こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
雪に願いを。大晦日。
雪が降ってきました。

DSC04174.jpg

この冬最大の寒波が、数年に一度の大寒波が、日本列島を包み込むそうです。
たくさんの雪が積もっていると覚悟していた今朝、なんとピカピカに晴れてます。

予約してあったお節も、朝のうちに取りに行ってきました。

DSC04175.jpg

そして…先ほどから、雪が降り始めました。
今夜は積もるのでしょうね。


縁起がいいとも言われる、
真っ白な美しい雪。

DSC04176.jpg

雪国の方には、とんでもない疫病神とお叱りを頂きそうですが、
六花・六華・銀花など、美しい別名もあり、
穢れを清めるとも言われます。
(雪ぐと書いて、すすぐと読んだりしますしね。)

フレームDSC02572雪

どうか、今年1年の災厄を溶かし、清めてくださいと祈ってしまいます。
新しい年が健やかな年になりますよう…願います。

今年もお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
Food sealer(フードシーラー)
正しくはVacuum Food Sealer らしい。
そう、真空保存用の道具です。



ぺぎから、こんなの要る?と聞かれて
あってもいいかな と答えておいたものです。

DSC04143.jpg



とりあえず、手元にあったパンで試しました。

ぺぎに教わりながらの挑戦の結果は、
”煎餅化パン” と”空気が少し残った感のパン”が出来ました。

この差はナニ?

DSC04146.jpg


貰ってから焼く2日経ちましたが、
以後まだ使っていません。

が、
研究しながら使いこなしたいと思っています。

我が家の場合、多分、かなり重宝しそう。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
クリマスプレゼント@病院
クリスマスに浮かれることのないまま、
夫の通院に同行しました。

20201225_095430.jpg

10時半の診察予約ですが、
その前に脳・首・頸動脈のMRI撮影を済ませます。

不思議なシステムの病院で、MRI撮影予約は3時30分なのに
診察の10時半前に撮影がしていただけるらしい。

受付は、「今日はそんな人が多くって。暮だからでしょうかね」ですと。
到着時間ではなく、予約時間優先だそうで11時半まで待ちました。


20201225_104124.jpg

診察時間の予約も1時間遅れで…待つだけでくたびれますね。

私が定期的に通院している大学病院は、こういう待たされ方はしません。
予定外の検査(MRI・レントゲン・エコーなど)はあり得ませんし、時間通りに進みます。
いろいろなんですね。でも、病人を待たせるのはどうなんでしょう・・・


そして、結果です。
先回の検査結果から悪い方向に向かう様子はない様子でした。

先回の診察時には年明けに手術とほぼ決めてあり、
先生のご意向もあって、ぺぎに同席してもらったのですが不要だったかも。

現況ではもうしばらく定期的な検査を続けることになり、手術は視界から遠ざかりました。

1_20201226185917243.jpg
―—病院の中で、可愛らしい小鳥たちを描いた展覧会を見ました―—

これって、安堵していいのでしょうか。

このまま、安定してくれること
それが、クリスマスプレゼントかな?



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
犬山城
思いがけない成り行きで犬山城に行きました。

2_20201221105731326.jpg

過去に行った時の記憶と全く違っていました。
あれは、何年前の事だったのかしら?と振り返りました。
2007年でした。過去記事です。


犬山城、別名:白帝城は、日本最古の天守閣が国宝に指定されています。
(↑のリンク先で、素晴らしい犬山城の風景がご覧になれます)
1537年 、織田氏(信長の叔父)の築城(って、知ったばかりです)。



1の2


天守閣への階段は、40度か45度はあると思う急傾斜。
怖い・恐い!の声が、あちこちから聞こえます。
この急階段を、昔の小柄な武士たちは勢いよく昇り降りしたのでしょうか?


4_20201221105947f38.jpg

城下町は、観光化していました。
飛騨高山の街にそっくりな雰囲気になって、
懐かしいような錯覚さえ抱きます。

想定外の犬山城、楽しみました。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
大雪情報。
こすずめ地方に、
確定的な大雪情報が出ていた朝。

定例の病院:定期健診の予定日と重なって、
予報通りなら、この時期もあって急なキャンセルもありかな~と。

DSC04082.jpg

それが、この程度の雪化粧。
勿論出かけました。


帰宅後、
複数の電話を受けたり、
60年近い付き合いの友人と、長めの電話。



そして来客:突然の…!。
目下抱えている大切な問題に係る人なので、
(散らばり放題の)リビングに迎えて、、、

真っ暗になるまで雑談+お願いなども。。。

20201216_095624 (002)

我関せずな夫が、夕食の催促めいた様子を控えてくれていたことに感謝です。

謎めきすぎて、皆様には不審の塊でしょうね。
今しばらく、公表を控えさせてくださいね。
すみません、こすずめの記録と記憶の為なのです。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
あれもこれも、、、こすずめバタバタ。
季節感がないまま12月も半分過ぎました。
古すずめは、先生ではありません。
なのに、ちょこまか走り回る日々に息が上がっています。

DSC04070.jpg


図書館から借りた本を読み、
今しばらくは秘密な、あることのために東奔西走(?)、
浮世絵キルトの刺繍も気になりながら、
年賀状準備も必須です。

DSC04074.jpg
―—出かけた先の駅にありました。―—

順番にこなせばいいものを、あれもこれもと気が散ってダメですね。

今日は、腰を据えて賀状関連作業をしました。
簡単なものですが、裏面を仕上げました。


DSC04069.jpg

今は、住所録を作っています。
不思議で仕方がないのですが、毎年住所録がPCから消えます。
”筆ぐるめ”にあるはずが、今年もすっかり消えています。
過去の住所録が全部消えています。


探し回るより作ろ~と、今年はExcelにします。
Excelは、関数を使うとかなり簡単に出来ます。
なのに、何故か関数がうまく作用してくれないものもあって…手入力。

DSC04078_202012141957225af.jpg

今夜は、飽きるまでコツコツ地味な作業をする予定。
でも、飽きるよなぁ~~きっと。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
浮世絵キルト2の6 遅々として・・・・・はかどらない(;´д`)
浮世絵キルトの宿題にてこずっています。

DSC04052.jpg

長着の模様を刺繍します。
花びらを1本どりの糸でサテンステッチで埋めます。

DSC04051.jpg

花びらの淵がギザギザにならないように、
糸が盛り上がらない程度に、隙間なく。

DSC04053.jpg

またまた胃が痛くなりそうなお仕事。
少しやっては、息抜きに離れます。



DSC04061_20201208131911910.jpg

紅玉があったので、簡単にパイも焼いたりして…



1つの花に2時間はかかります、と先生に伝えて呆れられました。


DSC04054あ

先生のチェックの目、
まだ隙間があるので隙間を埋めてね、とさらなる宿題です。
色は良いそうで、色が✖でした。

いつ出来るのか?
先の見えない2作目です。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
柚子ポン酢
お隣さんから、今年もたくさんの柚子を頂きました。

DSC04037.jpg

桃栗三年柿八年、に続く諺はいろいろあるようです。
梅はすいすい十三年、梨はゆるゆる十五年、柚子の大馬鹿十八年、蜜柑のまぬけは二十年

とか、
柚子の大馬鹿十八年、林檎にこにこ二十五年、銀杏のきちがい三十年、女房の不作は六十年、亭主の不作はこれまた一生

など、まだまだあるようです。

DSC04047.jpg

ユズは九年の花盛り、というフレーズが混ざることもあるそうで、
お隣さんの柚子も、花は咲けども実にならずの長かったこと!
諦めて切ってしまおうと思われたその年に初めての収穫。

四年ぐらい前のことで、以後毎年お福分けをありがたく頂いています。


今年も、たくさんの柚子ポン酢が出来ました。
自家製のポン酢は本当に美味しいと気に入っています。


indexゆず

過去記事ですが、作り方です。
どこまでもこすずめ流ですが…以下、約1000㏄の分量です。

出汁醤油

まず、だし醤油@こすずめ流を作ります。
◆2㎝角に切っただし昆布10g と
◆カツオ削り節15g は、
teabagに入れると、取り出す時にいいかと思いました。
◆市販の出汁パック(茅乃舎)1パックを瓶に入れておきます。

酒150㏄+味醂150㏄を煮切り、砂糖1・5+醤油300㏄を瓶に入れます。(これが、だし醤油です)
これに、柚子の絞り汁を400㏄加えて、冷蔵庫で寝かせれば出来上がります。


 DSC07116.jpg

へぎ柚子の千切りは、少しだけ冷凍しましょうか。
無い知恵でようよう思いついたのは、
アルミホイルの上にラップを敷いて、少しずつまとめるように並べる方法。

使う時は鋏で切り取れば適量になるかも知れないと。
果たして、どうかしら?


DSC07106.jpg

絞った汁は、計量カップに流しのゴミ袋をかぶせて種と分けます。
柚子汁は、全部で750㏄取れました。

DSC07123.jpg

先に作っておいた出汁醤油の瓶に400CCの柚子汁を加えて、冷蔵庫へ。

DSC07126.jpg

残った果汁と、千切りの皮、種や絞った後の皮部分は小分けして冷凍します。

これ、入浴剤になります。
暫く、我が家は柚子のお風呂です。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12