こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
おれたちの街
おれたちの街 逢 坂 剛 : 著
集 英 社 : 発行

楽しいテンポのよい、
サクサク読み進める1冊でした。

12時から読み始めて、14時半の読了。
その間、お茶を煎れたり☎もあったりして、です。  

おれたちの街 ・オンブにダッコ ・ ジャネイロの娘 ・ 拳銃買います、の4つの短編集。



  御茶ノ水署生活安全課の上司と部下・・・斉木斉(さいきひとし)と梢田威(こずえだたけし)は、小学校時代の同級生。
  同級生の上下関係は微妙な設定ですが、
  ひねくれない程度に拘りながらの、いい感じの脱力系2人組。

  警察小説ですが、殺人の起こらないユーモアミステリー。 
  御茶ノ水署管内での事件も、カリカリしないで解決してしまう。
  
  二人の上司:女性刑事・五本松小百合(ごほんまつさゆり)の、お茶目で穏やかなキャラクターにも、ほっと出来ます。
  嫌味のない理屈や言い逃れもお見事 

  警察庁の新人キャリア警察官、立花信之介(たちばなしんのすけ)が、又、ほのぼのとしながら、
  さすが、東大卒。
  神妙で、”おぼっちゃま”の最初の印象を、見事に覆す観察力・洞察力・・・
  読みながら、西門悠太郎が出て来ました。
    現在の朝ドラ『ごちそうさん』で、め以子の夫の役名。


  登場人物も少ないのですが、
  それぞれのキャラクターが個性的でわかり易く、とにかく楽しめました。

  これは、御茶ノ水署シリーズの4作目のようですが、
  舞台の白山通り、水道橋、お茶の水界隈に御茶ノ水界隈・・・
  20代の前半、学校に通ったりして懐かしいです。
  今は、すっかり変わってしまっていますが。

  
   


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2124-6ebab8ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)