こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
第四十八回 吉例顔見世は、六代目中村勘九郎襲名披露♡
勘九郎襲名 (1280x441)

大好きな中村勘三郎丈の長男:勘太郎さん改め勘九郎襲名披露の舞台でした。
昼の部・夜の部ともに、花道すぐ横の前から10列目辺り。
お姿も衣装も目の前でしっかり見ることが出来ました。


七之助・勘九郎
弟の七之助さん      勘九郎さん  

病気療養中の勘三郎丈は、残念ながら見られませんでしたが、
尾上菊五郎・菊之助親子、片岡仁左衛門、中村時蔵、中村扇雀、市川左団次等々・・・
豪華な出演者陣は、さすが顔見世!


002 (747x1024)   昼の部
  一、八 重 桐 廓 噺(やえぎりくるわばなし) 嫗山姥
   坂田金時、つまり足柄山の金太郎誕生の由来話は、
    扇雀のひょうきんな色気と、道化役で醜女の亀蔵が見事です。
    イヤホンガイドで
   「元カレをフェイスブックで探して、ときめくような」と。あはは^^
  二、蝶 の 道 行(ちょうのみちゆき)
    現世で結ばれることなく散った美しい男女が蝶になって・・・
    菊之助と七之助の2人舞、美しさに見とれます。 
  三、伊 勢 音 頭 恋 寝 刃(いせおんどこいのねたば)
     3大遊郭の一つ、伊勢古市の遊郭:油屋で実際に起こった事件が
     元になっています。
     名刀を巡っての、深い思惑に読み違いをした『貢』(←写真)は、
     次々と人を斬ってしまう。
     凄惨な場面はどうも苦手ですが、様式美には感心もします。


     勘九郎の見栄えの良さは写真の通りですが、仁左衛門さんのカッコ良さは別格として、
     左団次の醜い遊女と、憎々しい仲居の万野役の菊五郎・・・迫真で、やはり千両役者ですねぇ~



011 (800x600)
中村屋の定紋は、角切銀杏(すみきりいちょう)



003 (724x1024)   夜の部
  一、鬼 一 法 眼 三 略 巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)    菊畑
   開演前から、菊の垣根が幕の前に配されています。
   虎蔵=牛若丸の菊五郎は、貫禄がありすぎ。菊之助がいいな。
   智恵内=鬼三太の仁左衛門、いつまでも若々しく清々しい、素敵!
  二、六代目中村勘九郎襲名披露 口  上(こう じょう)
   尾上菊五郎丈を中心とした口上、和やかでした。
  三、義 経 千 本 桜(よしつねせんぼんざくら)   道行初音旅  川連法眼館
   道行初音旅・・・勘九郎・七之助兄弟での踊り。
   小顔でスラリとした、七之助の娘姿は美しく可愛らしい。

   川連法眼館・・・源九郎狐/佐藤忠信の勘九郎、静御前に七之助、
   そして源義経に菊之助などの若手連で華やかな舞台になりました。


  勘九郎が忠信として現れる場面、狐に変わる場面、正体を現してからの場面、アクロバティックな動きなど、
  花道、しかもスッポンの近くの席なので、間近で見られるかと期待していました。

  ・・・・トホホ・・・
  勘九郎が忠信として現れる場面、すっかり演出に騙されました。
  気がついたときは、川連法眼館の庭先に狐になって表れていましたよ~~

  ま、その他の軽業ともいえる身軽な身のこなしは、堪能させてもらいました。
  
  そのあまり~~かしら?、
  すぐ近くのオバサマ方が、いちいち声を出して頷き感心される様子が気になって気になって・・・
  
  
関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:12
この記事のコメント
勘太郎さん、勘九郎さんの名前を襲名したんですか?知りませんでした

勘九郎さん、七之助さん、お二人のお父様が私と1歳違いなんですけど・・・昔から貫録があって、とても1歳違いと思えません(^_^;)

いいお席で舞台を見る事が出来たんですね
迫力あったでしょうね~~
  1. 2012/10/09(Tue) 15:49:35
  2. URL
  3. j-kakesu #
  4. [ 編集]
大好きな方を近くで見ることが出来てよかったですね。
みなさん、興奮してしまって声も出てしますのですよねぇ~~(^。=)
近くのおばさま方の様子・・・目に浮かびます(笑)

こすずめさん、お出掛けはやはり、お着物ですか?
  1. 2012/10/09(Tue) 17:07:59
  2. URL
  3. ぷーちゅらママ #
  4. [ 編集]
j-kakesu さん
3月3日、東京・浅草橋近くの平成中村座での中村勘太郎改め六代目中村勘九郎の襲名披露公演以来、各地で公演されています。

あら、勘三郎さんとお一つ違いなんですか?
勘九郎時代の勘三郎さんは今ほどの貫録ではなくて、お茶目なさんの印象があります。

七之助さん…小顔で綺麗な女型でした。
  1. 2012/10/09(Tue) 20:24:48
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ぷーちゅらママ  さん
2日ともとても良い席で、ラッキーでした。
皆さんをしっかり見てきましたよ。

一つ、気になったことは、
大物の衣装はそれはそれは凝った見事なものですが、腰元や化粧もしない家来たちの衣装はかなり悲惨・・・
ペラペラの安っぽい生地で皴だらけだったり、帯のところどころが破れていました。

舞台に立つと全く気にならないから不思議~
えへ、バラしちゃった。
  1. 2012/10/09(Tue) 20:31:59
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
歌舞伎のことは良くわからないけど、素敵な時間を過ごしてテンションが上がっているこすずめさんは想像できます(笑)

楽しい事って自分から作らなきゃダメですね
  1. 2012/10/09(Tue) 21:33:30
  2. URL
  3. プーママ #
  4. [ 編集]
まぁぁ~~~!!
襲名披露のお写真、なんて凛々しいのでしょう。
2回ともいいお席でのご観劇、
それはそれは、楽しまれたでしょうね~~~(*^o^*)

豪華な顔ぶれで、舞台は素晴らしかったのでしょうね。
千両役者とおっしゃっているのが、見ていないのに頷けます。

七之助さんも素顔でもとても魅力的ですね。
それに勘九郎さんのポスターは、どちらもかっこいいです。
ちょっと歌舞伎が見たくなります~~(*^.^*)
  1. 2012/10/09(Tue) 22:11:35
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
プーママ さん
コメント、ありがとうございました。
うふふ・・・見抜かれていますね。
気持ちのよう友人たちと、楽しいお芝居を観て、食事も楽しむ・・・3つのワクワクが重なりましたものね。

>楽しい事って自分から作らなきゃダメですね
 ・・・そうなんですが、
 実は、私の場合お誘いを喜んで受けるだけのことばかりなんです。えへ。
  1. 2012/10/10(Wed) 07:07:24
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
Yuki  さん
>豪華な顔ぶれで、舞台は素晴らしかったのでしょうね。
 ・・・素晴らしい華のある役者さん揃いでした。
 この兄弟の他に、片岡仁左衛門さんが好きなので釘頭け。菊之助も綺麗ですし・・・よかったです。

それにしても、踊りの見事さや、アクロバティックなトンボ切り・海老反り・細い欄干渡りなどなど・・・歌舞伎役者さんの動きはハードで、華麗です。

お稽古は半端では愛でしょうね。
  1. 2012/10/10(Wed) 07:13:26
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
記事最後のオバサマの件
気になって気になって
の意味は?

私はダメ!そういうとき心がせまいのか
(  ̄っ ̄)ムゥ
  1. 2012/10/10(Wed) 07:55:39
  2. URL
  3. babatyama #
  4. [ 編集]
しっかりと、前で見る事が出来良かったですね。
この様なポスター此方でも見かけました
此方では11月に有る様です。
全国で襲名公演が有るのでしょうね。
  1. 2012/10/10(Wed) 16:38:15
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
babatyama  さん
うふふ・・・
babaちゃま、追及されましたね。

おほほ・・・
実は、我慢は辛いものがありました。

席を立つ勇気はないし、まして中尉は出来ない状況。私も心狭いです。
  1. 2012/10/10(Wed) 20:20:40
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
pckago  さん
良い席で、細かいところまで観察出来てしまいました。
演目も楽しかったですし、大満足です。

3月3日、東京・浅草橋近くの平成中村座での中村勘太郎改め六代目中村勘九郎の襲名披露公演の後、各地での公演です。
演目がかなり変わるので、ファンは全国を回られるようです。
  1. 2012/10/10(Wed) 20:24:21
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1828-3b2836d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)