こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
ぐち・グチ・愚痴~っと心配


4か月ぶりの20℃越えのポカポカ陽気の昨日、 心中不穏な日でもありました。
昨日の記事の続き・・・です。


タクシー
この写真と記事は関係がありません。



ぱせりを病院へ連れて行こうと、タクシーを呼びます。

すずめ7 ―― 小型犬ですが抱いて乗せたいのですが、
== ケージに入れて下さい。
すずめ7 ―― それが出来ない状態なので、バスタオルでくるんで、では駄目ですか?
== では、何が入っているかわからないように包んで下さい。
すずめ7 ―― 顔もですか?
== はい。中がわからない様にしてください。犬嫌いなお客様が、臭いや毛を嫌われますから。。。

ここは、我が家が昔から利用しているタクシー会社。
名古屋でも大手で、格式もあるところなので厳しいのでしょうか?

ちょうど1年前、車生活を止めた我が家にとっては増々馴染みのあるタクシー会社で、
去年は、簡単にくるんでもらえばいいです、と言われた会社です

== 社の規定ですから、と頑強な配車係氏の仰ることも確かに、もっともです。



DSC01609 (800x666)

バスタオルでくるんで、手作りのショルダーに入れてます。
あ、紙おむつもはかせています。




で、別のタクシーを頼みました。
こちらは、すんなりOKで来てくれました。

運転手さんは、
確かに、一理はありますがちょっと違うかもしれません・・・と。

盲導犬・聴導犬などの介護犬を乗車拒否は出来ないのですよ。
それらは、大抵大型犬でケージには入れていませんし、布でくるんでもいません。
犬の臭いや抜け毛も、問題外です。

乗せた後で、掃除をすれば済むことですし・・・
これ言っちゃなんですが、若いお嬢さんをのせた後のシートには、長い髪が落ちていますよ~。






DSC01612 (800x595)

足裏の手入れをすませて、床に下ろしたところ。




帰りは、動物病院出入りのタクシー。

家から時間にして20分余、料金にして3500円程の距離は、運転手さんとの雑談タイムです。

犬でも猫でも兎でも、動物をのせることに抵抗はないですね。
ケージに入らない大型犬の場合は床に新聞紙を敷くだけです。

お客様の降りられた後の掃除は我々の普通の仕事ですから、気になりません。って。

動物病院御用達を差し引いてもほっとしました。
ちなみに、こちらも大手のグループ会社。(名古屋には大手が二社あって、最初のとは別です。)



この日のぱせりは、写真の通りの格好でした。
スーパーの買い物用に作ったバッグに大人しく収まってくれていました。


それにしても・・・色々考えてしまいました。
老夫婦が老犬を飼うのに、車なしでは無理なの?
真面目な話、車のない人はペットを飼えない?とさえ思ってしまいました。


そうそう・・・簡単に調べたところ、こんなサイトもありました。
http://www.taxisite.com/feature/pet/enquete.aspx


夫に今日のこと、詳しく話してありません。車欲しい病のいい口実になりますから、ネ。 うふふ。



関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2173-24a929db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)