こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
神様のカルテ2
無題r神様のカルテ2
   夏川 草介 :著
   小 学 館 :発行

   医師の話ではない。人間の話をしているのだ
   と、帯に大きく書かれています。
   
   神様のいたずら?と思っていた私・・・違ったようです。
   信州にある、「24時間、365日対応」の
   本庄病院で働く内科医、栗原一止が、主人公。

   栗原一止は、くりはらいちしと読み、ハルという写真家の
   懐深い奥さんとの2人家族。


   一止は夏目漱石マニアで、しゃべり方まで古風で端的な個性ある人物。
  その面白い話し方と、夫婦の丁寧な言葉遣いの会話、いいなぁ~。
   
  
  患者の、医師に対する期待の大きさと、
  期待に応えようとする医師たちの深刻な矛盾点がさりげなさそうに描かれています。
  
  夜中も休日なく、呼び出される仕事をしている医師たち・・・
  仕事と家庭、そのどちらも大切ですのに。結局家族が我慢して、犠牲になっているようです。

  ある日、一止の勤務する本庄病院の内科病棟に東京の病院から、
  一止の学生時代の親友で、外科の砂山次郎とは信濃大学の同窓生だった進藤辰也がやって来た。

  かつて“医学部の良心”と呼ばれた、その進藤の様子が、おかしい。 
  
  
  泣き所があります。
  うふふ・・・あはは・・・笑いを誘う爆笑シーンも潜んでいるので人前で読むときには要注意。


  「良心に恥じぬということだけが、我々の確かな報酬だ」との信念で、
  24時間365日働き続ける医師の大変さ・・・改めて感じ入りました。
  患者でありながら一人の人間として診て下さる医師の存在も。
  
  現代医療の問題点へが投げかけられています。
  作者は、現役の医師です。
  

  1作目の『神様のカルテ』は、映画化されています。
  そのテーマ音楽・・・
  辻井伸行自作集の≪白いクレマチス≫でした。

  
  本の感想とは少し違和感がありますが、

  あぁ~~そうだ・・・舞台の信州・松本の澄みわたる情景が浮かびます。

  
  
 

 
 なにより大好きな白い花の映像にうっとり~~
 



関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:22
この記事のコメント
こすずめさんは白い花がお好きなのね♪
私も好き!

辻井伸行さんのこの曲もお好きですか~
甘い曲ですね~
ぴりっと辛さも欲しいbabaです(^^ゞ
  1. 2012/11/18(Sun) 08:36:02
  2. URL
  3. babatyama #
  4. [ 編集]
ピアノ澄んでいますね。
 話題になりましたね。
現役のお医者様で作家、二束のわらじの方
多いですね。お若い方では川渕 圭一さん
 忙しい診療の傍ら息抜きになるのでしょうか?
私の同級生はなって15年ぐらいでストレスで肥ってしまい、
患者さんに注意ができるの?ってみんな心配しましたが・・・。
 元気にお嬢さんとふたりで頑張っています。
今度会ったら経験を本に書いたらと勧めてみましょう。
 
  1. 2012/11/18(Sun) 09:10:47
  2. URL
  3. スギママ #
  4. [ 編集]
babatyama  さん
白い花、お好きなのですね。これも、お揃い・・・
寂しいからと仰る方もありますが、好きです。

この曲、
>甘い曲ですね~
>ぴりっと辛さも欲しいbabaです(^^ゞ

 ・・・清々しい曲とは思いますが、アクセントがないなぁ~と思っています。これも、同感^^
  1. 2012/11/18(Sun) 11:03:39
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
スギママ さん
>忙しい診療の傍ら息抜きになるのでしょうか?

 ・・・そこのところ、私もとても気になっています。一つの事でさえいい加減な私には、わかりませんが、尊敬します。

川渕 圭一さん の物は呼んだことがありませんが、呼んだことのある医師・作家さん・・・
海堂尊・渡辺淳一・帚木蓬生・久坂部羊・加賀乙彦・なだいなだ・北杜夫と、
たくさんいらっしゃいますね。
  1. 2012/11/18(Sun) 11:16:01
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
この本私も大好きです
今、『神様のカルテ3』
を読み始める所です^^
  1. 2012/11/18(Sun) 13:40:13
  2. URL
  3. nohohon life #
  4. [ 編集]
こん (^^ 
 医師が書いた小説?
 
 フィクションではないのかな?
 現代が抱える、いろいろな問題点を明らかにしているのかな?

 最近は、本屋さんが結構閉じているが・・・
 この先、本で読むことが無くなっちゃう時が、やってくるような気配もあるが・・・
 残念だが近年、りーどは、ほとんど技術本以外の本は読んない。 (^^);
 
  1. 2012/11/18(Sun) 13:43:46
  2. URL
  3. Thりーど #
  4. [ 編集]
nohohon life さん
『神様のカルテ』も読まれましたか?
先日お借りした、たくさんの本の中に入っていたのは2だけ・・・
1も3も読んでみたいです。
感想、お聞かせください。
  1. 2012/11/18(Sun) 16:14:24
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
Thりーど  さん
これは、現役の医師の書かれた本です。
>現代が抱える、いろいろな問題点を明らかにしているのかな?

 ・・・勤務体制の問題とか、人の命とかかわるお仕事の問題とか、書かれています。

現役のドクターの書かれて本、かなり読んでいますが、患者再度にはわからない医師の葛藤が判ります。

皆さんとても文章がすっきりわかり易いので好きです。

ただ、多忙を極める現場にいながら、長編小説を次々上梓されるって、どんな生活をされているのか?気になっています。

売れっ子作家さんになられて、医療現場から離れられた方も多いですね。
  1. 2012/11/18(Sun) 16:21:46
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
プーママも辻井さんのこのCD持っています。
聞いていると涙が出そうになります。

個人個人がその時の環境で、思う事は違うのでしょうね・・・

本はよんでいません 
  1. 2012/11/18(Sun) 22:27:34
  2. URL
  3. プーママ #
  4. [ 編集]
辻井伸行さんのCD、神様のカルテ
先月の彼のコンサートへ行った時に
買いました。とても素敵な曲ばかりなので
毎日のように聴きながら、仕事しています。

私のともだちの息子さんが医師をしているって方が
何人かいまして、よくともだちから色々な話、
聞かされますが大変なようです。

残念ながらまだこの本は読んでいません。
  1. 2012/11/18(Sun) 23:42:31
  2. URL
  3. ごくしげ #
  4. [ 編集]
そうそう、嵐の桜井君主演の映画だったんですね、、、、
見たいと思いつつ、見てないです

テーマ曲、いいですね。曲も素敵ですけど、ピアノの音っていいわぁ~
  1. 2012/11/19(Mon) 07:46:04
  2. URL
  3. j-kakesu #
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/19(Mon) 10:43:50
  2. #
  3. [ 編集]
映画の宣伝チラシは、電車の中でよく見ました。
こすずめさんがお気に召したなら、
いい本なのですね^^

わたしも前から、お医者さんて、大変だと思っていました。
お休みもとりにくいですよね。
――すみません、なんか当たり前のことですね。

白い花はこすずめさんに似合いますね^^
こすずめさんの清楚で高貴なイメージです(⌒-⌒)
  1. 2012/11/19(Mon) 17:00:14
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
素敵なピアノ演奏に、大好きな白い色々なお花
にうっとり、目に浮かぶようです ̄ ̄ ̄
私も白い花は好きです~~❁
何色にも染まらないと胸を張っている様で好きです。
  1. 2012/11/19(Mon) 18:32:34
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
神様のカルテの記事
こちらに書いていました→http://nohohon551006.blog.fc2.com/blog-entry-703.html
感想にはなっていませんが(笑)
印象に残った言葉を書いています
もしよろしければご覧くださったら嬉しいです。
  1. 2012/11/19(Mon) 20:24:39
  2. URL
  3. nohohon life #
  4. [ 編集]
プーママ さん
清々しい曲ですね。
辻井さんのCD、そのうちに・・・と思いながらまだ持っていません。
コンサートにも行きたいです。
  1. 2012/11/19(Mon) 20:32:43
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ごくしげ さん
わ、辻井さんのコンサートに行かれたのですか?
羨ましいです。葉加瀬太郎もです!

医師は、人の命と向き合うことが多い職業なので、ご自分との葛藤も多いと思います。
患者からしてみれば、すがるのは医師ですし。

現役の医師と作家の2足のわらじ・・・
この様な小説を書かれる時間は、一種のストレス解放法なのでしょうか?
  1. 2012/11/19(Mon) 20:41:35
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
j-kakesu  さん
>嵐の桜井君主演の映画だったんですね、、、、
 ・・・映画になっていたことは、実は知りませんでした。桜井翔くんと宮崎あおいさんの主演だってようですが、本のイメージでは少なくとも宮崎さんは浮かんできませんでした。

美しいピアノの音色、私も好きです。
  1. 2012/11/19(Mon) 20:44:50
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
2012/11/19(Mon) 10:43の鍵 さん
ありがとうございます。
そう仰って頂いて、本当にうれしいです。
私も、本、注文してみます。
  1. 2012/11/19(Mon) 20:55:53
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
Yuki さん
映画化されていたこと、実は知りませんでした。
私が読んだイメージでは、桜井翔クンと宮崎あおいサンのイメージは湧かなかった~~では?と言われたら困りますが。

知ろう花が好き!と、いつも言っていますから、
そんなイメージになったのでしょうが、
>清楚で高貴なイメージです(⌒-⌒)
 ・・・は、無いですよ。ものすごく通俗的です。
  1. 2012/11/19(Mon) 21:02:14
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
pckago さん
>素敵なピアノ演奏に、大好きな白い色々なお花
にうっとり、目に浮かぶようです

 ・・・そう、このピアノの音色は爽やかで、素敵ですよね。信州のイメージも浮かびます。
ただ、病院で葛藤を持つ医師たちのイメージが弱いです。テーマ曲としては、少し物足りない所もありますが、清々しくて良いですね。
何か、変ですね。ふふ。

白い花は、淋しすぎると言われることも多いです。
でも、好きです。
pckagoさんも同じで嬉しいです。
  1. 2012/11/19(Mon) 21:09:17
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
nohohon さん
ありがとうございます。
拝見しました。

神様のカルテ・・・読んでいませんでしたので、少しアレ?!もありました。
優しい気持ちになれる本、良いですね。

  1. 2012/11/19(Mon) 21:12:04
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1855-eb8d232e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)