こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
傾聴3回目
大地震、時間と共に呼び方に変化があります。
初めは、東北地方太平洋沖地震でしたが、
いつの間にか東北関東大地震となり、
更には、東日本巨大地震 とか、東日本大震災 など、それぞれの呼び方。どれが、本当でしょう?



久々に日常に戻って、聴講座(3回目)に参加しました。

聴の基本は、
その人の事だけ受容、共感するのであって同意や同情をするのではない、のです。

それによって、自分に関心を持ってくれる人が居る。
自分の為に、自分の側に誰かが居てくれる喜びを人は感じます。と教わりました。


今日=3月20日=の日経新聞21面記事で、
 1週間経った大地震と大津波の被災者への精神的な支援の必要性が書かれています。
 なぜ自分だけ生き残ったのか
 『肉親を助けられなかったのか
 自責の念と、恐怖の体験のフラッシュバックが現れやすいそうです。
 
 被災された方々の心の安定のためには食事などの生活環境と、生きるうえでの不安を取り除くことが大切で、
 感情を吐き出せるように寄り添い、聞き役に徹して丁寧に耳を傾けて・・・
と大きな文字が目につきました。


 き役に徹して丁寧に耳を傾ける・・・これは、聴でしょう。
 聴での良い聞き手の条件は、聞き手は話さない(原則)と相手の人格を尊重すること、そして共感することなどです。
 その為には、 助言しない
          結論を出さない
          お説教をしない  
          自分の考えを押し付けない・・・が、基本になります。

 相手の話に反論や批判、否定をしないで
 最後まできちんと話を聞くこと、そして、安易に元気づけないと、注意されています。
 しっかり寄り添って相手を受容し、共感を持って話をしていると、相手は「気づき」を得るということです。

そして、まだ傾聴の勉強を始めたばかりの私には疑問が芽生えています。
今回の様な場合でも、助言や元気づけは御法度なのか?ということ。
それ以前に、こんな場合は聴ではないのかしら・・・?



関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
この記事のコメント
No title
おはっ (^^
 地震の呼び方って地震の規模・被害状況が明確になって行く過程の呼び名ですね。
 それだけ、混乱と判明するつどに被害の大きさに”唖然”としました、「東日本大震災」。
 特にこの震災は、津波の怖さを認識するのには、十二分すぎる。

 震災でなくなられた方、ご冥福をお祈りします。 (合掌
  1. 2011/03/21(Mon) 06:59:00
  2. URL
  3. Thりーど #
  4. [ 編集]
No title
80歳を越えたご夫婦が自分たちが助かってしまって、本当に喜んでいいものかと涙を流して話していました。
家もない、お金もない、みんななくなってしまって生きる目的がないとも・・・

こんな方にどんな言葉をかけることができるでしょうか。
物資が整い、そしてこれからは心との葛藤が始まりますね。

神戸の地震で経験した方のお話を聞いてみたいです。
どんな風にして乗り越えてきたのか。
もしかしたら、まだ乗り越えてないかもしれませんが・・・

傾聴で少しでも心が救えるのならばお役に立ちたいですね。
  1. 2011/03/21(Mon) 09:08:00
  2. URL
  3. diverharumi #
  4. [ 編集]
No title
おはようございます。
↓の記事のこと読ませていただきました。
一理あると思いますが今はみんなが節電を・と思っているところ。少しだけ違和感を感じますね。
以前 岡山に居りました頃がん患者さんのご家族を支える意味での電話相談の講習に行って さらに先に進む為に作文と面接を受けて合格したのですが その一週間後夫の転勤がきまり駄目になった事がありました。
kosuzumeさんの傾聴の記事を読ませていただくたびに
私は続けることが出来ただろうか?出来なかっただろうか?と思います。
難しいことですね。
気持ちに寄り添うって・・といつも思っています。
  1. 2011/03/21(Mon) 09:42:00
  2. URL
  3. yasukon20 #
  4. [ 編集]
No title
おはようございます。
傾聴難しいですが、被災されたかたがたにとっては大切なこと。
この間何かで見たのですが、向かい合わせに座って聞くよりも、隣に並んで聞く方がよいとか、それこそ寄り添うということなんだろうなと。
  1. 2011/03/21(Mon) 09:53:00
  2. URL
  3. hokkori-hime #
  4. [ 編集]
No title
こすずめさんの哀悼の意の伝わる素敵な画像↑↓と言葉。
新聞の記事で、NZの震災で恋人を亡くした方が『頑張れと言わないで』
という手記がありました。
目に見えないものへの援助は難しいですが、一番必要な事だと感じます。
この震災で、国民ならず、全人類が良い方向へ進めることを祈ります。
何かを学んで、生きて生かされていきたいものです。
  1. 2011/03/21(Mon) 16:48:00
  2. URL
  3. くまさん #
  4. [ 編集]
No title
そうですね、色々呼び方が違ってきていますが。。。。
少しづつ復興に向けて進んでいる様ですが。。。。
今や心の問題が重要とか?
有る助かった老夫婦が助かったのは嬉しいですが。。。
気持ちは複雑ですと、若い方が沢山亡くなり、一瞬にして家も無くなりどの様にすれば良いか分からないと涙ながら語っておられました。物資も大事ですが之からは
精神的な支援が最も大事になってくるでしょ~~
  1. 2011/03/21(Mon) 17:06:00
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
No title
Thりーど さん
地震と津波だけでも大変なうえに、原発の事故まで・・・それも、広域にわたっての大災害です。
当初、【東北地方太平洋沖地震】に決まったと聞きました。ちょっと長いので簡略化してそれぞれ・・・でしょうか。

被害に遭われた方、お身内の行方が分からない方、亡くなられた方・・・お気の毒です。言葉が見つかりません。
  1. 2011/03/21(Mon) 20:13:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
diverharumi さん
自責の念、お辛いでしょうね。
何もかもなくなって、生きる目的を持ってともなかなか言えませんよね。

今、明るくうれしいニュースは神戸での被災経験の方々の温かい励ましと行動です。
あの時良くして貰ったから・・・と。
出来る時に出来ることを、しなくってはと思います。

傾聴・・・まだ、なにも出来ませんが、そして難しいですが、出来るだけ続けます。
  1. 2011/03/21(Mon) 20:24:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
yasukon20 さん
がん患者さんへの寄り添い、以前うかがいましたね。
言葉やしぐさ、ちょっと間違えると相手を深く傷つけてしまいますよね。
傾聴、まだ概念しかわかりません。
スキルのお話を聞いても、判らなかったり、疑問に思ったり・・・消化できていないのです。
私には、とても難しいし、無理かもしれないと弱気も起しています。

でも、せっかくですし自分の成長の為に、続けて見たいとおもっています。
  1. 2011/03/21(Mon) 20:30:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
ほっこり さん
傾聴は、今の私にはかなり難しいです。
相手の言葉を繰り返したり、相手の思いを確認したりしながら答えを自分で出すように仕向ける・・・なかなか出来ません。

そうなんです。聞き手と話し手の位置関係は、斜め横が良いのです。
  1. 2011/03/21(Mon) 20:44:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
くまさん
私も、その記事を読みました。
がんばれという言葉は、頑張っている人には辛いですね。

人は、自分を認めてもらうことが必要だと思います。
そして、それは私が最も望むことでもあります。

それぞれの人格を尊重して、ゆっくり話を聞いて貰えると穏やかで安心できますよね。
  1. 2011/03/21(Mon) 20:55:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
pckago さん
被災地の復興の様子、どんどん進んでいますね。まだまだ、一部での事でしょうが、やはりこの国は凄いと感じます。

心の問題は、長引くと思います。
老人と若者・・・私がその状況でも、多分同じようなことを考えてしまいそうです。答に困ります。

ご自分で答えをでされない限り納得できないようにも思いますが、難しすぎます。
  1. 2011/03/21(Mon) 21:02:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
こんばんは、あれぇ~~!?今月、出席でしたっけ・・・。
私の勘違いですね・・・来月、お休み・・・で、2回お逢い出来なかった
んでしたね。 本当に、お疲れさまでした。(頑張って~~)
  1. 2011/03/21(Mon) 22:30:00
  2. URL
  3. ババピー #
  4. [ 編集]
No title
ババピー さん
今晩は~
そうなんです。本当は、神戸から娘たちが来るかもしれないとお休みを覚悟していました。
諸事情で、さんか出来ました。が、ますます、難しくなっています。
挫折も視野に入っていましたが、ここは頑張り所かも知れません。

いま一つ自分との織り甥のつかない部分がありまして、前途多難です。
これを人生最後の峠越えと観念して何とか会得したいと思います。

落ちこぼれ・・・ですが、何卒よろしくお願いします。
  1. 2011/03/21(Mon) 23:36:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1435-9ac58523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)