こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
日の菜が好き・・・/異端の大義

庭野菜の日の菜、もうそろそろお終いです。
ちょっと固くなってきていますが、大好きな甘酢漬けを作りましょう。


? 身の部分は斜め薄切りに、塩と昆布茶をまぶし、
葉は、塩でもんでアク出し・・・









      甘酢と昆布で翌日から、食べられます。 ⇒
      これは、6時間ほど漬けたもの。
      時間が経つと、もっと濃いピンクになります。






############




楡 周平 : 著
新 潮 社: 発行

楡周平さんの作品は、
【再生巨流】【ゼフィラム】の2つ読んで、
スケールの大きな、前向きな夢を追いかける内容が大好きになりました。

これは、夫が買った本・・・
本棚で見つけて早速読みました。


『シリコンバレーからの帰還──。世界有数の大手電機メーカー・東洋電器産業の高見龍平は、米国の半導体開発部門撤退という大任を果たして帰国した。長い海外勤務から戻った彼の目を驚かせたのは、創業者一族とその取り巻きによる恣意と保身の横行。入社同期で一族に連なる人事本部長へ直言するが、それが仇となる。高見は、工場閉鎖という過酷なリストラ業務を命じられてしまった。』・・・は、表紙裏からの抜粋です。

正義感と責任感にあふれる、主人公:高見龍平。
学生時代からの友人ながら、創業者一族に連なるエリートの常務取締役人事部長:湯下。
二人の対立は湯下の嫉妬に繋がり、退社に追い込まれた高見。なんとまぁ~、小説的な展開でしょう。
週刊誌(サンデー毎日)の連載小説をまとめた物で、
巻末の解説では、モデルは三洋電機ではないかと書かれていました。

正直な感想は、以前読んだ2冊よりは感激が少ないです。
湯下の役職がこの本で書かれている程、独断人事を好き放題に出来るとは・・・身内の同じ立場の人物を知っているだけに浮いた感じがまとわりつきました。


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
この記事のコメント
No title
おはっ (^^
 美味そう!
 熱々のご飯と、熱い味噌汁、海苔と、この甘酢漬けで、ご飯2杯はいけそうです。
 酢は体にいいですよね。 ご飯たべたくなっちゃったなぁ~

 ↓ ラスク どこかでみたような・・と思っていたら
 先日、ネットで注文しておいたラスクが届いたんですが、
 このラスク”〇トーフェスタ ハラダ”と言うのですが、図柄が同じようなんで、びっくりしました。よくよくみると同じじゃないですか。
 配偶者が、以前から限定商品のホワイトチョコレートが欲しいというので、先週注文して、今週に届いたところでした。そのうちに、ブログにと思っていた矢先でした。
 なかなか、いけるラスクでしたよ。山形の麦工房もいける味だが・・・
  1. 2011/02/05(Sat) 06:16:00
  2. URL
  3. Thりーど #
  4. [ 編集]
No title
美味しそうですねぇ~~~
ピンクがとってもきれい~~~
甘酢漬けが大好きな私にはたまりません(^。=)

ちょっと見は生姜の甘酢漬けに見えますね。

ご飯が進みそう~~
  1. 2011/02/05(Sat) 09:05:00
  2. URL
  3. diverharumi #
  4. [ 編集]
No title
おはようございます。
日の菜、きれいですね~。そして美味しそう!
炊きたてご飯と一緒に食べれば、日本人で良かったと思えそうですね。
こちらではあまり見かけません。種を見つけたら作ってみたいです。
読書家のkosuzumeさん。ご主人さまもそうなのですね。
お互い刺激し合って前進されて…。私達も見習わなければいけません。。。
  1. 2011/02/05(Sat) 09:44:00
  2. URL
  3. andante61 #
  4. [ 編集]
No title
Thりーど  さん
まぁ~~それは、失礼しました。
わざわざお取り寄せされたのですね。確かに行列に並ぶより良いかもしれません。限定商品のホワイトチョコレート、いかがでしたか?

日の菜のちょっと刺激のある美味しさ、大好き!
海苔もアツアツの味噌汁も・・・あぁぁぁ、食べたくなります。
  1. 2011/02/05(Sat) 09:53:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
diverharumi さん
京野菜ですよね。
京都に行くと必ずお土産に持って帰るお漬物・・・まさか庭で出来るとは思っていなかったのですが、嬉しい収穫2年目です。
ごはん、進み過ぎるかも。
  1. 2011/02/05(Sat) 09:55:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
andante61 さん
↑でも書きましたが、京野菜です。
お隣さんが作られて以来、真似をして作っています。種は、普通に売っているようですがもし見つからなかったら送っても良いですよ。
本当に、蕪独特の小さなピリ館が何ともいえず食欲を刺激して、ご飯が進みます。

夫とは、趣味が合わなくて・・・お互い勝手に暮らしていますのですよ。
  1. 2011/02/05(Sat) 10:00:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
お庭で作られているのですか?綺麗な色ですね。
甘酢に漬けると色も、鮮やかになりますね。
見た事が、有りませんが、(京野菜)ですか?
旦那様の穂、拝借ですか~~
あらすじ拝見し、ちょっと読んでみたいです~~
  1. 2011/02/05(Sat) 18:48:00
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
No title
pckago さん
猫の額なんですが、夫との2人家族の野菜は色々出来ています。
珍しい野菜や花を次々植えては、失敗が多いですが・・・
これは、蕪の種類です。
京都の旅では必ず買いたくなるお漬物なんですよ。

本、住所を教えて頂けば、差し上げても良いですが・・・
  1. 2011/02/05(Sat) 20:59:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
こんばんは~
あやめ雪に似たコントラスト♪
日の菜ですか~大根?と思ったら蕪なんですね。
コレも植えてみたいですね。
  1. 2011/02/05(Sat) 21:52:00
  2. URL
  3. hokkori-hime #
  4. [ 編集]
No title
日の菜・・・綺麗な色!
京都のお漬物では有名ですが、あまり食べた事ないんです~
  1. 2011/02/05(Sat) 22:12:00
  2. URL
  3. j-kakesu #
  4. [ 編集]
No title
ほっこりさん
そうなんです、そっくりでしょ。
あやめ雪より、蕪のピリ感がありますが病みつきになります。
栽培、お試しくださいますか?結果、教えて下さいね。
  1. 2011/02/05(Sat) 23:05:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
j-kakesu さん
甘酢で、濃いピンクに変身します。
色も美しいのですが、味もビューティフルです。
  1. 2011/02/05(Sat) 23:07:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1411-c2d00c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)