こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
還るべき場所
還るべき場所

笹本稜平 : 著
文藝春秋 : 発行

内容(「BOOK」データベースより)
世界第2の高峰、ヒマラヤのK2。
未踏ルートに挑んでいた翔平は登頂寸前の思わぬ事故でパートナーの聖美を失ってしまう。
事故から4年、失意の日々を送っていた翔平は、
アマチュア登山ツアーのガイドとして再びヒマラヤに向き合うことになる。パーティに次々起こる困難、交錯する参加者の思い。
傑作山岳小説。




K2というのは中国とパキスタンの国境に位置するカラコルム山脈のひとつの山で、
エベレストに次ぐ世界第2位の標高は、8,611m。
登山者にとって憧れの山度は、エベレストを凌ぐそうです。


とにかく、読み切るのに長い時間がかかりました。
10日位かかって、やっと。

面白くなかった訳ではありません。
ハラハラ。ワクワク感はたっぷり、筋も文もとても好きなのに・・・

理由は、山岳地名や登攀の専門用語がふんだんに出てくること。
登山経験者なら想像出来る場面に出会うそのたびに ページが止まっていました。

初めての作者ですが、
本格的な(って、言い方変ですか) 登山の経験が実際にあるのか、と思ってしまいます。
机上の知識で、ここまで臨場感豊かに描けたのでしょうか・・・だとすれば、凄いプロです!


私には難しすぎる専門的な言葉をスルーしてしまえば、
越し方・行く末、人生を立ち止まって考えさせられる言葉に度々出会得ました。

 「誰もが山に惹かれるわけじゃない。しかし現実の山じゃなくても、誰もが心のなかに山を持っている。
  それは言葉では定義できないが、どんなに苦しくても、むなしい努力に思えても、人はその頂を極めたいとい  う願望から逃れられない」

 「希望は向こうからやってくるとは限らない。迎えに行くのを待っている希望もある。
  前へ進めば、必ず開ける未来がある。金もなければ才覚もなかったこのわたしが今日まで生きながらえてきた  唯一の理由は、絶望を禁忌としてきたことだ」

心臓にペースメーカーを埋め込んだ、神津の言葉は心に響きます。
医療機器メーカーのワンマン経営者という世間の評判をに甘んじながら、
実は真摯で冷静な判断力で会社経営にも登山にも向き合って・・・

人としてのスケールの大きさ・優しさ・暖かさを貰いました。

ある意味、非常に読みにくかったのですが
読了感は、満足感いっぱいでした。

ちょっと、書ききれない・・・


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:8
この記事のコメント
ご存じの通り私は文字がすらすら読めない病気
ではないかと言うくらい苦手(>_<)
たぶんこの本読むのには
2~3ヶ月かかって途中で挫折しそう(^_^;)
こすずめさん尊敬します。
  1. 2012/09/17(Mon) 07:55:44
  2. URL
  3. babatyama #
  4. [ 編集]
babatyama さん
苦手な事なのに、お優しいコメントをありがとうございました。
本はかなり好きです。でも、感想を纏めたりは苦手です。
それでも、心覚えを残しておかないとすっかり忘れますので何とか書くようにしています。

すみません、ですから、関心がない記事はスルーしてくださってもいいです。

私は、babathamaさんのように、お洒落でユーモラスな画が描きたいとず~と思っています。
それが、お出来になるbabathamaを尊敬しています。

今後もよろしくお願いします。
  1. 2012/09/17(Mon) 15:18:08
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
流石に読書家のこすずめさん♪

難しいものはいつも苦手なプーママ!
こんな難しい本なら最後まで読みきれないかもです(汗)

  1. 2012/09/17(Mon) 18:28:48
  2. URL
  3. プーママ #
  4. [ 編集]
プーママ さん
いえいえ、実は途中で投げ出したくなった時もありました。
それでも、筋は面白かったし、ワクワク感もあったので難しい所は読み流して・・・どうやらでした。

それと、変な性格で、
取りかかったことはとりあえず最後まで・・・なこともありました。
  1. 2012/09/17(Mon) 19:05:06
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
作者の方は、何かの経験の元に描かれたのでは。。。と思いますが山の事は全く分からないので、難しい専門用語等を出てきますと理解するのに時間かかるでしょ時間がかかっても理解出来ないでしょうが、こすずめさんの分かりやすい解説に、読んだような錯覚を感じました。
  1. 2012/09/17(Mon) 19:23:32
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
K2、名前は前にどこかで聞いたことがあります。
登山をする方にとっては、それほど憧れの山だったんですね☆

こすずめさんが読み切るのに10日もかかるというのは、
いったいどういうことかしら?と思い、
「面白くなかったわけではない」「ハラハラ。ワクワク」「筋も文もとても好き」
と続いて「?」がいっぱいでした。

なるほど~~ 専門用語がたくさん出てくるのは、
リアルですし、知らない世界を見せてくれそうですが、
「用語」というのは文学に使うには難しいものかもしれませんね――すごく納得しました。

最後の一言で、この本が素晴らしかったことが分かりました。
満足感いっぱいの本に出会えるのは、幸せなことですね^^
  1. 2012/09/18(Tue) 18:58:30
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
pckago さん
>作者の方は、何かの経験の元に描かれたのでは。。。と思いますが
 ・・・作者の略歴、そうだろうか?と読みましたがどうも机上の知識のようでした。
沢山の本読んで、多くの人の話を吸収しての結果と思います。

きっと、登山をご存じの方には格別な臨場感で読める本でしょう。

とても良い言葉にたくさん出会えました。

  1. 2012/09/19(Wed) 19:38:54
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
Yuki  さん
K2は、よく聞きますね。
なんとなく、楼でもいい感じで聞き流していましたが、私も改めて知りました。
すぐ忘れるかもしれませんが、一つ覚えたつもりです。

専門的なことは本当はあまりたくさん入れて欲しくないです。
最初は、いちいちつっかえて・・・
もういいや、開き直ってからは、わからない専門用語はスルーしてしまいました。

内容としては、とても納得と共感と教えに出会える素晴らしい物でした。
  1. 2012/09/19(Wed) 19:47:03
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1806-8ed0d74c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)