こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
神去なあなあ日常

神去なあなあ日常
三浦しをん : 著
徳間文庫 : 発行

三重県の山奥、奈良との県境に近い
林業の村、神去(かむさり)村が舞台。

高校を出たらフリーターで食っていこうと思っていた。
でも、なぜだか
三重県の林業の現場に放りこまれていた(この部分、表紙カバーから) 
『平野勇気』が主人公。



  出だし部分、担任と母親によって勝手に決められていた就職先。
  しかも、それがが山奥の過疎村の林業という不思議さは考えないことにして・・・

  とりあえず、否応なく勇気が連れて行かれたのは、過疎の村:神去村。
  当然ですが、逃亡を図ります。そして、連れ戻されます(笑)


  その、神去村の人たちの口癖はなあなあ
  「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」と言ったニュアンスの言葉は、語尾に「な」がつく鷹揚な雰囲気。
  百年サイクルで山と共に生きる林業=木を育てる心=のゆとりから生まれるのかもしれません。
  たまに激昂する時は語尾の「な」の前に「ねぃ」が付けられ、そんな言葉で叱られると、
  理屈も反論もなく納得してしまう人たち。


  の力の及ばぬ自然を前にすると、の知恵は余計なものにしかならない。
  すべてを神に任せて、素直に従う。。。
  
  このなあなあ精神が、読む人=こすずめ=を癒してくれるのかなぁ~
  終盤の神事はスピード感と迫力に一気読み。読後感も安らぎました。


 
  最近、心身共に非常に疲れているこすずめは、
  こんな雰囲気に浸りたくなっています。




  神去(かむさり)村の住人たちの
  山への感謝と畏怖。
  それがあるから、いちいち理由を突き止めない。
  すべて、なあなあで、受け入れてしまう。。。そんな暮らしもいいなぁ~

  山里を保全する為の人々の生活の知恵。
  美しい光景、珍妙な習わし、命がけの神事。
  そんな、なあなあな日常がこの国にまだ在るのだとしたら、素晴らしい。
  村人たちと「勇気」のこれからが気になるところです。

  と思ったら、続編の 神去なあなあ夜話 が出ているらしい。
  読みたい。


  実は、
  三浦しをんさんのお祖父さんは林業をされていらして、
  お父様は舞台となった三重県津市美杉町(旧津市美杉村)のご出身です。

  この小説、なるほど納得です。



関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2025-d003a8f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)