思い出しました。
芸能界の方とは思えない、市井の美しい人だったオユンナさん。

夫に話すと、
あぁ~~空に届くような澄んだ美しい声の少女…思い出すな、と。
そう、15歳で紅白最年少出場もあったあの少女の今なんですね。



モンゴルのエリート家族出身で、
幼いころからの英才教育と天賦の才能に恵まれた、おおらかな女性のようです。
モンゴルで音楽の英才教育を受けられた後、日本で学ばれたとか。
その後、名古屋大学の大学院卒業されたという、、、凄い経歴の方でした。

舞台を降りたら普通の人に、
そんなポリシーも表の顔?

きっと、違うと思います。
昨日から、オユンナさんのファンになってしまいました。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
トマトすき焼き。
今日は、月一回の美容室へ行きました。
そこでは、家庭画報を必ず見ます。

中で、エ・エェ~!?だったのが某超高級ホテルの自慢メニュー、
≪トマトすき焼き≫

でもね、写真では美味しそうに見えないの。
ふん、そうなの?って通り過ぎました。



……が、が、
自宅に戻って、時間も経った夕方になって
トマトのすき焼きはきっと美味しい!と確信。

DSC00398.jpg

夫は旅中で留守な今、まずは、実験調理。
一人分の試作とあって、手順・材料共に不純なる省略です。

グラタン皿に玉葱・トマト・エノキ・牛肉・市販のワリシタを入れてグリルを使って焼き煮します。


DSC00402.jpg

途中で、入れ替えなどしたので、出来上がりが違いますね。
これ、もの凄く美味しいです。

見栄えはよくないですが、
いつまでも胃に余韻の残る美味しさ。

小さめのお鍋ですき焼きにしたら最高でしょう。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:19