こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
樹木希林120の遺言 / ラストレター / ひと / 慈雨 /…など8冊の本
樹木希林120の遺言  樹木希林:著 宝島社:発行

2018年9月15日に他界された、希林さんが時の人になったようです。
これは、樹木さんが生前に遺した120の言葉がまとめられている本です。
今朝のニュースで、直近半年間で売れた本の3位と知りました。
もっと驚くのは、1位も希林さんの著作だとか。

私は、この本をお隣さんからお借りして読みました。
お隣さんは、お知り合いから借りられたもの…又借りですね。

物凄く深い学書!と思いました。
最晩年の映画やNHKのドキュメンタリーで素晴らしい女優さんだ^^と感銘を受けたことは事実。
ただ、このブームには不思議な違和感も。。。

ミレイ作「オフィーリア」い
それにしても、本の表紙はいいな。

ミレイ作「オフィーリア」2
これ(ミレイ作「オフィーリア」)のもじりらしいですが。
いいなぁ~~





ラストレター さだまさし:著 朝日新聞出版:発行

内容(「BOOK」データベースより)↓
聴取率0%台。深夜のラジオ番組の大改革に、入社4年目の新米アナウンサーが名乗り出る。「自分が小さな人生を生きているってみんなわかっているんです。でも、一山いくらじゃないんです。そんな小さな人生を伝えたいと誰もが思っている筈です。そんな葉書を…小声で、ただひたすら愚直に読んであげるのはどうでしょうか」とは言うものの、ライバル局からは意地悪され、生放送中にはトラブルが続出。本当にこの番組はうまくいくのか!?「さだまさしのセイ!ヤング」を12年半続けた経験にもとづく、心温まる深夜ラジオ小説


読んだのが、≪今夜も生でさだまさし≫の翌日でした。
大好きなさだまさしサンの、
話し方や声が、そのまま本を読みながら甦り……
もう、笑えました! 涙が出るほど!! 大きな声で、アハアハアハハハ!!!
いろ~んな意味もあって面白かった♪(*^^)o∀*∀oった^*)♪





 ひと 小野寺 史宜:著 祥伝社:発行

内容紹介引き写しです。
たった一人になった。でも、ひとりきりじゃなかった。

両親を亡くし、大学をやめた二十歳の秋。
見えなくなった未来に光が射したのは、
コロッケを一個、譲った時だった――。

激しく胸を打つ、青さ弾ける傑作青春小説!

母の故郷の鳥取で店を開くも失敗、交通事故死した調理師の父。
女手ひとつ、学食で働きながら一人っ子の僕を東京の大学に進ませてくれた母。
――その母が急死した。柏木聖輔は二十歳の秋、たった一人になった。
全財産は百五十万円、奨学金を返せる自信はなく、大学は中退。
仕事を探さなければと思いつつ、動き出せない日々が続いた。
そんなある日の午後、空腹に負けて吸い寄せられた商店街の総菜屋で、買おうとしていた
最後に残った五十円コロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに……。

そんな君を見ている人が、きっといる――。

その通り、一人じゃないを応援する頼もしい青春小説でした。
久し振りに、感激。





慈雨  柚月裕子:著 集英社:発行

定年退職し、お遍路をする元警官が、少女誘拐事件の発生を知る。
それは、16年間に自ら捜査にあたった事件に酷似していた。
手がかりなく難航する捜査。
後輩に協力しながらも元警官の胸に渦巻く過去の事件への悔恨と葛藤とは……。
時間と空間を超えて織りなされるドラマは、やがて驚きと感動の結末へ!

新聞で↑を見て読みたいと思った本。
先に廻って来た(図書館から)お隣からお借りしました。

失望なく、感動を持って読みました。
この事件…知っているというか、覚えています。かなり複雑な感情も。




弁護側の証人 小泉喜美子:著  集英社文庫:発行

これも、新聞で知った本。
過去に入手困難になり、問い合わせが殺到した、伝説のミステリー。と。
一度は世に埋もれてしまった名作です。
あなたの手で救い出して内容をお確かめ下さい。とも。

上手なコピーに乗りました。
エラリークイーンなどの翻訳者でもあった著者。
ご自身の著作なのに、まるで正統派・ほんかくミステリーの翻訳調で書かれていました。

面白かったのですが、途中で先が読めたりもして~~~


「BOOK」データベース引き写しです↓
ヌードダンサーのミミイ・ローイこと漣子は八島財閥の御曹司・杉彦と恋に落ち、玉の輿に乗った。しかし幸福な新婚生活は長くは続かなかった。義父である当主・龍之助が何者かに殺害されたのだ。真犯人は誰なのか?弁護側が召喚した証人をめぐって、生死を賭けた法廷での闘いが始まる。「弁護側の証人」とは果たして何者なのか?日本ミステリー史に燦然と輝く、伝説の名作がいま甦る。





沈黙の檻 堂場瞬一:著 中央公論社:発行

「BOOK」データベース引き写しです↓
迷宮入りした17年前の殺人事件の犯人だと名指しされた運送会社社長・末松。なぜか犯行を否定せず、マスコミに「ノーコメント」と繰り返すのみ。その末松の命が狙われた。警護を命じられた所轄署の刑事・氷室は、彼の人間的魅力に惹かれ始める。一方、かつての事件で実父を殺された青年タケは、親父と慕う末松の無実を信じていた。そして新たな殺人が…。
哀切なる警察小説、堂場瞬一の新境地。書き下ろし長篇ミステリー。

夫から廻って来た本です。
全くの”無”で読みましたが、かなりほろりと入れ込みました。




お茶壺道中 梶よう子:著 角川書店:発行

内容紹介引き写しです↓

「これが将軍にお届けする。最後の御茶です」 注目の著者による、時代長編

移りゆく時代にあっても、変わらないものとは──。
将軍に献上される御茶を、毎年初夏に宇治から江戸へ運ぶ行列──御茶壷道中。その行列を見るのを楽しみにしている宇治出身の仁吉は、日本橋の葉茶屋・森山園の奉公人だ。
安政六年の今年も、間もなくその行列がやってこようとしていた。仁吉は十五歳になり大旦那太兵衛のもと元服を無事を終え「仁太郎」の名を与えられたが、孫娘で内儀のお徳は、なにかと彼に厳しくあたるのだった。そんな矢先、彼は、太兵衛に連れられて、旗本の阿部正外の屋敷を訪ねることになる──。阿部との出逢いが、日本一の葉茶屋を目指す仁太郎の人生を、大きく変えようとしていた。



お茶をが美味しそうで……度々お茶タイム。
著者にしては、少し物足りないと感じます。
どこが?フム、わかりませんが、あまりにも都合よく事が運びすぎるからかなぁ。

碾茶(てんちゃ)と煎茶は違うと文中に出てきます。
碾茶は、蒸し製緑茶の一種で抹茶の原料。中国茶の一つである甜茶とは異なる種類らしい。 こちら




悪魔の種子 内田康夫:著 幻冬舎:発行

「BOOK」データベースからです。 ↓

神の領域を侵す禁忌が殺意をもたらす―?何百億もの利益を生む「花粉症緩和米」が招いた連続殺人事件に、名探偵・浅見光彦が挑む!傑作長編ミステリ。


悪魔の種子の意味が、遺伝子組み換えの農作物を指します。
コメの遺伝子を組み換え、「花粉症緩和米」を作る。
実際開発中らしい。
遺伝子組み換えと政治がらみの利権を生々しく描いています。
ナルホド、、、


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
雨の日には、お茶を。
真夏を思わせる猛暑が一休み。
久し振りの雨で、気温も一気に10度近く↘に。。。

こんな日は、
ゆっくり、お茶でも飲みますか。

美味しい

ぺぎが、出張土産に持ってきてくれたお菓子があります。


巷で噂の、並ばないと買えないお店の季節限定だそうです。
苺スイーツ専門店 9d470ef.jpg「オードリー(AUDREY)」…30分並んだって~

ーモンドクランチポッキー、これ、美味しいわ♪
大好き💖見かけたら、必ず買います。


そして、今のところ一番好きなクッキー(ドライケーキが正式名称)。
WESTで、新発売(?)だったこれ。
オーブントースターで20秒くらい温めて、、、
シ・ア・ワ・セ。



━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━


PS。不幸な悲しすぎる事件が、川崎でありました。
勝手に幸せ、申し訳なくなります。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
ばら祭り@ 花フェスタ記念公園
DSC00330.jpg

岐阜県可児市の DSC00348マーク【花フェスタ記念公園】のばら祭りは、有名です。




DSC00326.jpg

5月とは思えない真夏日の予報ですが、行きました。
所用で午前中我が家に来たぺぎに、片道だけ連れて行って貰い、
帰りは、電車などで自力帰宅します。



DSC00248.jpg

なんといっても車移動は楽チン (o‘∀‘o)*:◦♪だわ。



DSC00255.jpg

思っていたより混んでいないように感じるのは、暑さと広さで、でしょうか。
食事や休憩もさぞかし…と、パーキングエリアで軽く摘まみ食いして行きました。
でも、心配無用でした。


DSC00254.jpg


ただ、人以上にバラが熱中症?
萎れたり、枯れたりで可哀想な状態。




DSC00306.jpg

DSC00309.jpg

出会ったたくさんの薔薇の中でも、これが一番好きでした。
一重の桜のような薄いピンクの優しい風情。DSC00308.jpg





青いバラ

いろいろ、いいなぁ~と心惹かれる薔薇たちに出会いましたが、
ここは、絞って青いバラスペースで出会ったものを。
実際は青いバラと言っても、プルー系のピンクの花々です。



本当に青いバラが誕生した時の為のスペースは空けてあるそうです。




DSC00380_20190526134014eb6.jpg    DSC00381_201905261340480cf.jpg
  
 ↑
これは、帰りに出会った方に移させて頂いた、珍しいもの。
≪クロードモネ≫だそうです。
有名だそうですが、物知らずで写真を撮らせて頂きました。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
運転経歴証明書。
DSC00208a.jpg

免許証は身分証明の為にだけ必要な私、
思い切って返上することにしました。

重要運転免許更新に関わるお知らせ を受け取ったのは、誕生日の5か月前。
誕生日の1か月後までの半年間に手続きをすればいいらしい。

認知機能検査は大変込み合います。今すぐに電話予約を、とあります。

受け取ったのが土曜日。
月曜に電話をしましたら、一番早い予約は9月2日でした。

それだけでは済みません。
認知機能検査の結果の郵送を待って、再度講習の予約が必要ですと。

そして、こすずめの場合・・・
誕生日の1か月先の期間内に予約は無理でしょう、とも。
(認知機能検査の結果の郵送ではなく、当日に結果がわかる方法もあるとのことですが)


20190523_133955.jpg

たしか、この前の更新時=3年前=には
誕生日の1か月前~1か月後までの3か月間に、1日だけの検査だったはず。

いつの間にか、以前より複雑化したの?

1_201905242052014b4.jpg

今回、免許の自主返納をした場合【運転経歴証明書】の交付を知りました。
多分、これも最近できた制度らしいのですが、

これは、生涯通用する身分証明書になります。
運転試験場での手続きならば、写真も撮って貰え、即交付されます。

DSC00205.jpg

生涯通用する身分証明書、これで良いわ~

DSC00206.jpg

自治体によって異なる”ご褒美”、
名古屋では交通系プリペイドカード(マナカ)の5000円分チャージ券がもらえるそうです。
ただし、要自己申請が面倒  o(`ω´ )o



だんだん複雑で面倒になる高齢者の免許更新手続きは、
きっと、高齢者の免許返上を狙っての方策ネ。

ま、良いことですが。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
浮世絵キルト6回目
浮世絵キルト6回目で…色が入りました。
フェルトを、切って、縦マツリで縫い付けます。

無題

布目がないフェルトは、切れ端から生地が解けない程度が難しい。
針を入れる場所は、浅すぎず深すぎずにと by 先生。

DSC00201.jpg

細かい部分は、特に難しく
針目も不揃いで、仕上がりは汚くてやり直しことになるかも知れません。。


5回目と6回目

先回との比較です。

原図

これは原図。


次は、どうなるのでしょう。
一カ月先が、楽しみです。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
ぱせり似?ブローチ
ビーズ細工の白プーブローチ、要る?と聞かれたら、
あ、欲しい♪と即答です。

白いプードル物は、レアなんですから。

DSC00169.jpg

ということで、送って(贈って)貰いました。
ウム?お顔は似ているかも?ですが、かなりドスコイちゃんだわ。
ぱせりは、もう少し細身だったな。でも、いいよ。大切にするわ。

DSC00160.jpg

一緒に、プレッツェル型のブローチと、

DSC00164_201905191450394d4.jpg

≪マモン・エ・フィーユ≫のクッキーも。

ここのクッキーは、
完全手づくりの、数量限定販売の”幻のクッキー”と言われているらしい。

HPを覗いたら、確かに美味しそう~
取り寄せをしようかな、と思いながら、
笑太たちの住まいのご近所なので、今度行ったら買ってみようかと思っていました。



それを知っているねえこが入れてくれました。

DSC00185_20190519143439566.jpg

ナルホド、手作り。。。
形や大きさ、厚みなど微妙に違っていますネ。

その味は、美味しいです。確かに、素材がいいです。
ただ、個人的には少し甘すぎかなぁ?


これまでで一番好きなクッキー(正確にはドライケーキ)には、ちょっと及ばないような。
でも、間違いなくファンはありますね。
関係する皆さま、ごめんなさい。 (;´Д`)


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
偶の良いこと。
庭野菜のレタスが、小休止状態です。
食べ尽して、新しいものが育つまで後2週間ほどかしら?
代わりに、大根がすくすく育っています。

DSC00151_20190517235346de9.jpg

出番です。

DSC00149.jpg

大根・水菜・竹輪・ミニトマトで作りました。
野菜がイッパイ食べられる・・・これもいいです。




ただ……
何種類か作った内で、個人的にはこれが好きだったような。(でも、曖昧です。)
どこで買ったのか、持ってきてくれたぺぎも思い出せないそうで、検索しました。

P422250_3L1.jpg

HPから問い合わせて、お店=実店舗 がわかりました。
距離的には遠くないけれど、
地理的に行かないイオンまで、一念発起!


野菜売り場でキャンペーン展開中と聞きましたが、気配はありません。
売り場で聞いて、奥から出して頂きました。
何でも、今日届いたばかりの商品とか。聞いてよかったわ~
レタス地獄になったら、出番が多そう。


DSC00154.jpg

そのスーパーで、欲しいと思いながら出会いのなかった赤いティファールに出会いました。

すずめ6 下さい!

欠品中で、入荷の予定なしですって。
すずめ6 あ、これで良いです。

では、2割引きにしますって!!嬉しい(*^_^*)
すずめ6 あ、箱に入れなくていいです。それと、蓋は不要です。

うれしいなぁ~
それだったら3割引きにしますって。
責任者さんのお言葉。ますます嬉しい~v(o゚∀゚o)v

とっても、素晴らしい一日に感謝です。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
跳ぶ男 / 平場の月(1行追記♪…5・16) / 落花 / 中野のお父さんは謎を解くか
跳ぶ男 青山文平:著 文芸春秋社:発行 ★★★

内容紹介です。↓
藩の命運をかけ、少年は舞った。
荒涼たる土地に生まれた十五歳が、芸によって摑んだ一筋の光。

土地も金も水も米もない、ないない尽くしの藤戸藩に、道具役(能役者)の長男として生まれた屋島剛は、幼くして母を亡くし、嫡子としての居場処も失った。
以来、三つ齢上の友・岩船保の手を借りながら独修で能に励んできたが、保が切腹を命じられた。
さらに、藩主が急死し、剛が身代わりとして立てられることに、
そこには、保の言葉と、藩のある事情があった――。

主人公は、江戸時代の小さな貧しい藩のお抱え能師。
「能」が軸になっての物語は、素養がある方には魅力が増すと思います。
残念ながら不調法な私は、その辺りで大変手こずりました。
能をもっと知りたいとも思いました。





平場の月 朝倉かすみ:著 光文社:発行 ★★★

著者の言葉です。↓
『平場の月』は、意外にもパターンとしては悲恋&純愛の王道。
転職、親の介護、離婚を経て今は埼玉の地元で一人暮らし、印刷会社に勤務する五十歳の青砥健将。彼は身体の不調を感じて検査に訪れた病院の売店で、中学時代の同級生、須藤葉子に再会する。
実は彼女、かつて青砥が告白したもののふられた相手だ。
須藤も離婚歴があり今は一人暮らしで、二人は「互助会」と称して近所で酒を飲む仲となる。
そしてほどなく、須藤に大腸がんが発覚。

「好きな女の人が死ぬ、という枠組みで話を書いてみようと思いました。男女逆のパターンは考えなかったですね。男の人が先に死ぬというのは実際多いケースだし、単純に自分がこの枠組みでやってみたかったんです。

平場の作者

男と女の関係が、個人的には理想的でした。
お互い苗字で呼び捨て…この距離感が憧れ。
この作者のもの、少し読んでみようかと思います。

追記です。昨夜 第32回山本周五郎賞作品に なりました (*^_^*)





落花 澤田瞳子:著 中央公論社:発行 ★★★

節をつけて経典を唱える煩唄(ぼんばい)を得意とする仁和寺の寛朝。
煩唄の名手:豊原是緒の教えを乞う為に東国へ向かう。伴には、千歳。
そこで、寛朝は平将門に出会う。

将門は、反逆に荒ぶるならず者と侮られ・謗られる人物だったが…
目的の為には手段選ばない従者の千歳と、
戦争の意味など、自然に感じさせられる物語でした。
澤田瞳子さん、深いなぁ~
で、将門は本当はどんな人物だったのだろうか?気になっています。





中野のお父さんは謎を解くか 北村薫:著 文芸春秋:発行 ★★

文芸部に勤める編集者:田川美希。
仕事などで出会うムム?。小さな不思議を、実家(中野にある)の父に話して聞かせる。
そして、高校の国語教師の父親は、
美希が「難題を抱えて行くと、鮮やかに解いてくれる≪解決≫の自動販売機のような存在だ
↑文中のママ

出版社名や文学賞名などは、架空名でしょうが、
謎解きの文学については本当のことが、実名で書かれている。
よくよく、本を読んでいないとこういう趣向の本は書けないでしょう。
博聞もの、大好き♪

出版社のHPから↓
本好きお父さん、またも日常の謎を快刀乱麻

意外な当て逃げ犯、文豪同士の喧嘩、病床の夫が呟いた言葉の意味。編集者の娘が職場や本の中で出合う謎を父が解く、好評シリーズ

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
単に、疑問です。
陽気に賑々しく迎えた≪新天皇ご即位≫行事。
古式ゆかしく・格式を持った・伝統にのっとった儀式・・・と言えばいいのでしょうね。

特に和装での儀式=祭祀を、
お雛様はお人形ではないのね、と改めての実感で見ていました。

お二人  

天皇陛下だけのお召し物≪黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)≫と
皇后さまの平安装束はこの度のご即位の為に新調されたようですね。


黄櫨染(こうろぜん)

黄櫨染は、
樹皮と蘇芳(すおう)の心材の煎汁に、灰汁(あく)・酢などを混ぜて染めたもので、同じ色になるとは決まっていないそうです。ナルホド、今回の平成天皇ご退位の際のものとは色が違っていました。



ここで、疑問1
天皇・皇后両陛下は、この装束をつけての予行練習(?)はなさったのか?

滅多にお着せするする機会もなさそうな侍従の方は、
ご自身の着付けも含めてどんなに慎重で・手順の整った着付け方法を練習されたのかなぁ。

祭祀についても、滞りなく運ぶための研究と努力はいかばかりだったか。



車から

そして、疑問2
新天皇・皇后さまは、今は元の東宮御所にお住まいなので、
皇居まで、車列を組んでの往復を繰り返されました。

天皇家には、何台のお車(馬車や鳳輦・葱華輦なども含めて)があるのかしら?
         ↑最後に画像を載せますね。
それらは、慎重に保管されているでしょうが、整備士さんや馬の世話も宮中に常駐かなぁ~。


我が国の素晴らしい伝統と文化を、
誇りに思いながらもバカバカシイ疑問を持ったこすずめでした。
裏話、知りたい。
(幻のような話ですが、父の弟嫁は侍従の娘。裏話を知れたかも、なぁ~んて)

葱華輦

葱華輦は、そうかれんと読みます。
葱華輦とは、天皇が神事や臨時の行幸の際に使う輿です。
屋根の上にネギの苞の形の飾りがついています。

鳳輦

屋根の上に鳳凰がついているものが鳳輦です。

mid228-1813.jpg

轜車 (キグルマ 又は ギシャ)で、貴人の棺(ひつぎ)をのせる車。
これは、昭和天皇が轜車から葱華輦に移され、葬場に運ばれたときの様子です。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ある、知らせ。
およそ3週間前の晩の電話以来、
妙に落ち着かない日を過ごしています。

DSC00127_201905102328178f6.jpg

記事にするか、迷ったのですが、、、
記録と記憶の為の日記なので、書くことにしました。



3人での月イチランチ会のメンバーAさんが脳梗塞で入院されたと、
電話連絡をくれたのは、メンバーのKさん。

異変を感じた一人暮らしのAさんは、自分で救急車を呼んだとか。
入院後お嬢さんからの連絡を受けた方から、私にも様子が教えられます。

DSC00123.jpg

詳細は不明のままですが、
その後、脳内出血も起こり、半身まひ+座位は無理に。
意識は確かでも、言葉が不明瞭らしい。


誰からも頼られる、面倒見のいい努力家のAさん。
心配する人は大勢いますが、個人的な動きは慎むことにして、窓口は1つにしました。

DSC00122a.jpg


昨日は、窓口さんへご本人から電話があり、少し明るい展開を感じます。
(電話は、何度も聞き返さないとわからない状態ではあったそうです。)


来週には、リハビリ病院に転院するとの事。
とにかく、何事にも頑張り屋さんなので、回復を期待しています。




それにしても、一人で救急車って…すごいな。
お見舞いに行かれる日をひたすら待ちましょう。
そう言えば…その前日のAさんは、普段に無く饒舌でハイテンションだったとか。
関係があるのかしら?


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2