こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
表と裏。
物には表と裏があります。
人にも、表の顔と裏の顔があるようです。
でもね、表が良くて裏が良くないってことはないと思うのですよ。

草原からの使者
浅田次郎さんの小説に、
吝嗇家で、偏屈で、横暴きわまる父親は、すこぶる身勝手な人間ながら裏表はなかった。
策略のある裏はなかった。
という一説があって、それなりにナルホドでもありますが。


それはともあれ、、、
我が家から徒歩1分の施設に暮らす友人の友子さん。
その訳は、ここで書いています。 → 💕

思うところがあって、少しご無沙汰していましたが昨日訪ね、
デイルームで、素敵な方々に出会いました。

顔見知りの、入居中のご婦人にご面会の明るい笑顔の女性とそのお連れの男性もいい感じ。




          



思いがけない展開で、
チャーミングな女性が、実は≪オユンナさん≫と知りました。
お連れの方は、入居中のご婦人のご家族で、プロダクション関係の方。

実は、オユンナさんのことは帰宅して時間を経て、ようやく思い出しました。
芸能界の方とは思えない、市井の美しい人だったオユンナさん。

夫に話すと、
あぁ~~空に届くような澄んだ美しい声の少女…思い出すな、と。
そう、15歳で紅白最年少出場もあったあの少女の今なんですね。



モンゴルのエリート家族出身で、
幼いころからの英才教育と天賦の才能に恵まれた、おおらかな女性のようです。
モンゴルで音楽の英才教育を受けられた後、日本で学ばれたとか。
その後、名古屋大学の大学院卒業されたという、、、凄い経歴の方でした。

舞台を降りたら普通の人に、
そんなポリシーも表の顔?

きっと、違うと思います。
昨日から、オユンナさんのファンになってしまいました。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10