こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
下見・AGAIN2・・・豊田佐助邸と百花百草

さくら

メーグル は、名古屋駅発・・・⇒・・・名古屋城・・・徳川園、経由で、文化のみち:二葉館・・・ぐるりと回っています。

名古屋城も徳川園も、ほぼ満開も桜。
ここで、降りちゃいましょか、の誘惑にめげずに二葉館へ。


昼食は、賑っている様子の麺類屋さん・・・無口に(ノ_-;)ハア…



豊田自動織機製作所の創業者豊田佐吉の弟、豊田佐助の旧邸宅

佐助邸



防寒のための三重構造の引き戸は、2枚のガラス戸の間に雨戸が締められるようになっています。

佐助邸 ほぞ 3枚戸(写真は借り物です。)

一番外側のガラス戸の枠には凹凸=ほぞ=が刻まれて、隙間風を避ける工夫もされていました。
佐助自身がさん(98歳で現存)の為に作ったそうです。  

また、2階には無双連子窓というガラス窓もありました。
一般的な引き違いで開けるのではなく、雨戸のように引き込んでの開閉、すっきりしています。

猫間障子と猿棒
雪見障子ならぬ猫間障子は、横に開きます。
障子の桟には飾りを兼ねた面取りは、猿頬(さるぼう)という技法です。です。


家紋


『豊田』を文様化した鶴亀のマーク・・・室内の換気口として、天井に設置されていました。
さすが発明王の弟、かなり遊び心豊かなアイデアマンです。
(追記:『豊田』は、トヨさんだったと思いだしました。↑の模様も濁点を追加してみました。)


素敵な空間≪百花百草≫は、↓にこっそり隠しておきましょうか?
069r.jpg
白壁町の静かなお屋敷町に・・・
密やかな佇まいの門構え。

中に入ると、素敵な空間があります。
ピアノの生演奏を聞きながら、お喋りをしたりお茶を飲みながら歓談したりと、寛ぎの空間。

百花百草

入館料500円で、お茶とお菓子は自由に頂けます。

この日は、ここで雨宿り~~
傘要らずで、すみました。




何故か、自分の記事にもなかなか入れません。
Fc2、メンテナンスを予定中らしいのですが、その関係でしょうか?
コメントのお返事も、ままならない状況です。

この記事は、昨日大半を書き終えていましたのでとりあえずUPします。
↓のお返事は、明日までお待ちください。お願いします。



関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
この記事のコメント
春ですね
昨日も今日も、こすずめさんの写真編集の腕前が、
素晴らしく発揮されていて、何回も眺めてしまいます。
何のソフトを使っているのだろう?とか、どうやっているのだろう?とか。
わたしは手間ひまをかけないでいつも載せているので、
すごいなぁ、と思うと同時に、ちょっと自分が手抜きすぎかな、なんて思います(≧m≦)

満開の桜、降りて見たくなっちゃいますね( ´艸`)
今日チラッと見てきた北の丸公園と靖国神社の桜は、8分か9分といったところでした。
名古屋はもうこの時点で満開なんですね☆

防寒のための三重構造の引き戸!
無双連子窓!
横に開く猫間障子!
知らないものばかりで、ビックリです。

鶴亀のマーク、面白いですね。
でも解説の赤線がなければ「どこが豊田?」と分からなかったかも(≧m≦)

百花百草、とても素敵ですねw(*゚∇゚*)w
  1. 2012/04/08(Sun) 00:50:08
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
バスで楽しいコースがあって良いですね。
名古屋城も徳川園もバスの中からの様子でしょうか?
満開の桜がきれいですねぇ。

豊田邸はいろんな工夫がされてて感心しますね。
それにお庭。。。
なんてかわいらしいんでしょう。
チューリップが良いですね。

↓のステンドも目の保養をさせて頂きました。
詳しいことはわかりませんがとってもきれいです。
  1. 2012/04/08(Sun) 09:15:38
  2. URL
  3. ぷーちゅらママ #
  4. [ 編集]
こんにちは
愛知はもう桜満開なのですか?
こちらはまだつぼみは硬く・・・一昨日は
雪が降りました(^^;もう暫くは満開の
お花見は出来ないですね。。。。

こすずめさんが行かれた邸宅。
一見質素に見えましたが物凄く
丁寧に作られている感じがしますね!
  1. 2012/04/08(Sun) 13:58:18
  2. URL
  3. ふとん屋@五代目 #
  4. [ 編集]
其方は、(桜)満開で綺麗でしょうね❀

豊田自動織機製作所の創業者豊田佐吉の弟、豊田佐助さんの旧邸宅とても工夫がされ、贅沢な作り何ですね。お嫁さん(奥様)まだご健在なのですね幸せな人生ですね
素敵な空間ですね
お茶にお喋り楽しい時間だったでしょうね♫
  1. 2012/04/08(Sun) 20:03:23
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
Yuki さん
写真は、出来るだけパソコンに初めから入っているソフトを使っています。
エクセルで作成してペイントで保存しています。
画質の劣化が激しい時は、その後JTrimで修正することもありますが、限界がありますね。JTrimは、インストールしました。

Yukiさんは、今のままで充分楽しませて頂いていますよ。

豊田佐助邸の工夫や拘り(?)、私も初めて知りました。ボランティアガイドさんに聞きました。忘れないうちに、と記事にしました。

桜・・・並んで植わっていても方や満開近く、方や蕾、不思議です。
  1. 2012/04/08(Sun) 21:14:09
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ぷーちゅらママ さん
そうなんです。名古屋城と徳川園はバスの中からなんです。この2つの場所を繋ぐ道路沿いも桜がたくさん・・・春の中を走りました。

豊田さんご一家、さすが!です。

百花百草のお庭、素敵でしょ。
思わず歓声を上げてしまいました。
  1. 2012/04/08(Sun) 21:19:29
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ふとん屋@五代目  さん
今晩は~
桜は、木によって個性がありました。同じようなところにあるのに固い蕾ばかりの木もあるのが不思議~~

雪、わかります。
こちらも水曜日には雨や霙の真冬日でした。

豊田佐助邸、おっしゃる通りです。
これが、あの豊田家?と思うほどの質素さ。それでも遊び心がいっぱいで、さすが発明一家!と思いました。
  1. 2012/04/08(Sun) 21:42:10
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
pckago  さん
満開の桜・・・今日見てきました。ただ、まだ6分咲きの物もあって、桜も個性豊かでした。

佐助さんは、ご自分でいろいろな細工もされたようです。この、ホゾ月の3層窓は、奥様ではなくお嬢さんのために、とのことでした。
この廊下前のお部屋で寝られるのに寒いから・・・と。
すみません、嫁と嬢・・・なにか読みにくいなぁ~と思いながら書いていました。訂正してみました。

お花のある素敵なところは、岡谷鋼機の岡谷家の昔々のお宅です。現在も所有されています。
  1. 2012/04/08(Sun) 21:51:07
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1688-21a0f2f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)