こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
和服の特典(@^^)/~~~
4人で、和服でランチ会をしました。
そうでもしないと、なかなか和服を着ないので。

お店は、≪カルチェ・ラタン≫。
半地下と中2階の複雑な構造の建物の中、壁面には優しい感じの絵がたくさん飾ってあって…
よく見たら、お値段がついています。(あ、売り物~~)

スタッフの対応はよかったです。
と言うのも、我々の我儘を見事にかなえて下さったし。

料理

これに、スパークリングワインとコーヒーが付きました。
美味しかったのですが、前菜から量が多くて持て余し気味でした。




間近の≪為三郎記念館≫に寄りましょうね。
為三郎と言うのは、『故・古川為三郎』さんのこと。
戦後の名古屋では欠かせない、多方面での活躍と話題が豊かな人物です。

古川記念館

落ち着いた手入れの行き届いた日本家屋、
庭の紅葉を眺めながらのお茶が美味しい~

以前行った時は、閑散と人気の少なかった記念館ですが、この日は続々と人の出入りがありました。
お茶道具がたくさんあったのは、この特別展の為でした。不調法で、申し訳ありません。
特別展「茶 -祈りと楽しみ- 千宗屋好み興福寺中金堂献茶道具初公開」


≪古川美術館≫は、徒歩2~3分の場所にあります。
この日、和服の人は、共通券が半額になりますと受付。
嬉しいです。

美術館は、文芸春秋の表紙絵の原画展と、
それを描いた3人の画家さんの展覧会。
「髙山辰雄 平松礼二 松村公嗣 ~文藝春秋表紙絵とその芸術」展でした。



食事と文化の一日、この日も有難く楽しい思いを存分に味わいました。

おまけ…

集合

もっと、整えれば良いものを、な姿です。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
トレビス / 庭師さん
雨が怪しい昨日(11月27日)、庭師さんが来てくれました。
毎度、急な話で”明日行きます”と。

今年は、珍しく虫が少なくてジューンベリーの葉が美しく残っています。
毎日、楽しんでいたのですが剪定ですね。少し残念。

ジューンベリー

5人で半日ちょっと。
帰られる時になって、☂!


・・・・・・


最近出会って、とて気に入ったものがあります。

DSC01865.jpg

トレビスと言います。
赤いレタスで、チコリっぽい…と思ったら、赤いチコリ:豊川産でした。


肉厚で、一球を4日掛けて食べきりました。
レタスと、庭野菜のラディッシュ、カイワレなどに日替わりいろいろトッピング。
味は、チコリでしたが色も綺麗で大好き♪

DSC01871.jpg

これは、小さなちりめんと素揚げ蓮根を乗せた時です。
夫は、ドレッシングを掛けるのが好き。

私は・・・

DSC01867.jpg

最近、デパートの催事でなんとなく買ってしまったこの塩。
よくわかりませんが、何でもカラダの錆を取るそうです。
つまり酸化した血液を、還元してくれるとか。

お肌の為に~~とか言われて、つい。
でも、これにオリーブオイルが滅法美味しくて気に入っています。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
木村忠太展@ヤマザキマザック美術館
私設の美術館に行きました。
先日の横山美術館の帰りは、
このヤマザキマザック美術館に繋がっている地下鉄の駅を使います。

20191121_144202.jpg


偶々、木村忠太展のオープニングと重なって、
お茶をして居たら、賓客の姿を見かけました。。




木村忠太…実はあまり知りませんが、ちょっと見てみたい。
と、別の日に一人で出掛けました。
常設展は、
音声ガイドの無料貸し出しと、撮影OKがうれしい。
20191121_135624.jpg

広くてゆったり落ち着いた雰囲気が好き♪

木村忠太の世界

木村忠太の作品は、写真の方が素敵。
あまり、感動や感激は・・・うふふでした。
(↑の水色のクロスの部屋写真は、HPからお借りしています)


室内

アンティーク家具とクラシックなガラス製品の部屋💕
ため息~~

20191121_143459混合
こんなのや、


20191121_144019a.jpg

こんなの、大好き。


あさがお

これ、同じものです。
アサガオと言う名前が付けてありました。
いいなぁ~~( ^ω^ )

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
袴。


友だちが、を処分中~
バッサバッサとゴミ用の袋に投入中らしい。と着付けの先生。

”実際にふれたことがない、処分なさる前に是非観たい!”とこすずめ。

20191119_143603.jpg

とりあえず、と袴を貰ってきてくださいました。
お召し(?)の馬乗り袴と、ウールの行灯袴の2着。
(キュロットスカートのように二股に割れて、馬に乗りやすいような形状の馬乗り。
スカートの様な形状で、気楽なのが、行灯です。)



畳んだままごみ袋ビニール袋に入れてあったそうで、出世畳みのままでした。

袴結び

トルソーで袴の着付けをお稽古、前紐は下に行くほど格式があります。
上から、「一文字」「出世結び」「十文字」です。


ぱえる
--- 笑太、幼稚園のひな祭りでの姿です。---




畳みかたも習いました。

a0089450_2382584.jpg

一説によれば(違うという説もありますが)男袴の畳みかたと言われる”出世畳み”。

a0089450_9551058.jpg
女袴の”石畳み”はお稽古しませんでした。


袴の一つを戴くことになって、
実用性から行灯袴を選びました。
荷物が多かったので、まだ手元にはありません。

多分、宝の持ち腐れになると思います。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
わからないこと。知りたいこと。(追記あります)
ちょっと、気になることがあります。


順不同で・・・

その1

DSC01600a.jpg

★ 空に輝く星たち。
いろいろな星座がありますね。
誰が、何故、いくつかの星を結んで星座を作った(名付けた)のかしら?

疑問に思わないで、万人に受け入れられているのがチョット不思議。


追記:星座が、いつ・何故今のように決められたかについて、
知り合いが教えてくれた 比較的わかり易いページです。これです。
これを読んでも、私には納得までは行きませんでした。

星空のたくさんの星の、
星座の結び方が不思議でならないから~
何故、在れとあれを結んだの?
私は、在れとこっちをつなげたいのに…なんてね。


その2

DSC01590.jpg

最近、親や先祖のことをもっと知っておけばよかったと思うようになっています。

そして、今一番悔やむことは
母が天津から数え年3歳の私と0歳の弟と、1升瓶に解いたミルクだけを持っての引揚げ。
船内の身動きできない人混みは、私の記憶にも少しありますが、

どこの港で上陸し、
どの様にして名古屋まで着き、そこから母の実家に行けたのか。

その3年後、天津で招集された父が帰ってきたのですが、
どの様に消息を知って、なじみの薄い(だろう)母の実家に来られたのか?
是非、知りたかった。
二人の存命中に聞いておけばよかったと悔やまれます。



その3

DSC01620.jpg


このところ、<発達障害>の話題が多くなりました。
よくわかりません。
個性と思い・思われ・受け入れ・入れられていたことが、
最近は発達障害ということになったのかしら?

それが、いいのか?問題があるのか?
う~~む。。。わからない。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
さっぱり塩ラーメンと、横山美術館
流行りの豚骨が苦手で、あっさり塩ラーメンが好みです。
連日のお出掛け5日目は、パソコンの先生から教わったラーメン屋さんに。
パソコン教室の流れで行きました。

並ぶ…を覚悟で、地図をみながら。
小さなカウンターだけの店、少し外で待ち、店内でもちょっと待ちました。

ラーメン

美味しかったです。ただ、少し塩味がきつかった。
同行のお二人は<つけ麺>で、そちらはちょうどいいお味だったとか。


暖かな日差しを浴びて、次の目的地:横山美術館まで、てくてく。

DSC01846.jpg

2年前に出来た、陶磁器を集めた個人美術館。
素晴らしい所蔵品、まだ現役のオーナー氏の収集品です。
(企画展展示品の何倍もありました)

壺1

その為に美術館を作られて…どこまで富裕層!?

カップ&ソーサーなど2

好きな物、

3_20191117200859ea3.jpg

気になるものの一部です。

まだまだ、たくさんありますが、キリがないのでこれまでにします。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
珍しく、外食三昧。
家が好き、閑が好きです。
それでも、お誘いただけばありがたく受けて出かける、それも好き。

結果・・・
10日のクラス会以後、連日出かけることになりました。

なばなの里に行った翌日は、
楽しい夕食の会。


3年ぶりに ロゴ 


焼き鳥やさんですが、丁寧に調理された和食と言う方がいいかも知れません。

料理

コースにしましたが、結構多いです。
ご一緒したお若い方(👨)に、助けて頂きました。

たくさん笑って、話して、美味しく、満足・満足p(*^-^*)q


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
なばなの里…イルミネーション。
17時10分になりました。
チャイムと共に園内が一斉に点灯、別世界になりました。

夜景

昼間はお邪魔虫な配線が、綺麗に見えます。
美しく、幻想的…こんな様子好きです。






anigif_20191114220859125.gif

光のトンネルを抜けて、光の畑(?)をふらふら。
これも、人がホドホドだからですよね。
イルミ満喫(^^♪



DSC01799.jpg

いつまでも見ていたい思いを切り上げて、帰りましょう。

楽しい1日でした。

お付合い、ありがとうございました。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
なばなの里・・・お花畑。
初めてゆっくり、<なばなの里>を巡りました。
広さと、丁寧な管理に感動しました。

バラ園

春に、
又来てみたいと思ったバラ園の薔薇も、見事にたくさん咲いていました。
秋薔薇を、ここまで美しく立派に咲かせるのは大変でしょうね。





DSC01668.jpg

薔薇とは無関係な巨峰のソフトクリーム…ふふ。満足。





DSC01678.jpg

イルミネーショントンネルの、昼の素顔を越えると<お花畑>が!



わぁ!!
広いw(゚o゚)w

DSC01718.jpg

目下、ダリア祭り。
巨大で豪華で華やかなダリア群。
それぞれ美しいのですが、個人的には派手すぎるかな。

蛍星

これが、一番好き💕


DSC01712_201911132331167f8.jpg

勿体ない、貰って帰りたいと思うコスモスを撤去中らしい。
堆肥を入れて、土を作っていました。
聞けば、チューリップの球根を植えるための作業とか。


DSC01721.jpg

すべて手植えされるそうですが、重労働でしょう。
雑草も、根っこからちゃんと抜いていらっしゃいました。

心のこもったお手入れ…入場料が安く感じる瞬間でした。


もう一回、続きます。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
なばなの里…その1
DSC01616_2019111223140229c.jpg

――ベゴニアガーデンで見かけたこれ、虫を獲る装置だそう――

--

横浜からさとこさんが来名。
次の日の予定の為の前泊ですが、遊びましょうね。
さとこさんが、かねて念願の『なばなの里』に行きましょう。

ところが、当日の天気予報では荒れる

そこは、鉄板晴れ女のこすずめ、予報は無視して予定決行します。
だって、荒天に出かけられる場所がない~~

名鉄バスセンターから、35分で行かれました。

1_20191112225519760.jpg

まずは、エネルギー補充!
ドリア、結構多かったのですが、鉄板の下の火がありがたい。

怪しい天候、食事中に大降りの雨☂が。
あぁ~~、トホホかな?

食事が終わるころ、やみました。
陽ざしさえ(^^♪

DSC01675.jpg

まずは、<ベゴニアガーデン>で☂を避けながら、目の保養です。

春、チューリップを見に来た時(ここです)には見過ごした、気になる花々に出会いました。
季節も違うから??


あれも、これも揚げたい気持ちを抑えて、これは珍しくないかしら?と。

DSC01630.jpg

DSC01623.jpg


DSC01642.jpg

DSC01645.jpg

DSC01641_20191112231311c09.jpg

次に続けます。すみません。。。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4