こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
風に立つライオン / 常設展示室 / 草々不一 / 坂の途中の家 / 後妻業
時の速い流れにのって、あっという間に2018年(平成30年)の大晦日を迎えました。
だらだらと、とりとめもない<こすずめ日記2>ですが、お付合いくださってありがとうございます。

最後に、また本です。
ふり返れば、今年はよく読んだものです。数えたら、呆れたことに、150冊。(゚△゚;ノ)ノ
これからも、よろしくお願いいたします。



風に立つライオン_ さだまさし:著 幻冬舎:発行  ☆☆☆

内容紹介引き写しですが・・・
1987年、熱い志と明るいエネルギーを持つ日本人医師・航一郎は、恋人を長崎に残し、ケニアの病院に向かった。劣悪な環境で奮闘する航一郎の前に、激しい銃創を負った少年兵・ンドゥングが現れる。心を開かないンドゥングだったが、航一郎の熱さ優しさエネルギーを受け、少しずつ変わっていく。そして、遂に医師を志すことを決意するまでにいたる。しかし、その後、航一郎に哀しい運命が訪れ――。2011年3月、医師となったンドゥングは、津波に襲われた石巻を訪れる。そこで出会った避難所明友館のリーダー・木場に航一郎の面影を見る。木場と共に被災者に寄り添うンドゥングは、ある日、かつての自分と同じような目をした少年に出逢い……。ケニアの日本人医師から、かつての少年兵、そして被災地の子供へ。「心」のバトンが繋がった。


著者:さだまさしの歌「風に立つライオン」の基になった実話です。
素晴らしい人達の物語でした。
医師が患者から奪ってはいけない最も大切なものは、命じゃない。希望なんだ。
この言葉には救いがあります。

以前記事に書きましたが、私が実際に医師から希望を奪われた過去を思い出しました。凹み
その時に、別の医者たちから ”それは、正直” と言われた衝撃も思い出しました。



常設展示室 原田マハ:著 新潮社:発行 ☆☆☆

六つの短編集です。中の3編が好きでした。
1. 群青:メトロポリタン美術館で障害者向けプログラム企画とピカソの青色に魅せられた弱視の少女。
4. バラ色の人生:パスポート申請男性の、ゴッホの絵を売る話にのってしまう女。
6. 道:芸術大賞の最終選考会で翠の心を捉えた一本道の絵、見覚えのある風景をたぐり、見る。




草々不一_  朝井まかて:著 講談社:発行 ☆☆☆

原田マハさんと同じくらい好きな作家さんです。
八つの短編集。好きな物と理解しにくいものがありました。

いいなぁ~と感じたのは、
3「蓬莱」大身の旗本家へ婿入りしたはいいが、妻から三つの約束をさせられて。
4「一汁五菜」刀ではなく包丁で仕える江戸城の料理人が、裏稼ぎに精を出す。
5「妻の一分」大石内蔵助の妻、りくにとっての忠臣蔵を、そばで見守った者がいた。
8「草々不一」漢字を読めない隠居侍が、亡き妻の手紙を読むため手習塾に通い始める。

そうそう、                 
タイトルの”草々不一”の意味を、初めて知りました。
草々と不一の2つに分かれる言葉で、

草々の結語に対するペアたる頭語は前略
不一の結語に対するペアたる頭語は冠省

草々は、ぞんざいな走り書きで恐縮です。といった意味合いであり
不一は、思いのたけを十分に尽くせなかったことに対しての恐縮、の意。
今日も新しい出会いでした。




坂の途中の家 角田光代:著 朝日新聞出版:発行 ☆☆☆

「BOOK」データベースからの内容
刑事裁判の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、いつしか彼女の境遇にみずからを重ねていくのだった―。社会を震撼させた乳幼児の虐待死事件と“家族”であることの心と闇に迫る心理サスペンス。

この著者の心理観察は凄いです。
どうしてそこまで読めるのか?多分、非実体験でしょうが、冷静な表現にどきりとします。
まるで自分の心の底を読まれているような、
今も引きずっている取り返せない過去に行きあたってしまいました。




後妻業_ 黒川 博行:著 文芸春秋:発行 ☆

「BOOK」データベースそのままに。
金が欲しいんやったら爺を紹介したる。一千万でも二千万でも、おまえの手練手管で稼げや。妻に先立たれ、結婚相談所で出会った二十二歳歳下の小夜子と同居を始めた老人・中瀬耕造は、脳梗塞で倒れ一命を取り留めたものの意識不明の重体に。だが、その裏で、実は小夜子と結婚相談所を経営する柏木は結託、耕造の財産を手に入れるべく、周到な計画を立てていた。病院に駆けつけた耕造の娘・尚子と朋美は、次第に牙をむく小夜子の本性を知り…。

一時話題になった”後妻業”。
あぁ~・・・そうなんだ。と、妙に納得した部分も。
クワバラ・クワバラ


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
信じることは良いことね。
予報通り、雪景色で目覚めました。
信じて良かった~
DSC07659.jpg




年末のお掃除も終了。
根きり門松も飾って、
お正月花も買いました。

DSC07665.jpg

昨日のうちに・・・ね。


今日は、家籠り。
買い物にも出ません。

DSC02572雪

打ち明ければ、恥ずかしいレベルの歳納めなんですが
:(´◦ω◦`):(ノ´▽`*)b☆(〃▽〃)


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
いちご飴

ピカピカの🍓を頂きました。
笑太のお祖父母さまから、今年もクリスマスプレゼント。

ブログ用

いちご農家さんのご都合次第で日にちはお任せだそうで、
1日遅れに届きました。

そのままでも勿論美味しいのですが、
いちご飴もいいものです。
今日もyoyoさんのご指南で作っています。こちらです。

DSC07640.jpg 

写真、下手ですね。
飾りのピスタチオも雑っぽいし・・・
それでも、美味しく頂きました。



DSC07593.jpg

今年のクリスマスには、こんなサンタさんもやってきました。
広島の親類がから、老人にも楽しい美味しさ。

DSC07596_20181226202327a42.jpg

例年は、お正月バージョンですがこんなクリスマスものも笑顔になります。

お心に感謝・感謝です。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
イルミネーション @ 星ヶ丘テラス
今年もイルミネーションを見に行きました。
イルミ、大好き(o‘∀‘o)*:◦♪

3枚合成

恒例の≪星ヶ丘テラス イルミネーション≫です。
暖かな土曜日だったので、音楽イベントも大盛況♪




2_2018122421044964a.jpg

今年もハウスシリーズでしたが、かなりデザインが変えてありました。
丸みのある建物も、素敵!(写真upしてないわぁ~…)

1_2018122421060941c.jpg

川が流れている…風景。

3_20181224210633b7b.jpg

水晶?違いますね。
でも、きれい^^

DSC07577.jpg

この中に入って、写真に収まる人も。。

堪能しました。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
今日もお勉強。
私、ケチなんです。
勿体ながりなんです。

それでも、出汁昆布は羅臼の良いものを奮発しています。
なので、出汁を取った後の昆布が捨てられません。

出汁を取るときは2㎝角位に切って使い、その後は冷凍保存しています。
ある程度貯まったら、佃煮にします。

DSC07470.jpg

魔法のように、簡単に美味しく出来ます。
種明かしをすれば、
大阪の【神宗(かんそう】が出している、昆布の煮汁と、鰹でんぶ。

a_20181222235415aa3.jpg

お酢と水で柔らかくなるまで煮た昆布を、この煮汁で煮詰め最後に鰹田附を混ぜます。

DSC07462.jpg

今日迷ったのは、先日のしめ鯖に使った昆布をどうしようか?でした。
迷った挙句、ここに混ぜて煮ました。

結果…酸味が強めになりました。
最初にお酢を入れなければよかったのね。
でも、夫は気がついていない様なので黙っておきます。




もう一つの、ちょっと残念は↓

DSC07474.jpg

ネイルカラーの失敗です。
先月気落ちしたサロン、、、この時
今日は、とても居心地よく楽しい会話も弾んで気分は上々でした。

が、ネイリストさんと相談して決めたカラーが、似合わない。。。
私の手と指には若すぎる~~

これからの1カ月:年末年始は、あまり人と会う予定もないし、まぁ、良いことに。

お勉強しました。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
電気ブランと@パソコン教室。
明治時代の浅草を舞台にした小説ではお馴染みの≪電気ブラン≫というお酒。
中でも、太宰治の小説がまず思い出されます。
でも、太宰の小説を読んだのはあまりにも遠い昔のことで、どのように出てきたか?ハテサテ???
その、≪電気ブラン≫が、今でもあるって! 知らなかった~

電気ブラン1

思いがけなく、それを飲む(あ、舐めるかな?)機会がありました。
場所は、、、パソコン教室、、、


ほぼ定期的に、パソコン教室と着付け教室に通っています。
どちらも…実は、雑談教室となってしまっていますが。
そこでの雑談から、先生がお手持ちのものを飲ませて頂いたのです。

神谷バー

≪電気ブラン≫は、アルコール度30度のリキュールで、雑味が残ります。
40度の≪電気ブランオールド≫は、度数は上がっても飲みやすい、とか。

確かに、後口の良い飲みやすいお酒ではありませんでした。
発症元の【神谷バー】では、ビール片手に飲むらしい。


パソコン教室の先生は、お若いです。
娘より年少さんですが、落ち着いた・穏やかな・物知りさんで、とにかく話題が豊富。
歴史・芸術・TV・社会情勢から政治まで、幅広く話せます。

2_20181222001922354.jpg

先生、カードゲームも作られるそうで、実物を見せて頂きました。
簡単な説明を聞いて、あら、面白そう~

1_20181222001840a29.jpg

パッケージのデザインもご自身作。
孫の笑太が、気に入ったら買ってあげようかな。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
💖さば寿司 LOVE💖・・・追記しました。文字色変えています。
美味しそうな、ピチピチの真鯖に出会いました。
久し振りにさば寿司を作りました。

DSC07438枠

一口で食べられる大きさにしました。
背の方…巻き方が歪んで変な形(〃▽〃)

教えられて作り始めたこのしめ鯖が、好きなんです。
生ハム状態で、生っぽいのに柔らかで濃厚です。



作り方、簡単に書きますね。(以前も何回か書いてしつこいかしら)

DSC07409_20181218214822437.jpg

まず、大匙1の砂糖をまぶして、10分



DSC07411.jpg

洗い流して水気を拭き取って、2つまみの塩をまぶします。
冷蔵庫で3時間ねかせます。
昨日、鯖の害虫:アニサキス対策で3日間冷凍して塩抜きをする方法をTVで観ました。
12時間の冷凍で死滅するらしいアニサキス、せめて12時間の冷凍をした方が良さそう。
以後、作り方を変えようかと考えています。

そうそう…冷凍した場合、塩分を抜いた穂が良さそうです。
お酢と水半々に、30分~1時間つけると良いと思います。
その後、お酢だけで本漬けにします。

DSC07416酢

再度洗い流し、皮を剥きひたひたのお酢につけます。
お酢は、あくまで少なめにして…30分おきます。


DSC07418.jpg

酢から上げ、昆布で、包むか上下に挟んで一晩冷蔵庫に入れておきます。
これに、酢飯を載せてラップで巻いて、簀の粉で形成。

ただし、すのこでで巻いてからは、鯖の身の場所が不明。
私のような結果になったりするかもしれません。

味は、変わらないので気にしない事に。(笑)


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
雨上がりの川/どんまい/美しい顔/墨の香/など・・・10冊の本
読み終えた本が溜まってしまいました。
もしかしたら、忘れている物があるかも知れませんが…

今回は、引き写し三昧です。



ご破算など

◆五弁の秋花☆☆  梶よう子:著 新潮社:発行
「みとや・お瑛仕入帖」シリーズの第2作。

◆ご破算で願いましては☆☆  梶よう子:著 新潮社:発行
「みとや・お瑛仕入帖」シリーズの第3作。

「BOOK」データベースから抜き書き。
鍋釜から、手拭い、紅まで店に並ぶものは三十八文均一の「みとや」。猪牙舟を漕がせたら船頭も怖れるしっかり者の看板娘・お瑛と、極楽とんぼの少々頼りない兄・長太郎が切り盛りする。
凸凹コンビが活躍する下町よろず屋繁盛記。ちょっと切なくて、でも心が晴れやかになる時代小説。


◆墨の香☆☆☆  梶よう子:著 幻冬舎:発行

帯をそのままに。
女子とて、芸を極めてならんことはない。出もどりの女流書家の凛とした筆が、硯と墨が溶け合うように、弟子たちの心をほぐしていく。師弟の絆が胸に響く、「書道」歴史小説! 老中・水野忠邦が綱紀粛正に乗り出した江戸時代後期。突然、理由もなく嫁ぎ先から離縁された女流書家の岡島雪江は、心機一転、筆法指南所(書道教室)を始める。
しかし、大酒飲みの師匠・巻菱湖や、かまびすしい弟子の武家娘たち、さらに奥右筆を務める美形の弟・新之丞に振り回される日々。そんなある日、元夫の森高章一郎が「ある事件」に巻き込まれたことを知り――。江戸時代に生きる「書家」とその師弟愛を描いた、人気時代作家の新境地!




希望荘

◆希望荘[杉村三郎シリーズ]☆☆ 宮部みゆき:著 小学館:発行

内容紹介引き写しです。
その部屋には、絶望が住んでいた――。宮部ファン待望の14か月ぶりの現代ミステリー。特に人気の「杉村三郎シリーズ」の第4弾です。本作品は、前作『ペテロの葬列』で、妻の不倫が原因で離し、義父が経営する今多コンツェルンの仕事をも失った杉村三郎の「その後」を描きます。
失意の杉村は私立探偵としていく決意をし、探偵事務所を開業。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。
果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年に起きた女性殺人事件を解決するカギが……!?(表題作「希望荘」)
表題作の他に、「聖域」「砂男」「二重身(ドッペルゲンガー)」の4編を収録。



◆どんまい☆☆☆  重松清:著  講談社:発行

内容紹介。
離婚届を提出する前日。夫との最後の話し合いを終え、自宅――ちぐさ台ニュータウンに娘の香織を連れて帰ってきた洋子。疲労感と将来への不安感でいっぱいだったが、団地の掲示板に〈メンバー募集 年齢・性別ともに不問〉という貼り紙があるのに気づく。ちぐさ台カープという草野球チームの入団募集だった。洋子は、子どもの頃、水島新司の野球マンガ『野球狂の詩』のヒロイン・水原勇気になりたかったことを思い出す。「入るから」。
洋子は念を押すように香織に向かって繰り返す。「お母さん、絶対に入るからね」。
〈ちぐさ台団地の星〉と呼ばれたかつての甲子園球児、要介護の親を田舎に抱えるキャプテン、謎多き老人・カントク、そして娘の香織――草野球チームを通して交錯する「ふつうの人々」の人生を鮮やかに描ききった傑作長編小説。




◆発火点☆☆  真保裕一:著 講談社:発行

商品説明、そのままに。
   12歳の夏、父が殺された。父の友人だった人が、なぜ殺人を犯したのか。どうして、周りは「父親を殺されたかわいそうな子」としか自分を見ないのか。事件以降の9年間、殺人の理由がわからぬ不安と、犯罪被害者として受ける好奇の視線から逃れるため、心を閉ざして生きてきた主人公、杉本敦也。2人の女性との恋愛を通じて大人へと成長し、あらためて過去の出来事を見つめなおした敦也が得た真実とは…。






雨上がりの川


◆廃墟ラブ☆☆  原宏一:著 文芸春秋:発行
ヤッさんシリーズが面白かった著者なので、借りてみました。
愉快で気の張らない読み物が、楽しめました。

内容紹介、そのままです。
閉店屋の五郎は、廃業する店を訪ねて、一人娘の小百合と、東奔西走。
そこで出会った3人のワケアリ女たち。
惚れて、助けて、袖にされ――。
それでも五郎は、人を信じて、走り続ける。

第一話 → 美人社長が経営するスーパーチェーンのお家騒動に巻き込まれ、
神奈川県平塚市で、五郎は警察の御用に。
第二話 → 廃業したラブホテルのラブノートには、心中をほのめかす書き込みが。
消えた謎の女性「アミ」を追いかけて、"赤坂"へ。
第三話 → 元レースクイーンの未亡人が運転するタクシーに乗り、秋のみちのく路へ。
一人娘・小百合の結婚話に五郎はやきもき。
喜怒哀楽を刺激する、中篇三話を収録。





◆お友だちからお願いします☆ 三浦しをん:著 大和書房:発行
好きな作家さんですが、これまでのものとはかなり違う印象でした。

新聞や雑誌に連載されたらしい、エッセイの寄せ集めらしい。
そのためか、各編の長さがいろいろ。とても短いものもあったりします。
時々感じる、有名人のお遊び?。


◆雨上がりの川☆☆☆ 森沢明夫:著 幻冬舎:発行

内容紹介そのままです。
春香がいじめに遭ったことをきっかけに、ぎくしゃくし始める川合家の日常。
そんな一家の前に現れたのは……。
少女の小さな嘘が生み出す奇跡の物語。ラストは感涙必至!

この著者の本≪虹の岬の喫茶店≫が、好きでした。
その後、吉永小百合さんの主演で映画化されたとか。こちら。
映画は、観ていません。想像だけにしたいお店です。




美しい顔

◆美しい顔☆  北条裕子:著 講談社(雑誌群像)収納
第61回 群像新人文学賞 当選作品。

3・11で被害を受けた高校生を主人公にしたこの小説は、芥川賞候補作にもなりました。
同時に、内容の一部分に剽窃疑惑問題が発生し、取りざたされた小説でもあります。
剽窃(ひょうせつ)…初めて知った言葉でした。意味は、他人の著作から部分的に文章、語句、筋、  思想などを盗み、自作の中に自分のものとして用いること。
     他人の作品をそっくりそのまま自分のものと偽る盗用とは異なる。

この小説は、この剽窃問題さえなければ素晴らしいと、多くの方々の絶賛と高評価を受けています。
でも、私はそんなに良いとは思えませんでした。

まず拘ったことは、作者が現地には行かないで書いた小説だということです。
フィクションとは言え、あの未だ傷の癒えない復興の目途も覚束ない大災害を描くにあたって、
主人公の高校生になりきるのは、遠くからの見聞と想像だけでよいのかな?と。
(著者を含めた多くの人々は、そこが想像力の豊かさと言われますが。)

被災地でのマスコミ取材の身勝手さや、生きることの意味などうなずけることもありましたが、
どこか、なにかが私の気持ちから遠ざかりました。

ということで、星は1つ★

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
マリーアントワネット @ 御園座
誘って頂いて、ミュージカル観劇。
新しくなった御園座で≪マリーアントワネット ≫

御園座

華やかな赤に心浮き立つ御園座は、客席数が減ってこじんまりした印象です。
以前はあった、食堂や広い売店もなくなっていました。

歌舞伎座や、松竹座のように、お弁当を席で食べられるようになりました。
でも、それにしては…まだ、狭いスペースだわ~

a_20181214223523347.jpg

◇出演者
マリー・アントワネット:花總まり、笹本玲奈(Wキャスト)
マルグリット・アルノー:ソニン、昆夏美(Wキャスト)
フェルセン伯爵:古川雄大
オルレアン公:吉原光夫
ルイ16世:佐藤隆紀、原田優一(Wキャスト)
レオナール:駒田一
ローズ・ベルタン:彩吹真央
ジャック・エベール:坂元健児
ランバル公爵夫人:彩乃かなみ  ほか

wキャスト、この日の出演者はを変えておきました。


始まりは、舞台が狭いなぁ~と感じていたのですが、
後半(最後になるにしたがって)奥行きの深さが見事に生かされた良い雰囲気になりました。


豊かな声量と美しい衣装、素晴らしい舞台装置…そして、とてもわかり易い進展。
心地よい3時間を過ごしました。
誘ってくださって、感謝です。


二人のその日の装い、こんなんでした。

s_201812142300357bc.jpg

華やかな訪問着と帯。
上背のある着姿、羨ましい~といつも思います。

h_20181214230100392.jpg

髭紬の無地の長着に、ト音記号とサックス🎷が刺繍してある半幅帯。
音楽会などには出番が多い帯で行きました。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
予定通り…💖
バタバタの一週間、明日でいつもの暮らしに戻れそうです。

そんな昨日は、気になっていたお店に予定通り行きました。

DSC07358.jpg

雑談が楽しい歯医者さんが、お勧めのグルメ情報。
4軒教わった内の一軒が、友人の住まいの近くらしい。

ご家族は時々利用されるようですが、彼女は行ったことがないとか。
行きましょうと約束はしても、いろいろな事情で延期が重なっていました。
ようやく都合が合いました。


ステーキが美味しいらしいので、
奮発(私にとっては、です)しました~
魚料理とステーキのランチ。


ステーキ

わ!
ホント、美味しい。

珍しいことに、男性客ばかり。
夫もきっと気に入ると思います。
近いうちに連れて行ってアゲヨウ^^

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2