こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
紅葉する夏の出来事 /  ラストワンマイル
紅葉する夏の出来事
拓未司 : 著
宝島社 : 発行

第6回『このミステリーがすごい』大賞作品。

主役は、
鬱屈から両親への殺意を抱く高校生・・・悠馬。
転落していく元エリートサラリーマン・・・伊東。
全身を赤く染めゴミ屋敷に暮らす老婆・・・RBと呼ばれる、レッド婆さん。

   高校受験の失敗で両親との溝が深くなった悠馬は、
   不良仲間と付き合いはじめ夏休みのある日金髪に染めた。

   食品会社で新製品開発のリーダーで手掛けたカップラーメンが大当たり。
   それを機に独立・起業したラーメン店の失敗から『救急水道サービス』に勤務する、伊東。

   <水のトラブル、5000円でかけつけます>のキャッチフレーズ、どこかで聞きますね。
   その、多分実態でしょうが、怖い^^
   

   ここでは、出動先ではなんらかの上乗せ仕事を詐欺同然にこなすノルマに縛られて、
   2か月このノルマが達成できない伊東は、今月で失業寸前・・・
   良心と戦いながら、赤ずくめの老人をだまして便器の取り換え工事を進めてしまった。

   トイレつまりの原因がのついたナイフだと知って、不思議な老婆との関わりが始まり、金髪も絡んで
   ・・・・いけない・・・・どんどん、筋を書きたくなるわ。

   ふふ。。。
   止めますが、夢中になるほどでもないのにいつの間にか読みふけってしまいました。
   みんな葛藤を抱えて、親切な良い人はいないのに何故か救われるような安心感。

   RB(レッド婆さん)の存在もとってもいい感じ~

   面白かったです。

   そうそう・・・
   知人が、こんな風にトイレの改造と便器の買い替えさせられました。
   今、すぐにではなくても、
   近い将来の不安を煽る言い方で、つい発注して・・・ン十万円の支払い。
   1年ほど前の話です。








ラストワンマイル楡 周平 : 著
新潮社  : 発行

本当に客を掴んでいるのは誰か―。
暁星運輸の広域営業部課長・横沢哲夫は、草創期から応援してきたネット通販の
「蚤の市」に、裏切りとも言える取引条件の変更を求められていた。
急速に業績を伸ばし、テレビ局買収にまで乗り出す新興企業が相手では、要求は呑むしかないのか。
だが、横沢たちは新しい通販のビジネスモデルを苦心して考案。これを武器に蚤の市と闘うことを決意する。
                           ・・・「BOOK」データベースより・・・ 


   とても面白く読みました。

   楡周平さんの作品は、
   【再生巨流】【ゼフィラム】【異端の大義】と3つ読んでいますが、
   スケールの大きな、前向きな夢を追いかける内容にドキドキしながら応援してしまっています。

   この本では、
   郵政民営化直前の、大手コンビニチェーン≪ピットイン≫対大手の運輸会社≪暁星運輸≫の攻防から始まって、
   IT企業ネットショッピングモール≪蚤の市≫・≪ガレージ広場≫との決別以外ない要求。
   そして、そのIT企業の突然の株式買い占めに戸惑っている≪極東TV≫。
   何より、苦境に落ちた≪暁星運輸≫の起死回生の目玉になる運輸会社はあそこでしょうか?・・・って。

   それぞれが、あ、あれだ!と思い当る過去が浮かびます。
   が走るヤ○ト、脚が運ぶ○ガワ、≪ピットイン≫はー○ン?、IT企業と言えば天、イ○ドア・・・・
   IT企業に乗っ取られそうなTV会社は、ジでしょう。

   余談ですが、実は、私は個人的にその放送会社との小さなご縁があって、
   あの騒動の時にはものすごく気を揉んだなぁ~と今でも思い出します。

   テレビ局とIT企業間の買収攻防戦が膠着状態の中、
   買収をしかけたIT企業の息の根を止め、テレビ局と≪暁星運輸≫の安定した収益作戦を企てる主人公。

   ラストワンマイルとは、直訳すると「最後の1マイル」。
   この場合、具体的な距離ではなく「最後に残された短い距離」といった意味ですが、
   物流業界が主役な小説だけに見事なタイトルでしょう。


   これまで、単に出入り業者の一つと軽くあしらわれていた運輸会社、
   世の中が、便利になればなるほど輸送ビジネスは大切になります。

   楡さん、どうしてそんなに新しい世界が見えるのでしょう・・・




関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2242-5d2a7776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)