こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
萩を揺らす雨―紅雲町珈琲屋こよみ
    9784167813017.jpg

   吉永 南央 : 著
   文春文庫 : 発行

   紅雲町(こううんちょう)で、趣味の和食器とコーヒー豆を扱う”小蔵屋(こくらや)”の主:杉浦(そう)は76歳。
   草の淹れる絶品で、しかも無料でサービスのコーヒー・・・
   そこに集まる常連たちとのちょっとした会話から小さな事件を嗅ぎとって~

   表題作「萩を揺らす雨」の他、
   「紅雲町のお草」「クワバラ、クワバラ」「0と1の間」「悪い男」の5編を収録。

   どれも題名が素敵です。この本、16トンさんのところで知って買いました。


        タイトルも素敵ですが、カバーのイラストもいい感じ・・・と読み始めて、あれぇ?
        帯の文字、小粋なおばぁちゃんが解き明かす、がなかなか馴染みません。

        草さんは、小粋とはちょっと違うし、この絵のように丸く治まった人でもないわ、と独り言。
        穏やかでお洒落で、出しゃばりではなくて・・・それなのに芯のある心得た人、が私の感じ。

        亀の甲より年の功で、人生経験豊かななお草さんが皆が気付かない事からするりと解きほぐす事件
        おばぁちゃん探偵と聞いて、
        ミスマーブルのような愉快・痛快・爽快なシャキシャキ老女を想像していたのは大間違いでした。

        「萩をぬらす雨」は、表題作だけあって実にお見事!
        素敵な・素敵な物語でした。

   ちょっと思い知ったのは、お若い方の老人に対する見かた。
   76歳のお草さん、私も同じ年代なの・・・
   お草さんが、気がかりなことを確かめに出掛けた夜中、出会った警官にボケた徘徊老人と錯誤されます。
   私も、夜中に出掛けたら同じかしら?・・・嫌ぁだ・・・悲しすぎ。
   ま、それにしてもお草さんの行動力には負けますが。




関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:6
この記事のコメント
始めて聞く作家さんです
こうして 本を紹介してもらえると 参考になって嬉しいですね
興味があれば 読んでみようかなという気になりますからね
本屋さんで この本を見つけても たぶん心に留めないと思いますから
こうして きっかけを作ってもらえると 新しい世界が開けます
  1. 2012/02/18(Sat) 14:10:41
  2. URL
  3. サボテン #
  4. [ 編集]
こすずめさんへ

はじめまして

お草さんの話は、大好きです。
76歳で人好きで、世話焼きで、センスがあって、行動力があって、そんなお草さんに憧れます。
ところで、お草さんと同じ年代ですか。
文章は読みやすく、パソコンに慣れた印象をうけます。
お草さんのように行動力のある方なんでしょうね。
  1. 2012/02/18(Sat) 20:32:32
  2. URL
  3. 森乃あさ  #
  4. [ 編集]
サボテン さん
実は、私も初めての作者さんでした。
偶然知って・・・良い本でした。
お草さん、私の憧れです。
  1. 2012/02/18(Sat) 22:46:02
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
森乃あさ  さん
いらして下さって、ありがとうございます。
私も、こんな風になれたら良いなと憧れるお年寄り・・・

そうなんですよ。四捨五入するとちょっと離れますが・・・間近です。
>お草さんのように行動力のある方・・・さぁ?ですが、興味を持ったら即目指します。

これからもよろしくお付き合い下さい。
  1. 2012/02/18(Sat) 22:50:14
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
わあ~!
わたしミス・マープル大好きなんですよ!
最初はポアロのほうが好きだったのですが、
年を重ねるごとにミス・マープルが好きになり、
30代の頃には完全に逆転しました。
ミス・マープルの名前が出ただけで嬉しくてワクワクしました(^^

草さん、こすずめさんの印象を伺うと、
小粋な…とは違う感じですね。

こすずめさんの年代教えていただいて、
今、タイムリーにありがたかったです。
本と関係なくて恐縮ですが、
母がめまいで起き上がれなかったと聞き、
実家住まいの妹ともども心配したところでした。
母とあまり変わらない年代でいらっしゃるので、
めまい体験記が大変参考になりました。

こすずめさん難しい本もお読みになりますが、
これは気軽に読めそう♪
覚えておきたいです(^^

76歳くらいでコーヒーをふるまったり、社交があるような女性は、
徘徊老人には見えないと思います。
……若い方の目にはそう映るのでしょうか。
それは悲しい発見です…
  1. 2012/02/20(Mon) 18:26:06
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
Yuki さん
お母様もめまいでしか?
よくなられましたか?参考になりましたか・・・お役に立てたのですね。嬉しいです(って、変ですね)

お若い方の目には、白髪=老婆ですしね。
夜中の外出=徘徊かも知れませんね。
この時お草さんは景観を怒鳴りつけてしまうのですよ。素敵でしょ。

ミスマーブルとは、ほぼ反対のお婆さんですが身近で素敵です。
  1. 2012/02/20(Mon) 22:26:53
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1639-d5157e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)