こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
イーハトーブ・・・遠野の旅-2 付録付き
2日目、地震で目が覚めました。
朝風呂・・・・・むぅ~~んちょっと迷って入りました。
地震は微振で、気付いたのはまさよさんと私だけ・・・

ホテルの隣にある≪遠野市立博物館≫では、水木しげる作:遠野物語の原画展を開催中。(この本各部屋に置いてありました)
リニューアル間もないというこの博物館、洗練された豊かなアイデイが楽しく退屈しません。
今日は、市のボランティアガイドさんも一緒です。

徒歩で≪とおの昔話村≫、柳田國男が遠野物語を書いた≪高善旅館≫と隠居所が移築されています。
語り部館で、昨日と同じ話を別の人から聞くと全く別の印象です。個性でしょうね。

昭和30年頃の日本の様子がここにありました。
のんびり~~ゆっくり~~時間が流れていそう。
右下の家の造りを≪曲り屋≫といって、人の住む部分に厩が鍵の手に作られています。
小雪ちゃん・・・という名前の小型の白い馬、とっても人懐っこく甘えてくれました。



日本百名山の一つ、早池峰山にある早池峰(はやちね)神社・早池峰神楽は500年以上の歴史がある重要無形民俗文化財。
古い茅葺屋根の赴きが魅力的、と期待して訪れて見ると・・・残念!シルバーのビニールシートですっぽり覆われていました。

                      ?

≪伝承園≫・・・昔話伝説のオシラサマを祀り、願い事を赤い布に書いて着せるお堂もありました。

                   



いよいよ・・・遠野と言えば≪カッパ淵≫。
お寺の火事を消した事のあるという河童。頭のお皿に水が溜められています。お賽銭が・・・・

河童の写真を撮ったところで、カメラ失速してしまいました。
カッパ淵、有名過ぎますからOkでしょう。


ホテルに戻って・・・うふふタイム・・・おやすみなさいませ・・・・


3日目です。
かなりな山道を、登り・下り。

遠野の飢饉を救うため、名僧が彫ったと言われる石仏が何体も・・・五百羅漢と言われています。


遠野旅行卯子酉神社

晴れていて本当に良かった下り道。
今更、縁結びの神様=卯子酉神社(うねとり じんじゃ)に願い事もなく
次、行きましょう~

新花巻まで【はまゆり4号】で移動します。バスは、花巻で迎えてくれます。
この列車には〇〇ナントカとの愛称がありましたが、忘れました。

新花巻からは、再びのバス移動。
宮沢賢治記念見学の前に、≪山猫軒≫でランチタイムです。
もっとそれっぽかったら・・・ためらったかも。骨っぽいこすずめは、出汁にされそう・・・ぶるぶる。


賢治記念館・・・・余りにも豊かな才能に恵まれた賢治、紹介は困難でしょうが、
           まとまり、がなくて、あれもこれも。さながら、私のブログ記事です。反省^^

記念館を含んだ広い敷地・・・
美しい風景で素晴らしい雰囲気・・・
どれだけ、宮沢賢治は愛されているにでしょう。愛の世界でした。

≪注文の多い料理店≫=大好きな題名です=の映画を観たり・・・充分楽しんだ旅は、ここでお終いです。
東北新幹線で・・・いぬの待つ家に帰ります。

付録です ? ちょっと知ったかぶり・・・聞きかじりうん蓄で、すみません。
イーハトーブ・・・宮沢賢治の作った言葉で、岩手県の事です。
          岩手 → イハテ → イーハ これから発展したものらしいです。
          モリーオ(盛岡)、ハームキヤ(花巻)、センダード(仙台)などの造語の賢治の作品に出てきます。

どんとはれ・・・・語り部さんの昔話の始まりは、”昔、あったづもな”そして、お終いは”どんとはれ”
          朝ドラで、【どんと晴れ】があったのを思い出していましたら、違うそうです。
          人と馬が同じ屋根の下に暮らす≪曲が家≫の土間は三和土(たたき)になっています。
          暖房と馬の食事などを作る(温める)穴で火を焚いています。
 
          その周囲で仕事を終える時、立ちあがって身についた汚れを払い落します。
          それが、どんとはれ・・・さぁ、今日の仕事はこれでお終い。です。
関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
この記事のコメント
No title
盛りだくさんの行程。楽しまれたご様子ですが
お疲れになりませんでしたか?
行ったような気になった旅行記、有難うございました^^
  1. 2010/10/22(Fri) 13:36:00
  2. URL
  3. marimari #
  4. [ 編集]
No title
こん (^^
 まとめが、力作ですね。

 ≪曲り屋≫って、親の実家がその作りだったかか、懐かしく感じました。小さい頃、冬休みかなよく遊びにいってて、馬とも仲良しなっりましたね。数十年も前のことなんですが、”ふっ”と思い出しました。
 
 ”懐かしい”

 思い出をありがとう。
 
  1. 2010/10/22(Fri) 21:20:00
  2. URL
  3. Thりーど #
  4. [ 編集]
No title
いい旅でしたね~
愛知牧場です
  1. 2010/10/22(Fri) 22:03:00
  2. URL
  3. ★元気ばば★ #
  4. [ 編集]
No title
本当に盛りだくさんの旅行ですね
岩手と言えば宮沢賢治くらいしか思いつかなかった私です(^_^;)

沢山の写真とそれにまつわるお話にありがとうございます!楽しませていただきました
  1. 2010/10/22(Fri) 23:13:00
  2. URL
  3. j-kakesu #
  4. [ 編集]
No title
良いご旅行されたようでなによりです^^
写真もどれも素敵で。
堪能させていただきました。

曲水の宴、↓素敵ですねー。
タイムスリップしたみたい。
  1. 2010/10/22(Fri) 23:43:00
  2. URL
  3. pata2angel #
  4. [ 編集]
No title
こんにちは。少しご無沙汰いたしましたm(__)m
素敵な遠野の旅でしたね。ゆったりと流れる時間が感じられます。
毛越寺や中尊寺は行きましたが、遠野は憧れの地です。
地元で地元の言葉で聞く語り部さんのお話は心に沁みるでしょうね。
記事と写真とそのレイアウトから、遠野の雰囲気が伝わってきます。
<注文の多い料理店>確かに読んだのですが、内容はほとんど思い出せません(^_^;)
  1. 2010/10/23(Sat) 16:47:00
  2. URL
  3. andante61 #
  4. [ 編集]
No title
marimari さん
幸せな、そして楽ちんな旅でした。
不思議なくらい疲れが出ない旅でした。
一人部屋で、ゆっくり夜を過ごせたのも疲れない事の一つ・・・
有難い事がいっぱいでした。

旅のメモ、退屈ではありませんでしたか?
  1. 2010/10/23(Sat) 18:48:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
Thりーど さん
お母様のご実家は、秋田でしたか?
曲が屋にお住まいだったのですね。
馬も家族と親しい感覚で、懐き方が愛おしいでしょうね。
優しい目をしていますね。
  1. 2010/10/23(Sat) 18:50:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
★元気ばば★  さん
本当に良い旅をさせて貰いました。
岩手が好きになりました。又、行きたいです。

愛知牧場ですか・・・
ひまわりの迷路もここですよね。ありがとうございました。
  1. 2010/10/23(Sat) 18:52:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
j-kakesu さん
私も、同じでした。遠野も初めは岩手県とは知らないで、行きたいと叫んでいたのです。テヘヘ・・・

想像以上に温かく、穏やかな雰囲気でしかも美しい風景・・・また、機会があったら行きたいです。
  1. 2010/10/23(Sat) 18:55:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
pata2angel さん
ありがとうございます。
旅日記、きっと皆さ間には退屈されたでしょうと思いながら、自分の記憶と記録のためもあって書きました。
本当に楽しく幸せな3日間でした。

曲水の宴、京都(城南宮)や九州の太宰府天満宮であるのは聞いていましたが、毛越寺は知りませんでした。
一度見て見たいです。
  1. 2010/10/23(Sat) 19:05:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
andante61 さん
今晩は~
毛越寺や中尊寺、遠野などすべて初めての所でした。
そうなんです、ゆったりと穏やかな人や場所・・・又機会があったら行きたいと思っています。

<注文の多い料理店>・・・道に迷った2人の猟師が見つけたレストラン。入ると、銃を置けだの服を脱いで油を塗り込め~だの・・・いろいろ注文を付けられたその後、オーブンに入れられそうになる話です。
思い出されましたでしょうか?
  1. 2010/10/23(Sat) 19:11:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
今回ボストンの旅でゆっくりじっくりする旅の醍醐味を味わったように思います。
この地もそういう旅で一度訪れてみたいです。
来秋ぐらいに計画しますかね~~。
一度母が倒れた年に東北の旅申し込みまで済ませていたのに母が倒れてキャンセルしたことが有ります。
キャンセル代も払うほどもう直ぐって言うところでした。
リベンジに是非と記事を読ませてもらって思いました。
下にもコメントしていますので読んでくだされば嬉しい!!!(笑)
  1. 2010/10/24(Sun) 09:49:00
  2. URL
  3. yasukon20 #
  4. [ 編集]
No title
yasukon20 さん
申し訳ありません・・・トホホ。今日になってようやく返コメ忘れていた事を発見しました。
本当に行って良かった遠野でした。
また、行きたい位です。

お母様の事が原因ならば、仕方ありませんよね。リベンジ、是非とも!です。
  1. 2010/12/28(Tue) 23:46:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1334-5642a2cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)