こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
本所しぐれ町物語
51D0c14gZYL__SS500_.jpg
藤沢周平 : 著
新潮文庫 : 発行

内容・・・・浮気に腹を立てて実家に帰ってしまった女房を連れ戻そうと思いながら、また別の女に走ってしまう小間物屋。(猫)(ふたたび猫)
大酒飲みの父親の借金を、身売りして返済しようとする10歳の娘。(約束)
女房としっくりいかず、はかない望みを抱いて20年ぶりに元の恋人に会うが、幻滅だけを感じてしまう油屋。 (秋)
一見平穏に暮らす人々の心に、起こっては消える小さな波紋、微妙な気持ちの揺れをしみじみ描く連作長編。
    ーー「BOOK」データベースによりますが、括弧はこすずめ注、です。


江戸の架空の町:本所しぐれ町に暮らす人々をを描いた連作で、
町内の人々が、かわるがわる登場する十二の物語。

それぞれが短編として完結していますが、この町に住む人々の繋がりが外せない。
遠くなってしまった日本の暮らし・・・おせっかいで人情豊かな生活を、懐かしく思い出させてくれます。
しぐれ町の住民たちは、みんな顔見知り、お互いなんでも知っていて、助け合っています。今は憧れかも。


秋からはじまるこの物語は、四季を織り込みながら2年後の秋まで、
季節を巡ることですっきり綺麗な時の流れを表してくれます。

鼬の道・猫・朧夜・ふたたび猫・日盛り・秋・約束・春の雲・みたび猫・乳房・おしまいの猫・秋色しぐれ町
                                                         から出来ています。
なんだか宮部みゆきワールドと重なります。
徹底した悪人が登場しないからでしょうか・・・






実は、これ、1か月以上前に読んだもの。
当時のメモを頼りに、思い出しながら書きました。

今日は、≪還るべき場所≫:笹本稜平 を読了。
本を読むのは早い方ですが、これはものすごく時間がかかりました。
そうですね~~2週間以上かも知れません。

これについては、後日。
関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
この記事のコメント
藤沢周平・・・「蝉しぐれ」こすすめさんが言った様にさらさらと読めました。

本がお好きな事が本当にわかります。

どちらかというと私は内容を想像して読みたい方です。
それでがっかりする事もありますが(笑)
  1. 2012/08/26(Sun) 01:10:30
  2. URL
  3. プーママ #
  4. [ 編集]
字を読むの苦手なbaba
こすずめさん尊敬!
読みたいと思うけど
なかなか読めない
でも本所しぐれ町物語
読んでみたい気持ちはあります(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
  1. 2012/08/27(Mon) 07:19:04
  2. URL
  3. babatyama #
  4. [ 編集]
面白そうな、内容ですね~~~
何時の日か読めれば良いですが
私が、子供の頃もまだ、御近所さんとの繋がりが
感じられました。今ではほとんどないと聞いていますが、幸いにも、此方では御近所さん、わりと中が良いので助かります。
こすずめさんの御近所さんも良い方ばかりなんでしょうね。
  1. 2012/08/27(Mon) 11:26:25
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
>女房としっくりいかず、はかない望みを抱いて20年ぶりに元の恋人に会うが、幻滅だけを感じてしまう油屋。
「あるある」と思いました。

>遠くなってしまった日本の暮らし
そうですね――今はあまりなくなりましたよね。
震災の後は、つながりがない社会が不安になりましたけど、
実家に帰ると、周りとの距離が近くて、何でも知っていて、
知られたくないことまで知られていて、なんとなく息苦しい気がするときもあります。
バランスって難しいですね^^

本で読むと、いいなぁって思うのですが――(*^m^*)
まして江戸の話だったら、おせっかいこそ「らしさ」ですね☆
  1. 2012/08/27(Mon) 17:54:56
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
プーママ さん
おはようございます。遅くなりました。

>藤沢周平・・・「蝉しぐれ」こすすめさんが言った様にさらさらと読めました
>どちらかというと私は内容を想像して読みたい方です。
それでがっかりする事もありますが(笑)
 ・・・がっかりされたのしょうか?
 そうなら、申し訳なく思います。

 内容を想像して…と言うのは、筋よりも登場する人の気持ちとか、背景の空気のようなものと言うことでしょうか?
私は、筋も気になりますが、書かれていない行間を読むのも好きです。
  1. 2012/08/28(Tue) 07:22:33
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
babatyama さん
まぁ~どうしましょう。
私は、babatyamaの物語の湧いてくるような絵が描ける方を尊敬します。
そして、憧れます。

だんだん、ゆるい・穏やかな・暖かな本が好きになっています。
それも、そんな町や人への憧れでしょうね。
  1. 2012/08/28(Tue) 07:26:39
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
pckago さん
大きな事件が起こったりするわけでもない、地味な市井の人々の暮らしの中のちょっとした日常が描かれています。
泥棒事件はありますが、犯人に対してもほっとする優しい目があります。

ウチの町内は、全くお付き合いがありません。
寂しいですよ。
  1. 2012/08/28(Tue) 07:30:50
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
Yuki さん
>実家に帰ると、周りとの距離が近くて、何でも知っていて、
知られたくないことまで知られていて、なんとなく息苦しい気がするときもあります。
バランスって難しいですね^^

 ・・・・本当に難しいところですね。
 今の家に引っ越したのがおよそ20年前です。その前は徒歩10分くらいに団地に住んでしました。
 初めての団地で嬉しかったのですが、ご近所と距離が近すぎて・・・ありがたさの反面の煩わしさも経験しま した。
 ほどほど、何事にも大切で難しい所です。
  1. 2012/08/28(Tue) 07:35:35
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1797-0b1eb0fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)