こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
風の影(上・下)

後輩のUさん=男性=から、本が届きました。11冊!
暫くぶりです。

読書より短歌・・・な日々を送られるようになって中断していましたが、
めきめき才能が花開き、
受賞も相次ぐようになられ、読書の時間復活らしい。

先日の、関宿の旅での会話です。


無題



翻訳ものは苦手なのですが、
読みやすいし、面白かったので是非と勧められた
【風の影(上・下)】から読み始めました。


風の影上下とりあえず・・・出版社からの内容紹介です。

世界各国で読まれる大ベストセラー小説!
1945年のバルセロナ。霧深い夏の朝、ダニエル少年は父親に連れて行かれた「忘れられた本の墓場」で出遭った『風の影』に深く感動する。謎の作家フリアン・カラックスの隠された過去の探求は、内戦に傷ついた都市の記憶を甦らせるとともに、愛と憎悪に満ちた物語の中で少年の精神を成長させる…。17言語、37カ国で翻訳出版され、世界中の読者から熱い支持を得ている本格的歴史、恋愛、冒険ミステリー。


かなり頑張って読み終えました。
やはり、翻訳ものは苦手なことを実感しました。

視覚に頼る性格らしい私には、名前や場所が憶わらない。
日本名は塊として頭に入るのに、カタカナの名前が記号にしか思えないからかな?


物語の始まりで、
主人公:ダニエルが手に入れた、フリアン・カラックスの「風の影」という本ですが、
ダニエルがその本の何に惹かれ、
著者=カラックスのどこが興味深く感じたのか?よくわからないまま、長い物語が始まりました。

上下巻、850ページは、ちょっと長すぎません?
複雑な人間関係の愛憎や恋愛が、謎めいた人物と事件を無駄に複雑にしているように感じます。


とりあえずは、フリアン・カラックスの謎に満ちた存在と、
そこに繋がるカラックス本の希少性。

つまり、稀覯本をめぐる謎を中心に複雑にからみあう人々の、愛の関係がくどく書かれています。
翻訳もの独特の言いまわしでの、愛だか恋だかのくどさも苦手です。
正直なところ、うっとおしさも感じて、気分が乗りません。


読み始めたら、読了!と決めているこすずめ、冗舌な上巻は4日かかり、
でも、下巻は一気に読めました。


古びた怪しげな館や、都合よく現われる悪漢・悪霊(?)などなどにひやひやしながら
展開する物語・・・少年ダニエルの調査の動機に必然性や、共感できるものがないのは、

私の読み方がいい加減だった鋸も知れません。

Uさん、ごめんなさい。



うっかりしていました。
公開をしないままでした。
 
関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:16
この記事のコメント
文字を読むの苦手で
ほとんど本を読まないけど
面白く読めたのは翻訳ものだったような・・・
ほんの(←だじゃれ)数えるくらいしか読んでないけど(^^ゞ
本を読む人尊敬します♪
  1. 2012/11/12(Mon) 19:38:14
  2. URL
  3. babatyama #
  4. [ 編集]
babatyama  さん
babaさんに、座布団1枚、どうしようかな?
かなりおばんくさいし・・・玄関マットではどうかしら?ふふふ。

翻訳ものの読める方、尊敬します。
わたし、本当に苦手です。
  1. 2012/11/12(Mon) 20:30:09
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
プーママには難しくて・・・(^_^;)

活字離れの日々です。

新聞も飛び飛びに読んでしまう今日この頃、これってどうよ~~!って感じです(笑)
  1. 2012/11/12(Mon) 21:15:00
  2. URL
  3. プーママ #
  4. [ 編集]
老眼とともに読書離れしていますが、私は海外モノの方が読めるようです。
社会の時間(大昔)も、世界史は良かったけれど、中国史~日本史は
見るも無残な成績でした(笑)
人によって違いますね、なんなんでしょうね~?
  1. 2012/11/12(Mon) 23:32:13
  2. URL
  3. ピノホリママ #
  4. [ 編集]
読書家であられる。
 翻訳ものはこすずめさんお悩みの登場人物が
覚えられない~で、後ろに作中人物名が記されていますね、私も後ろを見ては確認・・・してます。
 今はドキュメント・ノンフィクションに興味があります。
 本、注文しました。
 牛蒡のベビーチップス作りました。
美味しかった!今日はおジャガのフライドポテトを作ります。
  1. 2012/11/13(Tue) 08:38:49
  2. URL
  3. スギママ #
  4. [ 編集]
こすずめさんは本当に本も映画もお芝居も何でもお好きですね。
私は目のために今はバレエと料理の本以外は読みませんが、、、この歳になると施設に居る知人が増え、手料理と本を持って時々は訪問しています。手料理はいつでもOKですが、我が家の(夫)の蔵書が底をついて・・・近頃手料理だけよ!
それぞれ事情があっての施設暮らし、外出がままならず持てあます時間の慰めにお茶タイムと読書が一番のようなのですが。

好きな事を好きな時間にできる・・・お互いに今、幸せですね(*^_^*)
  1. 2012/11/13(Tue) 13:26:14
  2. URL
  3. ROMI #
  4. [ 編集]
プーママ さん
活字離れ、わかります。
新聞、かつては2紙を2時間かけて読んでいましたが、最近は見出しだけ。

本は、別腹なんです~
  1. 2012/11/13(Tue) 18:42:54
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ピノホリママ さん
わぁ~~憧れの人です。
私は、社会:特に歴史すべてが苦手でした。
年号とか、ひたすら覚えなければならないものは、いつも1つだけしか記憶に残りません。

考えても出てきませんし・・・トホホでした。

フ~ム、
もしかしたら、日本の名前や場所は、イメージに置き換えられるから覚えてしまうのかも知れません。
ホント、それぞれですね。
  1. 2012/11/13(Tue) 18:47:17
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
スギママ さん
>後ろに作中人物名が記されていますね、私も後ろを見ては確認・・・してます。

 ・・・勿論、見ないとわからなくなります。それでも、そこに載っていない人物の時は、遡ります。これが、面倒です。

発注されたご本、天の残像、ですか?
あれは、正直なところ好きにな生れませんでした。

火野葦平は【金銀のけむり】、永井龍男は【けむりよけむり】だったと思います。こちら補法が、ドキュメントとしては良いかも知れません。
  1. 2012/11/13(Tue) 18:55:12
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ROMI さん
私の身近かには、施設暮らしの方はいらっしゃいません。親御さんやご親類がという方はいらっしゃいますが・・・

ROMIさんより私の方がはるか年長ですが。
それぞれのご事情ですね。

今日、ようやくROMIさんレシピから大幅アレンジして例のケーキを作ってみました。
明日あたり、記事にしてみようかしら?
  1. 2012/11/13(Tue) 19:02:02
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
こんなに沢山の本~~~
最近は根気が無くなかなか本には手が出ません
皆さんと同じく尊敬いたします。
  1. 2012/11/13(Tue) 20:51:54
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
こんばんは。

私も翻訳ものは読みません。
読むのはほとんど日本人作家のものです。
でも若い頃、読んだカミュの異邦人は好きでしたね。
若い頃はよく本読みましたが、最近はぐーっと
減りましたね。

今、読んでいるのは漱石の「こころ」です。
これは10回くらいは読んでいると思います。
彼の小説の中で一番好きな本です。
  1. 2012/11/13(Tue) 21:41:48
  2. URL
  3. ごくしげ #
  4. [ 編集]
pckago  さん
尊敬って・・・困ります。
何もしないでゴロゴロ。ダラリ。。な暮らしなので本が読めます。

他のことからは逃げても、本には吸い寄せられます。
  1. 2012/11/13(Tue) 22:09:06
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ごくしげ さん
若い頃読んだ本、ほとんど覚えていません。
今でもどんどん忘れます。それで、ブログに記録して・・・自分勝手ですね。

カミュの異邦人も、漱石のこころも、読んだ記憶はあります。でも、ごめんなさい、ほとんど覚えていません。

去年かな?
林芙美子や太宰治など、昔読んだものを読み返して妙に新鮮でした。もっと過去の物を読んでも良いな、と思いながら新刊になびいています。

Uさんのような、男性好みの本は自分では選ばないのでそれなりに新鮮でもあります。
今回はちょっと辛かった・・・そして、後2冊あるのぉ。
  1. 2012/11/13(Tue) 22:15:38
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
わたしはなぜか翻訳ものしか読まないので、
慣れてしまって気になりませんが、
苦手とおっしゃる方は多いですよね。

近年、すごく大部の本が欧米では多いですよね。
脇役の物語までしっかり書くような。
夫も翻訳物を以前は読んでいましたが、
最近の話は余計なとこの描写が細かすぎて読みにくいと、
あまり読まなくなりました。

とりとめのないコメントになっちゃいました^^;
  1. 2012/11/14(Wed) 07:22:37
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
Yuki さん
翻訳もの苦手という人物を、”馬鹿か!”と思ったと書いていらっしゃるものに出会って以来、馬鹿だからしかたないな、と思いながら読みます。翻訳もの。

ご主人様のお言葉、それそれ!って思いました。
日本物でもですが、
そういえば、私、余計な細々した描写や説明が好きではないです。

行間を読む・・・みたいな、シンプルな文章が好きなの。翻訳ものの、気障で回りくどい表現も苦手です。
  1. 2012/11/16(Fri) 14:05:46
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1852-acd38b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)