こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
肝をつぶしちゃいました。
これ、何という魚かな?
ざらざらの皮ってことは、カワハギでしょうが…初めて見る魚。
エラブタがない!どこから包丁を入れるのか…?

DSC03848.jpg

適当にやっちゃいますか。
でも固い! 鎧か? な硬さで包丁が入れられない!!!

そこで気づいて(遅いわね)Net検索。
ウスバハギでした。そして、捌き方も判明。しかし、時すでに遅し~~
正しい捌き方をすれば壊れない肝、勝手流で、つぶしちゃいました(トホホ)

DSC03851.jpg

あまりの硬さに、出刃の背を金づちでガンガンしました。
(古すずめ、非力?)

DSC03854.jpg

格闘の末5枚におろして(下手ですね)、半分だけ」お刺身にします。
後は、どうするか?未定のままチルド室に入れています。


🐡


肝をつぶしたのは事実です。が、これにも(◎_◎;)まさに肝をつぶした気分です。


生協で、お勧めの≪お魚BOX≫。
開けてビックリ、こんなに入っていました。

DSC03832.jpg

それぞれ、下ごしらえに挑戦しました。


DSC03863.jpg

カマスは、5%の塩水に40分漬けてから天日干し。その後冷凍です。


・・・・・



DSC03835.jpg

鯖は、しめ鯖にします。
アニサキス対策で、昆布を巻いてから冷凍しました。
しめ鯖、私は最初に砂糖を使います。生ハムのようなねっとり感が出ます。ここ。



・・・・・


DSC03842.jpg

ツバス。

DSC03845_20201028205851cd7.jpg

半身は刺身、半身は、照り焼き用に2切れを冷凍。残りは、葱・焼き豆腐と煮ましょう。


・・・・・


DSC03838_20201028210414092.jpg

石鯛もあります。
調理法は未定で、お腹を出してチルド室に入れてあります。
煮魚かポアレでしょうか。


・・・・・


DSC03841.jpg

コチですね。
これは痛い魚。ヒレや口のとんがりで指を衝きます。チクチク(>_<)
3枚おろしで、骨を取って唐揚げ。中骨も揚げちゃいました。


DSC03865.jpg

白エビも入っていました。
刺身でもOKだそうですが、葱とのかき揚げにしました。




大失敗。✖  。今日の2つ目。

DSC03855_20201028221114386.jpg

小さな紅ズワイ蟹が入っていたのですが…
食べると水っぽくてまずい(;´д`)トホホ

やっぱり渡り蟹が美味しいね。残念😞
冷たい塩水から、甲羅を下にして茹で引揚げる陸揚げ(おかあげ)にしたのに残念。


ところが、、、
呆れますよね。

お魚と一緒に届いた説明書でビックリ(◎_◎;)
届いたのは、茹でてあるものだったらしい。

そういえば、赤くはなかったけれど、蟹さんはピンクだった。
生なら、そんな色はないのにね。

言い訳もできない失敗でした。


DSC03868.jpg

最後に、綺麗なアラからとった出汁で、夕食の一品が出来ました。
美味しいです。幸せです。感謝です。



これだけ入って
≪お魚BOX≫のお値段は、送料込みで3000円弱だったと思います。
今日何度目かの、びっくりです。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
咲き誇る白い花たちとローゼル茶。
清々しく高い青空の下、
暑くもなく寒くもない心地よい秋日和。

大好きな白花がたくさん咲いています。

DSC03800.jpg
乱れ咲き…シュウメイギク。


DSC03807.jpg
気づかなくてごめんなさい…銀木星 銀木犀。


DSC03801.jpg
夕方になるとピンクに変身…酔芙蓉。



DSC03659_2020102618521843f.jpg

春に向けて、チューリップの球根を植え付けました。
今年は、90球。

DSC03796.jpg

色は、何色が咲くかお楽しみの混合色です。



・・・・・・・


お隣さんから≪ローゼル≫要りますか?と頂きました。

DSC03825_20201026185310f68.jpg

名前しか知らなかったローゼルティー、美味しかった。
酸っぱいから、砂糖か蜂蜜を入れると良いと聞きましたが、
いえいえ、そのままで美味しいです。


DSC03824.jpg

顎の部分(皮みたいです)だけを、一人分3個分ほど煮出します。
酸味も想像以下で、サッパリした喉越し。

種を蒔いてみたいな。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
遠来の友と文化のみち散策。
二葉館での≪浮世絵キルトの先生の個展≫訪問は、
横浜と広島から来てくれた友人たちの目的でした。

DSC03771.jpg

私がどう説明しても理解不能な浮世絵キルト、
現物を目にしてようやく納得。
来て・見て・本当に良かった!と感動してくれました。


そして…
会場の二葉館を始め、≪文化のみち≫散策も楽しんでいただけました。
文化のみちの二葉館と撞木館には魅力的なステンドグラスがあります。

 二葉館のものは、草花などを曲線的に扱ったデザイン。
   エミール・ガレを代表とする、柔らかな曲線で描かれた具象模様でアールヌーボーです。

二葉館ステンド

二葉館の次に向かった鐘木館のステンドグラスは、
直線や○△□などの組み合わせ模様のアールデコ

撞木館

豊田自動織機製作所の創業者豊田佐吉の弟、豊田佐助の邸宅も見どころ満載。

佐助邸

防寒のための三重構造の引き戸は、2枚のガラス戸の間に雨戸が締められるようになっています。

佐助邸 ほぞ 3枚戸(写真は借り物です。)

一番外側のガラス戸の枠には凹凸=ほぞ=が刻まれて、隙間風を避ける工夫もされていました。
佐助自身がさんの為に作ったそうです。  

また、2階には無双連子窓というガラス窓もありました。
一般的な引き違いで開けるのではなく、雨戸のように引き込んでの開閉、すっきりしています。

猫間障子と猿棒
雪見障子ならぬ猫間障子は、横に開きます。
障子の桟には飾りを兼ねた面取りは、猿頬(さるぼう)という技法です。です。

家紋

『豊田』を文様化した鶴亀のマーク・・・室内の換気口として、天井に設置されていました。
さすが発明王の弟、かなり遊び心豊かなアイデアマンです。


佐吉邸の隣の春田邸も案内して頂きました。(佐吉邸の管轄です)
(春田邸の一階部分にフレンチレストランがあるのですが、残念ながら満席でした。)


百花百草

ちょっと迷ってしまって…
到着したのが≪百花百草≫
手入れの行き届いたお庭を楽しみながら、ピアノの生演奏を聴きながらお茶。
入館料500円で、お茶もお菓子も自由に頂けます。
お蔵の催事も見せて頂き、疲れを癒します。

遠路、感謝の再会でした。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
目的は≪浮世絵キルトと、おちゃめな編みぐるみ≫by浅野裕子展@二葉館。
タイトルの説明が要りますね。
◆≪浮世絵キルトと、おちゃめな編みぐるみ≫by浅野裕子展は、
浮世絵キルトの先生=浅野裕子先生の作品展です。

二葉館は、川上貞奴の旧邸宅で、
名古屋の歴史・文化を大切に残す≪文化のみち≫にあります。


cats_2020101919375857d.jpg


展覧会は、大賑わいでした。
皆さん、浮世絵キルトに感嘆・興奮されていました。
私:こすずめも一昨年の個展で同じ思いをし、教室に入れて頂いたのでした。



DSC03770.jpg

葛飾北斎が晩年を過ごした、長野県の小布施に残した作品
祭り屋台の天井画、素晴らしい(^^♪


DSC03742.jpg

キルト2

この↑、ひな祭りの画は出来ることなら挑戦したい。
先生にお願いしてみました。

ちょっと難しいけれど、気長にすれば可能とのこと。
目標が出来ました。



編みぐるみ

お茶目な編みぐるみ達。
どこからこの楽しい発想が生まれるのか?楽しいです。

ほんのの一部です。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
渋皮煮
渋皮煮を作りました。

DSC03793.jpg



栗🌰と黒豆枝豆images_20201015204819d69.jpgを頂いた翌日から2日連続で外出しました。
(これについては、明日の記事にしますが)

渋皮煮1

炭酸は入れられない方もありますが、私は入れます。
灰汁で真っ黒な水の取り換えは、細く出した水道水でゆっくりしないと皮が裂けます。

炭酸入りで茹でこぼすことを3回。
炭酸なしで最後に一回茹でこぼします。
火にかける時間は、10分くらいです。

その間、丁寧につまようじや竹串で渋皮の汚れを落とします。
そして、いよいよ砂糖で煮ることに。


…🌰…



やむなく、とぎれとぎれに今朝までの3日間をかけて作ったのですが、
それが原因なのか、
それとも栗の個性なのか、

渋皮煮2

仕上がった渋皮煮の 渋皮が厚く 歯ごたえを感じます。不思議…

久し振りの渋皮煮は、やはり好きです。

渋皮の掃除で、どうしても綺麗にならないものは大抵傷んでいます。
取り分けて、傷みのないところは栗ご飯にしますね。
勿体ないですから。



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
美味しい秋 み~つけた(^^♪
気紛れな気温の変化に戸惑いながらも、
秋を感じるこの頃です。

そんな日、もっと秋!の訪れがありました。

DSC03712.jpg

丹波篠山の黒豆枝豆images_20201015204819d69.jpgと、大きな丹波栗🌰。
毎年、笑太パパのご実家から頂きます。

今年は、良いものがたくさん買えました、と。
(去年は、品薄で何度か買いに行ってくださった様子でした)

DSC03713.jpg

確かに…枝豆の実り具合も成り具合も見事です。


🌰栗は、とりあえず一晩水に漬けておきましょう。
栗ご飯と、渋皮煮にする予定です。

DSC03716.jpg

images_20201015204819d69.jpg枝豆は、3%くらいの塩茹でのあと、塩と味醂を振って軽く炒めたものが好き。
冷めたほうが美味しいです。

DSC03724.jpg

たくさんありますから、
軽くゆでて(2~3分)冷凍にもします。
冷凍のまま数分茹でれば、いつでも美味しい黒豆枝豆に出会えます。

嬉しい・美味しい秋を堪能いたします。
  感謝・感謝 
m(__)m


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:10
夫が家に戻りました。
夫が退院いたしました。
多くの皆さまにご心配を頂いて、本当にありがとうございました。
心から感謝いたします<(_ _*)>

20201008_114110.jpg

一昨日、主治医に面談を申し入れ直接詳しい話を聞くことができました。
MRIの画像など見せて頂きながら、思いつく限りの質問にもお答を得ました。

脳の数か所に点在する血栓で、原因はコレステロール性と判明。
血管にべったり張り付いている塊(なんだっけ?)については、
脳外科の判断を仰ぎます、と主治医。

その結果にも依りますが、多分土曜日の退院は可能でしょうとも。

20201008_111537.jpg

特に連絡もないまま、本日=土曜日に退院しました。
やれやれですが…諸手を挙げて万歳!でもないと、思っていたところへ、

首の血管(頸動脈?)の手術が必要と、
ちょっとした宿題のお持ち帰り~~
どんな手術だろう??


11月の初旬に受診予約。
何故か、一か月位の間を取っての予約です。

その後も現状も、さっぱりわかりません。
ま、重大事なら先方から連絡があるでしょうからと…高をくくっています。


20201008_114907.jpg
―—主治医との面談後、数十年ぶりに食べた懐かしのラーメン―—


暫くは、糖尿病・高血圧そして、コレステロールの数値が上がらないように
気を付ける暮らしになりますが、具体策がよくわかっていません。

20201008_114630.jpg
―—名古屋名物な、寿がきやラーメン。病院内に見つけてしまって…―—

何とかなるかと、毎度お気楽なこすずめ夫婦です。
それでいいのかな?
多分、良いです by 経験。


ご心配頂いた皆様。本当にありがとうございました。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:20
救急車で…。
おととい(10月2日:金)の晩、
夫が入院しました。

右腕・右足の神経が切れたような脱力感を覚えたようです。
会話も出来ますし、文字も乱れはあるものの書けます。


救急車を頼んで、夫を
2階から、布製の折りたためる担架で降ろしていただきました。

img_main_photo.jpg

少し距離のある病院に搬送。
診断は 脳梗塞で、入院が必要。

金曜日の夜のことで、詳しい検査は月曜日=今日 を待たなくてはなりません。
その間、入院用品を整えて…2回往復。
ペギが助けてくれました。良かった~


コロナの影響で、家族は病棟に入れてもらえません。
必要なものの受け渡し(洗濯物とか)は、ドアの外側でスタッフを介して。
…で、現況もわかりません。

今朝は、先生にお話をしたいと申し入れ、電話を頂くことになりました。
目下待機中。



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



ところで、
救急車を安易に呼ばないで!と言われていますよね。
迷ったときには、#7119 大人救急電話相談に電話で相談を、と聞いています。

ところが、これは、全国的ではないのです。

2e8d9f15f4aa32503e876f2b84003e2b-768x523.jpg

赤塗り部分だけが対応しています。(2019年4月17日現在)


こすずめ地方都市では、ネットで問い合わせることになっているのです。

慌てているときに、
そして、老人の場合、ネット検索&問い合わせ、無理でしょう。

頂く返信も時間がかかります。
緊急時には✖だと思います

ちなみに…以下の県が対応している県らしいです。
宮城県・茨城県・埼玉県・東京都
新潟県・大阪府・奈良県・福岡県



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:20