こすずめ日記2
食事の記録を書くことからはじめました。 パソコンで書く・描く・教わる日々の覚書・・・
ロマンス / 真昼の月を追いかけて

ロマンス柳 広司 : 著

第一部 (昭和八年 春)
第二部 (昭和八年 秋)の二部構成で、
華族社会崩壊寸前の、退廃と享楽の時代の東京が舞台です。

祖母にロシア人の血を引き、パリで生まれ育った子爵・麻倉清彬。
その親友で陸軍中尉の多岐川伯爵家の長男・嘉人。
嘉人の美しい妹・多岐川万里子。
そして、清彬ひいては朝倉子爵家の大恩人、今上天皇(昭和天皇)の信頼厚く、政府の首班指名にも絶大な力を持つ大叔父・周防高輝など・・・



   眩しいばかりの上流社会に住む登場人物が、
   初期の昭和を舞台に描く不可思議な世界。

   物語の始まりは、
   殺人容疑をかけられた親友・多岐川嘉人に上野のカフェーに呼び出される清彬・・・
   華族社会で起きた殺人事件と2.26事件を画策準備する青年将校たちと嘉人の関係・・
   禁断の恋も絡んで、あ、意外な展開^^


   これも題名と装丁に負けた本でした。
   可もなく不可もない、かな?
  
   この作者、『キング&クィーン』に次いで2度目でした。 
             ↓ 
            こちら です。




・・・・・・・    ・・・・・・・ 




まひるの月を追いかけて恩田 陸 : 著
文春文庫 : 発行
ふと、窓の向こうで誰かが近寄ってきて手を振っていることに気付く。
顔を上げると、背の高いスラリとした女がホームで私を見ていた。
それが君原優佳利だと気づき、私も笑って手を上げて見せる。
再び、安堵と失望が半分ずつ。
間に合っちゃったか。


静の異母兄、渡部研吾が消息不明になったらしい。
突然呼び出された研吾のパートナー:優佳利と、奈良への旅を誘われて・・・
研吾とは、それほど親しくはないのにと思いながら、優佳利の話に乗ってしまった静。


   恩田陸さん、以前読んで結構興味を持ったのですが、
   これは正直好みから外れていました。

   優佳利という人、実は他人でした。藤島妙子。
   ただ妙子の言葉によれば、研吾・優佳利とは、奇妙な三角関係で成り立っていたという。
   そして、優佳利は交通事故で亡くなったとも。

   そのあたりは本当にしても、
   次々と続く妙子の嘘は、不思議なことに物語の中で見事に研吾にも優佳利にも受け入れられていく。

   恩田さんの本の特徴でしょうが、
   夢と現実の境界を行きつ戻りつ~なふわふわした物語。
   それが、楽しければまた良し・・・でしょうが、何かまともに読むのが無駄な気もしました。

   ミステリーっぽい部分は、それなりに楽しめましたし
   終わり部分は、唐突感もありながらそれなりにナルホド。

   でも、暫くこの方の作品は近づかないかもしれません。



関連記事
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
トラックバック
トラックバックURL
http://kosuzume3.blog109.fc2.com/tb.php/2357-bfb76542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)