こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
幸せどんぶり♪ と葉桜?姥桜?


あく抜き用の〝灰”つきの蕨と、旬の桜海老に出会いました。
新鮮な削りかつをと、生シラスは、この日出先で頂きました。

うふふ・・・昼間からご飯を炊いて、手間いらずでも美味しいに違いない、三色ご飯を作ります。

蕨の穂先と根元部分で作った、叩きわらびとで3色にしました。


DSC06129 (601x800)


もおぉ~~
天国・極楽・竜宮城のご馳走も負かすかも知れない。って、自慢しすぎで、相済みません。



桜海老と生シラスの優しさを大切に、“叩きわらび”は、おかか木の芽お醤油味で。
(いつもは、大葉で味噌味です)





今日の器・・・金継ぎが大変だったに違いない、と思う平鉢。

DSC06122 (599x800)


祖父母の普段使いかと思いますが、
だんだん欠けて、とうとう2個だけになりました。

その一つを壊してしまった時、
友人が『よかったら、直させて下さい』と引き受けてくれました。

大切な友人の嬉しい気持ちで蘇ってくれました。
宝物ですが、日常使いに重宝しています。







襲                        杜若(カキツバタ)         葉ざくら           藤               葵



  
一昨日出かけた時のコーディネートです。
十二単の襲(かさね)の色で、杜若=カキツバタ=が、
綠(アオと呼びます)と紫の組み合わせだったような気がして合せたのですが、

無題3


う~~ん、少し違っていました。
今、確かめました。
杜若の襲色は、淡萌黄(うすもえぎ)に淡紅梅(うすこうばい)。


この組み合わせは、葉桜 ・藤・葵 などが似ているかな?
いずれにしても、春から初夏の色でした。

和服は、こんなことを考えながら身に着けるものを選ぶのも楽しいです。




関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:43
この記事のコメント
こんばんは、
お着物と帯とっても素敵です~~
帯はアイヌの紋様に似ていますが。
襲の色は沢山あるのですね?

金継ぎで奥行きが広くなって、
可愛い模様が引き立っています!!

三色ご飯も美味しそうです~~

トップバッターかな?
  1. 2013/05/09(Thu) 23:01:14
  2. URL
  3. ぶらっくこーひー #
  4. [ 編集]
杜若、こすずめさんの言われる通りと思いましたので調べてみましたら
やはりこの組み合わせでしたよ。
かさねの色目、わたし大好きです。
帯の文様はなんなのでしょう?面白いですね^^

うつわ、江戸末期のモノですか?
  1. 2013/05/09(Thu) 23:35:25
  2. URL
  3. marimari #
  4. [ 編集]
これは間違いなく美味しそうです!
ご飯が進みそう。
器も大事に使ってらっしゃるのですね。
手塗りの模様もなんだか歴史を感じます。
金つぎも素晴らしい技術ですね。

着物は重ね方で名前がかわるんですか?
奥が深いですね〜。
  1. 2013/05/10(Fri) 04:18:36
  2. URL
  3. yoyo #
  4. [ 編集]
朝から美味しい物と、素敵な着姿で目の保養になりました~~(*^_^*)

三色丼、これは間違いないでしょ!

色の合わせ方、勉強になります。
  1. 2013/05/10(Fri) 05:28:18
  2. URL
  3. プーママ #
  4. [ 編集]
三色丼、あぁ~~~美味しそう!
いえ絶対に美味しいですよね^^

お着物はとっても素敵な色重ねですね~♪

色重ねで登場人物の性格が読み取れる
『源氏物語』好きです♡
  1. 2013/05/10(Fri) 07:53:44
  2. URL
  3. nohohon life #
  4. [ 編集]
襲…すてきですね、難しそうだけど。
私は、持っている組み合わせが少ないので、こんなに遊べないけど、知らないで自分の感性だけで着ているのと、知っていて…だと、だいぶ違うでしょうね。

しらす…食べたくなりました(^^)V
  1. 2013/05/10(Fri) 08:03:28
  2. URL
  3. ト音記号 #
  4. [ 編集]
いつも素敵なお着物ですが・・・色合わせとか本当に難しくて解りません(^_^;)

お丼、美味しそうですね~~~
  1. 2013/05/10(Fri) 08:07:08
  2. URL
  3. j-kakesu #
  4. [ 編集]
幸せどんぶり
お味がbabaには
いまいち想像できないけど
きっとすご~く
美味しいんでしょうね~(よだれ~)
  1. 2013/05/10(Fri) 08:19:30
  2. URL
  3. babatyama #
  4. [ 編集]
蕨、まだ食してません
着物は入口の基本的なことしかわかりません、
お茶を習っていた時にお稽古でも着物が・・、
辛かったのです、
それが着物が嫌いになっちゃったような訳。   

和服は民族装の中でも、美しいだけでなく、
奥が深いと思います。

洋画の中で和服をアレンジしたと思われるものを、
女優さんが来ていますが、やめて欲しいと思いますね。

大切にしたいものを甦らせておられるこすずめさん、日本女性の鑑です。
  1. 2013/05/10(Fri) 08:23:15
  2. URL
  3. まんま #
  4. [ 編集]
ぶらっくこーひー さん♡
トップご訪問、ありがとうございます。

襲色は、美しい名前でたくさんあります。
緑は、あおと呼んで間違えそうですが、そのほか色の名前も情緒深くて
日本に生まれた良かったと思うときです。

この帯は、実は頂きものです。
とっても上質の、自分では買えないくらいの爪織綴れ。。。
柄は、自分では選ばないかも知れませんが、
思ったより使い勝手が良い帯です。

金継ぎ、気に入っています。
叩きわらび、好きなんです。
  1. 2013/05/10(Fri) 09:25:48
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
marimari さん♡
調べて下さったのですか?ありがとうございました。

ちょっともう一度教えて下さい。
杜若は、私が最初に思ったことで良かったということでしょうか?
それとも、調べた結果の
淡萌黄(うすもえぎ)に淡紅梅(うすこうばい)が正しいのでしょうか?
  1. 2013/05/10(Fri) 09:26:39
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
yoyo  さん♡
蕨の渦巻き部分と根本は、おしたしには不向きなので、
叩き蕨にしますが、これが美味しくって・・・
素材がどれも好きなら、満足な味になりますよね。

和服…小物使いで勝手に季節感。
完全に自己満足の世界ですが、古来の十二単の襲にちなむと
何かエレガントに思えるかな?~と期待も込めて、なの。
  1. 2013/05/10(Fri) 09:27:18
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
プーママ  さん♡
う~~ん、自慢する程のものでは全然ないのに・・・
木の芽にしょうゆ味の『叩きわらび』もいい感じでした。

桜エビも試食してみて買ったので、保証付きのあじ。
ごっめんね、そちらではたべられないでしょうね。

和服、好きに着ればいいのですが、
だんだんこんな遊びもしたくなるから不思議です。
  1. 2013/05/10(Fri) 09:35:36
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
nohohon life  さん♡
源氏物語、女御の着るもので性格を表していましたね。
どれも、素敵な名前が付いているし・・・
色、そのものも優雅な呼び方・・・

たまに思い出して遊んでみたくなります。全くの自己満足ですが。

三色どんぶりは、好きなものを並べただけですが、幸せ丼になりました。
  1. 2013/05/10(Fri) 09:36:26
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/10(Fri) 09:47:50
  2. #
  3. [ 編集]
ト音記号 さん♡
私もそんなに持っていませんよ。
それで、小物でいろいろ楽しみます。

帯揚げや帯締めって思いのほか主役になると思います。
和服の世界は、自己満足の世界・・・自分が好きなことが何よりですもの。

美しい色や言葉に出会える日本が好きです。
  1. 2013/05/10(Fri) 09:53:04
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
j-kakesu  さん♡
あ、難しいこと書いてしまいましたか?
少ない手持ちの着物や帯を、季節感で着回ししたから、

なんだかだと理由(先生は、物語を作って教えられましたが)を付けて
いるだけです。
好きにお召しになればいいと思います。
  1. 2013/05/10(Fri) 09:53:48
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
こすずめさん

幸せどんぶり美味しそうv-353
旬のものをいただくとホントに幸せな気分になりますね

私もシラスどんぶりはよく作るのですが、蕨や桜エビもいいですね

初夏の装いとっても素敵ですv-353
  1. 2013/05/10(Fri) 09:54:24
  2. URL
  3. さくら #
  4. [ 編集]
babatyama さん♡
おはようございます。
そうですね・・・babaちゃまのお好みは、洋風ですよね。
私は、和食が好きなので、こんなものが好き。
勿論、洋食もたまには美味しい~と嬉しくなりますが。

蕨は、真ん中のいい部分だけおしたしにしますでしょ?
頭と根本の固い部分での叩きわらびも大好きなんです。
お酒が進みます~~
  1. 2013/05/10(Fri) 10:08:12
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
まんま さん♡
春の野菜、季節限定なのでできるだけ食べます。
蕨や蕗の薹、タラの芽…みんな大好き!

外国映画で着物を崩してきている姿、本当に嫌です。
『さゆり『は、日本人が監督だったか、監修だったか・・・でしたが、
着物姿にがっかりしました。
たしか、主演は桃井かおりさん。
女優さんが、アドバイスできなかったの?とも。
  1. 2013/05/10(Fri) 10:09:03
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
09:47の鍵 さん♡
まぁ・・・そうでしたのね。失礼をお許しください。
すみません、よろしくお願いします。
  1. 2013/05/10(Fri) 10:10:56
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
さくら さん♡
蕨と桜エビは季節限定ですから、嬉しくなりました。
叩きわらび、さくらさんの作り方はどんなでしょう?

お庭の手入れのほかにお料理もお上手で、
陶芸もなさるし、何よりかわいらしくお洒落なさくらさん。

いつかお目にかかりたいけれど、
だんだん、怖くなっています。
  1. 2013/05/10(Fri) 10:15:01
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
たたき蕨~~
意外や目からウロコ!
是非、やってみます。
上品な三色丼ですねぇi-189

襲色の和服の色合わせ~
季節の花々になぞらえて~凄く素敵。
見てるだけで楽しいですね。
古の貝殻の絵合わせでもしているような
なんだか遊び心も感じさせて
先人の人のなんと粋だった事。

その器も、アンティークな趣きで、
大切に使うというのはこういう事なんですね。
  1. 2013/05/10(Fri) 10:24:35
  2. URL
  3. レイまま☆ #
  4. [ 編集]
追伸
今、
襲色目と重色目で検索したら
時代時代で、これまた面白いです~

こういうの好き~また教えて下さいませ^^
  1. 2013/05/10(Fri) 10:32:00
  2. URL
  3. レイまま☆ #
  4. [ 編集]
言葉足らずでごめんなさい^^;

色目は萌黄+二藍=杜若だそうです。
こすずめさんが思われた「緑と紫」、画の左から2番目でいいんです。
紫がかった藍色(二藍)に萌黄が透けて見え
袖口に萌黄がキリッと見え・・・かさねって素敵ですよね♪

左端は若菖蒲みたい。右端の葵と共にこれからの色のようです。
  1. 2013/05/10(Fri) 11:27:16
  2. URL
  3. marimari #
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/10(Fri) 12:53:56
  2. #
  3. [ 編集]
山の旬、海の旬美味しいでしょうね(丼)
思い出の有るお皿なんですね
良いお友達ですね。

着物の事は分かりませんが私には素敵に思えますが
  1. 2013/05/10(Fri) 17:27:15
  2. URL
  3. pckago #
  4. [ 編集]
なあんておいしそう!(*^o^*)
竜宮城のご馳よりもおいしいに決まっていますね!

旬の目利きのこすずめさんおめがねにかなった3品(*^_^*)
味のバランス、相性も考えられていて、
この目にも綾な盛り付け(^^)
美しい!

ずっと使われてきた品を大切にすることや、
それを汲んで直しを申し出るご友人、
宝物の品を普段重宝に使っていらっしゃる、
全部が素敵なエピソードですね☆

そして最後は季節に合った和服の装いーーお綺麗です。
爽やかな色で、わたしは知識はありませんけど、
とても美しくて、初夏を感じると思いました(*^o^*)
  1. 2013/05/10(Fri) 17:46:49
  2. URL
  3. yuki #
  4. [ 編集]
レイまま☆ さん♡
2回分まとめて・・・

蕨って、美味しいから全部食べたいでしょ。
なので、いつも作ります。

記事にも書きましたが、大葉を入れて味噌味はお酒に美味しいよ~
この時は、山椒の葉とおかかにお醤油でした。
こ知らの方がさっぱりしているかな。

これ、大好き!

襲と重ねの両方ご覧にあったのですね。
ホントだ~

日本って奥深い国ですね。
お洒落だし・・・生まれて良かったわ。

器などの金継ぎも、ケチっぽいかもしれないけれどとても好きです。
これは、昔の普段使いの器だと思うのですが、
古道具屋さんを探しても、同じようなものがどうしても見つけられないの。
  1. 2013/05/10(Fri) 20:42:09
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
marimari さん♡
ありがとうございます。
やはりと嬉しく思いますが、私が調べたところでは違っていて・・・、
時代や流儀によって、違いがあるとは書いてあったのでそうなんだ~とお茶を濁したままでした。

なんだか、ほっとしました。
ありがとうございました。
  1. 2013/05/10(Fri) 20:42:55
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
12:53の鍵 さん♡
お知らせと、アドバイスありがとうございまっす。
FirefoxやMacでは、文字位置がずれるのですね。

時々、Windowsとは違う出方にあたふたします。
先日も、on mouse で文字が見えたり消えたりの際、Firefoxでは見られないって。

今日の襲色は、文字と画像を纏めて一つにして、一旦はUPをしようとしましたが、
色の部分があまりにもボケるので、別々にしてみました。

時間にゆとりがあれば、作り直しますが、
襲色も絶対的ではないらしいので、かえってこのままいい加減にしておいた方が
良いようにも思います。

皆さん、さらりと読み流されるような気がしますし・・・

本当に、ありがとうございました。いろいろ、嬉しいです。感謝です。
  1. 2013/05/10(Fri) 20:43:42
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
pckago さん♡
簡単ですが、旬の味。
とても美味しかったので、今日また桜エビを買ってきましたよぉ~

器、母の実家に古道具屋さんが入って、ほとんどの物を持ち去ったのですが・・・
うっかりされたのか忘れ物がありました。
食器戸棚の下部分と、食器が少々。

大きさと模様などが使いやすそうで、愛用していました。
割れ物ですから、今や2個だけになりました。

その間、骨董屋さんで同じものを発見したことが有るのですが、
翌日行ったらもうありませんでした。

諦めきれない私の為に友人が直してくれました。
ありがたい親友です。
  1. 2013/05/10(Fri) 20:52:39
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
yuki さん♡
いつものように、思いつきでした。
試食した桜エビがとても美味しくて・・・
灰付きの蕨を見たし・・・
美味しそうな生シラスとおかかを友人からもらったし・・・と、役者が揃いましたから。

これね、自画自賛がミットまないけれど美味しかったの~
たたき蕨も大好きなんです。


>ずっと使われてきた品を大切にすることや、
>それを汲んで直しを申し出るご友人、
 ・・・親友のきょうこさんです。
 本当に感謝しています。
  1. 2013/05/10(Fri) 20:57:58
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
和の世界
おはようございます。

和の世界は好きですが、すべて別世界です。
色合わせの名前は面白いと思いましたが初めて知りました。
金継ぎの器の模様がいいですね。
  1. 2013/05/11(Sat) 05:51:27
  2. URL
  3. イートカーヤ #
  4. [ 編集]
おはっ (^^
 う、うはっ!

 う・ま・そ・ぅ・~
 たべたいです。 (キッパリ
 いまだったら、3杯はいける。
  1. 2013/05/11(Sat) 06:32:17
  2. URL
  3. Thりーど #
  4. [ 編集]
絵画を学んでいた頃は「日本の伝統色』確かこんなタイトルの本を大事にしていましたネェ。
離宮鼠色・丹色等難しい名前の色が多くて、その色合いには 心の奥に触れる美しさが漂っていました。
・・・陶器にしても日本の美は大したものですね!
私も祖父母の普段使いのお皿を何枚か大事にしています。今度吹きでも煮て使いますネ。
・・・わすれな草(東洋の)あの色が大好きで我が家に庭にも咲きます。
  1. 2013/05/11(Sat) 10:44:45
  2. URL
  3. ROMI #
  4. [ 編集]
イートカーヤ さん♡
和の世界、和みます。
草花でいえばm目立たないけれどよく見ると素敵なような・・・
茶花の風情でしょか。

金継ぎも、和の世界ですね。
新しい物を買った方が早いのでしょうが、私にとって、それに代わるものが見つかりません。

この器、普段使いの安物だと思うのですよ。
骨董屋さん、機会があれば立ち寄って話してみますがありません。

イートカーヤ さんのところでリンクされているところも、拝見しましたがありませんでした。
  1. 2013/05/11(Sat) 13:18:31
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
Thりーど さん♡
この桜えび、来週の火曜日まで三越あああああ(星ヶ丘)で売っています。
昨日、もう一度買ってきましたが・・・
たたき蕨がないとちょっと竜宮城まではいかれませんでした。

今のうちに、たたき蕨を是非!です。
  1. 2013/05/11(Sat) 13:19:19
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
ROMI  さん♡
和の色は微妙な色の差でがあって、それぞれ雅な名前が付けてありますね。
洋では、パステルも色数が多いですが、日本刺繍の糸色を見ると、気が遠くなりそうです。
あまりにも微妙すぎて、私にはわかりません。

余談ですが、ブログの文字色を変えたいときなど
和色大辞典を見て決めます。(大雑把でも、原色辞典より好きです)

参考までに・・・http://www.colordic.org/w/
  1. 2013/05/11(Sat) 13:20:03
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
和色大辞典みました!

久々に学生時代にタイムスリップしましたよ!
本当に日本の色は素敵で、もちろんフランスの伝統色も好きでしたが、殊に日本の色は深さがしっとり落ち着きます。
日本絵具は油絵具とまったく違う、材料が岩石など自然の風土からですが国が違うと色はこんなに変わるものかと・・・懐かしい想い出です。

今もイギリスのロイヤルバレエ団が使う衣装は天然の染料しか使わないので、最近の日本の舞台衣装(化学染料)とはやはり趣が違います。
和服の中に日本の自然から生まれた染料が生き続けてくれる事を祈りますネ。
  1. 2013/05/11(Sat) 13:36:28
  2. URL
  3. ROMI #
  4. [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/11(Sat) 15:25:04
  2. #
  3. [ 編集]
ROMI さん♡
和の色は、名前まで魅力的です。
日本画で、洋風モダンな画を描きたいと思って過去も・・・身の程知らずでした。

>今もイギリスのロイヤルバレエ団が使う衣装は天然の染料しか使わないので、最近の日本の舞台衣装(化学染料)とはやはり趣が違います。
 ・・・そうなんですか?
 反対かと思いました。

その点、和服の染料は自然素材がほとんどです。
それも和服に惹かれる元かしら?
  1. 2013/05/11(Sat) 22:16:01
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
15:25の鍵 さん♡
わ、嬉しいです。
少し、サイズなど考えさせて下さい。

その辺り・・・まぁまぁ知っています。
  1. 2013/05/11(Sat) 22:18:34
  2. URL
  3. こすずめ #
  4. [ 編集]
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/1977-a1767a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)