こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
蝉しぐれ
     蝉おしぐれ2

 
   藤沢周平 : 著
   文春文庫 : 発行


   記憶にある限り、初めての 藤沢周平もの でした。
   文庫化を待っていた、葉室鱗の「蜩ノ記」と
   勘違いして、ルンルンと買いました。

   文庫化、早かったなァ~と目を通し始めて、
   わ、素敵^^
   146回直木賞受賞作品、初めての葉室鱗さん、なかなか良さそう~
   山本兼一【利休にたずねよ】・ 北村薫【鷺と雪】など、
   直木賞の時代もの、良いわ。



 無駄のない、すっきり簡潔な文で風景や空気が、今、まるでそこにいるかのよう。
 主人公・父親・友達などの登場人物に存在感と現実みがあって、
 こういう人いるなぁ~~と顔も浮かびます。

 素晴らしい作家さんだ、と著者紹介を見ますと、
 あれれ^^、昭和2年生まれ?!
 なんと、葉室鱗ではなく いやはや、ビックリ藤沢周平です。

 お蔭様で≪蝉しぐれ≫が読めました。

 一言でいえば、とにかく良かった。
 

カバーの解説を一部抜粋しますと、

  舞台は、江戸時代の海坂藩。
      ーーー海坂藩が、藤沢読者にはなじみ深い地名とは、解説で知りました。
  清流と木立に囲まれた城下久美屋敷(って?何かしら・・・ま、いいか)
  淡い恋・友情・そして悲運と忍苦。一人の少年藩士が成長して行く姿を豊かな光のなかで描いたこの作品(中略)




  切なく美しく懐かしい世界です

饒舌ではありませんが、ほの見える温かさや若者らしい熱い情熱。
若くして背負った宿命や、周りからの冷ややかな環境への対処など、
主人公:文四郎の凛々しさと男らしさは素敵、と応援しながら読み進みました。


文四郎の親しい友人たちのそれぞれの旅立ち、
ライバルとの葛藤、恋など、色々な日常の流れも自然に、一人の少年が男に成長してゆく様子
穏やかな美しい日本語で描かれています。

美しい日本語に出会う嬉しさと、
時にドキドキしながら、読み終わったあとの感銘、日本の文学に出会った!と。

お勧めしたい本です。




関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
この記事のコメント
↓の記事のコメント、書き直してくれたのですね~
こすずめさんの几帳面な性格が垣間見れます♪
失礼だなんて少しも思っていませんよ~^^

私なんて失礼が歩いているようなものですから(汗

めっきり、本を読まなくなりましたトホホ
お勧めの「蝉しぐれ」読んでみます
  1. 2012/07/11(Wed) 23:18:42
  2. URL
  3. プーママ #
  4. [ 編集]
藤沢周平 大好きな作家です
ポツリ ポツリと 単発で呼んでたのですが
亡くなられた後 図書館に 全集がずらりと並んだので 1巻から 丁寧に読みました
どれもこれも 読んだ後 本当に心が爽やかになりますよね
  1. 2012/07/12(Thu) 11:20:16
  2. URL
  3. サボテン #
  4. [ 編集]
>一言でいえば、とにかく良かった。

とおっしゃるほどの本。素晴らしいのでしょうね^^

こすずめさんは厳選して読んでいらっしゃるから、
良い本ばかり読んでいらっしゃるようなイメージです。
こちらでもいつも素敵な内容を紹介してくださって。

>日本の文学に出会った!
なんて、大絶賛ですね☆
素晴らしい賛辞で、素晴らしい本なのだと思いました。
  1. 2012/07/12(Thu) 14:49:09
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
二度目のコメント投稿(笑)
「蝉しぐれ」アマゾンに注文しちゃいました!
土曜日に配達予定です。
楽しみで~す♪
  1. 2012/07/12(Thu) 17:30:01
  2. URL
  3. プーママ #
  4. [ 編集]
プーママ さん
>私なんて失礼が歩いているようなものですから(汗
 ・・・・・いえいえ、私こそ失礼が鎧兜で闊歩しています。お互い、それを踏まえて・・・よろしくお願いいたします。

これ、とても素敵な本でした。
  1. 2012/07/12(Thu) 23:23:37
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
サボテン さん
藤沢周平、素敵でした。
全集の1巻から 丁寧に読まれたのですね。

サボテンさんのイメージがかなり変わりました。
私も、もっと読んでみますね。
  1. 2012/07/12(Thu) 23:26:19
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
Yuki  さん
翻訳もの専科のYukiさん・・・コメントに気を使われましたね。すみません。
いつかも申しましたが、私は日本の物が好きなのです・・・
ご無理なさらないで下さいね。

ただ、日本の言葉が好き。
日本の文化が好き。それだけです。
  1. 2012/07/12(Thu) 23:29:42
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
プーママ  さん
行動と決断の速い方、大好きです。
私も即決、定評があります。

とはいえ・・・多少の、心苦しさもあります。
でも、きっと失望はされないと思いながら・・・
ぜひ、忌憚のない感想をお願いします。
  1. 2012/07/12(Thu) 23:33:18
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1757-63135af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)