こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
七草の節句(人日の節句)

今日、1月7日は、七草粥をを食べて無病息災と五穀豊穣を願うお節句。

五節句のひとつで、色々な呼び方があります。

七草の節句は勿論ですが、
七日正月
七草の祝い
人日(じんじつ)の節句など。


DSC03781 (800x575)


一応、作りました。
本当は朝食べるのですが、諸事情(って?でしょ)で、お昼にしました。


の春七草


最近ではスーパーでも売っている≪春の七草セット≫ですが、
買う気がしません。

庭をうろついて見つけたのは、スズシロ(大根)・ハコベラ(はこべ)・ゴorオ ギョウ(母子草)だけ。
これだけでいいことにしました。


ところで、
仏の座、と一般的に呼ばれているのは七草の仏の座ではなくて、毒があるので×です。

ちなみに、こちら ↓

シソ科 仏の座

これは、別名を【3階草】とか【踊子草】と呼ばれるシソ科で、食べられません。
そして、春の七草の仏の座は、≪コオニタビラコ≫というキク科の草です。


それはそうと・・・
我が家は、七草粥にお餅を入れます。
お餅にはに白砂糖をかけます。


この食べ方ですが、不思議がられたり気持ち悪い!と言われて居ました。
ブログを初めてからは、ほぼ毎年この食べ方を書きながらNET巡り・・・

今年は結構ありました。同じような方・・・江戸風らしいです。


先祖は鹿児島出身ですが、父は江戸っ子。
そこから来ているのでしょうか?


♪七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に トトトントン♪

音痴を自認して、決して歌を歌うことのなかった父ですが、
七草だけは包丁で叩いていました。
この歌を口ずさみながら・・・・



関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:22
この記事のコメント
ホトケノザ・・・違うんですね。
山野草は難しい~~。
一度知ってる人に見てもらって、実際に自分で確認しないと自信持って食べられません。
これはクレソン!って目を付けてるのがあるのですが、やっぱり自信が無い~~。 (>_<)
  1. 2013/01/07(Mon) 17:05:41
  2. URL
  3. なっつばー #
  4. [ 編集]
こんばんは
七草がゆ材料集めて料理されるんですね
家も今朝は炊いてくれましたが七草す―パーでセットで買ってきましたよ、。
冬至のかぼちゃとか効用は別としていい習慣守っていきたいですね。
  1. 2013/01/07(Mon) 17:24:11
  2. URL
  3. はっちゃん #
  4. [ 編集]
朝は分かっていたのにー
 午後はクッキー作りに追われていたら
すっかり七草粥が飛んでしまいました。
明日に回します。
 昔は七草セットを買っていましたが
今は大根・ホウレンソウなどある野菜で間に
合わしています。
  1. 2013/01/07(Mon) 18:14:13
  2. URL
  3. スギママ #
  4. [ 編集]
やっぱり、こすずめさんは博学だわぁ~♪

プーママ、七草なのも忘れていました(汗)
何時もなら スーパーの七草セットを買います。
庭がないし、雪ばかりだし(笑)
今 思うと昔から、北海道で七草ってやったかな?
実家ではお雑煮を作ったような?・・・確かな記憶がありません。
  1. 2013/01/07(Mon) 19:46:01
  2. URL
  3. プーママ #
  4. [ 編集]
なっつばー さん
クレソン・・・本当なら嬉しいですね。大好きで、庭で作ろうとしても上手くいきません。
わさびと同じで、綺麗な水があると良く育つようです。

キノコも野草も、なかなか見分けがつきませんね。
それを見極めた昔の人って、偉いですね。ただ感心するばかりです。

仏の座は、名前まで同じなので間違えやすいですよね。
  1. 2013/01/07(Mon) 20:36:38
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
はっちゃん
>七草がゆ材料集めて料理されるんですね

 ・・・いえいえ、とんでもない。有るもので間に合わせるだけです。いい加減なんです。

折々の行事とか、けじめは出来るだけ大切に下ですね。いつまで続けられますか、心配ですが。
  1. 2013/01/07(Mon) 20:41:46
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
スギママ さん
私もあるもので間に合わせています。
毒ではなくても、母子草=ごぎょう(おぎょう)などは、入れると美味しくないと聞いています。
これなら庭にいっぱいありますが、入れません。

クッキー作られたのですね。
ありがとうございます。

何かに一生懸命な時は、忘れることありますね。
  1. 2013/01/07(Mon) 20:47:00
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
プーママ さん
なるべく日本の行事を続けたいと思うのですが、そちらでは式の様子も違いますし、忘れてしまい宇野はわかる気がします。

それと、こうった行事はすべて旧暦での事で、
1月に春の七草は自然では集まりません。桃の節句の桃の花も3月はまだ咲いていないし・・・

土地によっても慣習は違いますよね。

あ、私、博識じゃありませんよ。物知らずです。それと、受け売りの知ったかぶりです。ご用心ください。
  1. 2013/01/07(Mon) 20:58:26
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
今日は無病息災を祈って七草粥を食べる習慣が有りますね。今年は誰もい有らないと言ったので作りませんでした。お正月御馳走を食べ胃を労わる意味も有ると言われていますがたした御馳走も食べていないので。。。仏の座勉強になりました。
  1. 2013/01/07(Mon) 21:16:46
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
毎年は七草粥を作りますのに今日はすっかり忘れていました^^;
義母が唐土の鳥が・・・と歌いながら七草をまな板の上で叩いていたのを思い出します

夫は「唐土の鳥が日本の鳥と渡らぬうち」にと覚えているそうです 
関西だからでしょか?

我が家もお餅を入れますが砂糖???えっ!!!
仏の座NETでも調べてみました
一つ賢くなりましたわ~~
  1. 2013/01/07(Mon) 23:45:29
  2. URL
  3. tajimarumi #
  4. [ 編集]
おはようございます

仏の座、そうなんですか・・・姉んちのまわりだったら、ほとんど揃うかもしれません(*^m^*)

日本の風習っていいですね
  1. 2013/01/08(Tue) 07:31:08
  2. URL
  3. j-kakesu #
  4. [ 編集]
私もお餅入りですよ~♪

なんかお父様楽しい方
babaも父を思い出しました~(^_^)
  1. 2013/01/08(Tue) 09:12:36
  2. URL
  3. babatyama #
  4. [ 編集]
pckago さん
我が家も、夫は留守で私一人の七草粥でした。
父の思い出が付いて回りますので、これだけは忘れずに作ってしまいます。
仏の座、名前が同じなのが紛らわしいですね。
  1. 2013/01/08(Tue) 09:14:21
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
tajimarumi  さん
rumiさんおお宅も、この歌を口ずさまれるのですね。親近感が、嬉しいです。

ご主人様のご出身は関西なのですね。
そうですよね~空いたお家の管理とかお義母様の介護など、関西でしたものね。

歌に関しては、過去に遠野の物を描いた記憶が蘇りました。
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/blog-entry-1386.html
  1. 2013/01/08(Tue) 09:21:30
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
j-kakesu さん
なるほど・・・
お姉さまのお宅の周囲にはありそうなんですね。

それでも、今の季節ではまだ芽を出していない物もあるようです。七草(人日)の節句も旧暦の1月7日ですし。

数年前のこの日、東山公園に探しに行きました。ガイドさんも協力して下さいましたが、まだ早かったのですよ。
  1. 2013/01/08(Tue) 09:27:29
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
babatyama  さん
やっぱり、お餅入れるのですね。
で、お砂糖はなし・・・居れる方の方が少ないですものね。

父の事、私は母よりずっと好きでした。
  1. 2013/01/08(Tue) 09:29:35
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
昨日はなんだかわたし、fc2と相性が悪くて、
昼間クルージングしているときも拒否されたりしましたが、
この記事にしたコメントは反映されてませんでした・・・

よくこすずめさんにご迷惑をおかけしているから、
たまにはやられなさいってことかしらって思いました(≧ω≦)

コメントしたことは――

・こすずめさんの七草粥、とっても素敵です♪ 相変わらず美しいお料理。
・ホトケノザに毒があったとは知りませんでした。なおさら同じ名前ってどうかしらと思いました。
・おうちの周りで七草が見つかるなんて、風情があるお話でいいですねぇ♪
・思い出って忘れてしまうこともあるし、書きとめておきたいなぁと思います。お父様の思い出、なんとなく心温まりますね^^

こんな感じでした。
いつも写真が美しくて、文章や内容も美しくて、
こちらのブログを漢字1文字であらわせといわれたら、わたしは「美」と答えます^^
  1. 2013/01/08(Tue) 09:45:47
  2. URL
  3. Yuki #
  4. [ 編集]
Yuki さん
ご迷惑とお手間をお掛けしましたね。すみませんでした。

>よくこすずめさんにご迷惑をおかけしているから、
>たまにはやられなさいってことかしらって思いました(≧ω≦)
 ・・・そんなことはないと思いますよ。

実は、私もなのです。
ここ3日ほど、トテモ不調であら?あらら??またぁ~???という位おかしいのです。

○フィードが効かないことも再三再四。
○コメントが書き込めない(人にも、自分にも)事も有るかと思えば、同じコメントが2通入ってしまうこともありました。
 ○その他、クリックしても真っ白な画面にしかならないとか・・・
 ○入力モードも表示が、英数小文字にしても大文字になってしまったり、しています。
文字を打つと大文字になりますが、小文字と受け止めてくれる場合もありますが、パスワードなどが×になります。
やむを得ずかなで打って変換・・・参っています。

すみません、話がそれましたね。
「美」って、面はゆいです。嬉しいです。ありがとうございます。
  1. 2013/01/08(Tue) 11:05:18
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
すっかり忘れてました。
七草粥のこと。。。

先にこちらのブログにお邪魔してれば良かったのですね。

お粥にお餅って美味しそうですよね。
でも、やはりお砂糖は・・・σ(^^)
でも、食べてればきっとそれがいつものお味なんでしょうね。
不思議です。

そういえば、昨日、私は焼いたお餅をいれて即席のぜんざいを食べました。
  1. 2013/01/08(Tue) 11:25:55
  2. URL
  3. ぷーちゅらママ #
  4. [ 編集]
七草粥
こすずめさん

綺麗な七草粥の画像・・・

私・・・自分の画像・・恥ずかしいです。

だって朝、撮り忘れて、夜に温めなおして

写真を撮ると???

綺麗なグリーンのはずの七草が・・・ワカメ色に変色・・・

でもUPしちゃいました・・・


七草も、スーパーでセット買っちゃいました。

それに・・今年買ったのは???

七草ない???

いくら数えても七草がないんです・・・

おかしいなぁ???


私も来年からは、お家で揃えちゃいましょう~

スズシロ・スズナは冷蔵庫にあるし・・・

庭の雑草としてゴギョウ・ハコベラは生えてるし

なにも七草にこだわらなくっても良いんですよね~

お正月に食べ過ぎた胃を休めるため・・・

と、聞いていますが・・・

間違いでしょうか???

  1. 2013/01/08(Tue) 12:53:42
  2. URL
  3. ローズマリー #
  4. [ 編集]
ぷーちゅらママ さん
ほとんど毎年同じようなことを書いています。
だんだん、お砂糖をかける七草粥に出会えるようになってきています。

お粥にお砂糖を混ぜ込んで・・・という方もありました。さすがに、それはちょっとなのですが、
私は軟らかくなったお餅にだけかけて食べます。

搗き立てのお餅に、お砂糖をちょこっとつけてパクリって、したことはありませんか?
祖母の家で餅つきをした頃は、そんなことをしました。

ちょうどそのような味です。
あ、御ぜんざいもお餅を甘くして美味しいですよね。同類化も。
  1. 2013/01/08(Tue) 15:15:32
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ローズマリー さん
写真、それは色も変わりますね。美味しければ良しにしましょう。ふふふ。

庭の迷惑物をたまには主役にしてあげるのも悪くないですよね。

お節句は、旧暦での行事で自然の植物は殆ど時期が合いませんよね。
せりやなずなも生えていませんし、桃の節句も桃は温室育ちでしょうね。

有るものや代わりの物を使っても良いと思っています。

七草粥・・・無病息災と五穀豊穣を願うお節句だけではなくて、
仰る通り、お正月の疲れた胃をいたわり、休めるものでもあると聞きています。
言葉足らずですみませんでした。

  1. 2013/01/08(Tue) 15:25:36
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1896-053b08ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)