こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
B29の行方
B29の行方
花木 深 : 著
文藝春秋 : 発行

第10回 サントリーミステリー大賞大賞・読者賞独占。
15年を経て繰り返された酷似する手口の二つの誘拐事件が、初老刑事を昭和20年夏の秩父にひき戻す―。少年たちはそこで何を見たのか。(「BOOK」データベース)

1992年発行、16年前です。
これも夫からのお下がり本でした。
タイトルから受けたイメージが悪かったのですが、とても面白く読みました。
≪スタンド・バイ・ミー≫のメロディーを心で聞きながら一気読み。


   金英興産社長:金森英二郎の孫が誘拐された。
   犯人は、社長自身に自転車で運ばせた身代金を奪い、子供は無事だった。

   時効目前の15年前の幼児誘拐殺人事件と、あまりにもそっくりなこの事件・・・
   秩父の旧家で起こった事件は、
   若く・美しい妻が戦争被害者の夫を裏切っての浮気中に、幼子が誘拐されたもの。
   身代金は、たまたま居合わせた親類の若者=ヒデさんが自転車で運び、奪われたが、
   誘拐された幼子は、殺され、土中から発見された。

   時効までは捜査を続ける柔和でがに股な刑事:宮脇とカッコいい遊軍記者:橋本がこの事件に興味を持って。。。


   遠い過去・・・三人の少年たちが墜落したB29を追って山の中に迷い込み、
   脱走兵と美しい女の情事を目撃してしまう。
   脱走兵は、大きな木の根元の洞に住みついていた。

   良いテンポで、意外性もある小説は個人的には好きな方に入りました。

   ただ、ミステリー大賞選者の講評は、かなり辛口です。
   それは確かに的確で、成程とも納得できます。

   プロの方の目はやはり厳しいです。


関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2177-2800b6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)