こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
七つの会議
7つの会議
池井戸 潤 : 著
日本経済新聞出版社 : 発行

お借りした本ですが、
たまたま某N〇Kでドラマ放映中。(この本を読んだ当時のことです)
東山紀之クン主演で、放映前に新聞で大宣伝していました。

初回、ちょっと見たのですが興味が湧かず・・・のまま。

それが、原作を読むと非常に面白い・一気読み。
急いで読んで、最終回を観ました。



     大手総合電機の「ソニック」と、子会社の「東京建電」が舞台。
     ドラマでは「フロンティア」になっていました。へぇ~~


     題名の≪七つの会議≫・・・今一つピン来ませんが
     とにかく非常に面白く、半日で読了~

     出世街道から外れた万年係長『居眠り八角』、
     資金繰りに喘ぐ下請企業『ねじ六』の社長、
     社内不倫の末、捨てられた『優衣』、
     昇進志向の自分勝手な経理課員『新田』、
     いつも二番手の営業課長『原島』、
     出世コースから外れた顧客相談窓口『佐野』、
     親会社から送り込まれた副社長『村西』など・・・個性的な人物を軸とした8つの短編の連作です。

     パワハラ、偽装、社内不倫、下請業者いじめ、社内の権力争いや昇進・降格・左遷人事、などの
     テーマで書かれ、通して読むと長編小説となります。
     更には、責任のなすりあい、嫉妬、あげあし取りなども・・・


     会社組織に属したことのある方には、共感指数の高い小説かもしれません。
     会社勤め未経験なこすずめでも、さもありなん と感じます。
     世に踏み出せば、7人の敵。。。
     男の嫉妬や功名心または敵愾心って、女より凄いってこれでしょうか?


     登場人物、ずるい!卑怯者!裏切り者!って言いたくなるような悪役キャラばかり!ですが、
     どこか憎めない部分があるのが不思議です。


すずめ1

    そうそう~~
     題名の<七つの会議>今日、思い当たることに出会いました。

      ―― 一つですが差し上げます、とこすずめ。
      ―― あら、一つじゃないよ。三つある^^って、A子さん。

     '一つ’は〝僅か”を表す言葉として使いました。
     '七つ’は、色々とかたくさんを現す言葉ですね。

     例えば、七つの海・・・具体的に七つではなく世界中のとかあちこちのとかを現すように、です。

     <七つの会議>も大小色々な会議を表しているのでしょう。やっと、気がつきました。






     エラー:「システムエラーが発生しました。申し訳ございませんが、再度操作をして下さい。」
     まだ、治りません。
     今朝知ったことでは、コメントの書き込みも出来なかったりするようです。
     ご迷惑をお掛けします。


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2032-48175e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)