こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
破れ三味線

身辺整理を思い立ちました。
思い出のあるもの、あれこれ・いろいろ出て来ます。

三味線・・・いつの物?だれの物??

三味線

多分伯父のものでしょう。伯母ではないと思います。

実は、こすずめ、若い頃長唄と三味線を僅かですが齧ったことがありまして・・・
それを聞いた伯父が、私も!と始めたようでした。

きっとその時のもの。
確認しましたが、しっかり破れ三味線でした。




若い着物

気になっていいる、若い頃の着物です。
赤いものは好みではなかったので、一度も着ていません。(一番左は紬に捺染。真ん中は、お召です。)
左から2つ目の物は、通りすがりの呉服屋さんで出会って即買い、とても好きでした。(縮緬)
一番右は、父が見立てて買ってきてくれた、シボのしっかり目の縮緬。


左3枚は、娘たちが着るかも知れないと、解き洗いして八掛を変えて仕立て替えしました。
20年以上前のことで、今日見ると八掛の色がイマイチ。トホホです。




ついでに、見つけたのは
画更紗

若い頃、染め物をしていた、こすずめ作の長着。

左は、附下げ・・・当時、新年会用に作りました。
右は紬地の小紋、合う帯が無く一度だけ着たかな?
どちらも【いも版】です。

どちらも、しっかりしみ抜き洗いして以来使っていません。


自作帯

帯も色々、作りまして・・・

左は、当時母のための手描きです。
右が、こすずめ用。無地の赤い紬に使いました。
真ん中は、紬八寸に【いも版】で。
これは、ほとんど使わなかったのですが、シミが出ました。


こちらは、

黒帯

塩瀬に手描き。
最初の地色はピンクで、この大きな花の他に細かい模様の部分もありましたが、
黒地に染め替えて・・・なんと、今年になって使い始めています。



そうそう。
こんな、木綿の着物もあります。

木綿

絣は、父が旅行先の九州からお土産に買ってきてくれたもの。
お召のような強い撚糸で、軽くて着心地の良いとても好きだったもの。バチ襟が難だわ~

青い格子柄も、好きだったのですが
袷だったのを単衣に仕立て替えて貰ったまま、着る機会がないです。
木綿は着ませんねぇ~~

この2枚に合わせる帯、
テーブルクロスで作ってみました。

五寸幅のリバーシブル。
ミシンでガチャガチャ^^と、恥ずかしいやっつけ仕事。


こんな物が、
自分ではもういらない物が、
家の中に詰まっています。


早くすっきりしなくては、焦り気味な日々です。
どうしましょう。


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:18
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/13(Tue) 23:30:22
  2. #
  3. [ 編集]
素敵なお着物に帯、着る人がいないのは勿体ないですよね・・・・

私も、姉も、少しですけど結婚の時に親が持たせてくれた着物がありますが、娘が二人もいても着ないしどうしようと思ってます

何かにリフォームして生き返らせてあげるのが一番なのでしょうかね
  1. 2012/11/14(Wed) 07:29:50
  2. URL
  3. j-kakesu #
  4. [ 編集]
素敵な着物や帯の数々!
こすずめさんがお召しにならないのも、
なんとなく分かるな、と思うものもあります^^

でもどれも趣があって、やっぱり素敵(^_^)

帯をテーブルクロスにするなんて
さすがですし、またそれが似合う
美しいライフスタイルのこすずめさん♪

三味線もなさっていたのですか!
聴くのが大好きです☆
激しいところが好きです。
  1. 2012/11/14(Wed) 07:30:41
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
ご自分で染めたものは
勿体なくて処分出来ないでしょう~
黒地に染め変えた帯
復活して良かったですね~
私は前の家を出るとき
全部を持って出られなかったので
見繕って持って持って出たので
その時点で整理が出来ちゃいました(>_<)
でも今になると
あれは持ってくれば良かった
これは持ってくれば良かったと
思い浮かぶものもあります
やっぱり処分しない方が良いのでは・・・(^_^)
  1. 2012/11/14(Wed) 07:30:54
  2. URL
  3. babatyama #
  4. [ 編集]
素敵なお着物の数々。
 ご自分で染物をされたのですか、なんでもされるのですね。感嘆しきりです。
 反物のお土産・・・なんて素敵でしょう。
思い出のあるお着物になると、私のように簡単にはあげてしまえませんでしょう。
お気持ち分かります。
 私のお友達は帯は和風バッグにリフォームして
使っていますよ。
  1. 2012/11/14(Wed) 18:53:52
  2. URL
  3. スギママ #
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/14(Wed) 19:37:04
  2. #
  3. [ 編集]
11/13(Tue) 23:30の鍵さん
ありがとうございます。
メールいたしますね。
  1. 2012/11/14(Wed) 21:10:09
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
j-kakesu  さん
娘たちが着たいと思うことがあったら杉着せられるように・・・と、昔の八掛は取り替えて、仕立て直ししてしまいました。
今、見るとその色もがっかり・・・
無駄に費用をかけてしまったと、悔やむばかりです。

リフォーム、かなりしました。
男物が多いのですが、洋服に・・・でも、着物は出来るだけ着物で活かせたらと思うこの頃です。

  1. 2012/11/14(Wed) 21:15:24
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
Yuki さん
娘時代は、母と呉服屋さんが相談して作ってくれていました。
たまに私好みを言うと’粋すぎます’と却下されました。

父が知り合いの呉服商で、時折買ってきてくれたものはどれも好きで、愛用しました。

三味線、好きでしたが・・・
正座に負けました。
  1. 2012/11/14(Wed) 21:20:07
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
こすずめさん、本当にいろいろなことされていたのですね。器用なはずです。

そして、沢山のお着物。。。
大事にされていたものはなかなか処分出来ませんよね。
それでも、いつかは・・・

なにかに変身されると良いですね。
やっぱり、もったいない気がしますもの。

  1. 2012/11/14(Wed) 21:21:20
  2. URL
  3. ぷーちゅらママ #
  4. [ 編集]
babatyama  さん
>ご自分で染めたものは
勿体なくて処分出来ないでしょう~

 ・・・いざとなると、そうなんです。
 それでも”執着を捨てましょう”などという言葉を聞くと、なるほど、と思ってしまいます。

自作の附下げは、2つの呉服屋さんがとても欲しがって下さいました。その時、さっぱりお渡しすればよかった?とも思います。

染織作家デビューを目前に、今の生活に入ってしまいまして・・・それも寂しい思い出、です。

babaちゃまい負けないくらいの過去を持っているかも~なこすずめです。
  1. 2012/11/14(Wed) 21:26:19
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
スギママ さん
執着を捨てましょう・・・と、新聞などで見て、そうだわ!と思ったのですよ。
それでも、ゴミの様な処分の仕方には抵抗があります。

それなら、娘たちに任せたいとも思いますし、
煩雑な迷惑はかけたくない。清くすっきりとした老後で締めくくりたい、とも思うのです。

>私のお友達は帯は和風バッグにリフォームして
使っていますよ。

 ・・・こすずめも、バッグ作りのお稽古に通っています。
そこではすべて新しい反物で、が先生のモットーです。
古いものでは作らないのです。トホホです。
  1. 2012/11/14(Wed) 21:36:59
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
11/14(Wed) 19:37 の鍵さん
あ、その本・・・ちょっと興味あります。
塩と煙草の博物館で、買えますかしら?

知っていることがほとんどかも知れませんが、手に入れてみますね。
ありがとうございました。
  1. 2012/11/14(Wed) 21:40:01
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ぷーちゅらママ さん
うふふ・・・
色々、楽しませて貰った過去があります。
その分、今は我慢の子デス。

染色は、実はちょっと期待の星!だったかな?
その他には、木彫も手がけました。カルチャーセンターで、講師助手とか複数個所でしていました。

そんなこと・・・今になって、懐かしく思い出します。それだけ歳を重ねたということですね。哀れですね。

いざとなると、なかなか手放せない・・・
  1. 2012/11/14(Wed) 21:48:22
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
素敵な高価な着物に帯ですね。
でも着物は洋服と違い、古くなっても色々
活用できていいですね。
それで洋服作ったり。かえって斬新な感じに
なったりしますからね。
帯をタペストリーにしたり、額装したりして
インテリアとしても楽しめますね。
着物ってほんといいですね。


  1. 2012/11/14(Wed) 23:30:07
  2. URL
  3. ごくしげ #
  4. [ 編集]
ごくしげ さん
どれも、思い出があるだけでそんなに高価な物ではありません。
和服を頻繁に着はじめたのは、10年くらい前からです。その前に随分処分しました。
洋服にも作り変えました。ちょっと悔いています。

帯をインテリアに・・・これはしていません。
帯って、不思議に鋏を入れるのに勇気がいるのです。でも、思い切ってそうしてみようかしら?

ありがとうございました。
  1. 2012/11/15(Thu) 12:14:04
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/01/16(Wed) 00:33:54
  2. #
  3. [ 編集]
01/16(Wed) 00:33の鍵さん
お知らせありがとうございます。
≪額入り美人≫は、知りませんでした。
帯は、切ってしまうと全部使い切れないのが気になってしまう…要らないと言いながら、優柔不断なこすずめです。呆れるでしょ。

趣味のバッグ作りには、平気で帯を使いますが、思い入れのない新しい帯を買ってですから平気なんでしょうね。

コメントの事、申し訳ありませんでした。
何故?と我ながら不審に思っています。
  1. 2013/01/16(Wed) 09:24:52
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1853-4f667421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)