こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
何か因縁を感じてしまう・・・いねむり先生 / よなかの散歩

優しく穏やかな笑顔と声が、
心を癒してくれるような田中好子さんが、逝ってしまわれました。
まだまだ、お若くて美しい55歳、心からご冥福を祈らせて頂きます。

ご本人からの別れのテープが流され、東日本大地震の被災者と亡くなられた方への言葉と、決意を聞きながら、最近読んだ本とのかかわりに因縁めいたものを感じました。






著者:伊集院静
発行:集英社

 <ソ連のチェルノブイリで原子力発電所の事故があった年の冬、ボクは一人で六本木の通りを歩いていた
1986年(昭和60年)のチェルノブイリ事故の前年、女優であった妻の夏目雅子さんをを亡くして以来、ギャンブルやアルコールに溺れ、ボロボロになっていたサブロー=作家自身が主人公ですが、冒頭の書き出しで今、読みたくない本かも知れないと感じました。


幻覚や幻聴から逃れようともがくサブローは、友人に「いねむり先生」を紹介され、その虜になっていく、それだけの話と言えばそれだけ・・・

「いねむり先生」とは、作家・色川武大(たけひろ)(1929~89年)
本名で純文学を書き、筆名阿佐田哲也では『麻雀(まーじゃん)放浪記』などの賭博小説で、、“雀聖(じゃんせい)”“ギャンブルの神様”の異名と共に、かつては深夜の人気番組【11PM】の常連でもあったような。

「いねむり先生」と2人で全国の競輪場を巡る"旅打ち"~こんな言葉があるとは知らなかった~に出かけたり、親しく過ごしたその 実体験を基にした自伝的小説らしい。旅を続けていくうちに、サブローは徐々に安堵感に包まれていくのを感じ、
得体の知れない恐怖や不安から救われ、再生を果たします。

知り合ってから、色川さんの亡くなる2年あまりの話で、
当時の色川は、持病のナルコレプシー(眠り病)や幻覚・幻聴に苦しみ、執筆にも追われながらも茫洋とした、やさしい人で不思議に多くの人から慕われ愛されていた。

「出会って、旅をして、救われた。ただそれだけのシンプルな話」
著者である伊集院さんは言いますが
人は人により救われる・・・人間再生の物語り・いいな。

今回の震災に遭われた仙台在住の伊集院さんが、
このタイミングで、この本を出版することになったこと・・・

そして、伊集院さんが自己を見失うまで愛した夏目雅子さんの義理の姉=夏目さんの兄嫁さん=になる田中好子さんの惜しまれる死・・・

なにか不思議な因縁でもあるのかしら?
文庫化まで待って買おうかと思いながら、つい買ってしまったことも何か不思議・・・


そして、もう一冊。


著者 : 角田光代 
発行 : オレンジページ

雑誌『オレンジページ』で連載しているエッセーをまとめた本とは知らないで買いました。

原稿用紙2枚程度の短いエッセーがたくさん。
気分の重い時にでも気楽に読めますが、
角田さんに期待して読むといささか拍子抜けかも知れません。
 

あの、八日目の蝉や、対岸の彼女を書いた人とは思えない丸さがあり過ぎ・・・
カバーを外して、著者の顔を見て有る意味納得!

小説からの勝手なおもいこみで、細面のキリリとちょっと怖い雰囲気の方と思っていましたが、
丸顔の可愛らしい雰囲気に、へっ!?、はぁ^^~

と思いながら、こんな風に思いのたけさらけ出せる人に憧れます。




関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:14
この記事のコメント
No title
同年代の(死)ご自分の死が迫っているのに、被災者の事を案じる、強い心が私には真似出来ませんが
(いねむり先生)の本読んでみたくなりました
虜に成りましたか~~
  1. 2011/04/26(Tue) 15:46:00
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
No title
スーちゃんの一生懸命ななメッセージ、昨夜TVで聞き涙ぐんでしまいました。
今朝の新聞(我が家でとっている2紙)にも全文が載せて有りました。
ホロリとしました。優しい笑顔は本物ですね。

pckagoさん、同世代なんですね。私は、遥か年上です。キャンディーズは子供たちの世代に近いです。

いねむり先生、ご本人には虜になれませんでした。そこまで深い人間性は読み込めませんでした。
ただ、何故か知りあうほとんどの人に”チャーミング”と思わせ、言わせ、暖かに許す心を持っているらしいこんな人に出会ってみたいと思いました。
  1. 2011/04/26(Tue) 21:16:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
今晩は。
無くなった後もギャンブルやアルコールに溺れボロボロになるとは、それ程まで愛した人がいたのですね。
私なんかとは世界が違うと思います。
確かに人間は弱いし、そこ程まで愛した人がいた事は素晴らしい事かも知れませんが、何時までも引きずるのも愛した人への思いとしてどんなものかと思いますね。
恬淡として明日に向かう姿勢も大切だと思います。
何も分かっていない者が偉そうな事を言って済みません。
  1. 2011/04/26(Tue) 21:37:00
  2. URL
  3. pcvhirose #
  4. [ 編集]
No title
pcvhirose さん
おしゃること、確かにそうですね。
私も、違和感は感じましたが結婚して1年もたっていない頃だったことや、男性と女性の違いはあるのかもしれません。
とにかく、そこまで愛した人がいたということでしょう。

只、現在の伊集院氏は女優さん(だった・・・と過去形?)篠ひろこさんと結婚されています。
何時までこだわったのか?いねむり先生に解放されたのかも・・・それは判りません。
  1. 2011/04/26(Tue) 23:21:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
伊集院さんのこと、先週患者さんから聞いたばかりでした。
夏目雅子さんが亡くなった後はぼろぼろた゜ったとか。。。
そして、仙台で執筆中に震災にあわれたとか。

本当に何かの縁を感じますよね。
そして、すーちゃんは亡くなる数日前に被災された方に向けてメッセージを送り、どこでつながっているのかと思うほどです。

いねむり先生読んでみますね。
  1. 2011/04/27(Wed) 09:33:00
  2. URL
  3. diverharumi #
  4. [ 編集]
No title
今は篠ひろこさんと結婚されているのですか。
そう言えば夏目雅子さんと感じが似ていますね。
  1. 2011/04/27(Wed) 21:19:00
  2. URL
  3. pcvhirose #
  4. [ 編集]
No title
diverharumi  さん
何か不思議な感じがしています。
人生に偶然はない必然あるのみ~と、聞いたことが思い出されます。

夏目雅子さんも田中好子さんも、清潔で優しい素敵な人でしたね。
憧れの美人です。
  1. 2011/04/27(Wed) 21:20:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
pcvhirose さん
今晩は。
1992年に結婚されています。と言うことは、「いねむり先生」との出会いと別れの後ですね。
立ち直られたのでしょうね。
  1. 2011/04/27(Wed) 21:28:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
おはっ (^^
 最近は、静かに本を読むことが、本当に少なくなりました。
 読んでいても、なかなか集中できない自分にはらだたしく、嫌気がさしてしまい、投げだしてしまうからです。
 雑念が入り込むので、集中できないんです。
 なんとか集中する方法ってないのでしょうか?
  1. 2011/04/29(Fri) 07:18:00
  2. URL
  3. Thりーど #
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/04/30(Sat) 16:39:00
  2. #
  3. [ 編集]
No title
こんにちは。お久しぶりです。
しばらくブログお休みしていたのですが、ぼちぼち
のろのろと又、動き出しました(^_^;)
体調はいかがでしょうか。
毎日のように更新されていたkosuzumeさん。
無理はいけませんが、体調をみながらの更新を楽しみにしております♪
  1. 2011/05/01(Sun) 11:32:00
  2. URL
  3. andante61 #
  4. [ 編集]
No title
Thりーど さん
すっかりお返事が遅くなりましてすみません。
何が悪いのか、夜中に痛みで目が覚めます。お昼ごろから寝るまでは中り元気になりましたが、外出は厳しいので・・・つい本を読んで居ます。

何故か、古い本を読み返して改めて感動を覚えたり生き方を考えたりします。
適当に読みやすい、そう言った本は不思議と雑念が消えます。
興味のない物は、読みながら他事を考えてしまっていますね。

お忙しく楽しいことをなさっていらっしゃる、それでも凄い集中力と思いますよ。尊敬します。
  1. 2011/05/03(Tue) 00:17:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
04-30 16:39 の鍵コモ さん
いつも素敵な言葉と写真に憧れています。
これからもよろしくお願いします。
  1. 2011/05/03(Tue) 00:19:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
No title
andante61 さん
お返事が大変遅くなりまして、お許し下さいませね。
私も、同じようにのろのろ・ゆっくりの更新になりそうです。
お見捨てなく、よろしくお付き合いくださいませね。
  1. 2011/05/03(Tue) 00:21:00
  2. URL
  3. kosuzume2 #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1449-36c6b43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)