こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
細雪
思惑があって、読みました。

細雪編集2r



谷崎潤一郎 : 著
新 潮 文 庫 : 発行

1942年(昭和17年)に執筆開始。
1948年(昭和17年)に完成。

ちなみに、第2次世界大戦中です。





 ===出版社・メーカーからのコメントによりますと===
   時の流れの中であでやかに変転する四つの人生。 雪子と対照的に末娘の妙子は自由奔放な性格で、
   男との恋愛事件が絶えず、それを処理するためにも幸子夫婦は飛びまわらざるをえない。
   そんな中で一家は大水害にみまわれ、姉の鶴子一家は東京に転任になる。時代はシナでの戦争が日まし
   に拡大していき、生活はしだいに窮屈になっていくが、そうした世間の喧噪をよそに、姉妹たちは花見、狩り
   月見などの伝統的行事を楽しんでいる。



富裕層と庶民の格差は今より格段に大きい、昭和11年から16年までの物語。
父親の死によって零落した船場の豪商・蒔岡(まきおか)家の四人姉妹、鶴子・幸子・雪子・妙子の生活が、はんなりとした大阪の言葉で生き生きと描かれています。

二女の幸子が、三女雪子と四女のこいさん=妙子の行く末を案じながらも庇う優しい心根、身内ならではのこと。
ただ、他人の目で冷静に見て思うのは、雪子も妙子もそれぞれが、ちょっとバランスの危うい性格だとわかります。
文章が非常に長いのですが、それでも心地よく、楽しみながら読める物語・・・


【細雪】は、谷崎の三番目の妻:松子夫人の四姉妹をモデルに書かれたといわれています。
最初の夫人を、佐藤春夫に話し合いの上譲った話は有名ですが、次の夫人とは短期間で別れ・・・松子夫人が三番目の夫人になっています。
さらに、主人公の幸子の住まいは、谷崎潤一郎が実際に住んでた家≪倚松庵≫。

雪子のお見合い話も、末の妹 妙子の恋愛→結婚も死産もすべてそのまま。
私小説として、俗っぽくなりそうなところを綺麗なな物語に仕立て上げるのは、本当に素晴らしいです。



無題r


題名の≪細雪≫・・・
文字通り、細かい雪のことですが四姉妹それぞれの性格や運命を表しているように思いました。

そんな事を考えていたら~~ 
今、白銀の帯を表に、黒の紗を裏にに制作中のバッグが
細雪に思えてきました。




関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
この記事のコメント
おはようございます

若い頃(中学生だったかな?高校だったかな(^_^;))、読みましたが・・・今読むとまた違う感想も出るでしょうね

細雪の素敵なバッグになりそう!

↓先週の大きな地震の時も次女が半泣きで電話をかけてきました
千葉県沖にも新しい活断層が見つかったり、琵琶湖内も異変が増えています
神戸から新潟にかけての地殻の変動も大きいそうで・・・・日本中何処も地震の対策が必要ですね
  1. 2012/03/30(Fri) 07:24:50
  2. URL
  3. j-kakesu #
  4. [ 編集]
美しいイメージ
有名な小説ですけど、読んだことはありません。
――実は日本文学はほとんど読まないのです。
自国の文学だから、きちんと知っておくべきだと思うのですが・・・

でもこすずめさんの今日の記事で、
読んだような気持ちになりました。
読んだのとは違うでしょうが、
空気が伝わってきました。
ありがとうございました(*⌒▽⌒*)

バッグ素敵ですねw(*゚∇゚*)w
こういう美しいものを、わたしは買うことさえできないと思うのに、
こすずめさんお作りになっているとは――なんだかこの小説みたいな、
透明感のある美しい世界が見えてくるようです(*^.^*)
  1. 2012/03/30(Fri) 10:13:54
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
細雪だ!
昨日、きもののサイトを色々見ていると・・・着物好きさんにオススメの本って言うのを発見!
それに細雪が紹介されていました。
ビックリ!こすずめさんの記事、タイムリーです(^^)

谷崎潤一郎、確か彼の博物館?が西宮にあったような・・・。
谷崎潤一郎の小説の舞台となったトンネルも自転車で行ける距離にあります~。
私は彼の本を一度も読んだことがなくて・・・細雪、読んでみようかな。
  1. 2012/03/30(Fri) 14:17:12
  2. URL
  3. じゅん #
  4. [ 編集]
j-kakesu さん
私も・・・確か読んだとは思いますが、ン何せ半世紀以上前の事で何も覚えていませんでした。
改めて読んで、新鮮さにまず\(◎o◎)/!。そして、主人公の幸子の心情が理解できることも今だからこそ。
そして、阪神間に住んだからこその土地勘で、とっても面白く読みました。

>先週の大きな地震の時も次女が半泣きで電話をかけてきました
 ・・・・わぁ。身につまされますね。
 地震、余震、いつまで続くのでしょう。
 不安な気持ち、わかります。
  1. 2012/03/30(Fri) 22:11:18
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
Yuki さん
私は、翻訳物が苦手なんですよ。
カタカナ名前がなかなか覚えられなくて・・・特にロシア文学は辛いです。

日本や、日本語、好きですね~
最近の動きの烈しい日本語・・・頑張ってついて行くのですが息切れもしています。

バッグは、趣味で作っています。勿論、先生があってのことです。
これは、とても簡単に出来るので、来週には完成します。
お望みの様には無理でしょうが、よかったら作りますよ。
  1. 2012/03/30(Fri) 22:19:47
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
じゅん さん
今晩は~

>着物好きさんにオススメの本って言うのを発見! それに細雪が紹介されていました。
 ・・・あら!と、検索してみましたが、ヒット出来ませんでした。そうなんだぁ~~

谷崎純一路のの博物館やトンネル、お近くなんですね。
今度神戸に行った時に、時間があったら行ってみようと思っていましたが泊まりでないと無理だな・・・と。

阪神間にお住まいの方なら、きっと楽しいと思います。読んでご覧になる事、そして舞台や映画も・・・お勧めです。
  1. 2012/03/30(Fri) 22:25:52
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
こんばんは♪
こすずめさん、こちらのサイトで紹介されていました、細雪。↓

http://www.imappage.net/susume/book.html

着物本を出版されている「きくちいま」さんのホームページです(^o^)
  1. 2012/03/30(Fri) 23:05:38
  2. URL
  3. じゅん #
  4. [ 編集]
じゅん さん
ありがとうございます。早速拝見しました。

映画、私も観たいです~
最近の舞台の衣装はスポンサーの関係もあって今様なのです。
古い映画の物は、きっと素晴らしいでしょうね。
  1. 2012/03/31(Sat) 23:40:05
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









: